Difference between revisions of "Display Manager (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
m (グラフィカル)
m
Line 37: Line 37:
 
* {{App|[[LXDM]]|[[LXDE (日本語)]] の Display Manager。LXDE とは別個に使うことも可能。|http://sourceforge.net/projects/lxdm/|{{Pkg|lxdm}}}}
 
* {{App|[[LXDM]]|[[LXDE (日本語)]] の Display Manager。LXDE とは別個に使うことも可能。|http://sourceforge.net/projects/lxdm/|{{Pkg|lxdm}}}}
 
* {{App|[[wdm]]|WINGs Display Manager|http://voins.program.ru/wdm/|{{Pkg|wdm}}}}
 
* {{App|[[wdm]]|WINGs Display Manager|http://voins.program.ru/wdm/|{{Pkg|wdm}}}}
* {{App|[[LightDM]]|WebKit による Ubuntu の GDM 代替。|http://www.freedesktop.org/wiki/Software/LightDM|{{AUR|lightdm}}, {{AUR|lightdm-bzr}}}}
+
* {{App|[[LightDM]]|WebKit による Ubuntu の GDM 代替。|http://www.freedesktop.org/wiki/Software/LightDM|{{Pkg|lightdm}}, {{AUR|lightdm-bzr}}}}
 +
* {{App|[[SDDM]]|QML ベースのディスプレイマネージャ|https://github.com/sddm/sddm|{{AUR|sddm-git}}, {{AUR|sddm-qt5-git}}}}
  
 
==ディスプレイマネージャをロードする==
 
==ディスプレイマネージャをロードする==
Line 55: Line 56:
 
* '''LightDM''':
 
* '''LightDM''':
 
  # systemctl enable lightdm.service
 
  # systemctl enable lightdm.service
 +
* '''SDDM''':
 +
# systemctl enable sddm.service
  
 
今後からパソコンを起動するときに、ディスプレイマネージャが起動するはずです。ディスプレイマネージャは起動後に自動でロードされ、クラッシュからの復帰も行います。
 
今後からパソコンを起動するときに、ディスプレイマネージャが起動するはずです。ディスプレイマネージャは起動後に自動でロードされ、クラッシュからの復帰も行います。

Revision as of 06:44, 20 March 2013

Template:Article summary start Template:Article summary text Template:Article summary heading Template:Article summary text Template:Article summary heading Template:Article summary wiki Template:Article summary end

ディスプレイマネージャ、もしくはログインマネージャは、起動の最後に標準のシェルにかわって表示されるグラフィカルインターフェースです。様々な種類のディスプレイマネージャがあり、さらに多くの種類のウィンドウマネージャがあります。それらマネージャでは多くのカスタマイズ・テーマ選択が可能です。

ディスプレイマネージャ一覧

Tip: もしあなたがデスクトップ環境を使っている場合、それに対応したディスプレイマネージャを使うのが一般的です。
Tip: ウィンドウマネージャのインストールにあわせて (/usr/share/xsessions エントリを読んで) 自動でインストールされるディスプレイマネージャ: GDM, KDM, LXDM, LightDM

コンソール

  • CDM (Console Display Manager) — 非常に小さい、しかし機能がととのったログインマネージャ、bash による実装
https://github.com/ghost1227/cdm || cdm-gitAUR

グラフィカル

  • SLiM (日本語) (Simple Login Manager) — 軽量でエレガントなグラフィカルログインを提供
http://slim.berlios.de/ || slim
  • Qingy — とても軽くて広く設定がきく X Windows 独立系グラフィカルログイン (DirectFB を使用)
http://qingy.sourceforge.net/ || qingy
  • XDM — XDMCP をサポートした X Display Manager、ホストが選べる
http://www.x.org/archive/X11R7.5/doc/man/man1/xdm.1.html || xorg-xdm
http://projects.gnome.org/gdm/ || gdm
  • KDMKDE の Display Manager
http://www.kde.org/ || kdebase-workspace
http://sourceforge.net/projects/lxdm/ || lxdm
  • wdm — WINGs Display Manager
http://voins.program.ru/wdm/ || wdm
  • LightDM — WebKit による Ubuntu の GDM 代替。
http://www.freedesktop.org/wiki/Software/LightDM || lightdm, lightdm-bzrAUR
  • SDDM — QML ベースのディスプレイマネージャ
https://github.com/sddm/sddm || sddm-gitAUR, sddm-qt5-gitAUR

ディスプレイマネージャをロードする

多くのディスプレイマネージャはパッケージ化され systemd サービスファイルが作られています。

選んだディスプレイマネージャにあわせて次のコマンドを使って下さい:

  • GDM:
# systemctl enable gdm.service
  • KDM:
# systemctl enable kdm.service
  • SLiM
# systemctl enable slim.service
  • LXDM:
# systemctl enable lxdm.service
  • LightDM:
# systemctl enable lightdm.service
  • SDDM:
# systemctl enable sddm.service

今後からパソコンを起動するときに、ディスプレイマネージャが起動するはずです。ディスプレイマネージャは起動後に自動でロードされ、クラッシュからの復帰も行います。