Difference between revisions of "Fonts (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
m (update AUR package names)
m (updated AUR package names)
Line 249: Line 249:
 
====クメール文字====
 
====クメール文字====
 
*{{Pkg|ttf-khmer}} - クメール語で使われる文字のフォント
 
*{{Pkg|ttf-khmer}} - クメール語で使われる文字のフォント
*[http://code.google.com/webfonts/family?family=Hanuman&subset=khmer Hanuman] ({{AUR|ttf-google-fonts-hg}} or {{AUR|ttf-google-webfonts-git}})
+
*[http://code.google.com/webfonts/family?family=Hanuman&subset=khmer Hanuman] ({{AUR|ttf-google-fonts-hg}} or {{AUR|ttf-google-fonts-git}})
  
 
====シンハラ文字====
 
====シンハラ文字====
Line 281: Line 281:
 
* [[Wikipedia:Andalé Mono|Andalé Mono]] ({{AUR|ttf-ms-fonts}})
 
* [[Wikipedia:Andalé Mono|Andalé Mono]] ({{AUR|ttf-ms-fonts}})
 
* Anka/Coder ({{AUR|ttf-anka-coder}})
 
* Anka/Coder ({{AUR|ttf-anka-coder}})
* Anonymous Pro ({{AUR|ttf-anonymous-pro}}, {{AUR|ttf-google-fonts-hg}} or {{AUR|ttf-google-webfonts-git}} に含まれる)
+
* Anonymous Pro ({{AUR|ttf-anonymous-pro}}, {{AUR|ttf-google-fonts-hg}} or {{AUR|ttf-google-fonts-git}} に含まれる)
 
* [[Wikipedia:Bitstream Vera|Bitstream Vera Mono]] ({{Pkg|ttf-bitstream-vera}})
 
* [[Wikipedia:Bitstream Vera|Bitstream Vera Mono]] ({{Pkg|ttf-bitstream-vera}})
 
* [[Wikipedia:Consolas|Consolas]] ({{AUR|ttf-vista-fonts}}) - Windows プログラミングフォント
 
* [[Wikipedia:Consolas|Consolas]] ({{AUR|ttf-vista-fonts}}) - Windows プログラミングフォント
 
* [[Wikipedia:Courier New|Courier New]] ({{AUR|ttf-ms-fonts}})
 
* [[Wikipedia:Courier New|Courier New]] ({{AUR|ttf-ms-fonts}})
* Cousine ({{AUR|ttf-google-fonts-hg}} or {{AUR|ttf-google-webfonts-git}}) - Chrome/Chromium OS における Courier New 代替フォント (metric-対応)
+
* Cousine ({{AUR|ttf-google-fonts-hg}} or {{AUR|ttf-google-fonts-git}}) - Chrome/Chromium OS における Courier New 代替フォント (metric-対応)
 
* [[Wikipedia:DejaVu fonts|DejaVu Sans Mono]] ({{Pkg|ttf-dejavu}}) - ユニコード対応
 
* [[Wikipedia:DejaVu fonts|DejaVu Sans Mono]] ({{Pkg|ttf-dejavu}}) - ユニコード対応
* [[Wikipedia:Droid (font)|Droid Sans Mono]] ({{Pkg|ttf-droid}}, {{AUR|ttf-google-fonts-hg}} or {{AUR|ttf-google-webfonts-git}} に含まれる)
+
* [[Wikipedia:Droid (font)|Droid Sans Mono]] ({{Pkg|ttf-droid}}, {{AUR|ttf-google-fonts-hg}} or {{AUR|ttf-google-fonts-git}} に含まれる)
 
* Envy Code R ({{AUR|ttf-envy-code-r}})
 
* Envy Code R ({{AUR|ttf-envy-code-r}})
 
* [[Wikipedia:GNU FreeFont|FreeMono]] ({{Pkg|ttf-freefont}}) - ユニコード対応
 
* [[Wikipedia:GNU FreeFont|FreeMono]] ({{Pkg|ttf-freefont}}) - ユニコード対応
Line 315: Line 315:
 
*[[Wikipedia:Arial|Arial]] ({{AUR|ttf-ms-fonts}})
 
*[[Wikipedia:Arial|Arial]] ({{AUR|ttf-ms-fonts}})
 
