Difference between revisions of "GNOME (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
Line 1: Line 1:
[[Category:Desktop environments (日本語)]]
+
[[Category:GNOME (日本語)]]
 
[[cs:GNOME]]
 
[[cs:GNOME]]
 
[[de:GNOME]]
 
[[de:GNOME]]
Line 24: Line 24:
 
{{Article summary wiki|GDM}}
 
{{Article summary wiki|GDM}}
 
{{Article summary wiki|Nautilus}}
 
{{Article summary wiki|Nautilus}}
 +
{{Article summary wiki|Gedit}}
 +
{{Article summary wiki|Epiphany}}
 +
{{Article summary wiki|GNOME Flashback}}
 
{{Article summary end}}
 
{{Article summary end}}
  
Line 34: Line 37:
 
GNOME 3 には''2つの''インターフェースがあります:
 
GNOME 3 には''2つの''インターフェースがあります:
  
*'''GNOME Shell''' は Mutter ウィンドウマネージャを使う新しい標準レイアウトです。デスクトップのコンポジットマネージャとして動作し、ハードウェアのグラフィックアクセラレーションを利用して画面の乱れを減らす効果を提供します。
+
*'''GNOME''' は標準の、革新的なレイアウトです。
  
*'''クラシックモード''' は "フォールバックモード" の代わりとして GNOME 3.8 から作られました。スタンダードの GNOME 3 (とグラフィックアクセラレーション) を使いながら伝統的なデスクトップインターフェースを扱えるようになっています。クラシックモードはあらかじめ有効にされたエクステンションとパラメータ ([http://worldofgnome.org/welcome-to-gnome-3-8-flintstones-mode/ ここ] にそのリストがあります) を使ってグラフィックアクセラレーションのために llvmpipe を利用します。つまり全く中身が異なるモードではなくカスタマイズ済みの GNOME Shell で出来たモードです。
+
*'''GNOME Classic''' はスタンダードの GNOME 3 の技術を使う GNOME2 のユーザーインターフェイスに似た伝統的なデスクトップレイアウトです。あらかじめ有効にされたエクステンションとパラメータ ([http://worldofgnome.org/welcome-to-gnome-3-8-flintstones-mode/ ここ] にそのリストがあります) を使います。つまり全く中身が異なるモードではなくカスタマイズ済みの GNOME Shell で出来たモードです。
  
GNOME のセッションはあなたのコンピュータが GNOME Shell を動かすことができるか自動で検知して、場合によっては llvmpipe とクラシックモードを起動します。
+
どちらも GNOME Shell と Mutter ウィンドウマネージャを利用します。Mutter はデスクトップのコンポジットマネージャとして動作し、ハードウェアアクセラレーションを使って画面の乱れを減らす効果を提供します。GNOME のセッションマネージャはあなたのビデオドライバが GNOME Shell を動かすことができるか自動で検知して、場合によっては llvmpipe によるソフトウェアレンダリングを利用します。
  
 
==インストール==
 
==インストール==
Line 53: Line 56:
 
'''グラフィカルログイン'''
 
'''グラフィカルログイン'''
  
デスクトップと統合するために、'''GDM''' ログインマネージャが推奨です。GDM のかわりに他のログインマネージャを使うこともできます。[[Display_Manager (日本語)|ディスプレイマネージャの記事]]を見てデスクトップ環境の起動方法を学んで下さい。
+
デスクトップと統合するために、Gnome [[Display Manager (日本語)|Display Manager]] ([[GDM]]) が推奨です。GDM のかわりに他のログインマネージャを使うこともできます。[[Display_Manager (日本語)|ディスプレイマネージャの記事]]を見てデスクトップ環境の起動方法を学んで下さい。
  
The login manager is a limited process entrusted with duties that impact the system. The [[PolicyKit|PolicyKit wiki article]] addresses the topic of system‑wide access control.
+
ログインマネージャはシステムの管理をする仕事を委託する制限のある方法です。[[PolicyKit|PolicyKit]] の記事にシステム全体のアクセスコントロールについて記述しています。
  
 
{{Tip|インストールと設定については [[GDM]] を参照。}}
 
{{Tip|インストールと設定については [[GDM]] を参照。}}
Line 66: Line 69:
 
</nowiki>}}
 
</nowiki>}}
  
{{ic|exec}} コマンドを置いた後、{{ic|startx}} を入力すれば GNOME を起動できます。
+
GNOME Classic を使う場合 {{ic|exec gnome-session --session&#61;gnome-classic}} に代えてください。{{ic|~/.xinitrc}} を編集した後、{{ic|startx}} を入力すれば GNOME を起動できます。
  
logind (や consolekit) セッションの維持などについて、詳しくは [[xinitrc (日本語)]] を見て下さい。
+
logind セッションの維持などについて、詳しくは [[xinitrc (日本語)]] を見て下さい。
  
 
== Shell を使う ==
 
== Shell を使う ==
Line 82: Line 85:
 
=== Shell がクラッシュする ===
 
=== Shell がクラッシュする ===
  
特定の設定の変更をしたり shell を繰り返し再起動すると、再起動しようとしたときに shell がクラッシュすることがあります。この時、クラッシュしたことが表示され強制的にログアウトされます。'''''GNOME Shell''''' と '''''フォールバックモード''''' の切り替えなどの shell の変更はキーボードによる再起動では行えません; 変更を適用するにはログアウトしてログインし直す必要があります。
+
特定の設定の変更をしたり shell を繰り返し再起動すると、再起動しようとしたときに shell がクラッシュすることがあります。この時、クラッシュしたことが表示され強制的にログアウトされます。shell の変更はキーボードによる再起動では行えません; 変更を適用するにはログアウトしてログインし直す必要があります。
  
 
当たり前ですが — 一応言っておくと — 大事なドキュメントは shell を再起動する前に保存しておくべきです(そしてできたら終了してください)。絶対に必要というわけではありません; 通常は shell が再起動したあとそっくりそのままウィンドウとドキュメントが開かれることになっています。
 
当たり前ですが — 一応言っておくと — 大事なドキュメントは shell を再起動する前に保存しておくべきです(そしてできたら終了してください)。絶対に必要というわけではありません; 通常は shell が再起動したあとそっくりそのままウィンドウとドキュメントが開かれることになっています。
Line 120: Line 123:
 
==== GNOME tweak tool ====
 
==== GNOME tweak tool ====
  
フォントやテーマのカスタマイズや、タイトルバーのボタンなどの設定ができるグラフィカルなツールです。
+
フォントやテーマのカスタマイズや、タイトルバーのボタンなどの設定ができるグラフィカルなツールです。{{Pkg|gnome-tweak-tool}} は[[official Repositories (日本語)|公式リポジトリ]]から利用可能です。
 
+
# pacman -S gnome-tweak-tool
+
  
 
==== settings.ini を使って GTK3 のテーマを設定する ====
 
==== settings.ini を使って GTK3 のテーマを設定する ====
  
GTK2+ での {{ic|~/.gtkrc-2.0}} のように、{{ic|${XDG_CONFIG_HOME}/gtk-3.0/settings.ini}} を使って GTK3 のテーマを設定することができます。
+
{{ic|${XDG_CONFIG_HOME}/gtk-3.0/settings.ini}} (通常は {{ic|~/.config/gtk-3.0/settings.ini}}) を使って GTK3 のテーマを設定することができます。
 
+
{{ic|$XDG_CONFIG_HOME}} 変数は通常 {{ic|~/.config}} に設定されています。
+
  
 
デフォルトの GNOME 3 テーマである ''Adwaita'' は {{pkg|gnome-themes-standard}} に含まれています。追加の GTK3 テーマは [http://browse.deviantart.com/customization/skins/linuxutil/desktopenv/gnome/gtk3/ Deviantart ウェブサイト]で見つけることができます。例:
 
デフォルトの GNOME 3 テーマである ''Adwaita'' は {{pkg|gnome-themes-standard}} に含まれています。追加の GTK3 テーマは [http://browse.deviantart.com/customization/skins/linuxutil/desktopenv/gnome/gtk3/ Deviantart ウェブサイト]で見つけることができます。例:
Line 141: Line 140:
 
</nowiki>}}
 
</nowiki>}}
  
設定を適用するには[[#Shell の再起動|GNOME shell の再起動]]が必要です。他の GTK オプションは [http://developer.gnome.org/gtk3/3.0/GtkSettings.html#GtkSettings.properties GNOME developer ドキュメント]を見て下さい。
+
設定を適用するには [[#Shell の再起動|GNOME shell の再起動]]が必要です。他の GTK オプションは [http://developer.gnome.org/gtk3/3.0/GtkSettings.html#GtkSettings.properties GNOME developer ドキュメント]を見て下さい。
  
 
==== アイコンテーマ ====
 
==== アイコンテーマ ====
Line 158: Line 157:
  
 
gtk-icon-theme-name = my_new_icon_theme</nowiki>}}
 
gtk-icon-theme-name = my_new_icon_theme</nowiki>}}
 
=== Nautilus ===
 
 
''[[Nautilus]] を参照。''
 
  
 
=== Totem ===
 
=== Totem ===
Line 175: Line 170:
 
デフォルトでは GNOME は上のバーには曜日と時刻しか表示しません。これを以下のコマンドで変えることができます。変更はすぐに適用されます。
 
デフォルトでは GNOME は上のバーには曜日と時刻しか表示しません。これを以下のコマンドで変えることができます。変更はすぐに適用されます。
  
GNOME 3.4.2:
 
# gsettings set org.gnome.shell.clock show-date true
 
 
GNOME 3.6.2:
 
 
  # gsettings set org.gnome.desktop.interface clock-show-date true
 
  # gsettings set org.gnome.desktop.interface clock-show-date true
 
==== ユーザーメニューに "ログアウト" エントリを常時表示 ====
 
 
GNOME 3.6 から、ユーザーメニューの "ログアウト" エントリは複数の非 root ユーザーが存在するときだけしか表示されないようになりました。
 
 
このエントリを常時有効にするには、端末から以下のコマンドを実行してください:
 
