Difference between revisions of "Desktop Environment (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
m
m
Line 18: Line 18:
  
 
== X Window System == <!-- please keep this section synchronized with [[Window Manager#X Window System]] -->
 
== X Window System == <!-- please keep this section synchronized with [[Window Manager#X Window System]] -->
[[Wikipedia:X Window System|X Window System]] はグラフィカルユーザーインターフェースの基礎を提供します。デスクトップ環境をインストールする前に、X サーバーをインストールする必要があります。詳しい情報は [[Xorg]] を見て下さい。
+
[[Wikipedia:X Window System|X Window System]] はグラフィカルユーザーインターフェースの基礎を提供します。デスクトップ環境をインストールする前に、X サーバーをインストールする必要があります。詳しい情報は [[Xorg (日本語)]] を見て下さい。
  
 
:''X は、GUI環境構築のための基本フレームワークやプリミティブを提供する。ウィンドウを画面上に描画したり、移動させたり、マウスやキーボードを使ってやり取りするといったことである。X はユーザインタフェースを規定しない。それは、個々のクライアントプログラムの管理下にある。そのため、X に基づいた環境の見た目は様々であり、プログラムごとにインタフェースが異なる。X は OS の中核部分には含まれず、アプリケーション層構築の基盤となっている。''
 
:''X は、GUI環境構築のための基本フレームワークやプリミティブを提供する。ウィンドウを画面上に描画したり、移動させたり、マウスやキーボードを使ってやり取りするといったことである。X はユーザインタフェースを規定しない。それは、個々のクライアントプログラムの管理下にある。そのため、X に基づいた環境の見た目は様々であり、プログラムごとにインタフェースが異なる。X は OS の中核部分には含まれず、アプリケーション層構築の基盤となっている。''

Revision as of 06:48, 2 February 2013

Template:Article summary start Template:Article summary text Template:Article summary heading Template:Article summary text Template:Article summary heading Template:Article summary wiki Template:Article summary wiki Template:Article summary end

デスクトップ環境完全なグラフィカルユーザーインターフェース (GUI) を提供するために、コモンウィジェットツールキットやライブラリセットを使った様々な X クライアントがバンドルされています。

X Window System

X Window System はグラフィカルユーザーインターフェースの基礎を提供します。デスクトップ環境をインストールする前に、X サーバーをインストールする必要があります。詳しい情報は Xorg (日本語) を見て下さい。

X は、GUI環境構築のための基本フレームワークやプリミティブを提供する。ウィンドウを画面上に描画したり、移動させたり、マウスやキーボードを使ってやり取りするといったことである。X はユーザインタフェースを規定しない。それは、個々のクライアントプログラムの管理下にある。そのため、X に基づいた環境の見た目は様々であり、プログラムごとにインタフェースが異なる。X は OS の中核部分には含まれず、アプリケーション層構築の基盤となっている。

ユーザーは様々な方法によって自由に GUI 環境を設定することができます。この設定を完成させるのに、デスクトップ環境は完全で便利な方法を提供します。

デスクトップ環境

デスクトップ環境には様々な X クライアントがバンドルされており、アイコン・ウィンドウ・ツールバー・壁紙・デスクトップウィジェットのようなグラフィカルユーザーインターフェースの一般的な要素を提供しています。さらに、ほとんどのデスクトップ環境には総合的なアプリケーションとユーティリティが含まれています。

ユーザーは複数のデスクトップ環境から自由にアプリケーションを取捨選択することもできます。例えば、KDE ユーザーは、Epiphany ウェブブラウザ (KDE の Konqueror ウェブブラウザが気に入らなかった場合) などの GNOME アプリケーションをインストールできます。このアプローチの欠点は、デスクトップ環境に含まれたアプリケーションの多くは DE 各々のライブラリにかなり依存しているということです。結果として、さまざまなデスクトップ環境からアプリケーションをインストールすると更に大量のライブラリのインストールの必要を招きます。ディスク容量を節約、またはソフトウェアの肥大化を避けようとしているユーザーにとってはこのような混合環境は避けて、代わりの軽量な環境に目を向けるべきでしょう。