*[[Wikipedia:Arial Black|Arial Black]] ({{AUR|ttf-ms-fonts}})
 
*[[Wikipedia:Arial Black|Arial Black]] ({{AUR|ttf-ms-fonts}})
*Arimo ({{AUR|ttf-google-fonts-hg}} or {{AUR|ttf-google-webfonts-git}}) - Chrome/Chromium OS における Arial 代替フォント (metric-対応)
+
*Arimo ({{AUR|ttf-google-fonts-hg}} or {{AUR|ttf-google-fonts-git}}) - Chrome/Chromium OS における Arial 代替フォント (metric-対応)
 
*[[Wikipedia:Calibri|Calibri]] ({{AUR|ttf-vista-fonts}})
 
*[[Wikipedia:Calibri|Calibri]] ({{AUR|ttf-vista-fonts}})
 
*[[Wikipedia:Candara|Candara]] ({{AUR|ttf-vista-fonts}})
 
*[[Wikipedia:Candara|Candara]] ({{AUR|ttf-vista-fonts}})
Line 321: Line 321:
 
*[[Wikipedia:Corbel (typeface)|Corbel]] ({{AUR|ttf-vista-fonts}})
 
*[[Wikipedia:Corbel (typeface)|Corbel]] ({{AUR|ttf-vista-fonts}})
 
*[[Wikipedia:DejaVu fonts|DejaVu Sans]] ({{Pkg|ttf-dejavu}}) - ユニコード対応
 
*[[Wikipedia:DejaVu fonts|DejaVu Sans]] ({{Pkg|ttf-dejavu}}) - ユニコード対応
*[[Wikipedia:Droid (font)|Droid Sans]] ({{Pkg|ttf-droid}}, {{AUR|ttf-google-fonts-hg}} or {{AUR|ttf-google-webfonts-git}} に含まれる)
+
*[[Wikipedia:Droid (font)|Droid Sans]] ({{Pkg|ttf-droid}}, {{AUR|ttf-google-fonts-hg}} or {{AUR|ttf-google-fonts-git}} に含まれる)
 
*[[Wikipedia:GNU FreeFont|FreeSans]] ({{Pkg|ttf-freefont}}) - ユニコード対応
 
*[[Wikipedia:GNU FreeFont|FreeSans]] ({{Pkg|ttf-freefont}}) - ユニコード対応
 
*[[Wikipedia:Impact (typeface)|Impact]] ({{AUR|ttf-ms-fonts}})
 
*[[Wikipedia:Impact (typeface)|Impact]] ({{AUR|ttf-ms-fonts}})
Line 328: Line 328:
 
*[[Wikipedia:Lucida Sans|Lucida Sans]] ({{AUR|ttf-ms-fonts}})
 
*[[Wikipedia:Lucida Sans|Lucida Sans]] ({{AUR|ttf-ms-fonts}})
 
*[[Wikipedia:Microsoft Sans Serif|Microsoft Sans Serif]] ({{AUR|ttf-ms-fonts}})
 
*[[Wikipedia:Microsoft Sans Serif|Microsoft Sans Serif]] ({{AUR|ttf-ms-fonts}})
*[[Wikipedia:PT Sans|PT Sans]] ({{AUR|ttf-google-fonts-hg}} or {{AUR|ttf-google-webfonts-git}}) - 3 major variations: normal, narrow, and caption - ユニコード対応: ラテン文字、キリル文字
+
*[[Wikipedia:PT Sans|PT Sans]] ({{AUR|ttf-google-fonts-hg}} or {{AUR|ttf-google-fonts-git}}) - 3 major variations: normal, narrow, and caption - ユニコード対応: ラテン文字、キリル文字
 
*[[Wikipedia:Tahoma (typeface)|Tahoma]] ({{AUR|ttf-tahoma}})
 
*[[Wikipedia:Tahoma (typeface)|Tahoma]] ({{AUR|ttf-tahoma}})
 
*[[Wikipedia:Trebuchet MS|Trebuchet]] ({{AUR|ttf-ms-fonts}})
 
*[[Wikipedia:Trebuchet MS|Trebuchet]] ({{AUR|ttf-ms-fonts}})
Line 344: Line 344:
 
