Difference between revisions of "Arch64 FAQ (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
 
m
(2 intermediate revisions by the same user not shown)
Line 1: Line 1:
[[Category:Arch64]]
+
[[Category:Arch64 (日本語)]]
 
[[ar:Arch64 FAQ]]
 
[[ar:Arch64 FAQ]]
 
[[cs:Arch64 FAQ]]
 
[[cs:Arch64 FAQ]]
 
[[de:Arch64 FAQ]]
 
[[de:Arch64 FAQ]]
 
[[el:Arch64 FAQ]]
 
[[el:Arch64 FAQ]]
 +
[[en:Arch64 FAQ]]
 
[[es:Arch64 FAQ]]
 
[[es:Arch64 FAQ]]
 
[[it:Arch64 FAQ]]
 
[[it:Arch64 FAQ]]
 +
[[ja:Arch64 FAQ]]
 
[[ru:Arch64 FAQ]]
 
[[ru:Arch64 FAQ]]
 
[[sr:Arch64 FAQ]]
 
[[sr:Arch64 FAQ]]
 
[[uk:Arch64 FAQ]]
 
[[uk:Arch64 FAQ]]
 
[[zh-CN:Arch64 FAQ]]
 
[[zh-CN:Arch64 FAQ]]
Below is a list of frequently asked questions about Arch Linux on 64-bit.
+
以下のリストはArch Linux 64-bit版(Arch64)でよく寄せられる質問のリストです。
  
== How do I determine if my processor is x86_64 compatible? ==
+
== 私のプロセッサーがx86_64と互換性があるかどうかをどのようにして知ることができますか? ==
=== Linux users ===
+
=== Linux ユーザー ===
Run the following command:
+
以下のコマンドを実行してください:
 
  $ less /proc/cpuinfo
 
  $ less /proc/cpuinfo
  
Look for the {{ic|flags}} entry. If you see the {{ic|lm}} flag then your processor is x86_64 compatible.
+
{{ic|flags}} エントリーを探してください。 {{ic|lm}} フラッグが見つかったならば、あなたのプロセッサーはx86_64と互換性があります。
  
Or you can run this command:
+
もしくは以下のコマンドを実行してみることが出来ます:
 
  $ grep -q "^flags.*\blm\b" /proc/cpuinfo && echo "x86_64" || echo "not x86_64"
 
  $ grep -q "^flags.*\blm\b" /proc/cpuinfo && echo "x86_64" || echo "not x86_64"
  
=== Windows users ===
+
=== Windows ユーザー ===
Using the freeware [http://www.cpuid.com/cpuz.php CPU-Z] you can determine whether your CPU is 64-bit compatible.
+
フリーウェアである [http://www.cpuid.com/cpuz.php CPU-Z] を使って、64-bit互換があるかどうか確認してください。AMDの命令セットであるAMD64またはintelのEM64Tは、x86_64バイナリに互換性があります。
CPUs with AMD's instruction set "AMD64" or Intel's solution "EM64T" should be compatible with the x86_64 releases and binary packages.
+
  
== Should I use the 32 or 64 bit version of Arch? ==
+
== Archの32bitか64bit、どちらを使うべきでしょうか? ==
If your processor is [[wikipedia:X86-64|x86_64]] compatible, you should use Arch64.
+
もしあなたのプロセッサーが[[wikipedia:X86-64|x86_64]]に対して互換性を持っているならば、Arch64を使うべきです。
  
== How can I install Arch64? ==
+
== どこでArch64をインストールできますか? ==
Just use our [https://www.archlinux.org/download/ official installation ISO CD].
+
[https://www.archlinux.org/download/ official installation ISO CD] を利用してください。
  
 
== How complete is the port? ==
 
== How complete is the port? ==
 
The port is ready for daily use in a desktop or server environment.
 
The port is ready for daily use in a desktop or server environment.
  