なお、DE によるアプリケーションはそれぞれのネイティブ環境にあわせて作られる傾向があります。外観上、異なったウィジェットツールキットがまざった混合環境では外見不一致になることがあります(つまり、インターフェースが別々のアイコン・ウィジェットスタイルを使うことになります)。ユーザーエクスペリエンス上、混合環境は振る舞いが等しくならないかもしれません(例: アイコンのダブルクリックに対するシングルクリック、ドラッグアンドドロップ機能)し混乱や意図しない振る舞いの原因となりえます。

デスクトップ環境の一覧

  • GNOME — GNOME プロジェクトは2つのものを提供しています: 魅力的で直感的なデスクトップである、GNOME デスクトップと、デスクトップの要素を結合するアプリケーションを作成するための広範なフレームワークである、GNOME 開発環境です。GNOME は、フリーで、使いやすく、理解しやすく、国際的で、デベロッパフレンドリ、かつ組織的なサポートとコミュニティがあります。
http://www.gnome.org/about/ || gnome
  • Mate — Mate は Gnome 2 のフォークです。伝統的なメタファーを使う Linux ユーザーにとって直感的で魅力的なデスクトップを提供します。
http://www.mate-desktop.org/ || mate
  • Cinnamon — Cinnamon は Gnome 3 のフォークです。Gnome 2 のような、伝統的なユーザーエクスペリエンスを得られるように力を入れています。
http://cinnamon.linuxmint.com/ || cinnamonAUR [unsupported]
  • KDE — KDE はたくさんの独立したアプリケーションによって構成され、デスクトップワークスペースはそれらアプリケーションを動かすシェルとして働きます。KDE アプリケーションは他のデスクトップ環境でも問題なくシステムコンポーネントと結合して動くように作られています。KDE ワークスペースもあわせれば、少ないシステムリソースで動く、より良いアプリケーションの統合環境が得ることができます。
http://www.kde.org/ || kde
  • Xfce — Xfce は 伝統的な UNIX 哲学、モジュール性と効率性の体現者です。現代的なデスクトップ環境として期待される機能を持った多くのコンポーネントが含まれていますが、どれも比較的に軽量に抑えられています。コンポーネントは分割してパッケージ化され、最適なパーソナル環境を作るために必要なものだけをピックアップすることができます。
http://www.xfce.org/ || xfce
  • EnlightenmentEnlightenment デスクトップシェルは効率的で息を呑むようなウィンドウマネージャを提供します。Enlightenment Foundation Libraries による他の重要なデスクトップコンポーネント、ファイルマネージャ、デスクトップアイコン、ウィジェットなども含まれます。前代未聞のレベルのテーマ機能を持ちつつ古いハードウェアや組み込みデバイスでも動くと豪語しています。
http://www.enlightenment.org/ || enlightenment17
  • LXDE — "Lightweight X11 Desktop Environment" は速くて省エネルギーなデスクトップ環境です。国際的な開発コミュニティによってメンテナンスされていて、美しいインターフェース、多言語サポート、標準キーボードショートカット、タブファイルブラウズなどの付加的な機能を持っています。基礎から軽量にするよう作られているので、LXDE は他の環境よりも CPU や RAM の消費量が少なくみつもれます。ハードウェアの性能が限られるクラウドコンピューティングや、ネットブック、携帯デバイス (例: MID) や古いコンピュータなどに特に有効です。
http://lxde.org/ || lxde
  • ROX — ROX は高速で、ユーザーフレンドリなデスクトップであり広範にドラッグアンドドロップを利用しています。インターフェースはファイルマネージャを中心に据えていて、伝統的な UNIX 思想 'すべてのものはファイルである' に従って、スタートメニューやウィザード、ドルイドの下にファイルシステムを隠そうとはしません。目標はシステムを整え簡潔にみせることです。ROX では、オールインワンの大きなアプリケーションを作るよりも複数の小さなプログラムを利用することが好まれます。
http://roscidus.com/desktop/ || rox
  • Sugar — Sugar 学習用プラットフォームは5歳から12歳までの子供たちにリッチメディアを通して勉学の助けにすることを目的とした活動のためのコンピュータ環境です。Sugar は高等な教育の機会をすべての子供に与えるための世界的な支援によって成り立っています。現在では世界中の、40カ国以上、25の言語をしゃべる、100万人近くの子供たちによって使われています。Sugar は現在多くの地域で見過ごされている、質の高い教育を通じて充実した生活をおくれるように人々を手助けしています。
http://wiki.sugarlabs.org/ || sugarAUR [unsupported]
  • Razor-qt — Razor-qt は先進的で、使いやすく、Qt technologies による高速なデスクトップ環境です。シンプル、スピード、直感的なインターフェースを望むユーザーにあわせて作らています。新しいプロジェクトですが、Razor-qt はすでに主要な DE コンポーネントがすべて揃っています。
http://razor-qt.org/ || razor-qtAUR [unsupported]
  • Consort — Consort は SolusOS のデスクトップ環境で、GNOME fallback のフォークです。
http://github.org/SolusOS/consort-panel || consort-panel-gitAUR