*[[Wikipedia:DejaVu fonts|DejaVu Serif]] ({{Pkg|ttf-dejavu}}) - ユニコード対応
 
*[[Wikipedia:DejaVu fonts|DejaVu Serif]] ({{Pkg|ttf-dejavu}}) - ユニコード対応
 
*[[Wikipedia:Doulos SIL|Doulos]] ({{AUR|doulos-sil}}, {{AUR|ttf-sil-fonts}} に含まれる) - ユニコード対応: ラテン文字、キリル文字
 
*[[Wikipedia:Doulos SIL|Doulos]] ({{AUR|doulos-sil}}, {{AUR|ttf-sil-fonts}} に含まれる) - ユニコード対応: ラテン文字、キリル文字
*[[Wikipedia:Droid (font)|Droid Serif]] ({{Pkg|ttf-droid}}, {{AUR|ttf-google-fonts-hg}} or {{AUR|ttf-google-webfonts-git}} に含まれる)
+
*[[Wikipedia:Droid (font)|Droid Serif]] ({{Pkg|ttf-droid}}, {{AUR|ttf-google-fonts-hg}} or {{AUR|ttf-google-fonts-git}} に含まれる)
 
*[[Wikipedia:GNU FreeFont|FreeSerif]] ({{Pkg|ttf-freefont}}) - ユニコード対応
 
*[[Wikipedia:GNU FreeFont|FreeSerif]] ({{Pkg|ttf-freefont}}) - ユニコード対応
 
*[[Wikipedia:Gentium|Gentium]] ({{Pkg|ttf-gentium}}, {{AUR|ttf-sil-fonts}} に含まれる) - ユニコード対応: ラテン文字、ギリシア文字、キリル文字、Phonetic Alphabet
 
*[[Wikipedia:Gentium|Gentium]] ({{Pkg|ttf-gentium}}, {{AUR|ttf-sil-fonts}} に含まれる) - ユニコード対応: ラテン文字、ギリシア文字、キリル文字、Phonetic Alphabet
Line 351: Line 351:
 
*[[Wikipedia:Linux Libertine|Linux Libertine]] ({{Pkg|ttf-linux-libertine}}) - ユニコード対応: ラテン文字、ギリシア文字、キリル文字、ヘブライ文字
 
*[[Wikipedia:Linux Libertine|Linux Libertine]] ({{Pkg|ttf-linux-libertine}}) - ユニコード対応: ラテン文字、ギリシア文字、キリル文字、ヘブライ文字
 
*[[Wikipedia:Times New Roman|Times New Roman]] ({{AUR|ttf-ms-fonts}})
 
*[[Wikipedia:Times New Roman|Times New Roman]] ({{AUR|ttf-ms-fonts}})
*Tinos ({{AUR|ttf-google-fonts-hg}} or {{AUR|ttf-google-webfonts-git}}) - Chrome/Chromium OS における Times New Roman 代替フォント (metric-対応)
+
*Tinos ({{AUR|ttf-google-fonts-hg}} or {{AUR|ttf-google-fonts-git}}) - Chrome/Chromium OS における Times New Roman 代替フォント (metric-対応)
  
 
===未分類===
 
===未分類===
 
<!--This section should be absorbed into the Monospace/Serif/Sans-Serif structure-->
 
<!--This section should be absorbed into the Monospace/Serif/Sans-Serif structure-->
*{{AUR|ttf-google-webfonts-git}} と {{AUR|ttf-google-fonts-hg}} — フリーフォントの巨大なコレクション (ubuntu, inconsolata, droid などを含む) - Note: これをインストールするとフォントが 100 以上になるかもしれません ''(AUR)''
+
*{{AUR|ttf-google-fonts-git}} と {{AUR|ttf-google-fonts-hg}} — フリーフォントの巨大なコレクション (ubuntu, inconsolata, droid などを含む) - Note: これをインストールするとフォントが 100 以上になるかもしれません ''(AUR)''
 
*{{Pkg|ttf-mph-2b-damase}} — Covers full plane 1 and several scripts
 
*{{Pkg|ttf-mph-2b-damase}} — Covers full plane 1 and several scripts
 
*{{AUR|ttf-symbola}} — 絵文字や多くの記号 ''(AUR)''
 