 
# gsettings set org.gnome.shell always-show-log-out true
 
 
dconf-editor から設定を変えることもできます: org.gnome.shell に行き、"always-show-log-out" のチェックを入れて下さい。
 
 
それから、GNOME shell を再起動してください:
 
#{{ic|Alt+F2}}
 
#{{ic|r}}
 
#{{ic|Enter}}
 
  
 
==== 上のバーのアイコンを隠す ====
 
==== 上のバーのアイコンを隠す ====
Line 235: Line 211:
 
バッテリーアイコンを表示するには、[[Official Repositories (日本語)|公式リポジトリ]]から {{Pkg|gnome-power-manager}} を[[pacman (日本語)|インストール]]してください。
 
バッテリーアイコンを表示するには、[[Official Repositories (日本語)|公式リポジトリ]]から {{Pkg|gnome-power-manager}} を[[pacman (日本語)|インストール]]してください。
  
==== Disable "Suspend" in the status and gdm menu ====
+
==== ステータスや gdm メニューの "Suspend" を無効にする ====
  
A quick way to do it system-wide for GNOME 3.2 is to change line 539 of {{ic|/usr/share/gnome-shell/js/ui/userMenu.js}} and line 103 of {{ic|/usr/share/gnome-shell/js/gdm/powerMenu.js}}. (For GNOME versions prior to 3.2, look at line 153 of {{ic|/usr/share/gnome-shell/js/ui/statusMenu.js}}.) This change takes effect the next time GNOME Shell is started.
+
GNOME 3.2 において、システム全体でこれを簡単に行う方法は {{ic|/usr/share/gnome-shell/js/ui/userMenu.js}} の539行目と {{ic|/usr/share/gnome-shell/js/gdm/powerMenu.js}} の103行目を変更することです (3.2 以前の GNOME では {{ic|/usr/share/gnome-shell/js/ui/statusMenu.js}} の153行目を見て下さい)。変更は GNOME Shell が次に起動した時に適用されます。
  
 
{{hc|/usr/share/gnome-shell/js/ui/userMenu.js|<nowiki>
 
{{hc|/usr/share/gnome-shell/js/ui/userMenu.js|<nowiki>
Line 244: Line 220:
 
</nowiki>}}
 
</nowiki>}}
  
To accomplish this, paste the following command(s) in your terminal:
+
これを行うには、以下のコマンドをターミナルに貼り付けてください:
 
   GNOME_SHELL=/usr/share/gnome-shell
 
   GNOME_SHELL=/usr/share/gnome-shell
 
   SCRIPTS=`grep -lr get_can_suspend $GNOME_SHELL/js`
 
   SCRIPTS=`grep -lr get_can_suspend $GNOME_SHELL/js`
Line 251: Line 227:
 
   done
 
   done
  
The above change does not persist after a GNOME version update, however. A more perennial solution is to add the code above in some gdm or system startup script (eg: /etc/rc.local), to keep the "suspend" option disabled after updates.
+
ただし、上の変更は GNOME のバージョンが上がったときに上書きされてしまいます。更新後も "suspend" の無効を永続させる解決方法としては上のコードを gdm やスタートアップのスクリプト (: {{ic|/etc/rc.local}}) に追加することです。
 
+
Alternatively you can install the [[#GNOME shell extensions|GNOME shell extension]] {{ic|alternative status menu}} in package {{Pkg|gnome-shell-extension-alternative-status-menu}}.
+
  
 
==== ログアウトの時の待機時間をなくす ====
 
==== ログアウトの時の待機時間をなくす ====
Line 275: Line 249:
 
==== アプリケーションビューからエントリを削除する ====
 
==== アプリケーションビューからエントリを削除する ====
  
Like other desktop environments, GNOME uses .desktop files to populate its Applications view. These text files are in '''{{ic|/usr/share/applications}}'''.  It is not possible to edit these files from a folder view ‒ Nautilus does not treat their icons as text files. Use a terminal to display or edit .desktop file entries.
+
他のデスクトップ環境と同じように、GNOME は .desktop ファイルを使ってアプリケーションビューを設定します。このテキストファイルは '''{{ic|/usr/share/applications}}''' にあります。これらのファイルをフォルダビューから編集することはできません ‒ Nautilus はこれらのアイコンをテキストファイルとして扱いません。ターミナルを使って .desktop ファイルエントリを表示・編集してください。
  
 
  # ls /usr/share/applications
 
  # ls /usr/share/applications
 
  # nano /usr/share/applications/foo.desktop
 
  # nano /usr/share/applications/foo.desktop
  
For system wide changes, edit files in '''{{ic|/usr/share/applications}}'''.  For local changes, make a copy of ''foo.desktop'' in your home folder.
+
システム全体の変更をするには、'''{{ic|/usr/share/applications}}''' 内のファイルを編集してください。ユーザーごとの変更をするには、home フォルダに ''foo.desktop'' のコピーを作って下さい。
  
 
  $ cp /usr/share/applications/foo.desktop ~/.local/share/applications/
 
  $ cp /usr/share/applications/foo.desktop ~/.local/share/applications/
  
Edit .desktop files to fit your wishes.
+
.desktop ファイルは必要に応じて編集してください。
  
{{Note|Removing a .desktop file does not uninstall an application, but instead removes its desktop integration: MIME types, shortcuts, and so forth.}}
+
{{Note|.desktop ファイルの削除はアプリケーションのアンインストールではありませんが、デスクトップとの統合は削除されます: MIME タイプ、ショートカットなど。}}
  
The following command appends one line to a .desktop file and hides its associated icon from Applications view:
+
次のコマンドは .desktop ファイルにアプリケーションビューから関連アイコンを隠す設定を追加します:
  
 
  $ echo "NoDisplay=true" >> foo.desktop
 
  $ echo "NoDisplay=true" >> foo.desktop
Line 298: Line 272:
 
==== アプリケーションのアイコンサイズの変更 ====
 
==== アプリケーションのアイコンサイズの変更 ====
  
One awkward selection of the GNOME designers is their choice of large icons for Applications view. This view is painful when working with a small screen containing many large application icons. There is a way to reduce the icon size. It is done by editing the GNOME-Shell theme.
+
GNOME のデザイナーの失敗のひとつとして彼らの選んだアプリケーションビューのアイコンが大きすぎるということがあげられます。このビューは小さい画面でたくさんのアプリケーションアイコンを表示したときに困ることになります。アイコンサイズを小さくする方法が存在します。GNOME-Shell テーマの編集によって行います。
  
Edit system files directly (make a backup first) or copy theme files to your local folder and edit these files.
+
システムファイルを直接編集する (予めバックアップをしてください) かテーマファイルをローカルフォルダにコピーしてファイルを編集してください。
* For the '''default''' theme, edit  '''{{ic|/usr/share/gnome-shell/theme/gnome-shell.css}}'''
+
* '''デフォルトテーマ'''は、'''{{ic|/usr/share/gnome-shell/theme/gnome-shell.css}}''' を編集してください
  
* For '''user themes''', edit '''{{ic|/usr/share/themes/<UserTheme>/gnome-shell/gnome-shell.css}}'''
+
* '''ユーザーテーマ'''は、'''{{ic|/usr/share/themes/<UserTheme>/gnome-shell/gnome-shell.css}}''' を編集してください
  
Edit ''gnome-shell.css'' and replace the following values. Afterward, [[#Restarting_the_shell|restart the GNOME shell.]]
+
''gnome-shell.css'' を編集して以下の値を置き換えてください。その後、[[#Shell の再起動|GNOME shell を再起動してください]]
 
{{hc|gnome-shell.css|<nowiki>
 
{{hc|gnome-shell.css|<nowiki>
 
  ...
 
  ...
Line 323: Line 297:
  
 
==== ダッシュアイコンのサイズを変更 ====
 
==== ダッシュアイコンのサイズを変更 ====
GNOME's Activities view has a dash on the left hand side, the size of the icons in this dash will scale depending on the amount of icons set to display. The scaling can be manipulated or set to a constant icon size. To do so, edit {{ic|/usr/share/gnome-shell/js/ui/dash.js}}.
+
GNOME のアクティビティビューには左側にダッシュがあります、ダッシュのアイコンのサイズは表示するアイコンの数によって変わります。このアイコンサイズを一定の間隔に設定したり変わらないようにすることができます。これを行うには {{ic|/usr/share/gnome-shell/js/ui/dash.js}} を編集してください。
  
 
{{hc|dash.js|<nowiki>
 
{{hc|dash.js|<nowiki>
Line 333: Line 307:
 
</nowiki>}}
 
</nowiki>}}
  
==== Change switcher (alt-tab) icon size ====
+
==== スイッチャ (alt-tab) のアイコンサイズを変更 ====
GNOME comes with a built in task switcher, the size of the icons in this task switcher will scale depending on the amount of icons set to display. The scaling can be manipulated or set to a constant icon size. To do so, edit {{ic|/usr/share/gnome-shell/js/ui/altTab.js}}
+
GNOME にはタスクスイッチャが初めから付いていて、タスクスイッチャのアイコンサイズは表示するアイコンの数によって変わります。のアイコンサイズを一定の間隔に設定したり変わらないようにすることができます。これを行うには {{ic|/usr/share/gnome-shell/js/ui/altTab.js}} を編集してください。
  
 
{{hc|altTab.js|<nowiki>
 
{{hc|altTab.js|<nowiki>
Line 345: Line 319:
  
 
==== システムトレイのアイコンサイズの変更 ====
 
==== システムトレイのアイコンサイズの変更 ====
GNOME comes with a built in system tray, visible when the mouse is hovered over the bottom right corner of the screen. The size of the icons in this tray is set to a fixed value of 24. To change this value, edit {{ic|/usr/share/gnome-shell/js/ui/messageTray.js}}
+
GNOME にはシステムトレイが初めから付いていて、マウスを画面の右下に置けば表示されます。このトレイのアイコンサイズは24に固定されています。この値を変更するには、{{ic|/usr/share/gnome-shell/js/ui/messageTray.js}} を編集してください。
 
{{hc|messageTray.js|<nowiki>
 
{{hc|messageTray.js|<nowiki>
 
  ...
 
