Difference between revisions of "Beginners' Guide/Extra (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
(synchronized interlanguage links with the other wikis)
(インストールのその先)
Line 24: Line 24:
  
 
[[Users and Groups (日本語)#ユーザー管理|ユーザー管理]]で記述されているようにして必要なユーザーアカウントを追加してください。通常の利用に root アカウントを使ったり、サーバーの [[Secure Shell (日本語)|SSH]] から root が見えるのは得策とは言えません。root アカウントは管理業務だけに使われるべきです。Linux 初心者ならば、あなたの新しいシステムに入っている[[Core Utilities (日本語)|コアユーティリティ]]を知っておくと役に立つかもしれません。
 
[[Users and Groups (日本語)#ユーザー管理|ユーザー管理]]で記述されているようにして必要なユーザーアカウントを追加してください。通常の利用に root アカウントを使ったり、サーバーの [[Secure Shell (日本語)|SSH]] から root が見えるのは得策とは言えません。root アカウントは管理業務だけに使われるべきです。Linux 初心者ならば、あなたの新しいシステムに入っている[[Core Utilities (日本語)|コアユーティリティ]]を知っておくと役に立つかもしれません。
 +
 +
例えば bash をログインシェルに指定して {{ic|archie}} という名前のユーザーを追加:
 +
# useradd -m -g users -G wheel -s /bin/bash archie
  
 
=== パッケージ管理 ===
 
=== パッケージ管理 ===
Line 40: Line 43:
 
[[Advanced Linux Sound Architecture (日本語)|ALSA]] は箱から出してすぐ使える状態になっています。アンミュートするだけです。{{Pkg|alsa-utils}} をインストール ({{ic|alsamixer}} が入っています) して[[Advanced Linux Sound Architecture (日本語)#チャンネルのミュートを解除する|この記事]]を読んで下さい。
 
[[Advanced Linux Sound Architecture (日本語)|ALSA]] は箱から出してすぐ使える状態になっています。アンミュートするだけです。{{Pkg|alsa-utils}} をインストール ({{ic|alsamixer}} が入っています) して[[Advanced Linux Sound Architecture (日本語)#チャンネルのミュートを解除する|この記事]]を読んで下さい。
  
最初にカーネルに含まれている ALSA を試すことをおすすめします。もし、ALSA が動かないときは [[OSS]] を代わりに使うことができます。より上級者向けのオーディオを求めるならば、[[Sound system (日本語)]] を見て様々な記事の概要を一読しましょう。
+
最初にカーネルに含まれている ALSA を試すことをおすすめします。もし、ALSA が動かないときは [[OSS (日本語)|OSS]] を代わりに使うことができます。より上級者向けのオーディオを求めるならば、[[Sound system (日本語)]] を見て様々な記事の概要を一読しましょう。
  
 
=== グラフィカルユーザーインターフェース ===
 
=== グラフィカルユーザーインターフェース ===

Revision as of 16:38, 30 March 2014

Tip: このページはビギナーズガイドの一部分です。全ての内容を一覧するならここをクリック

インストールのその先

あなたの新しい Arch Linux ベースシステムは今、あなたの目的や希望のために必要な全てを入れる準備ができた GNU/Linux になっています。殆どの人は、サウンドとグラフィックをそなえたデスクトップ環境に興味があるでしょう: ガイドのこのパートでは、これらの追加的要素を使うための、簡単な概要を記述します。

ユーザー管理

ユーザー管理で記述されているようにして必要なユーザーアカウントを追加してください。通常の利用に root アカウントを使ったり、サーバーの SSH から root が見えるのは得策とは言えません。root アカウントは管理業務だけに使われるべきです。Linux 初心者ならば、あなたの新しいシステムに入っているコアユーティリティを知っておくと役に立つかもしれません。

例えば bash をログインシェルに指定して archie という名前のユーザーを追加:

# useradd -m -g users -G wheel -s /bin/bash archie

パッケージ管理

Pacman が Arch Linux のパッケージマネージャ (package manager) です。pacman (日本語)FAQ (日本語)#パッケージ管理 を見て、インストール・アップデート・パッケージ管理について学んで下さい。