*{{AUR|ttf-symbola}} — 絵文字や多くの記号 ''(AUR)''

Revision as of 21:10, 27 April 2013

Wikipedia より:

コンピュータフォント(または単純に「フォント」)とはグリフや文字、ウィングディングなどの記号を含む電子データである。

Template:Article summary start Template:Article summary text Template:Article summary heading Template:Article summary text Template:Article summary heading Template:Article summary wiki: フォントのセットアップと整形 Template:Article summary wiki: Sun の Java マシン 特有のフォント Template:Article summary wiki: Microsoft フォントと Windows のフォント設定 Template:Article summary wiki: キーボードレイアウトの情報 Template:Article summary end

フォントフォーマット

今日使われるほとんどのコンピュータフォントはビットマップアウトラインデータフォーマットになっています。

ビットマップフォント
ドットやピクセルのマトリックスで構成され、それぞれの文字のイメージを表示します。
アウトラインまたはベクターフォント
ベジェ曲線を使ってそれぞれの文字を表示します。文字はさまざまなサイズにスケールすることができます。

よく使われる拡張子

  • bdfbdf.gz – ビットマップフォント、bitmap distribution format と gzip 圧縮された bdf
  • pcfpcf.gz – ビットマップ、portable compiled font と gzip 圧縮された pcf
  • psf, psfu, psf.gzpsfu.gz – ビットマップ、PC screen font, PC screen font Unicode と gzip 圧縮されたもの (X.Org と非互換)
  • pfapfb – アウトラインフォント、PostScript font ASCII と PostScript font binary。PostScript フォントはプリンタで用いられます。
  • ttf – アウトライン、TrueType font。もともとは PostScript フォントの代替として作られました。
  • otf – アウトライン、OpenType font。PostScript のヒントを含む TrueType。

多くの場合、TrueType と OpenType の技術的な差異は無視することができます。実際 ttf 拡張子を持つフォントでも OpenType フォントであることがあります。

他のフォーマット

組版アプリケーションの TeX と、それに組み合わせるフォントソフトウェアの Metafont は独自の方法で文字をレンダリングします。この2つのプログラムでフォントとして使われるファイル拡張子に *pk, *gf, mfvf があります。

FontForge はオープンソースのフォント作成プログラムであり、作られたフォントには sfd (spline font database) というテキストベースのフォーマットが使われます。

SVG フォーマットにも独自にフォントを表示するための機能があります。

インストール

フォントをインストールする方法は複数あります。

Pacman

フォントとそのコレクションは pacman を使って(有効にした)リポジトリからインストールすることができます。利用できるフォントを探すには次を実行:

$ pacman -Ss font

また ttf フォントのみを探す場合は:

$ pacman -Ss ttf

terminus-font などのフォントは /usr/share/fonts/local にインストールされ、デフォルトではフォントパスに追加されません。~/.xinitrc に次の行を追加することで X11 でそれらのフォントを使うことができます:

xset +fp /usr/share/fonts/local
xset fp rehash

パッケージを作成

pacman であなたのフォントを管理したいと思ったならば、あなた自身で Arch パッケージを作ることができます。作ったパッケージは AUR コミュニティで共有することもできます。以下はベーシックなパッケージを作成する方法の一例です。パッケージの作成について詳しく学びたいならば、PKGBUILD (日本語) を読んで下さい。

pkgname=ttf-fontname
pkgver=1.0
pkgrel=1
depends=('fontconfig' 'xorg-font-utils')
pkgdesc="custom fonts"
arch=('any')
source=(http://someurl.org/$pkgname.tar.bz2)
install=$pkgname.install

package() {
  install -d "$pkgdir/usr/share/fonts/TTF"
  cp -dpr --no-preserve=ownership "$srcdir/$pkgname/"*.ttf "$pkgdir/usr/share/fonts/TTF/"
}

この PKGBUILD はフォントを TrueType だと認識します。また、インストールファイル (ttf-fontname.install) にはフォントキャッシュをアップデートする処理を書く必要があります:

post_install() {
  echo -n "Updating font cache... "
  fc-cache -fs >/dev/null
  mkfontscale /usr/share/fonts/TTF /usr/share/fonts/Type1
  mkfontdir /usr/share/fonts/TTF /usr/share/fonts/Type1
  echo "done"
}

post_upgrade() {
  post_install
}

post_remove() {
  post_install
}

マニュアルインストール

リポジトリにないフォントを追加するときに推奨されるのは #パッケージを作成 することです。pacman によってフォントを削除・アップデートできるようになります。しかしながらフォントを手動でインストールすることも可能です。