== Will I have all the packages from my 32-bit Arch I am used to? ==
+
== 32-bit Archを使っているのですが、今まで私が使っていたプログラムは動くでしょうか? ==
The repositories are ported and pretty much everything should work as expected.
+
移植されたレポジトリのプログラム群は殆ど動く事が予想されます。
  
Rarely, an old package in the [[Arch User Repository|AUR]] will only have {{ic|'i686'}} listed, but typically they work for 64-bit too. Just try adding {{ic|'x86_64'}}.
+
まれに [[Arch User Repository (日本語)|AUR]] の古いパッケージは {{ic|'i686'}} のみリストされていることがありますが、ほとんどの場合 {{ic|'x86_64'}} を追加することで同様に動かすことが可能です。
  
== Why 64-bit? ==
+
== なぜ64bitなのですか? ==
It is faster under most circumstances and as an added bonus also inherently more secure due to the nature of [[wikipedia:Address space layout randomization|Address space layout randomization (ASLR)]] in combination with [[wikipedia:Position-independent code|Position-independent code (PIC)]] and the [[wikipedia:NX Bit|NX Bit]] which is not available in the stock i686 kernel due to disabled PAE. If your computer is running 4 GB or more of usable RAM, 64-bit should be strongly considered as any additional RAM cannot be allocated by a 32-bit OS.
+
多くの環境下で(32bitに比べて)早いということ それから [[wikipedia:Address space layout randomization|Address space layout randomization (ASLR)]] [[wikipedia:Position-independent code|Position-independent code (PIC)]] の組み合わせや [[wikipedia:NX Bit|NX Bit]] を組み合わせる事による本質的なセキュリティ恩恵を受けることが出来ます。i686 kernelではPAEが有効なためこれらは利用することが出来ません。もしあなたのコンピューターが4GB以上のRAMを載せて走っているなら、32-bit環境でRAMを割り当てることの出来ないOSより、より多くのメリットがあるはずです。
  
Programmers also increasingly tend to care less about 32-bit ("legacy") as "new" x86 CPUs typically support the 64-bit extensions.
+
更にプログラマーたちは、64-bit拡張機能をサポートしたx86よりも32-bit("legacy")を好まない傾向にあります。
  
There are many more reasons we could list here to tell you to avoid 32-bit, but between the kernel, userspace and individual programs it is simply not viable to list every last thing that 64-bit does much better these days.
+
これらの理由が32-bit環境を避けるべきという我々のアドバイスですが、カーネルやユーザースペース、ここのプログラムなど、それらをリストにしてすべて書き出す事は出来ません。
  
For further details watch our [https://www.archlinux.org/packages/differences/ differences reports]. There you will find a list comparing 32-/64-bit package versions.
+
さらなる詳細は [https://www.archlinux.org/packages/differences/ differences reports] を見てください。 32-/64-bitパッケージバージョンの比較を行うことが出来るでしょう。
  
== How can I file bugs? ==
+
== バグレポートはどこで行うことが出来ますか? ==
Simply use Arch's [https://bugs.archlinux.org/ Flyspray] but select x86_64 in the Architecture field if you think it is a port-related problem!
+
Archの [https://bugs.archlinux.org/ Flyspray] をお使いください。しかしアーキーテクチャーフィールドのx86_64を選んで良いのは、あなたがパッケージの移植に問題があると判断した場合のみです!
  
== What repositories should I set up for pacman to use? ==
+
== Arch64を使うためにpacmanをどのようにセットアップしたら良いですか? ==
All repositories are supported for the port.
+
全てのレポジトリは移植をサポートしています。
  
 
== How can I patch existing PKGBUILDs for use with Arch64? ==
 
== How can I patch existing PKGBUILDs for use with Arch64? ==
Line 69: Line 70:
 
  fi
 
  fi
  
== What will I miss in Arch64? ==
+
== 私はArch64を使うべきではないのでしょうか? ==
Nothing, really. Almost all applications support 64-bit by now or are in the transition to become 64-bit compatible.
+
いいえ。ほぼすべてのアプリケーションは64-bit環境をサポートしているか、あるいは移行中であります。
  
The biggest problem are packages that are either '''closed source''' or contain x86-specific assembly that is cumbersome to port to 64-bit (typical for emulators).
+
最大の問題は'''closed source'''を用いたプログラム、あるいは特定のx86固有のアセンブリが含まれている面倒なプログラム(エミュレータなど)です。
  