  ...
Line 376: Line 350:
  
 
=== タイトルバー ===
 
=== タイトルバー ===
==== タイトルバーの削除 ====
 
[https://extensions.gnome.org/extension/354/maximus/ Maximus] GNOME shell 拡張をインストールしてください。
 
 
アプリケーションのホワイトリスト・ブラックリストを設定することもできます。
 
 
この拡張は xorg-xprop が必要です、インストールしていないならインストールしてください。
 
 
{{bc|pacman -S xorg-xprop}}
 
 
詳しくは [[#GNOME shell 拡張|GNOME shell 拡張]]。
 
  
 
==== タイトルバーの高さを縮める ====
 
==== タイトルバーの高さを縮める ====
* ''' global''' - edit {{ic|/usr/share/themes/Adwaita/metacity-1/metacity-theme-3.xml}}, search for {{ic|title_vertical_pad}} and  and reduce its value to a minimum of {{ic|0}}.
+
* '''システム全体''' - {{ic|/usr/share/themes/Adwaita/metacity-1/metacity-theme-3.xml}} を編集して、{{ic|title_vertical_pad}} を探し、この値を減らして下さい (最小 {{ic|0}})。
* '''user-only''' - copy {{ic|/usr/share/themes/Adwaita/metacity-1/metacity-theme-3.xml}} to {{ic|/home/$USER/.themes/Adwaita/metacity-1/metacity-theme-3.xml}}, search for {{ic|title_vertical_pad}} and reduce its value to a minimum of {{ic|0}}.
+
* '''ユーザーごと''' - {{ic|/usr/share/themes/Adwaita/metacity-1/metacity-theme-3.xml}} {{ic|/home/$USER/.themes/Adwaita/metacity-1/metacity-theme-3.xml}} にコピーして、{{ic|title_vertical_pad}} を探し、この値を減らして下さい (最小 {{ic|0}})。
  
Then [[#Restarting_the_shell|Restart the GNOME shell.]]  
+
変更したら [[#Shell の再起動|GNOME shell を再起動してください]]
  
To restore the original values, [[pacman|install]] the package {{Pkg|gnome-themes-standard}} from the [[Official Repositories|official repositories]] or remove {{ic|/home/$USER/.themes/Adwaita/metacity-1/metacity-theme-3.xml}}
+
元の値に戻すには、[[Official Repositories (日本語)|公式リポジトリ]]から {{Pkg|gnome-themes-standard}} パッケージを[[pacman (日本語)|インストール]]するか {{ic|/home/$USER/.themes/Adwaita/metacity-1/metacity-theme-3.xml}} を削除してください。
  
 
==== タイトルバーのボタンを並び替える ====
 
==== タイトルバーのボタンを並び替える ====
Line 399: Line 363:
 
現在、この設定は '''dconf-editor''' から変更できます。
 
現在、この設定は '''dconf-editor''' から変更できます。
  
For example, we move the close and minimize buttons to the left side of the titlebar. Open '''dconf-editor''' and locate the  '''''org.gnome.shell.overrides.button_layout''''' key. Change its value to '''{{ic|close,minimize:}}''' (Colon symbol designates the spacer between left side and right side of the titlebar.) Use whichever buttons in whatever order you prefer. You cannot use a button more than once. Also, keep in mind that certain buttons are deprecated. [[#Restarting_the_shell|Restart the shell]] to see your new button arrangement.
+
例えば、閉じる・最小化ボタンをタイトルバーの左側に持って行きたいとします。'''dconf-editor''' を開いて '''''org.gnome.shell.overrides.button_layout''''' キーを検索してください。この値を '''{{ic|close,minimize:}}''' に変更してください (コロンはタイトルバーの右側と左側の間の区切りを示しています)。好きな順番で好きなボタンを並べることができます。同じボタンを二度使うことはできません。また、特定のボタンは使えなくなっているので注意してください。[[#Shell の再起動|shell を再起動]]することで新しいボタンの並びになります。
  
 
==== 最大化したときにタイトルバーを隠す ====
 
==== 最大化したときにタイトルバーを隠す ====
Line 405: Line 369:
 
  # sed -i -r 's|(<frame_geometry name="max")|\1 has_title="false"|' /usr/share/themes/Adwaita/metacity-1/metacity-theme-3.xml
 
  # sed -i -r 's|(<frame_geometry name="max")|\1 has_title="false"|' /usr/share/themes/Adwaita/metacity-1/metacity-theme-3.xml
  
[[#Restarting_the_shell|Restart the GNOME shell.]] After this tweak, you may find it difficult to un-maximize a window when there is no titlebar to grab.
+
[[#Shell の再起動|GNOME shell を再起動]]してください。この設定をすると、タイトルバーがないためにウィンドウの最小化をしにくくなるかもしれません。
  
With suitable keybindings, you should be able to use {{ic|Alt+F5}}, {{ic|Alt+F10}} or {{ic|Alt+Space}} to remedy the situation.
+
このようなときは、キーバインドで {{ic|Alt+F5}}, {{ic|Alt+F10}}, {{ic|Alt+Space}} を使うべきでしょう。
  
To prevent {{ic|metacity-theme-3.xml}} from being overwritten each time package {{pkg|gnome-themes-standard}} is upgraded, add its name to {{ic|/etc/pacman.conf}} with {{ic|NoUpgrade}}.
+
{{pkg|gnome-themes-standard}} パッケージが更新される度に {{ic|metacity-theme-3.xml}} が上書きされるのを防ぐには、このパッケージの名前を {{ic|/etc/pacman.conf}} {{ic|NoUpgrade}} に追加してください。
  
 
{{hc|/etc/pacman.conf|<nowiki>... previous lines ...
 
{{hc|/etc/pacman.conf|<nowiki>... previous lines ...
Line 421: Line 385:
 
... more lines ...</nowiki>}}
 
... more lines ...</nowiki>}}
  
To restore original Adwaita theme values, install the {{pkg|gnome-themes-standard}} package.
+
オリジナルの Adwaita テーマの値に戻したい時は、{{pkg|gnome-themes-standard}} パッケージをインストールしてください。
  
 
=== ログイン画面 ===
 
=== ログイン画面 ===
{{Merge|GDM|Login managers have their own wiki pages and information should be maintained separately.}}
 
To modify characteristics of the login screen (GDM, the GNOME display manager) the following lines can be executed. The first command allows all users, including "gdm", to access X settings (albeit temporarily). This command creates a temporary vulnerability, so be advised. The second command opens a bash session with the credentials of user "gdm". {{Note|For exposition, user gdm's terminal prompt is shown as '''$'''. In actuality, it shows something like -bash-4.2$.}}
 
  
# xhost +
+
==== ログインの背景画像 ====
# su - gdm -s /bin/bash
+
$ dbus-launch
+
 
+
The third command prints DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS and DBUS_SESSION_BUS_PID. We must export these variables. Either manually export the below two variables shown in the output of dbus-launch like this:
+
 
+
$ export DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS=unix:abstract=/tmp/dbus-Jb433gMQHS,guid=fc14d4bf3d000e38276a5a2200000d38
+
$ export DBUS_SESSION_BUS_PID=4283
+
 
+
Or use the follow command:
+
 
+
$ `dbus-launch | sed "s/^/export /"`
+
 
+
Check to see if dconf-service is running and if not, start it like this
+
 
+
$ /usr/lib/dconf/dconf-service &
+
 
+
==== Login background image ====
+
  
 
Once session variables have been exported as explained above, you may issue commands to retrieve or set items used by GDM.  
 
Once session variables have been exported as explained above, you may issue commands to retrieve or set items used by GDM.  
Line 465: Line 410:
 
An alternative graphical interface to changing themes (gtk3, icons and cursor), the wallpaper and minor other settings of the GDM login screen, you can install {{aur|gdm3setup}} from AUR.
 
An alternative graphical interface to changing themes (gtk3, icons and cursor), the wallpaper and minor other settings of the GDM login screen, you can install {{aur|gdm3setup}} from AUR.
  
==== Larger font for login ====
+
==== ログインのフォントを大きくする ====
  
 
This tweak enlarges the login font with a scaling factor. It is the same method employed by ''Accessibility Manager'' on the desktop.
 
This tweak enlarges the login font with a scaling factor. It is the same method employed by ''Accessibility Manager'' on the desktop.
 
   
 
   
You must [[#Login_screen|export the GDM session variables]] before performing this tweak.
+
You must [[#ログイン画面|export the GDM session variables]] before performing this tweak.
  
 
  $ GSETTINGS_BACKEND=dconf gsettings set org.gnome.desktop.interface text-scaling-factor '1.25'
 
  $ GSETTINGS_BACKEND=dconf gsettings set org.gnome.desktop.interface text-scaling-factor '1.25'
  
==== Turning off the sound ====
+
==== サウンドを切る ====
  
 
This tweak disables the audible feedback heard when the system volume is adjusted (via keyboard) on the login screen. You must first export the GDM session variables.
 
This tweak disables the audible feedback heard when the system volume is adjusted (via keyboard) on the login screen. You must first export the GDM session variables.
Line 481: Line 426:
 
If the above tweak does not work for you or you are unable to export the GDM session variables, there is always the easiest solution to the "ready sound" problem: mute or lower the sound while in GDM login screen using the media keys (if available) of your keyboard.
 
If the above tweak does not work for you or you are unable to export the GDM session variables, there is always the easiest solution to the "ready sound" problem: mute or lower the sound while in GDM login screen using the media keys (if available) of your keyboard.
  
