Difference between revisions of "Adobe AIR (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
(Created page with "Category:Development (日本語) Category:Internet Applications (日本語) en:Adobe AIR zh-CN:Adobe AIR [[Wikipedia:Adobe Integrated Runtime|Adobe Integrated ...")
 
m
(2 intermediate revisions by the same user not shown)
Line 3: Line 3:
 
[[en:Adobe AIR]]
 
[[en:Adobe AIR]]
 
[[zh-CN:Adobe AIR]]
 
[[zh-CN:Adobe AIR]]
[[Wikipedia:Adobe Integrated Runtime|Adobe Integrated Runtime (AIR)]]はAdobe Flash、Adobe Flex、HTML、AJAXを使ったリッチインターネットアプリケーションを実行するためのAdobe Systemsが開発しているクロスプラットフォームのランタイム環境で、デスクトップアプリケーションとしても動かすことができます。
+
[[Wikipedia:Adobe Integrated Runtime|Adobe Integrated Runtime (AIR)]] は Adobe Flash、Adobe Flex、HTML、AJAX を使ったリッチインターネットアプリケーションを実行するための Adobe Systems が開発しているクロスプラットフォームのランタイム環境で、デスクトップアプリケーションとしても動かすことができます。
  
==Adobe AIRのインストール==
+
==Adobe AIR のインストール==
[[AUR]]から[https://aur.archlinux.org/packages.php?ID=25633&comments=all adobe-air-sdk]をインストールできます。
+
[[Arch User Repository (日本語)|AUR]] から [https://aur.archlinux.org/packages.php?ID=25633&comments=all adobe-air-sdk] をインストールできます。
  
==AIRアプリケーションのインストール==
+
==AIR アプリケーションのインストール==
 
アプリケーションをダウンロードし、{{ic|/opt/airapps/<appname>}}に展開します。次のコマンドを使って動作します。
 
アプリケーションをダウンロードし、{{ic|/opt/airapps/<appname>}}に展開します。次のコマンドを使って動作します。
  
 
{{bc|$ /opt/adobe-air-sdk/bin/adl -nodebug /opt/airapps/<Application name>/META-INF/AIR/application.xml /opt/airapps/<Application name>/}}
 
{{bc|$ /opt/adobe-air-sdk/bin/adl -nodebug /opt/airapps/<Application name>/META-INF/AIR/application.xml /opt/airapps/<Application name>/}}
  
===Making it executable===
+
===実行可能ファイルの作成===
You can also make an executable by creating a file in {{ic|/usr/bin}}:
+
{{ic|/usr/bin}}フォルダに実行可能ファイルを作ることもできます:
 
{{bc|
 
{{bc|
 
  #! /bin/sh
 
  #! /bin/sh
  /opt/adobe-air-sdk/bin/adl -nodebug /opt/airapps/wimp/META-INF/AIR/application.xml /opt/airapps/wimp/
+
  /opt/adobe-air-sdk/bin/adl -nodebug /opt/airapps/<Application name>/META-INF/AIR/application.xml /opt/airapps/wimp/
 
}}
 
}}
The app might need parameters (voddler) so then the script can look like:
+
アプリにパラメータ(引数)が必要な場合:
 
{{bc|
 
{{bc|
 
  #! /bin/sh
 
  #! /bin/sh
  /opt/adobe-air-sdk/bin/adl -nodebug /opt/airapps/wimp/META-INF/AIR/application.xml /opt/airapps/wimp/ -- $1 $2 $3 $4
+
  /opt/adobe-air-sdk/bin/adl -nodebug /opt/airapps/<Application name>/META-INF/AIR/application.xml /opt/airapps/wimp/ -- $1 $2 $3 $4
 
}}
 
}}
Then ''chmod'' the file so that it can execute:
+
''chmod''コマンドでファイルを実行可能にします:
 
  $ chmod +x filename
 
  $ chmod +x filename
  
Now you have installed an application in AIR. Yes it is this silly :P
+
これで AIR アプリケーションをインストールできました。愚か者めが。 :P
  
 
===アプリケーションの削除===
 
===アプリケーションの削除===
{{ic|/opt/airapps}}にあるアプリケーションフォルダを削除します。また実行可能ファイルを作った場合はそれも削除します。
+
{{ic|/opt/airapps}} にあるアプリケーションフォルダを削除します。また実行可能ファイルを作った場合はそれも削除します。

Revision as of 17:27, 2 January 2013

Adobe Integrated Runtime (AIR) は Adobe Flash、Adobe Flex、HTML、AJAX を使ったリッチインターネットアプリケーションを実行するための Adobe Systems が開発しているクロスプラットフォームのランタイム環境で、デスクトップアプリケーションとしても動かすことができます。

Adobe AIR のインストール

AUR から adobe-air-sdk をインストールできます。

AIR アプリケーションのインストール

アプリケーションをダウンロードし、/opt/airapps/<appname>に展開します。次のコマンドを使って動作します。

$ /opt/adobe-air-sdk/bin/adl -nodebug /opt/airapps/<Application name>/META-INF/AIR/application.xml /opt/airapps/<Application name>/

実行可能ファイルの作成

/usr/binフォルダに実行可能ファイルを作ることもできます:

 #! /bin/sh
 /opt/adobe-air-sdk/bin/adl -nodebug /opt/airapps/<Application name>/META-INF/AIR/application.xml /opt/airapps/wimp/

アプリにパラメータ(引数)が必要な場合:

 #! /bin/sh
 /opt/adobe-air-sdk/bin/adl -nodebug /opt/airapps/<Application name>/META-INF/AIR/application.xml /opt/airapps/wimp/ -- $1 $2 $3 $4

chmodコマンドでファイルを実行可能にします:

$ chmod +x filename

これで AIR アプリケーションをインストールできました。愚か者めが。 :P

アプリケーションの削除

/opt/airapps にあるアプリケーションフォルダを削除します。また実行可能ファイルを作った場合はそれも削除します。