These applications were previously problematic but are now available in the [[Arch User Repository|AUR]] and work fine:
+
以下のアプリケーションは以前は問題がありましたが、現在は  [[Arch User Repository (日本語)|AUR]] で利用可能な上、うまく動かすことができるでしょう。
* Acrobat Reader is not available in 64-bit, but you can run the 32-bit version in compatibility mode. There are also many other open source alternatives that can be used to read PDF files.
+
* Acrobat Readerは64-bit環境下では利用することが出来ませんが、32-bitバージョンを互換モードで動かすことができます。または他のオープンソースプログラムを使って、読み慣れたPDFファイルを開くことが出来ます。
  
 
Everything else should work perfectly fine. If you miss any Arch32 package in our port and you know that it will compile on x86_64 (perhaps you have found it as native packages in another 64-bit distribution), just contact the developers or request a new package in the forums.
 
Everything else should work perfectly fine. If you miss any Arch32 package in our port and you know that it will compile on x86_64 (perhaps you have found it as native packages in another 64-bit distribution), just contact the developers or request a new package in the forums.
  
== Can I run 32-bit apps inside Arch64? ==
+
== Arch64環境下で32-bitアプリケーションは動かすことは出来ますか? ==
Yes!
+
はい。動かすことが出来ます。
  
* You can install {{ic|1=lib32-*}} libraries from the [multilib] repository. To use this repository, you should add the following lines to your {{ic|/etc/pacman.conf}}:
+
* {{ic|1=lib32-*}} [multilib] レポジトリからインストールしてください。 レポジトリを使用するために {{ic|/etc/pacman.conf}} に以下の設定を追加してください:
 
   
 
   
 
  [multilib]
 
  [multilib]
Line 88: Line 89:
 
  Include = /etc/pacman.d/mirrorlist
 
  Include = /etc/pacman.d/mirrorlist
  
At this time (December 2011), [multilib] contains wine and Skype. Furthermore, a multilib compiler is available.
+
2011年12月から、[multilib] はwineとSkypeを含んでいます。その上multilib compilerも利用可能です。
  
* Or you can create another chroot with 32-bit system (refer to [[Arch64 Install bundled 32bit system]]):
+
* もしくは32-bitなchroot環境を作ることも出来ます([[Arch64 Install bundled 32bit system]] を参照):
  
Boot into Arch64, startx, open a terminal.
+
 
 +
Arch64起動後、xを起動し、terminalを開いてください:
 
  $ xhost +local:
 
  $ xhost +local:
 
  $ su
 
  $ su
Line 101: Line 103:
 
  $ /usr/bin/command-you want # or eg: /opt/mozilla/bin/firefox
 
  $ /usr/bin/command-you want # or eg: /opt/mozilla/bin/firefox
  
Some 32-bit apps (like OpenOffice) may require additional bindings. The following lines can be placed in {{ic|/etc/rc.local}} to ensure you get all you need for the 32-bit apps (assuming {{ic|/mnt/arch32}} is mounted in {{ic|/etc/fstab}}):
+
いくつかの32-bitアプリケーション(OpenOfficeなど)は32-bitアプリケーション特有の"訛り"を必要とするかもしれません。 {{ic|/etc/rc.local}}に配置情報を付与してください:
 
  mount --bind /dev /mnt/arch32/dev
 
  mount --bind /dev /mnt/arch32/dev
 
  mount --bind /dev/pts /mnt/arch32/dev/pts
 
  mount --bind /dev/pts /mnt/arch32/dev/pts
Line 111: Line 113:
 
  #comment the following line if you do not use the same home folder
 
  #comment the following line if you do not use the same home folder
 
  mount --bind /home /mnt/arch32/home
 
  mount --bind /home /mnt/arch32/home
You can then type in a terminal:
+
さらにterminalでこのように入力してください:
 