==== Make the power button interactive ====
+
==== 電源ボタンをインタラクティブにする ====
  
The default installation sets the power button to suspend the system. '''''Power off'''''  or  '''''Show dialog'''''  is a better choice. You must first export the GDM session variables as [[#Login_screen|outlined previously.]]
+
The default installation sets the power button to suspend the system. '''''Power off'''''  or  '''''Show dialog'''''  is a better choice. You must first export the GDM session variables as [[#ログイン画面|outlined previously.]]
  
 
   $ GSETTINGS_BACKEND=dconf gsettings set org.gnome.settings-daemon.plugins.power button-power 'interactive'
 
   $ GSETTINGS_BACKEND=dconf gsettings set org.gnome.settings-daemon.plugins.power button-power 'interactive'
Line 496: Line 441:
  
 
  HandleLidSwitch=ignore
 
  HandleLidSwitch=ignore
 +
 +
==== カバーを閉じても何も起こらない ====
 +
 +
[[Systemd (日本語)#ACPI 電源管理]] でカバーを閉じたときのイベントを設定しても、設定の効果があらわれないことがあります。
 +
ラップトップに外部モニターを接続している場合、これがデフォルトの GNOME の挙動です。モニターを切断すれば設定どおり動くはずです、動かないときは {{ic|/etc/systemd/logind.conf}} が誤っている可能性があります。
  
 
==== バッテリーレベルが危険な時のアクションの変更 (ラップトップ用) ====
 
==== バッテリーレベルが危険な時のアクションの変更 (ラップトップ用) ====
Line 503: Line 453:
 
==== GDM キーボードレイアウト ====
 
==== GDM キーボードレイアウト ====
  
GDM does not know about your GNOME 3 desktop keyboard settings. To change keyboard settings used by GDM, set your layout using Xorg configuration. Refer to this section of the [[Beginners'_Guide#Non-US_keyboard|Beginner's Guide.]]
+
GDM GNOME 3 デスクトップのキーボード設定を使いません。GDM によって使われるキーボード設定を変更するには、Xorg の設定を使ってレイアウトを設定してください。[[Keyboard Configuration in Xorg (日本語)]] を参照してください。
  
 
=== その他 ===
 
=== その他 ===
Line 509: Line 459:
  
 
== その他の設定 ==
 
== その他の設定 ==
 +
 +
=== スクロールの挙動を戻す ===
 +
新しいスクロールバーの挙動が気に入らないときは {{ic|~/.config/gtk-3.0/settings.ini}} の {{ic|<nowiki>[Settings]</nowiki>}} セクションに {{ic|<nowiki>gtk-primary-button-warps-slider = false</nowiki>}} を記述してください:
 +
 +
{{hc|~/.config/gtk-3.0/settings.ini|<nowiki>
 +
[Settings]
 +
gtk-primary-button-warps-slider = false
 +
...
 +
</nowiki>}}
  
 
=== ログイン時に自動で走らせるプログラム ===
 
=== ログイン時に自動で走らせるプログラム ===
Line 522: Line 481:
 
{{pkg|alacarte}} はメニューエントリの追加・編集のための完全なメニューエディタを提供します。
 
{{pkg|alacarte}} はメニューエントリの追加・編集のための完全なメニューエディタを提供します。
  
=== Some 'System Settings' not preserved ===
+
=== 'システム設定'が保存されない ===
 +
 
 +
GNOME 3 は近代的な機能を持つ [[systemd (日本語)|systemd]] (Linux 向けの init デーモン) を使っています。以前の GNOME プログラムは Arch の init 機能を使って設定を収集していましたが、これを行うにはメンテナンスが不可欠でした。そのため新しい init システムへの移行が実行されたのです (詳しくは[https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?pid=1115208#p1115208 ここ]を読んで下さい)。設定が保存されない領域は '''Date and Time''' や '''Color''' メニューの ICC プロファイルの追加などです。
 +
 
 +
機能をまた有効にするには、[[systemd (日本語)|systemd]] をインストールして ''gdm.service'' と ''NetworkManager.service'' のサービスを有効にする必要があります。
 +
 
 +
=== Gnome Terminal の内側の余白 ===
 +
ターミナルの出力をウィンドウの縁から離すには以下の内容でスタイルシート {{ic|~/.config/gtk-3.0/gtk.css}} を作って下さい:
 +
 
 +
    TerminalScreen {
 +
      -VteTerminal-inner-border: 10px 10px 10px 10px;
 +
    }
 +
 
 +
=== 端末のサウンド効果を無効にする ===
 +
デフォルトではキーボードの tab ボタンを押した時などに端末はこの不快なサウンドが鳴らします。ひとつの解決方法として Gnome の設定メニューから全てのサウンド効果を切るという方法があります。しかし、これでは Skype など他のアプリケーションの通知サウンドを無効にしてしまいます。ベターな方法としては端末を開き Edit -> Profile Preferences -> General に行って '''Terminal bell''' のチェックを外して下さい。
 +
 
 +
=== 端末のカーソルの点滅を無効にする ===
 +
Since Gnome 3.8 and dconf the key required to modify in order to disable the blinking cursor in the Terminal differs slightly in contrast to the old gconf key. To disable the blinking cursor in Gnome 3.8 use:
 +
 
 +
gsettings set org.gnome.desktop.interface cursor-blink false
  
GNOME 3 is using [[systemd]] (an init daemon for Linux) with more modern capabilities. Previously GNOME programs were altered to use Arch's init functionalities to gather settings but either the maintenance required to do this or possibly this is because of a transitioning to the new init system (read more about this [https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?pid=1115208#p1115208 here]).  Areas that settings will not be preserved are '''Date and Time''' and adding ICC profiles in the '''Color''' menu and possibly others.
+
=== Gnome Terminal で新しいタブを開いた時に現在のディレクトリを受け継ぐようにする (3.8+) ===
 +
In Gnome 3.8, the behaviour of how current directories are tracked has changed. To restore this behaviour, you need to source the {{ic|/etc/profile.d/vte.sh}} file, put this in your {{ic|~/.bashrc}} or {{ic|~/.zshrc}} for zsh users:
  
To gain the functionality back, [[systemd]] needs to be installed and the ''gdm.service'' and ''NetworkManager.service'' services need to be enabled.
+
source /etc/profile.d/vte.sh
  
=== Disable sound effects in Terminal ===
+
For more information refer to the [https://wiki.gnome.org/action/show/Apps/Terminal/FAQ?action=show&redirect=Terminal%252FFAQ#How_can_I_make_new_terminals_start_in_the_working_directory_of_the_current_terminal.3F Gnome wiki]
By default the terminal has these annoying sound effects when e.g. pushing the tab button on your keyboard. One solution is to turn off or mute all sound effects in the settings menu of Gnome. However, this will also turn off notification sounds in other application such as Skype. A better solution is to open a terminal, go to Edit -> Profile Preferences -> General and untick '''Terminal bell'''.
+
  
=== Move dialog windows ===
+
=== ダイアログウィンドウを移動する ===
The default configuration for dialogs will not allow you to move them which causes problems in some cases. To change this you will need to use gconf-editor and change this setting:
+
ダイアログのデフォルト設定では移動することが禁止されており場合によっては問題になることがあります。これを変更するには gconf-editor を使って次の設定を変更してください:
  
 
  /desktop/gnome/shell/windows/attach_modal_dialogs
 
  /desktop/gnome/shell/windows/attach_modal_dialogs
  
After the change you will need to restart the shell for it to take affect.
+
変更を適用するには shell を再起動する必要があります。
  
 
=== コンテキストメニューアイコンの表示 ===
 
=== コンテキストメニューアイコンの表示 ===
Line 551: Line 529:
 
=== デフォルトのファイルブラウザ Nautilus を置き換える ===
 
=== デフォルトのファイルブラウザ Nautilus を置き換える ===
  
You can trick GNOME into using another file browser by editing the {{ic|Exec}} line in {{ic|/usr/share/applications/nautilus.desktop}}. See the correct parameters in the {{ic|.desktop}} file of the file manager of your choice, e.g.:
+
{{ic|/usr/share/applications/nautilus.desktop}} の {{ic|Exec}} 行を編集することで他のファイルブラウザを使うように GNOME を設定できます。ファイルマネージャの {{ic|.desktop}} ファイルの適切なパラメータを見て下さい、例:
 
{{hc|/usr/share/applications/nautilus.desktop|
 
{{hc|/usr/share/applications/nautilus.desktop|
 
2=[...]
 
