Difference between revisions of "ArchWiki Translation Team (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
m (優先ページ)
m (優先度:中)
Line 119: Line 119:
 
| [[Advanced Linux Sound Architecture]] || {{Yes}} ||
 
| [[Advanced Linux Sound Architecture]] || {{Yes}} ||
 
|-
 
|-
| [[Arch Packaging Standards]] || {{No}} ||
+
| [[Arch Packaging Standards]] || {{Yes}} ||
 
|-
 
|-
 
| [[Creating Packages]] || {{Yes}} ||
 
| [[Creating Packages]] || {{Yes}} ||
Line 149: Line 149:
 
| [[NVIDIA]] || {{No}} || out of date
 
| [[NVIDIA]] || {{No}} || out of date
 
|-
 
|-
| [[mkinitcpio]] || {{No}} ||
+
| [[mkinitcpio]] || {{Yes}} ||
 
|-
 
|-
 
| [[Secure Shell]] || {{No}} ||
 
| [[Secure Shell]] || {{No}} ||

Revision as of 14:40, 23 March 2013

Template:Article summary start Template:Article summary text Template:Article summary heading Template:Article summary wiki Template:Article summary end

Arch Linux 日本語翻訳チームへようこそ。ここでは Arch Wiki を日本語に訳すにあたって注意すること・役立つことなどを羅列しています。また、ページの翻訳優先度リストも記載しています。このページではその他の Arch Wiki の日本語化に関することを総合的に取り扱います。あなたが思ったことを自由に加えて下さい。提案・リクエストなどがあったらこのページの議論ページに書き込んで下さい。

翻訳作業

翻訳をしていて気づいたこと、気をつけて欲しいと思ったことなど自由に追加してください。

新しいページを作成して翻訳する

Warning: 非常に巨大なページを訳す時は議論ページで共同作業を呼びかけたり、ユーザーページである程度訳してから直接編集するなどしたほうがいいかもしれません。途中で力尽きないように。
  1. Wiki の編集方法を知らないのであれば、まずは Help:Editing (日本語) を見てください。
  2. Help:i18n (日本語) を読んでください。これは、ArchWiki における国際化と地域化に関する包括的なガイドラインです。
  3. Wiki を編集するために ログイン してください。
  4. 翻訳するページを選んでください。ここでは例として Some Page を選ぶことにします。
  5. 選択したページに行き、メニューにある edit をクリックしてください。
  6. 翻訳する予定のページへ言語間リンクを追加してください
    • 詳しくは Help:i18n (日本語)#言語間リンク を見てください、普通は [[ja:そのページのタイトル]] を追加します。
    • 言語間リンクはアルファベット順にしてください。大抵、日本語 (ja) はイタリア語 (it) の後・韓国語 (ko) の前になるはずです。
  7. 英語のページソースコードを全てコピーしてください。
  8. (新しく言語間リンクを追加した)英語のページを保存してください。
  9. 作成した言語間リンクから日本語のページへ行きましょう。そのページのタイトルは Some Page (日本語) のようになっているはずです。
  10. 翻訳ページはまだ存在しないため、メニューの create をクリックして新しくページを作成してください。
  11. シンプルな WYSIWYG エディタが表示されるはずです。ここに先ほどコピーしたページソースコードを貼り付けてください。
  12. Category を日本語に変更してください。例えば、
    [[Category:Internationalization]]
    [[Category:Internationalization (日本語)]]
    のように変更します。
    • 日本語のカテゴリページがない場合は、後で作って下さい。
  13. テンプレートも日本語のものがある場合、日本語のテンプレートに修正してください。例えば、
    {{Graphical user interface overview}}
    {{Graphical user interface overview (日本語)}}
    のように変更します。
  14. 内部リンクがある場合はリンク先を日本語のページに変更してください(日本語のページがない場合はそのままにしてください)。例えば、
    [[Official Repositories]]
    [[Official Repositories (日本語)|公式リポジトリ]]
    のように変更します。
  15. 言語間リンクの部分に、日本語を削除して英語を追加します。
    • 日本語のページに日本語の言語間リンク ([[ja:ほにゃらら]]) を置いてはいけません
  16. コピーしたページを翻訳して、きちんと保存してください。
    • 一度に全てを翻訳する必要はありませんが(もちろん出来ればその方が好ましいです)、新しいページを作る以上、ある程度は見れる形にしておきましょう。
    • 翻訳後は英語と日本語のページを同期するよう心がけてください。翻訳したあとは元の英語のページをウォッチリストに追加(上のメニューからできます)すれば、英語のページが更新されると右上のあなたのウォッチリストにその更新が表示されます。習慣的にウォッチリストをチェックすれば同期が楽になります。
    • 同期する際についての注意事項は下のセクションを見て下さい。
Note: 以下は wiki のナビゲーションを改善させるための作業です。任意で行なって下さい。
  1. 他の日本語記事から翻訳元のページへ内部リンクが貼られていた場合、それを新しく翻訳した日本語のページへのリンクに変えて下さい。
  2. 英語のページに行き、左のツールボックスの リンク元 をクリックすることでその英語ページにリンクしている日本語ページを簡単に見つけることができます。
    • リンクにリダイレクトが挟まっている場合 (例: [[AUR]])、リンクに「 (日本語)」を加えるだけでは日本語のページに飛びません。ハイフンを使って正しいページを指定してください (例: [[Arch User Repository (日本語)|AUR]])。
  3. 選択した記事の他の(英語以外の)言語の翻訳ページにも、あなたが今作成したページへの言語間リンクを追加して更新してください。
  4. その地域の言語の名前で ArchWiki のページを作成してください。まず次のようなページに移動します:
    https://wiki.archlinux.org/index.php/ページの日本語訳
  5. 先程のように create をクリックしてページを作成して、次を追加してください:
    #REDIRECT [[Some Page (日本語)]]