Arch Linux x86_64 をインストールした場合、32ビットのアプリケーションを使うために [multilib] リポジトリを有効にできます

それぞれのリポジトリの役割については Official Repositories (日本語) を見て下さい。

サービス管理

Arch Linux はシステムとサービスの管理に systemd を init として使っています。あなたの Arch Linux をメンテナンスするのに、systemd について基本的なことを知っておくべきです。systemd を使うときには systemctl コマンドを使います。 systemd (日本語)#systemctl の基本的な使い方 を読んで下さい。

サウンド

ALSA は箱から出してすぐ使える状態になっています。アンミュートするだけです。alsa-utils をインストール (alsamixer が入っています) してこの記事を読んで下さい。

最初にカーネルに含まれている ALSA を試すことをおすすめします。もし、ALSA が動かないときは OSS を代わりに使うことができます。より上級者向けのオーディオを求めるならば、Sound system (日本語) を見て様々な記事の概要を一読しましょう。

グラフィカルユーザーインターフェース

X のインストール

X Window System (X11 または X) はネットワークとディスプレイのプロトコルであり、ビットマップディスプレイでのウィンドウ環境を提供します。グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)を構成するための標準のツールキットとプロトコルが備わっています。

ベースの Xorg (日本語) パッケージのインストール:

# pacman -S xorg-server xorg-server-utils xorg-xinit

3D サポートのための mesa をインストール:

# pacman -S mesa

ビデオドライバのインストール

Note: Arch を VirtualBox のゲストとしてインストールしたときは、ビデオドライバのインストールは不要です。ゲストアドインのインストールと設定については Arch Linux guests を見て、このページの下の設定まで進んで下さい。

あなたのマシンにどのビデオ・チップセットが載っているのかわからないときは:

$ lspci | grep VGA

オープンソース・ビデオドライバ全ての一覧を見るために、パッケージ・データベースを検索:

$ pacman -Ss xf86-video | less

vesa は一般的な mode-setting ドライバです。ほとんどの GPU で動きますが、2D 又は 3D アクセラレーションは全くありません。より良いドライバが見つからなかったり、ロードできなかった場合、Xorg は vesa ドライバに戻ります。インストールするには:

# pacman -S xf86-video-vesa

GPU が持っているビデオアクセラレーション機能を働かせるには、正しいビデオドライバが必要です。よく使われるビデオドライバーの表がある Xorg (日本語)#ドライバーのインストール を見て下さい。

インプットドライバのインストール

Udev が問題なくハードウェアを認識することができるはずです。evdev ドライバ (xf86-input-evdev) は近代的なホットプラグ・インプットドライバであり、ほぼ全てのデバイスに対応しているので、ほとんどの場合インプットドライバのインストールは不要です。evdevxorg-server パッケージの依存として既にインストールされているはずです。

ラップトップユーザー(やタッチスクリーンを持っている人)はタッチパッドやタッチスクリーンを動かすのに xf86-input-synaptics パッケージが必要です:

# pacman -S xf86-input-synaptics

タッチパッドに関するチューニングやトラブルシューティングの解説は、Touchpad Synaptics (日本語) を参照してください。

X の設定

Warning: プロプライエタリドライバは通常、インストール後に再起動が必要です。詳しくは NVIDIAAMD Catalyst を見て下さい。

Xorg が自動検出するので、xorg.conf の設定なしでも動作します。手動で X サーバーを設定したいならば、wiki の Xorg (日本語) ページを読みましょう。

ここで標準の US キーボードを使っていないときは、キーボードレイアウトを設定することができます。

/etc/X11/xorg.conf.d/10-keyboard.conf
Section "InputClass"
    Identifier             "Keyboard Defaults"
    MatchIsKeyboard	   "yes"
    Option	           "XkbLayout" "jp"
EndSection
Note: XkbLayout キーは loadkeys コマンドで使ったキーマップコードと異なることがあります。多くのキーボードレイアウトと設定項目が /usr/share/X11/xkb/rules/base.lst にあります(! layout で始まる行から後ろ)。例えば、"English (UK)" に対応したレイアウト gb は、コンソールでは loadkeys uk でした。