2=[...]
Line 563: Line 541:
  
 
=== デフォルト PDF ビューア ===
 
=== デフォルト PDF ビューア ===
In some cases when you have installed Inkscape or other graphic programs Evince Document Viewer might no longer be selected as the default PDF application. If it is not available in the '''Open With''' entry which would be the GUI solution, you can use the following user command to make it the default application again.
+
Inkscape など他のグラフィックプログラムをインストールして Evince ドキュメントビューアをデフォルトの PDF アプリケーションとして選択することがなくなるかもしれません。GUI の '''他のアプリケーションで開く''' エントリが使えないときは、次のユーザーコマンドを使うことで Evince をデフォルトのアプリケーションに戻すことができます。
  
 
  xdg-mime default evince.desktop application/pdf
 
  xdg-mime default evince.desktop application/pdf
Line 577: Line 555:
 
{{Note|The {{ic|-e}} flag is for executing a command. When ''nautilus-open-terminal'' invokes {{ic|urxvtc}}, it puts a {{ic|cd}} command at the end of the command line so that the new terminal starts in the directory you opened it from. Other terminals will require a different (perhaps empty) {{ic|exec-arg}}.}}
 
{{Note|The {{ic|-e}} flag is for executing a command. When ''nautilus-open-terminal'' invokes {{ic|urxvtc}}, it puts a {{ic|cd}} command at the end of the command line so that the new terminal starts in the directory you opened it from. Other terminals will require a different (perhaps empty) {{ic|exec-arg}}.}}
  
=== マウスの中ボタン ===
+
=== デフォルトのアプリケーション ===
  
GNOME 3 はデフォルトで [[Xorg]] の設定  ('''Emulate3Buttons''') にかかわらずマウスの中ボタンのエミュレーションを無効にしています。マウスの中ボタンのエミュレーションを有効にするには:
+
ファイルの上で右クリックして 'Preferences' からデフォルトアプリケーションを設定してください。設定は {{ic | $HOME/.local/share/applications/mimeapps.list}} や {{ic| $HOME/.local/share/applications/mimeinfo.cache}} に保存されます。
  
$ gsettings set org.gnome.settings-daemon.peripherals.mouse middle-button-enabled true
+
=== デフォルトのウェブブラウザ ===
  
=== ディスプレイの調光 ===
+
AUR パッケージ {{AUR|gnome-gmail-notifier}} を使うウェブブラウザを設定するには、gconf-editor を開いて {{ic|/desktop/gnome/url-handlers/http/}} キーを編集してください。{{ic|https/}}, {{ic|about/}}, {{ic|unknown/}} キーなども変更できます。
  
By default GNOME 3 has a ten second idle timeout to dim the screen regardless of the battery and AC state:
+
=== マウスの中ボタン ===
  
  gsettings get org.gnome.settings-daemon.plugins.power idle-dim-time
+
GNOME 3 はデフォルトで [[Xorg (日本語)|Xorg]] の設定 ('''Emulate3Buttons''') と無関係にマウスの中ボタンのエミュレーションを無効にしています。マウスの中ボタンのエミュレーションを有効にするには:
  
To set a new value type the following
+
$ gsettings set org.gnome.settings-daemon.peripherals.mouse middle-button-enabled true
  
gsettings set org.gnome.settings-daemon.plugins.power idle-dim-time <int>
+
=== 自然なタッチパッドのスクロール ===
  
where <int> is the value in seconds
+
[http://www.apple.com/au/osx/what-is/gestures.html#gallery-gestures-scroll Mac OSX] で使われているように、GNOME 3 で"自然な"二本の指を使ったスクロールを利用するように設定することができます。
  
=== 他のウィンドウマネージャ ===
+
'''System Settings''' ({{ic|gnome-control-center}}) -> '''Mouse & Touchpad''' に行き '''Two finger scroll''' と '''Content sticks to fingers''' の両方を {{ic|ON}} にしてください。
  
GNOME で他のウィンドウマネージャを使うには[[#フォールバックモードの強制|フォールバックモードを強制]]して2つのファイルを作成してください:
+
またターミナルから {{ic|gsettings}} を使ってタッチパッドの設定をすることも可能です:
  
{{Note|Xmonad を例として使っていますが、他のウィンドウマネージャでもかまいません。}}
+
$ gsettings set org.gnome.settings-daemon.peripherals.touchpad horiz-scroll-enabled true
 +
$ gsettings set org.gnome.settings-daemon.peripherals.touchpad scroll-method two-finger-scrolling
 +
$ gsettings set org.gnome.settings-daemon.peripherals.touchpad natural-scroll true
  
{{hc|/usr/share/gnome-session/sessions/xmonad.session|<nowiki>[GNOME Session]
+
=== ディスプレイを暗くする ===
Name=Xmonad session
+
RequiredComponents=gnome-panel;gnome-settings-daemon;
+
RequiredProviders=windowmanager;notifications;
+
DefaultProvider-windowmanager=xmonad
+
DefaultProvider-notifications=notification-daemon</nowiki>}}
+
  
{{hc|/usr/share/xsessions/xmonad-gnome-session.desktop|<nowiki>[Desktop Entry]
+
GNOME 3 のデフォルトでは10秒のアイドル時間でバッテリーや AC の状態に関係なく画面が暗くなります:
Name=Xmonad GNOME
+
Comment=Tiling window manager
+
TryExec=/usr/bin/gnome-session
+
Exec=gnome-session --session=xmonad
+
Type=XSession</nowiki>}}
+
  
次にログインした時、セッションとして ''Xmonad GNOME'' が選べるようになっているはずです。
+
gsettings get org.gnome.settings-daemon.plugins.power idle-dim-time
  
If there isn't a .desktop file for the window manager, you'll need to create one. Example for [[wmii]]:
+
新しい値を設定するには次を実行してください (<int> は秒数):
  
{{hc|/usr/share/applications/wmii.desktop|<nowiki>
+
gsettings set org.gnome.settings-daemon.plugins.power idle-dim-time <int>
[Desktop Entry]
+
Version=1.0
+
Type=Application
+
Name=wmii
+
TryExec=wmii
+
Exec=wmii</nowiki>}}
+
 
+
For more information, see [http://makandra.com/notes/1367-running-the-awesome-window-manager-within-gnome this article on running awesome as the window manager in GNOME].
+
  
 
== 隠し機能 ==
 
== 隠し機能 ==
  
GNOME 3 hides many useful options which you can customize with '''dconf-editor.''' GNOME 3 also supports '''gconf-editor''' for settings that have not yet migrated to dconf.
+
GNOME 3 は多くの便利なオプションを隠しており '''dconf-editor''' を使うことでカスタマイズできます。また GNOME 3 では '''gconf-editor''' によってまだ dconf に移植されていない設定を行えます。
 +
 
 +
=== ホットキーの変更 ===
 +
Certain hotkeys cannot be changed directly via Settings -> Keyboard -> Shortcuts. In order to change these keys, use dconf-editor. An example of particular note is the hotkey Alt-Above_Tab. On US keyboards, this is Alt-`: is a hotkey often used in the [[Emacs]] editor. It can be changed by opening dconf-editor and modifying the ''switch-group'' key found in {{ic|org.gnome.desktop.wm.keybindings}}.
  
=== Changing hotkeys ===
 
 
It is possible to manually change the keys via an application's so-called accel map file. Where it is to be found is up to the application: For instance, Thunar's is at ~/.config/Thunar/accels.scm, whereas Nautilus's is located at ~/.config/nautilus/accels and ~/.gnome2/accels/nautilus on old release.
 
It is possible to manually change the keys via an application's so-called accel map file. Where it is to be found is up to the application: For instance, Thunar's is at ~/.config/Thunar/accels.scm, whereas Nautilus's is located at ~/.config/nautilus/accels and ~/.gnome2/accels/nautilus on old release.
  
Line 644: Line 608:
 
The file is regenerate regularly so don't waist time on commenting the file. The uncommented line will stay but every comment you may add will be lost.
 
The file is regenerate regularly so don't waist time on commenting the file. The uncommented line will stay but every comment you may add will be lost.
  
==== Nautilus 3.4 and older ====
+
==== Nautilus 3.4 以前 ====
 
Firstly, use '''dconf-editor''' to place a checkmark next to {{ic|can-change-accels}} in the key named ''org.gnome.desktop.interface.''
 
Firstly, use '''dconf-editor''' to place a checkmark next to {{ic|can-change-accels}} in the key named ''org.gnome.desktop.interface.''
  
Line 656: Line 620:
 
Unless you select a file or folder, ''Move to Trash'' will be grayed-out. Finally, disable {{ic|can-change-accels}} to prevent accidental hotkey changes.
 
Unless you select a file or folder, ''Move to Trash'' will be grayed-out. Finally, disable {{ic|can-change-accels}} to prevent accidental hotkey changes.
  
=== Shutdown via the status menu ===
+
=== ステータスメニューにシャットダウンを表示する ===
  
Currently, the GNOME designers have hidden the ''Shutdown'' option inside the status menu. To shut down your system with the status menu, click the menu and hold down the {{ic|Alt}} key so that the '''''Suspend''''' item changes to '''''Power Off'''''. The subsequent dialog allows you to shut down or restart your system.
+
現在、GNOME の設計者はステータスメニューから ''シャットダウン'' オプションを隠すようにしています。ステータスメニューでシステムのシャットダウンを行うには、メニューをクリックして {{ic|Alt}} キーを押して下さい。'''''Suspend''''' '''''Power Off''''' に変わります。その次のダイアログでシステムをシャットダウンしたり再起動できます。
  
If you disable the Suspend menu item system-wide as described [[#Disable_"Suspend"_in_the_status_menu|elsewhere in this document]] you do not have to go through these motions.
+
[[#ステータスや gdm メニューの "Suspend" を無効にする|このページの他のところで]]書かれているようにシステム全体で Suspend メニューを無効にしている場合、以上の手順を踏む必要はありません。
  
Another option is to install the ''Alternative Status Menu'' extension. See the section on shell extensions. The alternative menu extension installs a new status menu with a non-hidden '''''Power Off''''' entry.
+
他の方法として ''Alternative Status Menu'' 拡張をインストールする方法があります。shell 拡張のセクションを見て下さい。alternative menu extension '''''Power Off''''' エントリが隠れていない新しいステータスメニューをインストールします。
  
 
=== スクリーンキャスト録画 ===
 
=== スクリーンキャスト録画 ===
Line 670: Line 634:
 
  $ pacman -Qs gst
 
  $ pacman -Qs gst
  
=== Modify Keyboard with XkbOptions ===
+
=== XkbOptions でキーボードを変更する ===
  
 
Using the '''dconf-editor''', navigate to the key named ''org.gnome.desktop.input-sources.xkb-options'' and add desired XkbOptions (e.g. 'caps:swapescape') to the list.
 
Using the '''dconf-editor''', navigate to the key named ''org.gnome.desktop.input-sources.xkb-options'' and add desired XkbOptions (e.g. 'caps:swapescape') to the list.
  
 
See /usr/share/X11/xkb/rules/xorg for all XkbOptions and then /usr/share/X11/xkb/symbols/* for the respective descriptions.
 