システム全体で(全てのユーザーが)使えるようにフォントをインストールするには、フォントフォルダを /usr/share/fonts/ ディレクトリに移動してください。シングルユーザーだけの場合は、代わりに ~/.fonts/ を使います。

さらに、あなたは /etc/X11/xorg.conf/etc/xorg.conf をアップデートして新しいディレクトリを追加する必要があります。FontPath を検索してファイルが含まれる正しい位置を確認してからあなたの新しいパスを追加してください。詳しくは #X.Org とフォント を見て下さい。

それから fontconfig フォントキャッシュをアップデートします:

$ fc-cache -vf

古いアプリケーション

古いアプリケーション (例: GTK+ 1.x アプリケーション、xfontsel) を使う場合、fontconfig をサポートしていないので、インデックスをフォントディレクトリに作る必要があります:

$ mkfontscale
$ mkfontdir

もしくは次のコマンドで複数のフォルダを含めます:

$ for dir in /font/dir1/ /font/dir2/; do xset +fp $dir; done && xset fp rehash

X サーバーがフォントディレクトリの読み込みに失敗したときは全ての fonts.dir ファイルを再スキャンしてください:

# xset +fp /usr/share/fonts/misc # Inform the X server of new directories
# xset fp rehash                # Forces a new rescan

フォントが読み込まれたのかチェックするには:

$ xlsfonts | grep fontname

Pango の Warning

Pango を使っていると、pango が fontconfig を読み込んでフォントを選ぼうとすることがあります。

(process:5741): Pango-WARNING **: failed to choose a font, expect ugly output. engine-type='PangoRenderFc', script='common'
(process:5741): Pango-WARNING **: failed to choose a font, expect ugly output. engine-type='PangoRenderFc', script='latin'

上記のようなエラーや、アプリケーションで文字の代わりに豆腐が表示された場合、フォントを追加してフォントキャッシュをアップデートする必要があります。この例では ttf-liberation フォントがあげられていて root 権限でシステム全体で有効にします。

# pacman -S ttf-liberation
  -- インストールが成功したと仮定して出力は省略します -- 

# fc-cache -vfs
/usr/share/fonts: caching, new cache contents: 0 fonts, 3 dirs
/usr/share/fonts/TTF: caching, new cache contents: 16 fonts, 0 dirs
/usr/share/fonts/encodings: caching, new cache contents: 0 fonts, 1 dirs
/usr/share/fonts/encodings/large: caching, new cache contents: 0 fonts, 0 dirs
/usr/share/fonts/util: caching, new cache contents: 0 fonts, 0 dirs
/var/cache/fontconfig: cleaning cache directory   
fc-cache: succeeded

フォントが設定されたかテストするには:

# fc-match
LiberationMono-Regular.ttf: "Liberation Mono" "Regular"

X.Org とフォント

Xorg (日本語) で新しくインストールしたフォントを使うには、フォントパスを /etc/X11/xorg.conf (他の X.Org 設定ファイルでも動きます) に加える必要があります。

以下は /etc/X11/xorg.conf に追加するセクションの例です。あなたの必要なフォントにあわせてパスを追加・削除してください。

# Let X.Org know about the custom font directories
Section "Files"
    FontPath    "/usr/share/fonts/100dpi"
    FontPath    "/usr/share/fonts/75dpi"
    FontPath    "/usr/share/fonts/cantarell"
    FontPath    "/usr/share/fonts/cyrillic"
    FontPath    "/usr/share/fonts/encodings"
    FontPath    "/usr/share/fonts/local"
    FontPath    "/usr/share/fonts/misc"
    FontPath    "/usr/share/fonts/truetype"
    FontPath    "/usr/share/fonts/TTF"
    FontPath    "/usr/share/fonts/util"
EndSection