X のテスト

Tip: テストは必須ではありません。初めて Arch Linux をインストールしたときや、新しい不慣れなハードウェアにインストールしたときなどにテストすれば十分です。
Note: テストでインプットデバイスが動作しないときは、xorg-drivers グループから必要なドライバをインストールして、再度試して下さい。利用できるインプットドライバの全てのリストは、pacman 検索で入手できます (Q を押して終了):
$ pacman -Ss xf86-input | less
ホットプラグを無効にしたいなら、xf86-input-keyboardxf86-input-mouse だけが必要です。それらがない場合、evdev がインプットドライバとして動作します(推奨)。

デフォルト環境のインストール:

# pacman -S xorg-twm xorg-xclock xterm

Xorg を非 root ユーザを作る前にインストールしたときは、.xinitrc ファイルのテンプレートが home ディレクトリに作られるので、削除するかコメントアウトする必要があります。単純に削除すると、 X は上でインストールしたデフォルト環境で動作します。

$ rm ~/.xinitrc
Note: logind セッションを保つために、ログイン済みの同じ tty で X を動作させるべきです。デフォルトでは /etc/X11/xinit/xserverrc で扱われます。

(テスト) Xorg セッションを起動させましょう:

$ startx

複数の移動可能なウィンドウが現われ、マウスも動くはずです。X のインストールの成功に満足したら、exit コマンドをプロンプトに入力して X を終了できます。

$ exit

スクリーンが真っ暗になった場合、異なるバーチャルコンソールにスイッチした (例えば Ctrl+Alt+F2)、もしくはやみくもに root でログインした可能性があります。同じ事は "root" と入力して (その後 Enter を押す)、root パスワードを入力すればできます(同じく、入力後に Enter)。

X サーバーをキルしたくなった時は:

# pkill X

これで終了しないときは、しかたがないので再起動しましょう:

# reboot
トラブルシューティング

問題が発生した時は、Xorg.0.log のエラーを見ましょう。エラー(error)をあらわす (EE) で始まる行や、他の問題を示すウォーニング(warning)を意味する (WW) の行を見て下さい。

$ grep EE /var/log/Xorg.0.log

Xorg (日本語) の記事を見た後もトラブルが治らず、Arch Linux フォーラムや IRC チャンネルで助けを求めるときは、wgetpaste をインストールして使うようにしましょう:

# pacman -S wgetpaste
$ wgetpaste ~/.xinitrc
$ wgetpaste /etc/X11/xorg.conf
$ wgetpaste /var/log/Xorg.0.log
Note: 答えの助けになるように、全ての関係する情報(ハードウェア、ドライバ情報などなど)を提供してください。

フォント

初めから入っている、スケールしないビットマップフォントだけでは飽きたらず、TrueType フォントのセットをインストールしたくなったかもしれません。DejaVu はハイクオリティな一般用途向けのフォントセットで、Unicode をほぼカバーしています:

# pacman -S ttf-dejavu

フォントレンダリングの設定やフォントのインストールについては Font Configuration (日本語)Fonts (日本語) を参照してください。

グラフィカルインターフェースの選択とインストール

X Window System はグラフィカルユーザーインターフェース (GUI) を作るための標準フレームワークを提供しています。

Note: あなたの DE や WM を選ぶことは非常に主観的・個人的な決定になります。あなたの要望にあわせて最適の環境を選んでください。自分でアプリケーションと WM を選択して自分自身の DE を作ることも可能です。
  • ウィンドウマネージャ (Window Manager,WM) は X Window System と連携してアプリケーション・ウィンドウの配置と外観をコントロールします。
  • デスクトップ環境 (Desktop Environment,DE) は X と連携して動作し、機能的で動的な GUI の完全な供給を行います。DE は典型的にウィンドウマネージャ、アイコン、アップレット、ウィンドウ、ツールバー、フォルダー、壁紙、アプリケーション・スイート、ドラッグ・ドロップなどの機能などを持っています。

xorg-xinitstartx を使って X を起動するのに代わる方法があります。ディスプレイマネージャを使う方法はディスプレイマネージャを見て下さい。既存の仮想端末をディスプレイマネージャとして機能させるには Start X at Login (日本語) を見て下さい。

付録

あなたの興味を引くであろうアプリケーションの一覧は、List of Applications (日本語) を参照。

タッチパッドやフォントレンダリングの設定のようなインストール後のチュートリアルは General Recommendations (日本語) を参照。

Template:Beginners' Guide navigation (日本語)