See /usr/share/X11/xkb/rules/xorg for all XkbOptions and then /usr/share/X11/xkb/symbols/* for the respective descriptions.
 +
 +
{{Note|To enable the {{ic|Ctrl+Alt+Backspace}} combination to terminate Xorg, use the {{Pkg|gnome-tweak-tool}} from [[official repositories]]. Within the Gnome Tweak Tool, navigate to ''Typing > Terminate'' and select the option {{ic|Ctrl+Alt+Backspace}} from the dropdown menu.}}
  
 
=== キーボードレイアウトの切り替え ===
 
=== キーボードレイアウトの切り替え ===
 
Since Gnome does not consider any configuration in {{ic|/etc/X11/conf.d/*.conf}} you have to set the command for layout switching either via the control center with the options ''Switch to previous source'' and ''Switch to next source'' or if you want to use Alt - Shift combination you have to use the Gnome-Tweak-Tool and set  ''Typing -> Modifiers-only input sources -> select Alt-shift''. For more information see also the forum [https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?id=152127 thread].
 
Since Gnome does not consider any configuration in {{ic|/etc/X11/conf.d/*.conf}} you have to set the command for layout switching either via the control center with the options ''Switch to previous source'' and ''Switch to next source'' or if you want to use Alt - Shift combination you have to use the Gnome-Tweak-Tool and set  ''Typing -> Modifiers-only input sources -> select Alt-shift''. For more information see also the forum [https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?id=152127 thread].
  
== Integrated messaging (Empathy) ==
+
== 統合メッセージング (Empathy) ==
  
 
Empathy, the engine behind integrated messaging, and all system settings based on messaging accounts will not show up unless the {{grp|telepathy}} group of packages or at least one of the backends ({{pkg|telepathy-gabble}}, or {{pkg|telepathy-haze}}, for example) is installed.
 
Empathy, the engine behind integrated messaging, and all system settings based on messaging accounts will not show up unless the {{grp|telepathy}} group of packages or at least one of the backends ({{pkg|telepathy-gabble}}, or {{pkg|telepathy-haze}}, for example) is installed.
Line 691: Line 657:
 
View descriptions of telepathy components on the [http://telepathy.freedesktop.org/wiki/Components Freedesktop.org Telepathy Wiki.]
 
View descriptions of telepathy components on the [http://telepathy.freedesktop.org/wiki/Components Freedesktop.org Telepathy Wiki.]
  
== フォールバックモードの強制 ==
+
== トラブルシューティング ==
  
'''gnome-shell''' が存在しなかったり、あなたのハードウェアがグラフィックアクセラレーションを使えない場合 (仮想マシンや古いハードウェアで動かしているときなど) セッションは自動的にフォールバックモードで起動します。
+
=== Dconf-Editor で設定ができない ===
  
If you wish to enable fallback mode while still having '''gnome-shell''' installed, make the following system change:
+
{pkg|dconf}} で設定が行えない場合、dconf のユーザー設定が破損している可能性があります。この場合 {{bc|<nowiki> .config/dconf/user* </nowiki>}} にあるユーザーの dconf ファイルを削除してその後 dconf-editor で設定を行うのがベストです。
 
+
Go to '''System Settings''' ({{ic|gnome-control-center}}) -> '''Details''' -> '''Graphics''' and set '''Forced Fallback Mode''' to {{ic|ON}}.
+
 
+
You can alternatively choose the type of session from a terminal with {{ic|gsettings}}:
+
 
+
$ gsettings set org.gnome.desktop.session session-name gnome-fallback
+
 
+
You may want to log out after making the change. You will see the chosen type of session upon your next login.
+
 
+
To disable the forced-fallback mode change it back to {{ic|gnome}}.
+
 
+
== トラブルシューティング ==
+
  
 
=== 拡張が GNOME を破壊する ===
 
=== 拡張が GNOME を破壊する ===
  
When enabling shell extensions causes GNOME breakage, you should first remove the ''user-theme'' and ''auto-move-windows'' extensions from their installation directory.
+
shell 拡張を有効にしたときに GNOME が壊れるときは、まずインストールディレクトリから ''user-theme'' ''auto-move-windows'' のエクステンションを削除してください。
  
The installation directory could be one of  '''{{ic|~/.local/share/gnome‑shell/extensions,}}''' '''{{ic|/usr/share/gnome‑shell/extensions,}}''' or '''{{ic|/usr/local/share/gnome‑shell/extensions}}'''. Removing these two extension-containing folders may fix the breakage. Otherwise, isolate the problem extension with trial‑and‑error.
+
インストールディレクトリは '''{{ic|~/.local/share/gnome‑shell/extensions,}}''', '''{{ic|/usr/share/gnome‑shell/extensions,}}''', '''{{ic|/usr/local/share/gnome‑shell/extensions}}''' のどれかです。この2つのエクステンションが入っているフォルダを削除することで修復できるはずです。直らない場合、試行錯誤して問題の拡張を分離してください。
  
Removing or adding an extension-containing folder to the aforementioned directories removes or adds the corresponding extension to your system. Details on GNOME Shell extensions are available at the [https://live.gnome.org/GnomeShell/Extensions GNOME web site.]
+
前述のディレクトリにエクステンションが含まれているディレクトリを削除・追加するとシステムに対応するエクステンションが削除・追加されます。GNOME Shell の拡張に関する詳細は [https://live.gnome.org/GnomeShell/Extensions GNOME web site] を見て下さい。
  
 
=== GNOME 3 アップデートのあと拡張が動作しない ===
 
=== GNOME 3 アップデートのあと拡張が動作しない ===
Line 752: Line 706:
 
  own_window_class Conky
 
  own_window_class Conky
 
  own_window_hints undecorated,below,sticky,skip_taskbar,skip_pager
 
  own_window_hints undecorated,below,sticky,skip_taskbar,skip_pager
 
=== Gnome 3.8 にアップグレードした後、X が黒画面でフリーズする ===
 
 
おそらく SNA が有効になっていません。SNA アクセラレーションを [[Intel Graphics (日本語)#アクセラレーションメソッドの選択]] に書かれているようにして追加してください。
 
 
=== xf86-video-ati ドライバ: 時々ちらつきが生じる ===
 
 
このドライバを使っている場合、マウスを右下にもっていったり gdm を起動したときなどにちらつきが生じることがあります。
 
以下を '''{{ic|/etc/X11/xorg.conf.d/20-radeon.conf}}''' に書き込んでください:
 
 
Section "Device"
 
        Identifier "Radeon"
 
        Driver "radeon"
 
        Option "EnablePageFlip" "off"
 
EndSection
 
  
 
=== マルチモニタを使っているとウィンドウが他のウィンドウの後ろで開く ===
 
=== マルチモニタを使っているとウィンドウが他のウィンドウの後ろで開く ===
Line 785: Line 724:
 
  this.actor.set_position(primary.width-this._item_size-this._spacing-15, (primary.height-height)/2);
 
  this.actor.set_position(primary.width-this._item_size-this._spacing-15, (primary.height-height)/2);
  
=== Empathy などのプログラムでイベント音が鳴らない ===
+
=== ログインする度に Gnome がキーボードレイアウトを USA に設定する ===
 
+
[[OSS]] を使っている場合、[[Arch User Repository (日本語)|AUR]] から {{AUR|libcanberra-oss}} をインストールしてください。
+
 
+
=== Gnome sets the keyboard layout to USA after every log in ===  
+
  
 
See the [[https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=530452 this]] bug report for more information. It is related to GDM and can be fixed by choosing the correct layout at GDM login startup. However, users who do not use GDM or any login manager but a pure startx approach have to use a workaround. Create the file {{ic|~/.keyboard}} and make it executable {{ic|chmod +x}}:
 
See the [[https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=530452 this]] bug report for more information. It is related to GDM and can be fixed by choosing the correct layout at GDM login startup. However, users who do not use GDM or any login manager but a pure startx approach have to use a workaround. Create the file {{ic|~/.keyboard}} and make it executable {{ic|chmod +x}}:
Line 810: Line 745:
 
         ;;
 
         ;;
 
  esac
 
  esac
 
=== フォールバックモードでパネルを右クリックしても反応しない ===
 
 
Check Configuration Editor: /apps/metacity/general/mouse_button_modifier. This modifier key ({{ic|Alt}}, {{ic|Super}}, etc) used for normal windows is also used by panels and their applets.
 
  
 
=== "デスクトップを表示" キーボードショートカットが機能しない ===
 
=== "デスクトップを表示" キーボードショートカットが機能しない ===
Line 827: Line 758:
 
# Select the ''File Manager'' tab.
 
# Select the ''File Manager'' tab.
 
# Locate option ''Have file manager handle the desktop'' and assure it is toggled '''off'''.
 
# Locate option ''Have file manager handle the desktop'' and assure it is toggled '''off'''.
 
=== Epiphany が Flash ビデオを再生できない ===
 
 
Adobe Flash Player はバグが多く Epiphany では直接動きません。[[Epiphany#Flash]] の nspluginwrapper を使う方法を見て下さい。
 
  
 
=== Unable to apply stored configuration for monitors ===
 
=== Unable to apply stored configuration for monitors ===
  
If you encounter this message try to disable the xrandr gnome-settings-daemon plugin :
+
このメッセージが表示されたときは xrandr gnome-settings-daemon プラグインを無効にしてみてください:
  