既に翻訳されているページを修正する

Help:Editing (日本語) に書かれているように通常どおりに編集を行なって下さい。

英語ページとの同期

ArchWiki:Contributing (日本語) でも触れられているように wiki の整備は果てしのない作業です。日本語ページの内容を維持するために英語ページとの同期は重要です。

Tip: ウォッチリストを使うことで英語ページの更新の監視が容易になります。
  1. RecentChanges を見たり英語と日本語のページの齟齬を発見したりして英語のページが更新されているのを発見したら、日本語のページをそれに追従させてください。
  2. 仕様の変更など大部分の変更の場合は、ある程度様子見するべきかもしれません。その変更のソースが何なのか調べておけば、日本語に翻訳した後に英語のページの更新が取り消されたりして振り回されることがなくなります。
  3. fix typo など英語の文体の修正は無視してかまいません。
  4. 日本語のページの編集内容要約は英語でも日本語でもかまいません。ただし英語のページを編集するときは要約も英語にすべきです。

ページリスト

優先ページ

ここも参照。

優先度:高

選定理由: Arch Linux の根幹・インストールに必要

ページ名 翻訳状態 ノート
Arch Build System No out of date
Arch Linux Yes
Arch User Repository Yes
Beginners' Guide Yes
fstab No
Installation Guide Yes
Network Configuration Yes
makepkg No
Systemd Yes
Pacman Yes
PKGBUILD Yes
Udev No
Wireless Setup Yes

優先度:中

選定理由: 重要なページからリンクされている・他のページからのリンクが多い・多言語で翻訳されている・日本語環境で使う場合重要

ページ名 翻訳状態 ノート
Advanced Linux Sound Architecture Yes
Arch Packaging Standards Yes
Creating Packages Yes
FAQ Yes
GNOME No
GRUB2 No
Input Japanese using uim Yes
Intel Graphics Yes
KDE No
KVM No
LXDE Yes
Mozc Yes
Netcfg Yes
NetworkManager No
Network Time Protocol daemon No
NVIDIA No out of date
mkinitcpio Yes
Secure Shell No
Sudo Yes
UEFI Yes
UEFI Bootloaders No
Xorg Yes

その他

pacman と AUR の翻訳

pacmanAUR の翻訳作業を Transifex で行なっています。

翻訳者

自由に追加してください。

See also

ArchWiki Translation Day (日本語)