D-Bus (日本語)

From ArchWiki
Revision as of 11:43, 25 September 2013 by Kusakata (Talk | contribs) (Created page with "Category:Daemons and system services (日本語) cs:D-Bus en:D-Bus es:D-Bus ko:D-Bus zh-CN:D-Bus {{Article summary start|概要}} {{Article summary tex...")

(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search
概要 help replacing me
D-Bus のインストールと設定。

D-Bus はプロセス間のやりとりを行うためのメッセージバスシステムです。システム全体とユーザーセッション両方で実行できるデーモンと、アプリケーションが D-Bus を使うためのライブラリのセットから構成されています。

インストール

dbus は systemd の依存パッケージなので systemd を使っているなら D-Bus は自動で有効にされています。

ユーザーセッションの起動

D-Bus セッションが起動していない場合 gnome-session, startkde, startxfce4 はセッションを自動で起動します。~/.xinitrc (xorg-xinit/etc/skel/.xinitrc) のスケルトンファイルも同じことを実行します。あなたの ~/.xinitrc がスケルトンファイル /etc/skel/.xinitrc に基づいていることを確認してください。

デバッグ

d-feet は使いやすい D-Bus デバッガ GUI ツールです。D-Feet を使うことで実行中のプログラムの D-Bus インターフェイスを調べることができます。詳しくは D-Feet のホームページを見て下さい。

参照