  $ xhost +localhost
 
  $ xhost +localhost
 
  $ sudo chroot /mnt/arch32 su your32bitusername /opt/openoffice/program/soffice
 
  $ sudo chroot /mnt/arch32 su your32bitusername /opt/openoffice/program/soffice
  
== Can I build 32-bit packages for i686 inside Arch64? ==
+
== Arch64環境下でi686用の32-bitアプリケーションを作成することはできますか? ==
Yes. You can either use
+
はい、できます。以下のどちらかを選んでください。
*the multilib versions of the relevant packages from the [multilib] repository or
+
* multilib版の関連するパッケージを [multilib] レポジトリからインストールする
*an i686 chroot.
+
* i686をchrootする
  
=== [[Multilib]] repository ===
+
=== [[Multilib]] レポジトリの場合 ===
  
To use the [multilib] repository, edit your {{ic|/etc/pacman.conf}} and uncomment following lines:
+
[multilib] を使用するために、 {{ic|/etc/pacman.conf}} を編集し、以下のコメントアウトを無効化してください。
  
 
  [multilib]
 
  [multilib]
Line 128: Line 130:
 
  Include = /etc/pacman.d/mirrorlist
 
  Include = /etc/pacman.d/mirrorlist
  
upgrade your system with {{ic|pacman -Syu}} and install the {{Pkg|gcc-multilib}} package.
+
{{ic|pacman -Syu}} をしてあなたのシステムをアップグレードします。その後 {{Pkg|gcc-multilib}} パッケージをインストールしてください。
  
 
{{Note|
 
{{Note|
*If the system has the {{ic|base-devel}} package group installed, users must replace the [extra] versions with the [mutlilib] versions as shown below.
+
*もしシステムに {{ic|base-devel}} がグループインストールされている場合、使用者は以下のように [extra] [mutlilib] に置換してください。
* {{Pkg|gcc-multilib}} is capable of building 32-bit and 64-bit code. You can safely install {{ic|multilib-devel}} to replace the packages shown below, but you still need {{ic|base-devel}} for the other packages it includes. See <nowiki>https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?id=102828</nowiki> for more information.
+
* {{Pkg|gcc-multilib}} は32-/64-bitコードをビルドすることが出来ます。慎重に以下のように置換してください。 必要なパッケージが develに依存している場合など、詳しくは  <nowiki>https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?id=102828</nowiki> を見てください。
 
}}
 
}}
  
Line 158: Line 160:
 
}}
 
}}
  
Compiling packages on x86_64 for i686 is as easy as adding the following lines to an alternate configuration file (e.g. {{ic|~/.makepkg.i686.conf}})
+
x86_64上でi686パッケージを作成します。以下のような簡単な記述を別のファイル(例えば {{ic|~/.makepkg.i686.conf}})などにしてください:
 
  CARCH="i686"
 
  CARCH="i686"
 
  CHOST="i686-pc-linux-gnu"
 
  CHOST="i686-pc-linux-gnu"
Line 164: Line 166:
 
  CXXFLAGS="${CFLAGS}"
 
  CXXFLAGS="${CFLAGS}"
  
and invoking makepkg via the following
+
そして以下のコマンドを実行します:
 
  $ linux32 makepkg -src --config ~/.makepkg.i686.conf
 
  $ linux32 makepkg -src --config ~/.makepkg.i686.conf
  
=== Chroot ===
+
=== chrootの場合 ===
 
{{out of date|This sections mentions the "linux32" package which does not exist.}}
 
{{out of date|This sections mentions the "linux32" package which does not exist.}}
 
To use an i686 chroot (installation with i686 ISO "quickinstall" is recommended for the quick way to install it inside Arch64 or see [[Arch64 Install bundled 32bit system]]), install "linux32" wrapper pkg from current to make the chroot behave like a real i686 system. Then use this script to login into the chroot environment as root:
 
To use an i686 chroot (installation with i686 ISO "quickinstall" is recommended for the quick way to install it inside Arch64 or see [[Arch64 Install bundled 32bit system]]), install "linux32" wrapper pkg from current to make the chroot behave like a real i686 system. Then use this script to login into the chroot environment as root:
Line 183: Line 185:
 
to share sources from host to chroot system for pkg building used in {{ic|/etc/makepkg.conf}}.
 
to share sources from host to chroot system for pkg building used in {{ic|/etc/makepkg.conf}}.
  