フォントパッケージ

以下は、公式リポジトリや AUR から入手できる多くのフォントパッケージを精選したリストです。ユニコードをサポートしているフォントには"ユニコード対応"と添えられています、詳しくはプロジェクトや Wikipedia のページを見て下さい。

Github ユーザーの Ternstor が extra, community, AUR の全てのフォントの PNG イメージを生成する python スクリプトを作成しています。

(ブライユ)点字

  • ttf-ubraille - 点字 のユニコード記号が入っているフォント

国際文字

アラビア文字

  • ttf-qurancomplex-fontsAUR - メディナの King Fahd Glorious Quran Printing Complex によるフォント (AUR)
  • ttf-amiriAUR - Amiria Press によって作られたクラシカルなナスフ体のアラビア文字フォント (AUR)
  • ttf-sil-lateefAUR - SIL によるユニコード対応アラビア文字フォント (AUR)
  • ttf-sil-scheherazadeAUR - SIL によるユニコード対応アラビア文字フォント (AUR)
  • ttf-arabeyes-fontsAUR - フリーのアラビア文字フォントのコレクション (AUR)

ビルマ文字

  • ttf-myanmar3AUR - ミャンマー・ビルマ文字のフォント (AUR)

漢字、日本語、ハングル、ベトナム語

(主に使われる)漢字
  • ttf-twAUR - 台湾教育部発行の楷書と宋体の繁体字フォント。
  • wqy-microhei - 高品質な Sans-Serif スタイルの CJKV アウトラインフォント。
  • wqy-zenhei - 黒体系 (sans-serif) 漢字アウトラインフォント、ビットマップの宋体も含まれる (日本語(の一部)とハングルもサポート)。
  • ttf-arphic-ukai - Kaiti (筆文字) ユニコード対応フォント (アンチエイリアス推奨)。
  • ttf-arphic-uming - Mingti (活字) ユニコード対応フォント。
  • opendesktop-fonts - New Sung フォント、以前は ttf-fireflysung パッケージ。
  • wqy-bitmapfont - ビットマップ宋体 (serif) 漢字フォント。
  • ttf-hannom - 漢字とベトナム語 TrueType フォント。
日本語
  • otf-ipafontAUR - 日常的に使える日本語ゴシック (sans-serif) と明朝 (serif) のフォントセット; 一番高品質なオープンソースフォントの一つ。openSUSE-ja のデフォルト。 (AUR)
  • ttf-vlgothicAUR - 日本語ゴシックフォント。Debian/Fedora/Vine Linux のデフォルト。 (AUR)
  • ttf-mplusAUR - 近代的なゴシック体日本語アウトラインフォント。日本語の平仮名・片仮名、Basic Latin・Latin-1 Supplement・Latin Extended-A 文字セット、ほぼ全ての日本語の漢字(第一水準漢字まで完全に対応)と IPA 拡張、ギリシア文字、キリル文字、ベトナム語を収録。7 ウェイト(プロポーショナル)と 5 ウェイト(等幅)を用意。 (AUR)
  • ttf-ipa-monaAUR, ttf-monapoAUR - 2ちゃんねるのアスキーアートを正しく表示する日本語フォント。 (AUR)
  • ttf-sazanami - フリーの日本語 TrueType フォント。既にメンテナンスされていませんが、環境によってはフォールバックフォントとして使われています。
ハングル
  • ttf-baekmuk - ハングル TrueType フォントのコレクション
  • ttf-aleeAUR - フリーのハングル TrueType フォントのセット (AUR)
  • ttf-unfonts-coreAUR - Un フォント (デフォルトの Baekmuk フォントでは不十分かもしれません) (AUR)
  • ttf-nanumAUR - Nanum シリーズ TrueType フォント (AUR)
  • ttf-nanumgothic_codingAUR - Nanum シリーズ幅調整 TrueType フォント (AUR)

キリル文字

#モノスペース, #Sans-serif#Serif も見て下さい

ギリシア文字

ほとんど全てのユニコード対応フォントにはギリシア文字セットが(アクセント注記式も)含まれています。追加フォントパッケージには、完全にユニコード文字に未対応だが高品質なギリシア文字(もちろんラテン文字も)活字を使えるパッケージがあります:

  • otf-gfsAUR - Greek Font Society による OpenType フォントのセレクション (AUR)
  • ttf-mgopenAUR - Magenta によるプロフェッショナル TrueType フォント (AUR)

