Difference between revisions of "F2fs (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
m (It locale added.)
m (細かな修正)
Line 4: Line 4:
 
[[Wikipedia:F2FS|F2FS]] (Flash-Friendly File System) は NAND フラッシュメモリに最適化されたファイルシステムです。F2FS はカーネル 3.8 からサポートされています。
 
[[Wikipedia:F2FS|F2FS]] (Flash-Friendly File System) は NAND フラッシュメモリに最適化されたファイルシステムです。F2FS はカーネル 3.8 からサポートされています。
  
== f2fs パーティションの作成 ==
+
== F2FS パーティションの作成 ==
f2fs パーティションを作成するには、[[Official Repositories (日本語)|公式レポジトリ]]から {{Pkg|f2fs-tools}} パッケージを[[Pacman (日本語)|インストール]]する必要があります。
+
F2FS パーティションを作成するには、[[Official Repositories (日本語)|公式レポジトリ]]から {{Pkg|f2fs-tools}} パッケージを[[Pacman (日本語)|インストール]]する必要があります。
  
 
パーティションの作成:  
 
パーティションの作成:  
 
  # mkfs.f2fs /dev/sdxY
 
  # mkfs.f2fs /dev/sdxY
 
+
''/dev/sdxY'' の部分は F2FS のフォーマット対象ボリュームです。
== f2fs パーティションのマウント ==
+
== F2FS パーティションのマウント ==
マウントする前に f2fs カーネルモジュールをロードする必要があるかもしれません。root で次を実行してください:
+
マウントする前に F2FS カーネルモジュールをロードする必要があるかもしれません。root で次を実行してください:
  
 
  # modprobe f2fs
 
  # modprobe f2fs
Line 19: Line 19:
 
  # mount -t f2fs /dev/sdxY /mnt
 
  # mount -t f2fs /dev/sdxY /mnt
  
== Arch Linux を f2fs パーティション上にインストール ==
+
== Arch Linux を F2FS パーティション上にインストール ==
最新のインストールメディア (2013.04.01) では f2fs パーティション上にシステムをインストールすることが可能です:
+
最新のインストールメディア (2013.04.01) では F2FS パーティション上にシステムをインストールすることが可能です:
  
 
#インストールメディアで arch を実行している間に[[Official Repositories (日本語)|公式レポジトリ]]から {{Pkg|f2fs-tools}} をインストール。
 
#インストールメディアで arch を実行している間に[[Official Repositories (日本語)|公式レポジトリ]]から {{Pkg|f2fs-tools}} をインストール。
#上述の通りに f2fs カーネルモジュールをロード。
+
#上述の通りに {{ic|f2fs}} カーネルモジュールをロード。
#上述の通りに root パーティションを f2fs を使って作成。
+
#上述の通りに root パーティションを F2FS を使って作成。
#boot パーティションを as ext4 (やその他のサポートされているファイルシステム) で作成。
+
#{{ic|/boot}} パーティションを ext4 (やその他のサポートされているファイルシステム) として作成。
 
#[[Beginners' Guide (日本語)#パーティションのマウント|公式インストールガイド]]通りにシステムをマウント・インストール・chroot。
 
#[[Beginners' Guide (日本語)#パーティションのマウント|公式インストールガイド]]通りにシステムをマウント・インストール・chroot。
#(インストールしたシステムで) {{ic|f2fs}} を {{ic|/etc/mkinitcpio.conf}} の modules セクションに追加し {{ic|fsck}} を hooks セクションから削除 (f2fs はまだ fsck の実装を持っていないため)。
+
#(インストールしたシステムで) {{ic|f2fs}} を {{ic|/etc/mkinitcpio.conf}} の modules セクションに追加。
 
#その後 initramfs イメージを再生成するのを忘れずに:
 
#その後 initramfs イメージを再生成するのを忘れずに:
# mkinitcpio -p linux
+
::{{ic|# mkinitcpio -p linux}}

Revision as of 03:03, 18 March 2014

F2FS (Flash-Friendly File System) は NAND フラッシュメモリに最適化されたファイルシステムです。F2FS はカーネル 3.8 からサポートされています。

F2FS パーティションの作成

F2FS パーティションを作成するには、公式レポジトリから f2fs-tools パッケージをインストールする必要があります。

パーティションの作成:

# mkfs.f2fs /dev/sdxY

/dev/sdxY の部分は F2FS のフォーマット対象ボリュームです。

F2FS パーティションのマウント

マウントする前に F2FS カーネルモジュールをロードする必要があるかもしれません。root で次を実行してください:

# modprobe f2fs

これでパーティションをマウントすることができます:

# mount -t f2fs /dev/sdxY /mnt

Arch Linux を F2FS パーティション上にインストール

最新のインストールメディア (2013.04.01) では F2FS パーティション上にシステムをインストールすることが可能です:

  1. インストールメディアで arch を実行している間に公式レポジトリから f2fs-tools をインストール。
  2. 上述の通りに f2fs カーネルモジュールをロード。
  3. 上述の通りに root パーティションを F2FS を使って作成。
  4. /boot パーティションを ext4 (やその他のサポートされているファイルシステム) として作成。
  5. 公式インストールガイド通りにシステムをマウント・インストール・chroot。
  6. (インストールしたシステムで) f2fs/etc/mkinitcpio.conf の modules セクションに追加。
  7. その後 initramfs イメージを再生成するのを忘れずに:
# mkinitcpio -p linux