== Can I upgrade/switch my system from i686 to x86_64 without reinstalling? ==
+
== 再インストールせずにi686環境からx86_64環境にアップグレード/スイッチ出来ますか? ==
No. Strictly speaking any kind of migration implies that all packages or nearly all packages must be reinstalled for the newer architecture. However, it is possible to move your system without performing a fresh install, and even from within your current installation. A forum thread has been created [https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?id=64485 here] which outlines steps taken to successfully migrate an install from 32 to 64 bit without losing any configurations/settings/data.  Note: A large external hard drive was used for the transfer.
+
できません。ですがこれは、厳格に言えば多少または全てのパッケージを新しいアーキーテクチャー向けに再インストールするということを意味します。現在インストールされたあたなのシステム内で、新規インストールをせずにこれを行うことが可能です。フォーラムで作成されている [https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?id=64485 スレッド] の概要に従えば、どの設定ファイルや個人データを失わずに移行することができます。ノート:大容量外部ハードドライブが転送用に必要です。
 
+
However, you can also start the system with the Arch64 installation CD, mount the disk, backup anything you may want to keep that is not a 32-bit binary (e.g: {{ic|/home}} & {{ic|/etc}}), and install.
+
  
You may also want to read [[Migrating Between Architectures Without Reinstalling]].
+
もしくは、Arch64がインストールされたCDで起動し、ディスクをマウントして、あなたが残しておきたいデータ(例えば{{ic|/home}} や {{ic|/etc}} など)をバックアップして、インストールします。
 +
詳しくは [[Migrating Between Architectures Without Reinstalling]]を読んでください。

Revision as of 05:52, 26 July 2013

以下のリストはArch Linux 64-bit版(Arch64)でよく寄せられる質問のリストです。

私のプロセッサーがx86_64と互換性があるかどうかをどのようにして知ることができますか?

Linux ユーザー

以下のコマンドを実行してください:

$ less /proc/cpuinfo

flags エントリーを探してください。 lm フラッグが見つかったならば、あなたのプロセッサーはx86_64と互換性があります。

もしくは以下のコマンドを実行してみることが出来ます:

$ grep -q "^flags.*\blm\b" /proc/cpuinfo && echo "x86_64" || echo "not x86_64"

Windows ユーザー

フリーウェアである CPU-Z を使って、64-bit互換があるかどうか確認してください。AMDの命令セットであるAMD64またはintelのEM64Tは、x86_64バイナリに互換性があります。

Archの32bitか64bit、どちらを使うべきでしょうか?

もしあなたのプロセッサーがx86_64に対して互換性を持っているならば、Arch64を使うべきです。

どこでArch64をインストールできますか?

official installation ISO CD を利用してください。

How complete is the port?

The port is ready for daily use in a desktop or server environment.

32-bit Archを使っているのですが、今まで私が使っていたプログラムは動くでしょうか?

移植されたレポジトリのプログラム群は殆ど動く事が予想されます。

まれに AUR の古いパッケージは 'i686' のみリストされていることがありますが、ほとんどの場合 'x86_64' を追加することで同様に動かすことが可能です。

なぜ64bitなのですか?

多くの環境下で(32bitに比べて)早いということ それから Address space layout randomization (ASLR)Position-independent code (PIC) の組み合わせや NX Bit を組み合わせる事による本質的なセキュリティ恩恵を受けることが出来ます。i686 kernelではPAEが有効なためこれらは利用することが出来ません。もしあなたのコンピューターが4GB以上のRAMを載せて走っているなら、32-bit環境でRAMを割り当てることの出来ないOSより、より多くのメリットがあるはずです。

更にプログラマーたちは、64-bit拡張機能をサポートしたx86よりも32-bit("legacy")を好まない傾向にあります。

これらの理由が32-bit環境を避けるべきという我々のアドバイスですが、カーネルやユーザースペース、ここのプログラムなど、それらをリストにしてすべて書き出す事は出来ません。

さらなる詳細は differences reports を見てください。 32-/64-bitパッケージバージョンの比較を行うことが出来るでしょう。

バグレポートはどこで行うことが出来ますか?