 
  $ dconf write /org/gnome/settings-daemon/plugins/xrandr/active false
 
  $ dconf write /org/gnome/settings-daemon/plugins/xrandr/active false
  
=== Lock button fails to re-enable touchpad ===
+
=== ロックボタンでタッチパッドが有効にならない ===
  
Some laptops have a touchpad lock button that disables the touchpad so that users can type without worrying about touching the touchpad. It appears currently that although GNOME can lock the touchpad by pressing this button, it cannot unlock it. If the touchpad gets locked you can do the following to unlock it.
+
ラップトップによってはタッチパッドを無効にするロックボタンが付いており、これを使うことでタッチパッドに触れるおそれを持たずにタイピングをすることができます。しかしながら現在 GNOME ではこのボタンを押すことでタッチパッドをロックすることはできても、アンロックすることはできません。タッチパッドがロックされたままの場合、以下を実行することでロックを解除できます。
# Start a terminal. You can do this by pressing {{ic|Alt+F2}}, then typing {{ic|gnome-terminal}} followed by pressing {{ic|Enter}}.
+
# 端末を起動してください。{{ic|Alt+F2}} を押して {{ic|gnome-terminal}} と入力し {{ic|Enter}} を押すことで端末が開けます。
# Type in the following command
+
# 次のコマンドを入力してください
 
  $ xinput set-prop "SynPS/2 Synaptics TouchPad" "Device Enabled" 1
 
  $ xinput set-prop "SynPS/2 Synaptics TouchPad" "Device Enabled" 1
  
=== Unable to connect to secured Wi-Fi networks ===
+
=== 暗号化された Wi-Fi ネットワークに接続できない ===
  
You can see the network connections listing, but choosing an encrypted network fails to show a dialog for key entry. You may need to [[pacman|install]] {{Pkg|network-manager-applet}}. See [[NetworkManager#GNOME|GNOME NetworkManager setup]].
+
ネットワーク接続がリストに載っていても、暗号化されたネットワークを選んだ時にキーエントリのダイアログが表示されないことがあります。{{Pkg|network-manager-applet}} を[[pacman (日本語)|インストール]]してください。[[NetworkManager (日本語)#GNOME|GNOME NetworkManager 設定]]を参照。
  
 
=== "Any command has been defined 33" ===
 
=== "Any command has been defined 33" ===
Line 855: Line 782:
 
=== GDM と GNOME が X11 カーソルを使う ===
 
=== GDM と GNOME が X11 カーソルを使う ===
  
To fix this issue, become root and put the following into {{ic|/usr/share/icons/default/index.theme}} (creating the directory {{ic|/usr/share/icons/default}} if necessary):
+
この問題を修正するには、root になって以下を {{ic|/usr/share/icons/default/index.theme}} に記述してください (必要ならば {{ic|/usr/share/icons/default}} ディレクトリを作成して下さい):
 
{{hc|/usr/share/icons/default/index.theme|<nowiki>
 
{{hc|/usr/share/icons/default/index.theme|<nowiki>
 
[Icon Theme]
 
[Icon Theme]
Line 861: Line 788:
 
</nowiki>}}
 
</nowiki>}}
  
Note: Instead of "Adwaita", you can choose another cursor theme (e.g. Human).
+
Note: "Adwaita" の代わりに、別のカーソルテーマを選ぶこともできます (例: Human)
Alternatively, you can install {{AUR|gnome-cursors-fix}} from the [[AUR]].
+
  
=== Tracker & Documents don't list any local files ===
+
=== Tracker & Documents がローカルファイルを表示しない ===
  
In order for Tracker (and, therefore, Documents) to detect your local files, they must be stored in directories that it knows of. If your documents are contained in one of the usual XDG standard directories (i.e. "Documents" or "Music"), you should install [https://www.archlinux.org/packages/extra/x86_64/xdg-user-dirs/ xdg-user-dirs] and run:
+
In order for Tracker (and, therefore, Documents) to detect your local files, they must be stored in directories that it knows of. If your documents are contained in one of the usual XDG standard directories (i.e. "Documents" or "Music"), you should install {{Pkg|xdg-user-dirs}} and run:
  
 
   # xdg-user-dirs-update
 
   # xdg-user-dirs-update
Line 880: Line 806:
 
Open "Passwords and Keys" from the menu or run "seahorse". Select View > By Keyring. If there is no keyring in the left column (it will be marked with a lock icon), go to File > New > Password Keyring and give it a nice name. You will be asked to enter a password. If you do not give it a password it will be unlocked automatically even when using autologin, but passwords will not be stored securely. Finally, right-click on the keyring you just created and select "Set as default".
 
Open "Passwords and Keys" from the menu or run "seahorse". Select View > By Keyring. If there is no keyring in the left column (it will be marked with a lock icon), go to File > New > Password Keyring and give it a nice name. You will be asked to enter a password. If you do not give it a password it will be unlocked automatically even when using autologin, but passwords will not be stored securely. Finally, right-click on the keyring you just created and select "Set as default".
  
=== Windows can't be modified with Alt-Key + Mouse-Button ===
+
=== Alt-Key + Mouse-Button でウィンドウの形を変えられない ===
  
 
Change the dconf-setting "org.gnome.desktop.wm.preferences.mouse-button-modifier" from <Super> back to <Alt>. It is not possible to change this with ''System Settings'' > "Keyboard" > "Shortcuts", you will find there only the regular keybindings. The developers of GNOME decided to change this from 3.4 to 3.6 because of this bug report https://bugzilla.gnome.org/show_bug.cgi?id=607797
 
Change the dconf-setting "org.gnome.desktop.wm.preferences.mouse-button-modifier" from <Super> back to <Alt>. It is not possible to change this with ''System Settings'' > "Keyboard" > "Shortcuts", you will find there only the regular keybindings. The developers of GNOME decided to change this from 3.4 to 3.6 because of this bug report https://bugzilla.gnome.org/show_bug.cgi?id=607797
 +
 +
=== Gnome 3.10 UI エレメントのスケールが間違っている ===
 +
 +
With 3.10 Gnome introduced HDPI support. If your displays EDID info does not contain the correct screen size, but the resolution is right, this can lead to incorrectly scaled UI elements. As a workaround you can open dconf-editor and find the key {{ic|scaling-factor}} in {{ic|org.gnome.desktop.interface}}. Set it to 1 to get the standard scale.
  
 
== 外部リンク ==
 
== 外部リンク ==

Revision as of 10:28, 2 November 2013

Template:Article summary start Template:Article summary text Template:Article summary heading Template:Article summary text Template:Article summary heading Template:Article summary wiki Template:Article summary wiki Template:Article summary wiki Template:Article summary wiki Template:Article summary wiki Template:Article summary wiki Template:Article summary end

About Us | GNOME より:

GNOME プロジェクトは1997年に二人の大学生によって始められました、Miguel de Icaza と Federico Mena です。彼らの目標は: フリーの (freedom) デスクトップ環境を作ること。その後、GNOME は大きな成長を遂げました。世界中の数百万の人々によって使われ、GNOME は GNU/Linux などの UNIX オペレーティングシステムで一番人気のデスクトップ環境になったのです。デスクトップはさまざまな公共の場所で大規模に利用され、プロジェクトの開発技術は多くのモバイルデバイスで用いられています。

Contents

イントロダクション

GNOME 3 には2つのインターフェースがあります:

  • GNOME は標準の、革新的なレイアウトです。
  • GNOME Classic はスタンダードの GNOME 3 の技術を使う GNOME2 のユーザーインターフェイスに似た伝統的なデスクトップレイアウトです。あらかじめ有効にされたエクステンションとパラメータ (ここ にそのリストがあります) を使います。つまり全く中身が異なるモードではなくカスタマイズ済みの GNOME Shell で出来たモードです。

どちらも GNOME Shell と Mutter ウィンドウマネージャを利用します。Mutter はデスクトップのコンポジットマネージャとして動作し、ハードウェアアクセラレーションを使って画面の乱れを減らす効果を提供します。GNOME のセッションマネージャはあなたのビデオドライバが GNOME Shell を動かすことができるか自動で検知して、場合によっては llvmpipe によるソフトウェアレンダリングを利用します。

インストール

GNOME 3 は公式リポジトリから利用可能であり2つのパッケージグループでインストールできます:

  • gnome はスタンダードな GNOME に必要なコアのデスクトップ環境とアプリケーションを含んでいます。
  • gnome-extra は GNOME デスクトップとマッチするメディアプレイヤー、電卓、エディタなど様々なツールを含んでいます。このグループのインストールは任意です。

gnome-extra だけをインストールしても依存関係として gnome グループ全てはインストールされないことに注意してください: 本当に全部欲しいのならば両方のグループをインストールするようにしてください。

GNOME の起動

グラフィカルログイン

デスクトップと統合するために、Gnome Display Manager (GDM) が推奨です。GDM のかわりに他のログインマネージャを使うこともできます。ディスプレイマネージャの記事を見てデスクトップ環境の起動方法を学んで下さい。

ログインマネージャはシステムの管理をする仕事を委託する制限のある方法です。PolicyKit の記事にシステム全体のアクセスコントロールについて記述しています。

Tip: インストールと設定については GDM を参照。

手動で GNOME を起動

コンソールから手動で GNOME を起動したい場合は、以下を ~/.xinitrc ファイルに追加してください:

~/.xinitrc
 exec gnome-session

GNOME Classic を使う場合 exec gnome-session --session=gnome-classic に代えてください。~/.xinitrc を編集した後、startx を入力すれば GNOME を起動できます。

logind セッションの維持などについて、詳しくは xinitrc (日本語) を見て下さい。

Shell を使う

GNOME チートシート

GNOME のウェブサイトには便利な GNOME Shell チートシート があり、タスクの切り替え・キーボードの使用・ウィンドウ操作・パネル・overview モードなどの説明が読めます。

Shell の再起動

外観の変更を行うとしばしば Gnome shell を再起動するように言われることがあります。一度ログアウトしてログインしなおしてもかまいませんが、キーボードコマンドを使うほうが簡単でかつ早く出来ます。shell を再起動するには Alt + F2 を押して r を入力し Enter を押してください。

Shell がクラッシュする

特定の設定の変更をしたり shell を繰り返し再起動すると、再起動しようとしたときに shell がクラッシュすることがあります。この時、クラッシュしたことが表示され強制的にログアウトされます。shell の変更はキーボードによる再起動では行えません; 変更を適用するにはログアウトしてログインし直す必要があります。