ヘブライ文字

  • culmusAUR - フリーのヘブライ文字のコレクション (AUR)

インド系文字

  • ttf-freebanglafont - ベンガル文字フォント
  • ttf-indic-otf - インド系文字 OpenType フォントコレクション (ttf-freebanglafont を含む)
(This one contains a "look of disapproval" that might be more to your liking than the bdf-unifont one mentioned elsewhere in this document)
  • lohit-font - Fedora プロジェクトによるインド系文字 TrueType フォント (Oriya フォントなどを含む) (AUR)

クメール文字

シンハラ文字

  • ttf-lklugAUR - シンハラ文字ユニコード対応フォント (AUR)

タミル文字

  • ttf-tamilAUR - タミル文字ユニコード対応フォント (AUR)

チベット文字

数学

Microsoft フォント

MS Fonts (日本語) を見て下さい。

Apple Mac OS X フォント

  • ttf-mac-fontsAUR - Mac OS X TrueType フォント
  • ttf-macAUR - Mac OS X TrueType フォント (このパッケージには ttf フォントは含まれていません (otf フォントだけです)、ttf フォントは自分自身で入手する必要があります)。

モノスペース

ここで提案があります。ユーザーによって好みはさまざまです、あなたに合うものを見つけて下さい。 急いでいる時は、Dan Benjamin のブログを読むといいでしょう: Top 10 Programming Fonts

Trevor Lowing によるフォントの一覧: http://www.lowing.org/fonts/

TrueType

Bitmap

Sans-serif

Script

Serif

未分類

  • ttf-google-fonts-gitAURttf-google-fonts-hgAUR — フリーフォントの巨大なコレクション (ubuntu, inconsolata, droid などを含む) - Note: これをインストールするとフォントが 100 以上になるかもしれません (AUR)
  • ttf-mph-2b-damase — Covers full plane 1 and several scripts
  • ttf-symbolaAUR — 絵文字や多くの記号 (AUR)
  • ttf-sil-fontsAUR — SIL による Gentium, Charis, Doulos, Andika と Abyssinica (AUR)
  • font-bh-ttf — X.Org Luxi フォント
  • ttf-cheapskatedustismo.com からのフォントコレクション
  • ttf-isabella — 1497年の Isabella Breviary に基づくカリグラフィーフォント
  • ttf-junicode — ほとんど全ての中世ラテン文字を揃えている Junius フォント
  • arkpandorafonts ttf-arkpandoraAUR — Arial と Times New Roman の代替フォント (AUR)
  • xorg-fonts-type1PostScript フォントの IBM Courier と Adobe Utopia のセット

コンソールフォント

コンソール、X ウィンドウシステムのないターミナルでは、ASCII 文字セットがデフォルトで使われます。使用するフォントとキーマップは簡単に変えることができます。

コンソールフォントは 256 か 512 文字に制限されています。フォントは /usr/share/kbd/consolefonts/ にあります。

押したキーとコンピュータで使われる文字をつなぐ、キーマップは /usr/share/kbd/keymaps/ のサブディレクトリにあります。

プレビューとテスト

コンソールフォントのプレビューのためのイメージライブラリが http://alexandre.deverteuil.net/consolefonts/consolefonts.html にあります。

さらに、setfont を使うことで一時的にフォントを変えることができます。フォントで利用できるグリフ・文字は showconsolefont コマンドでテーブル表示できます。

もし新しく変えたフォントに不満ならば、デフォルトフォントに戻すには setfont コマンドに何も引数を付けないで実行してください。コンソール画面が全く読めなくなってしまったときでも、このコマンドは動作します。つまり "working blind" のときはただ setfont をタイプすればいいのです。

setfont は現在使われているコンソールだけで機能することを覚えておいて下さい。(アクティブだろうとそうでなかろうと)他のコンソールには影響しません。

サンプル

フォントを変えます:

$ setfont /usr/share/kbd/consolefonts/gr737b-9x16-medieval.psfu.gz

また 512 グリフのフォントに変え、-m オプションを使ってキーマップを ISO 8859-5 にセットします:

$ setfont /usr/share/kbd/consolefonts/LatArCyrHeb-16.psfu.gz -m 8859-5

それから画面にテキストを表示するコマンドを使って確かめます、例えば manpage を見たり vinano を試したり、グリフのテーブルを表示 (showconsolefont) します。

デフォルトフォントに戻します:

$ setfont

デフォルトフォントを変更

デフォルトフォントを変えるには、/etc/vconsole.conf (このファイルを作る必要があるかもしれません) の FONT=FONT_MAP= で設定します。フォントは /usr/share/kbd/consolefonts/ ディレクトリ、キーマップは /usr/share/kbd/keymaps/ のサブディレクトリにあります。

サンプル

Č, ž, đ, š or Ł, ę, ą, ś などの文字を表示するために lat2-16.psfu.gz フォントを使うとします:

FONT=lat2-16

It means that second part of ISO/IEC 8859 characters are used with size 16. You can change font size using other values like lat2-08...16. For the regions determined by 8859 specification, look at the Wikipedia. You can use a Terminus font which is recommended if you work a lot in console without X server. ter-216b for example is latin-2 part, size 16, bold. ter-216n is the same but normal weight. Terminus fonts have sizes up to 32.

そして、適切なキーマップを設定します。lat2-16 の場合は:

FONT_MAP=8859-2

初期のユーザースペース、つまりブートプロセスでも特定のフォントを使いたい場合、/etc/mkinitcpio.confconsolefont フックを追加します:

HOOKS="base udev autodetect modconf block filesystems keyboard fsck consolefont keymap"

それからイメージを再生成します:

# mkinitcpio -p linux
Note: 複数のカーネルパッケージをインストールしているならば上記の手順をカーネル毎に繰り返して下さい。

詳しくは Mkinitcpio (日本語)#HOOKS を見て下さい。

ブート時にフォントが変わっていない、もしくは一時的にしか変わらなかった場合、グラフィックドライバが初期化されコンソールがフレームバッファに切り替わるときにリセットされている可能性があります。これを避けるには、グラフィックドライバを早くロードするようにしてください。Kernel Mode Setting (日本語)#Early KMS start のサンプルを見るか他の方法で /etc/vconsole.conf が適用される前にフレームバッファをセットアップするようにしてください。

ブートエラー

ブート時に "Loading Console Font" が失敗する場合、Arch Linux をインストールしたときに正しいフォントを選ばなかったことが原因かもしれません。

このメッセージを消すには、/etc/rc.confCONSOLEFONT を空にしてください。起動時のデフォルトフォントに戻るはずです。

X11 でのフォントオーダー

Fontconfig は自動的に要求にあったフォントを選びだします。例えば、英語と日本語が含まれるウィンドウを表示しようとすると、デフォルトのフォントが日本語をサポートしていない場合、日本語を表示できるフォントに切り替わります。

Fontconfig はユーザーに $XDG_CONFIG_HOME/fontconfig/fonts.conf を使って好きな順番を設定するように定めています。 他の Serif フォントが表示できない場合、特定の日本語フォントを選ぶようにしてほしいときは、ファイルを次のようにします:

<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
<fontconfig>
<alias>
   <family>serif</family>
   <prefer>
     <family>好みのラテン文字 Serif フォント名</family>
     <family>日本語フォント名</family>
   </prefer>
 </alias>
</fontconfig>

同じように Sans-serif や monospaced 用のセクションを作ることもできます。詳しくは fontconfig マニュアルを見て下さい。

フォントエイリアス

Linux では、アプリケーションが似たフォントを使えるようにするために、他のフォントを表すフォントエイリアスが複数用意されています。一般的なエイリアス: serif はセリフ体のフォントを表します (例: DejaVu Serif); sans-serif はサンセリフ体のフォントを表します (例: DejaVu Sans); monospace は等幅フォントを表します (例: DejaVu Sans Mono)。しかし、エイリアスが示すフォントは、KDE や他のデスクトップ環境にあるようなフォント管理ツールによって変わるかもしれません。

エイリアスがどのフォントを示しているのか調べるには次を実行します:

$ fc-match monospace
DejaVuSansMono.ttf: "DejaVu Sans Mono" "Book"

この場合 DejaVuSansMono.ttf が monospace エイリアスによって表示されるフォントです。