Archの Flyspray をお使いください。しかしアーキーテクチャーフィールドのx86_64を選んで良いのは、あなたがパッケージの移植に問題があると判断した場合のみです!

Arch64を使うためにpacmanをどのようにセットアップしたら良いですか?

全てのレポジトリは移植をサポートしています。

How can I patch existing PKGBUILDs for use with Arch64?

Add the following variable to all ported packages:

arch=('i686' 'x86_64') 

Add small patches directly to the sources and md5sums area but use for complete different sources:

[ "$CARCH" = "x86_64" ] && source=(${source[@]} 'other source')
[ "$CARCH" = "x86_64" ] && md5sums=(${md5sums[@]} 'other md5sum')

For any small fix use this in the build area:

[ "$CARCH" = "x86_64" ] && (patch -Np0 -i ../foo_x86_64.patch)

Or when you need more changes:

if [ "$CARCH" = "x86_64" ]; then
    configure/patch/sed      # for x86_64
  else configure/patch/sed   # for i686
fi

私はArch64を使うべきではないのでしょうか?

いいえ。ほぼすべてのアプリケーションは64-bit環境をサポートしているか、あるいは移行中であります。

最大の問題はclosed sourceを用いたプログラム、あるいは特定のx86固有のアセンブリが含まれている面倒なプログラム(エミュレータなど)です。

以下のアプリケーションは以前は問題がありましたが、現在は AUR で利用可能な上、うまく動かすことができるでしょう。

  • Acrobat Readerは64-bit環境下では利用することが出来ませんが、32-bitバージョンを互換モードで動かすことができます。または他のオープンソースプログラムを使って、読み慣れたPDFファイルを開くことが出来ます。

Everything else should work perfectly fine. If you miss any Arch32 package in our port and you know that it will compile on x86_64 (perhaps you have found it as native packages in another 64-bit distribution), just contact the developers or request a new package in the forums.

Arch64環境下で32-bitアプリケーションは動かすことは出来ますか?

はい。動かすことが出来ます。

  • lib32-* を [multilib] レポジトリからインストールしてください。 レポジトリを使用するために /etc/pacman.conf に以下の設定を追加してください:
[multilib]
SigLevel = PackageRequired
Include = /etc/pacman.d/mirrorlist

2011年12月から、[multilib] はwineとSkypeを含んでいます。その上multilib compilerも利用可能です。


Arch64起動後、xを起動し、terminalを開いてください:

$ xhost +local:
$ su
# mount /dev/sda1 /mnt/arch32
# mount --bind /proc /mnt/arch32/proc
# chroot /mnt/arch32
# su your32bitusername
$ /usr/bin/command-you want # or eg: /opt/mozilla/bin/firefox

いくつかの32-bitアプリケーション(OpenOfficeなど)は32-bitアプリケーション特有の"訛り"を必要とするかもしれません。 /etc/rc.localに配置情報を付与してください:

mount --bind /dev /mnt/arch32/dev
mount --bind /dev/pts /mnt/arch32/dev/pts
mount --bind /dev/shm /mnt/arch32/dev/shm
mount --bind /proc /mnt/arch32/proc
mount --bind /proc/bus/usb /mnt/arch32/proc/bus/usb
mount --bind /sys /mnt/arch32/sys
mount --bind /tmp /mnt/arch32/tmp
#comment the following line if you do not use the same home folder
mount --bind /home /mnt/arch32/home

さらにterminalでこのように入力してください:

$ xhost +localhost
$ sudo chroot /mnt/arch32 su your32bitusername /opt/openoffice/program/soffice

Arch64環境下でi686用の32-bitアプリケーションを作成することはできますか?