デスクトップ環境の比較

このセクションでは人気デスクトップ環境の比較を試みますが、実際に試すことがあなたに合ったデスクトップ環境を選ぶために最適の方法だということを忘れないで下さい。

Template:Wikipedia

デスクトップ環境
デスクトップ環境 ツールキット ウィンドウマネージャ ターミナルエミュレータ ファイルマネージャ テキストエディタ ウェブブラウザ
Enlightenment Elementary Enlightenment Terminology EFM / Entropy / Evidence N/A Eve
GNOME GTK+ Mutter GNOME Terminal Nautilus gedit Epiphany
KDE Qt KWin Konsole Dolphin Kate / KWrite Konqueror
LXDE GTK+ Openbox LXTerminal PCManFM Leafpad N/A
Razor-qt Qt N/A N/A N/A N/A N/A
ROX GTK+ OroboROX ROXTerm ROX-Filer Edit N/A
Xfce GTK+ Xfwm Terminal Thunar N/A * Midori
Consort GTK+ Consortium N/A Athena N/A N/A
Note: * Mousepad が XFCE の推奨テキストエディタですが、現在開発が中断しています。代わりに LeafpadgEdit を使うことを推奨します。詳しくは http://forum.xfce.org/viewtopic.php?id=7066 を見て下さい。

使用リソース

システムリソースの点では、GNOME と KDE は不経済なデスクトップ環境と言えます。他の軽量なデスクトップ環境 (Enlightenment, LXDE, Razor-qt, Xfce) を使うことは、ディスク容量の節約になるだけでなく、CPU やメモリの使用量も減らすことができます。つまり GNOME や KDE は相対的に full-featured: 一番完全な統合環境を提供しているのです。

一方 Enlightenment, LXDE, Razor-qt や Xfce は軽量なデスクトップ環境です。やや古いマシンパワーの劣るハードウェアでも十分に動くように設計されていますし、利用するシステムリソースも低く抑えられています。(しばしば肥大化と呼ばれる) extra なフィーチャーを切り落とすことでこれを実現しています。

環境の親和性

ユーザーの中には KDE を Windows-ライク、GNOME を Mac-ライク だと言う人も多くいます。これはかなり主観の入った比較で、どちらのデスクトップ環境も Windows や Mac に似せてカスタマイズすることができます。このことについてもっと知りたいのなら Is KDE 'more Windows-like' than Gnome?KDE vs Gnome を読んで下さい。(Linux is Not Windows もまた優れた資料です。)

カスタム環境

完全なグラフィカル環境を構築するのに一番簡単な方法がデスクトップ環境です。しかし、ユーザーは人気のあるデスクトップ環境(とその依存)を使わずにも様々な方法でグラフィカル環境を作成・カスタマイズすることができます。一般的に、カスタム環境の作成は、最適なウィンドウマネージャといくつかの Lightweight Applications (最小限度必要なものはターミナルエミュレータ、ファイルマネージャ、テキストエディタなどです) の選択によります。