Difference between revisions of "Arch User Repository (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
m ({{Stub}} +reason)
m
Line 1: Line 1:
{{Stub|この記事は作成途中のまま長い時間が経過しているため、正しい情報を含んでいない場合があるかもしれません。}}
+
{{Stub|この記事は作成途中のまま長い時間が経過しているため、正しい情報を含んでいない場合があるかもしれません。[[Arch User Repository|英語版]]を参照してください。}}
 
{{Translateme}}
 
{{Translateme}}
 
[[Category:日本語]]  
 
[[Category:日本語]]  

Revision as of 08:47, 10 October 2012

Tango-document-new.pngThis article is a stub.Tango-document-new.png

Notes: この記事は作成途中のまま長い時間が経過しているため、正しい情報を含んでいない場合があるかもしれません。英語版を参照してください。 (Discuss in Talk:Arch User Repository (日本語)#)

Tango-preferences-desktop-locale.pngThis article or section needs to be translated.Tango-preferences-desktop-locale.png

Notes: please use the first argument of the template to provide more detailed indications. (Discuss in Talk:Arch User Repository (日本語)#)
Template:Article summary start

Template:Article summary text Template:Article summary heading Template:Article summary link Template:Article summary link Template:Article summary heading Template:Article summary wiki Template:Article summary wiki Template:Article summary end

概略

Arch Linux User-Community Repository (AUR)はコミュニティーによって運営されるArchユーザーのためのPKGBUILD方式のレポジトリーです。PKGBUILDというパッケージの詳細の書いたファイルがあり、このファイルの詳細に沿ってmakepkgでソースコードをコンパイルしパッケージを作り、pacmanでインストールすることを可能にしてくれます。 AURは広範囲のコミュニティー間でPKGBUILDを共有し、人気のあるパッケージが迅速にcommunityレポジトリーに統合されるように系統化されて立案されました。

AURはArchのパッケージが新しく生まれる場所、ユーザーの貢献によるユーザーのパッケージ群です。AURコミュニティー(あなた)はこれらのパッケージに投票し、高い得票を得たパッケージは信頼されたユーザー(Trusted User)によってpacmanABSで直接ダウンロード可能な[community]レポジトリーに取り込まれます。

重要なドキュメント

AURユーザーの一員になる前にこのページの文章に加えてAUR User Guidelinesをよく読んで下さい。信頼されたユーザー(Trusted User)になるつもりであれば、AUR Trusted User Guidelinesもよく読んでください。

はじめに

ユーザーはAUR Web InterfaceでPKGBUILDを検索し、ダウンロードすることができます。PKGBUILDファイル群はmakepkgコマンドによってソースコードおよびバイナリーファイルからArch Linuxにインストール可能なパッケージをビルドするための情報が書かれています。そしてpacmanコマンドを使ってインストールします。

  • AUR_User_Guidelinesをよく読んでください。 内容:
  • アップデート情報や問題を告知するためにAUR Web Interfaceを訪れる。ここでAURで利用可能な最新のパッケージの情報も得ることができます。
  • AUR Q & A.
  • 最後に、AURパッケージビルドのために/etc/Makepkg.conf であなたのプロセッサーに最適な設定をしてください。MAKEFLAGSの設定によってマルチコアプロセッサーでは効果的なmake時間の短縮を期待することができます。また、CFLAGSの設定でgccコンパイラーに対してハードウェア個別の最適化を設定できます。更なる情報はこれらのウィキを参照してください。
  • base-develをインストールしてください。コマンドは(pacman -S base-devel)(括弧なしです)。 なぜならば、これらなしではビルドすら出来ない場合があるにもかかわらずAURパッケージの中にはこれらのプログラムが明示的に依存関係によって要求されていない場合があるからです。(あることが当然の前提)

(更なる情報は このスレッドを参照してください).

歴史

以下のものはAURの誕生によってすでに廃止されています。

Incoming

ftp://ftp.archlinux.org/incoming 

当初、ユーザーはここにPKGBUILDやビルドに必要なファイル、ビルドされたパッケージそれ自身をアップロードしていました。 それらのパッケージはPackage Maintainerに見つけられて処理されるまでここにありました。

Trusted User Repositories

その後Trusted Userレポジトリーが生まれました。コミュニティーの中の信頼できる個人は彼ら自身のレポジトリーを皆に公開することが許可されました。 AURはこれらを元に双方にとってさらに順応性があり利用価値のあるものとして拡張されました。実際、AURのメンテナはこれらのTUs(Trusted Users)とみなされた者です。

AURを検索する

AURのウェブ・インターフェイスはこちらにあります。また、スクリプトによりAURを検索するのに適しているインターフェイスはこちらにあります。(一例です) MYSQLのような比較方法でパッケージは検索されます。これによりより柔軟に検索条件を指定することが可能になります。(例:tool like grep ではなく、 tool%like%grepと検索してみましょう。「%」をふくむパッケージや説明文を検索する必要があるときは/%と入力しましよう)

AURからパッケージをインストールする

AUR([unspported] repository)からパッケージを取得し、インストールするするのは比較的簡単なことです。

  1. PKGBUILDとその他に必要なファイル(パッチなど)を取得する。
  2. 上記のファイルを保存したディレクトリでmakepkgを実行する。("makepkg -s"と実行するとpacmanによって依存関係が自動的に解決されます。)
  3. 生成されたパッケージをpacmanを使用してインストールします。
# pacman -U /生成された/パッケージへの/パス/pkg.tar.xg

AUR HelpersはAURへのシームレスなアクセスを追加します。ものによってその機能は様々であるが、PKGBUILDを検索、取得、それを使ってパッケージをビルド、インストールすることをより簡単にします。これらのスクリプトはUNSUPPORTEDで見つけることができます。

Note: UNSUPPORTEDよりパッケージをインストールする「正式な」仕組みは無く、今後設けられることもありません。すべてのユーザーがPKGBUILDからパッケージを生成する方法を知っておくべきです。

この後に続くのはfooというパッケージをインストールする場合の手順の例です。

必須条件

まず、必要なツールがすべてインストールされていることを確認してください。パッケージグループ「base-devel」で十分でしょう。("make"などのソースコードをコンパイルするのに必要なツールを含みます。)

Warning: AURにあるパッケージは"base-devel"がインストールされていることを想定しており、コンパイルするのに必要でも依存関係として表記されません。コンパイルが失敗したと苦情を寄せる前に、このグループがインストールされていることを確認してください。
# pacman -S base-devel

次に、コンパイルを行うのに適切なビルド・ディレクトリを選択してください。ビルド・ディレクトリとは単純にパッケージを生成するためのディレクトリで、どんな物でも構いません。よく使用されるディレクトリの例として:

~/builds

また、ABS(Arch Build System)を使用しているのならば:

/var/abs/local

などがあります。 ABSについてのより詳しい情報を得るにはArch Build Systemの記事をお読みください。この例は~/buildsをビルド・ディレクトリとして使用します。

必要なファイルを取得する

AURにてパッケージを見つけてください。これは検索機能を使用することによってできます。(AURのホームページの上部にある検索ボックス)。検索結果に表示されるアプリケーションの名前をクリックすることによってインフォーメーションページが表示されます。説明を読んで求めているパッケージか、前回アップデートされたのはいつか、コメントなどを確認してください。

必要なファイルをダウンロードしてください。インフォメーションページにあるTarballリンクをクリックすることによってダウンロードできます。

See Also

  • AUR HelpersはあなたがAURを検索してダウンロードし、パッケージをインストールする手助けをします。