はい、できます。以下のどちらかを選んでください。

  • multilib版の関連するパッケージを [multilib] レポジトリからインストールする
  • i686をchrootする

Multilib レポジトリの場合

[multilib] を使用するために、 /etc/pacman.conf を編集し、以下のコメントアウトを無効化してください。

[multilib]
SigLevel = PackageRequired
Include = /etc/pacman.d/mirrorlist

pacman -Syu をしてあなたのシステムをアップグレードします。その後 gcc-multilib パッケージをインストールしてください。

Note:
  • もしシステムに base-devel がグループインストールされている場合、使用者は以下のように [extra] を [mutlilib] に置換してください。
  • gcc-multilib は32-/64-bitコードをビルドすることが出来ます。慎重に以下のように置換してください。 必要なパッケージが develに依存している場合など、詳しくは https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?id=102828 を見てください。
# pacman -S gcc-multilib
resolving dependencies...
warning: dependency cycle detected:
warning: lib32-gcc-libs will be installed before its gcc-libs-multilib dependency
looking for inter-conflicts...
:: gcc-libs-multilib and gcc-libs are in conflict. Remove gcc-libs? [y/N] y
:: binutils-multilib and binutils are in conflict. Remove binutils? [y/N] y
:: gcc-multilib and gcc are in conflict. Remove gcc? [y/N] y
:: libtool-multilib and libtool are in conflict. Remove libtool? [y/N] y

Remove (4): gcc-libs-4.6.1-1  binutils-2.21.1-1  gcc-4.6.1-1  libtool-2.4-4

Total Removed Size:   87.65 MB

Targets (7): lib32-glibc-2.14-4  lib32-gcc-libs-4.6.1-1  gcc-libs-multilib-4.6.1-1  binutils-multilib-2.21.1-1
             gcc-multilib-4.6.1-1  lib32-libtool-2.4-2  libtool-multilib-2.4-2

Total Download Size:    25.04 MB
Total Installed Size:   108.27 MB

Proceed with installation? [Y/n]

x86_64上でi686パッケージを作成します。以下のような簡単な記述を別のファイル(例えば ~/.makepkg.i686.conf)などにしてください:

CARCH="i686"
CHOST="i686-pc-linux-gnu"
CFLAGS="-m32 -march=i686 -mtune=generic -O2 -pipe -fstack-protector --param=ssp-buffer-size=4 -D_FORTIFY_SOURCE=2"
CXXFLAGS="${CFLAGS}"

そして以下のコマンドを実行します:

$ linux32 makepkg -src --config ~/.makepkg.i686.conf

chrootの場合

Tango-view-refresh-red.pngThis article or section is out of date.Tango-view-refresh-red.png

Reason: This sections mentions the "linux32" package which does not exist. (Discuss in Talk:Arch64 FAQ (日本語)#)

To use an i686 chroot (installation with i686 ISO "quickinstall" is recommended for the quick way to install it inside Arch64 or see Arch64 Install bundled 32bit system), install "linux32" wrapper pkg from current to make the chroot behave like a real i686 system. Then use this script to login into the chroot environment as root:

#!/bin/bash
mount --bind /dev /path-to-your-chroot/dev
mount --bind /dev/pts /path-to-your-chroot/dev/pts
mount --bind /dev/shm /path-to-your-chroot/dev/shm
mount -t proc none /path-to-your-chroot/proc
mount -t sysfs none /path-to-your-chroot/sys
linux32 chroot /path-to-your-chroot

If you keep the sources on the x86_64 host system, you can add

"mount --bind /path-to-your-stored-sources /path-to-your-chroot/path-to-your-stored-sources" 

to share sources from host to chroot system for pkg building used in /etc/makepkg.conf.

再インストールせずにi686環境からx86_64環境にアップグレード/スイッチ出来ますか?

できません。ですがこれは、厳格に言えば多少または全てのパッケージを新しいアーキーテクチャー向けに再インストールするということを意味します。現在インストールされたあたなのシステム内で、新規インストールをせずにこれを行うことが可能です。フォーラムで作成されている スレッド の概要に従えば、どの設定ファイルや個人データを失わずに移行することができます。ノート:大容量外部ハードドライブが転送用に必要です。

もしくは、Arch64がインストールされたCDで起動し、ディスクをマウントして、あなたが残しておきたいデータ(例えば/home/etc など)をバックアップして、インストールします。 詳しくは Migrating Between Architectures Without Reinstallingを読んでください。