Difference between revisions of "Codecs (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
m
m
Line 6: Line 6:
 
[[fr:Codecs]]
 
[[fr:Codecs]]
 
[[it:Codecs]]
 
[[it:Codecs]]
[[ja:Codecs]]
 
 
[[ru:Codecs]]
 
[[ru:Codecs]]
 
[[tr:Kod_çözücüler]]
 
[[tr:Kod_çözücüler]]

Revision as of 11:47, 31 March 2013

Template:Article summary start Template:Article summary text Template:Article summary heading Template:Article summary wiki Template:Article summary wiki Template:Article summary wiki Template:Article summary wiki Template:Article summary end

wikipedia より:

コーデック (Codec) は、符号化方式を使ってデータのエンコード(符号化)とデコード(復号)を双方向にできる装置やソフトウェアなどのこと。

一般的に、マルチメディアアプリケーションにおいて音声や動画ストリームをエンコード・デコードするためにコーデックが使われます。エンコードされたストリームを再生するために、ユーザーは適切なコーデックをインストールする必要があります。

この記事ではコーデックとアプリケーションのバックエンドだけを扱います; プレイヤーのリストは List of Applications を見て下さい (MPlayerVLC がよく選ばれます)。

要件

マルチメディアを再生するには2つのコンポーネントが必要です:

  • メディアプレイヤー
  • 適切なコーデック

メディアプレイヤーをインストールしている場合は必ずしもコーデックをインストールする必要はないこともあります。例えば、MPlayer は依存パッケージとして大量のコーデックをインストールします。また、内蔵コーデックも持っています。

一般的なコーデック

  • a52dec: liba52 は ATSC A/52 ストリームのデコードのためのフリーライブラリです
  • faac: FAAC は AAC オーディオエンコーダです
  • faad2: ISO AAC オーディオデコーダ
  • flac: Free Lossless Audio Codec
  • jasper: JPEG-2000 Part-1 規格コーデックの実装、ソフトウェアベース
  • lame: MP3 エンコーダとグラフィカルフレームアナライザ
  • libdca: DTS Coherent Acoustics ストリームのデコードのためのフリーライブラリ
  • libdv: Quasar DV コーデック (libdv) は DV ビデオのためのソフトウェアコーデックです
  • libmad: 高品質な MPEG オーディオデコーダ
  • libmpeg2: libmpeg2 は MPEG-1 と MPEG-2 ビデオストリームのデコードのためのライブラリです
  • libtheora: Xiph.org によって開発されているオープンビデオコーデック
  • libvorbis: Vorbis コーデックライブラリ
  • libxv: X11 Video 拡張ライブラリ
  • opus: Xiph.org によって開発されているオープンオーディオコーデック
  • wavpack: 可逆、非可逆、ハイブリッド圧縮モードを持ったオーディオ圧縮フォーマット
  • x264: H264/AVC ビデオストリームのエンコードのためのフリーライブラリ
  • xvidcore: XviD はオープンソースの MPEG-4 ビデオコーデックです

バックエンド

GStreamer

http://www.gstreamer.net/ より:

GStreamer is a library for constructing graphs of media-handling components. The applications it supports range from simple Ogg/Vorbis playback, audio/video streaming to complex audio (mixing) and video (non-linear editing) processing.

つまり、GStreamer は バックエンドフレームワーク として多くのメディアプレイヤーによって利用されています。

GStreamer はプラグインアーキテクチャを使っており GStreamer のほとんどの機能は共有ライブラリとして実装されています。version 0.10 からプラグインは3つにグループ分けされています (続・夕陽のガンマンにちなんで名付けられています)。[1]

全てをインストールするには:

# pacman -S gstreamer0.10-plugins

xine

http://www.xine-project.org/about より:

xine はフリーの (GPL ライセンスの) ハイパフォーマンスで、携帯性を持ち、再利用可能なマルチメディア再生エンジンです。xine 自体は使いやすいように共有ライブラリで作られており、さまざまなアプリケーションでスムーズな動画再生・動画処理のためにパワフルな API が使われています。

GStreamer の代わりとして、多くのメディアプレイヤーでは xine バックエンドを使うように設定することが可能です:

# pacman -S xine-lib

xine プロジェクト自体もビデオプレイヤーを提供しています, xine-ui

libavcodec

libavcodec は FFmpeg プロジェクトの一部です。さまざまなビデオ・オーディオコーデックを含んでいます。libavcodec コーデックは MPlayerVLC などのメディアプレイヤーに含まれているため、ffmpeg パッケージをインストールする必要はありません。

Tips and tricks

MPlayer バイナリコーデックのインストール

最後の手段として、MPlayer のバイナリコーデックをインストールすることができます。

再生できないファイルがあるときは http://www.mplayerhq.hu/design7/dload.html に行って、ファイルを再生するのに必要なコーデックをインストールしてください。

また、codecsAURcodecs64AUR という名前で AUR にも存在します。

Totem プレイヤで H264 や mpg4 がない

"H264 プラグインが見つからない" という警告が Totem メディアプレイヤーに表示されるときは、Gstreamer AV ライブラリをインストールしてください。

pacman -S gst-libav