当たり前ですが — 一応言っておくと — 大事なドキュメントは shell を再起動する前に保存しておくべきです(そしてできたら終了してください)。絶対に必要というわけではありません; 通常は shell が再起動したあとそっくりそのままウィンドウとドキュメントが開かれることになっています。

Shell がフリーズする

時々 shell の拡張が GNOME Shell をフリーズさせることがあります。この場合、解決法は Ctrl+Alt+F2Ctrl+Alt+F6 で他の端末に切り替えて、ログイン、そして gnome-shell を再起動することです:

# pkill -HUP gnome-shell

shell を再起動した後、開かれていた全てのアプリケーションはそのまま使えるはずです。

ただし、場合によっては shell を再起動するだけではダメなときもあります。そのときは X を再起動する必要があります (作業中のものは失われます)。X を再起動するには:

# pkill X

GNOME Shell は自動的に再起動します。

これも上手くいかない場合、ログインマネージャの再起動を試すことができます。例えば、GDM を使っている場合:

# systemctl restart gdm.service
Tip: tty で htop を使うこともできます; t を押し, gnome-shell ツリーを選んで, k を押して SIGKILL を送って下さい。

GNOME の外観のカスタマイズ

全体の外観

GNOME 3 は"スクラッチから"作られましたが、大抵の巨大なソフトウェアプロジェクトと同じように、GNOME は作られた時期が様々なパーツから構成されています。その全てを網羅したひとつの設定ツールは存在しません。新しいシステム設定ツールは昔のコントロールパネルと比べて大きく進化しています。システム設定はよく整備されていますが、システムの外観を細かく設定するには不十分に思われるかもしれません。

あなたの手に馴染んでいるのはきっと既存の設定ツールでしょう: それらのいくつかは未だに動作しますが、ほとんどは使うことができません。設定によっては隠されていることもあるでしょう。間違いなく、設定の多くが新しいツールに移植され、時と共に隠された設定が表示されるようになり、コミュニティによって最新の GNOME デスクトップに取り込まれていくはずです。

Gsettings

新しいコマンドラインツールの gsettings は以前のツールとは違って、XML テキストではなくバイナリフォーマットでデータを保存します。Customizing the GNOME Shell チュートリアルは gsettings のパワーを探ります。

GNOME tweak tool

フォントやテーマのカスタマイズや、タイトルバーのボタンなどの設定ができるグラフィカルなツールです。gnome-tweak-tool公式リポジトリから利用可能です。

settings.ini を使って GTK3 のテーマを設定する

${XDG_CONFIG_HOME}/gtk-3.0/settings.ini (通常は ~/.config/gtk-3.0/settings.ini) を使って GTK3 のテーマを設定することができます。

デフォルトの GNOME 3 テーマである Adwaitagnome-themes-standard に含まれています。追加の GTK3 テーマは Deviantart ウェブサイトで見つけることができます。例:

${XDG_CONFIG_HOME}/gtk-3.0/settings.ini
[Settings]
gtk-theme-name = Adwaita
gtk-fallback-icon-theme = gnome
# next option is applicable only if selected theme supports it
gtk-application-prefer-dark-theme = true
# set font name and dimension
gtk-font-name = Sans 10

設定を適用するには GNOME shell の再起動が必要です。他の GTK オプションは GNOME developer ドキュメントを見て下さい。

アイコンテーマ

バージョン3.0.3以降の gnome-tweak-tool では、アイコンテーマを ~/.icons の中の好きなものに替えることができます。

基本的に、GNOME 3 は GNOME 2 のアイコンテーマと互換性があります。つまりデフォルトのアイコンは固定ではありません。新しいアイコンセットをインストールするには、そのアイコンテーマのディレクトリを ~/.icons にコピーしてください。例えば:

$ cp -R /home/user/Desktop/my_icon_theme ~/.icons

gnome-tweak-toolインターフェース から新しいテーマ my_icon_theme を選択できるようになります。

また、gnome-tweak-tool を使わずにアイコンテーマを選択することも可能です。GTK アイコンテーマの名前を ${XDG_CONFIG_HOME}/gtk-3.0/settings.ini に追加してください。設定に "" を使うと認識されなくなるので注意してください。

${XDG_CONFIG_HOME}/gtk-3.0/settings.ini
... previous lines ...

gtk-icon-theme-name = my_new_icon_theme

Totem

h.264 動画を再生するには、gst-libav をインストールする必要があります。

gstreamer のハードウェアアクセラレーションについては Gstreamer: Hardware Acceleration を見て下さい。

GNOME パネル

上のバーに日付を表示

デフォルトでは GNOME は上のバーには曜日と時刻しか表示しません。これを以下のコマンドで変えることができます。変更はすぐに適用されます。

# gsettings set org.gnome.desktop.interface clock-show-date true

上のバーのアイコンを隠す

GNOME をインストールしたとき、要らないアイコンがパネルに表示されているかもしれません。GNOME shell の拡張を使うか手動で GNOME パネルスクリプトを編集するかしてアイコンを削除することができます。

shell 拡張でアイコンを隠す

アクセシビリティアイコンを削除するために、https://extensions.gnome.org/extension/112/remove-accesibility/ を使うことができます。

拡張を使う一番の方法は上のような gnome 拡張のウェブページから拡張をインストールすることです。

手動で GNOME パネルスクリプトを編集する

例えば、ユニバーサルアクセスアイコンを削除するには、PANEL_ITEM_IMPLEMENTATIONS の中の 'a11y' で始まる行をコメントアウトします:

/usr/share/gnome-shell/js/ui/panel.js
const PANEL_ITEM_IMPLEMENTATIONS = {
    'activities': ActivitiesButton,
    'appMenu': AppMenuButton,
    'dateMenu': imports.ui.dateMenu.DateMenuButton,
//    'a11y': imports.ui.status.accessibility.ATIndicator,
    'volume': imports.ui.status.volume.Indicator,
    'battery': imports.ui.status.power.Indicator,
    'lockScreen': imports.ui.status.lockScreenMenu.Indicator,
    'keyboard': imports.ui.status.keyboard.InputSourceIndicator,
    'powerMenu': imports.gdm.powerMenu.PowerMenuButton,
    'userMenu': imports.ui.userMenu.UserMenuButton
};

そして、スクリプトを保存し shell を再起動してください:

  1. Alt+F2
  2. r
  3. Enter

バッテリーアイコンの表示

バッテリーアイコンを表示するには、公式リポジトリから gnome-power-managerインストールしてください。

ステータスや gdm メニューの "Suspend" を無効にする

GNOME 3.2 において、システム全体でこれを簡単に行う方法は /usr/share/gnome-shell/js/ui/userMenu.js の539行目と /usr/share/gnome-shell/js/gdm/powerMenu.js の103行目を変更することです (3.2 以前の GNOME では /usr/share/gnome-shell/js/ui/statusMenu.js の153行目を見て下さい)。変更は GNOME Shell が次に起動した時に適用されます。

/usr/share/gnome-shell/js/ui/userMenu.js
 // this._haveSuspend = this._upClient.get_can_suspend();  //  Comment this line out.
 this._haveSuspend = false;                                //  Use this line instead.

これを行うには、以下のコマンドをターミナルに貼り付けてください:

 GNOME_SHELL=/usr/share/gnome-shell
 SCRIPTS=`grep -lr get_can_suspend $GNOME_SHELL/js`
 for FILE in $SCRIPTS ; do
       sed -r -i -e 's/[^= ]+.get_can_suspend\(\)/false/' "$FILE"
 done

ただし、上の変更は GNOME のバージョンが上がったときに上書きされてしまいます。更新後も "suspend" の無効を永続させる解決方法としては上のコードを gdm やスタートアップのスクリプト (例: /etc/rc.local) に追加することです。

ログアウトの時の待機時間をなくす

以下の設定でログアウトの時の確認ダイアログと60秒の猶予をなくすことができます。

このダイアログは通常、ステータスメニューからログアウトしたときに表示されます。この設定は 電源オフ にも同じ効果が生じます。この設定はシステム全体には変更を及ぼしません; コマンドを入力したユーザーだけに適用されます。コマンドを入力した時からすぐ変更は適用されます。

$ gsettings set org.gnome.SessionManager logout-prompt 'false'

システムモニタを表示

AUR にある gnome-shell-system-monitor-applet-gitAUR エクステンションをインストールしてください。

天気情報を表示する

AUR にある gnome-shell-extension-weather-gitAUR をインストールしてください。

アクティビティビュー

アプリケーションビューからエントリを削除する

他のデスクトップ環境と同じように、GNOME は .desktop ファイルを使ってアプリケーションビューを設定します。このテキストファイルは /usr/share/applications にあります。これらのファイルをフォルダビューから編集することはできません ‒ Nautilus はこれらのアイコンをテキストファイルとして扱いません。ターミナルを使って .desktop ファイルエントリを表示・編集してください。

# ls /usr/share/applications
# nano /usr/share/applications/foo.desktop

システム全体の変更をするには、/usr/share/applications 内のファイルを編集してください。ユーザーごとの変更をするには、home フォルダに foo.desktop のコピーを作って下さい。

$ cp /usr/share/applications/foo.desktop ~/.local/share/applications/

.desktop ファイルは必要に応じて編集してください。

Note: .desktop ファイルの削除はアプリケーションのアンインストールではありませんが、デスクトップとの統合は削除されます: MIME タイプ、ショートカットなど。

次のコマンドは .desktop ファイルにアプリケーションビューから関連アイコンを隠す設定を追加します:

$ echo "NoDisplay=true" >> foo.desktop

アプリケーションメニューから Wine ランチャーを削除する

~/.local/share/applications/wine/Programs/ を開き、消したい wine アプリケーションの名前を探して下さい。ディレクトリの中の ".desktop" ファイルがランチャーを設定しています。プログラムのディレクトリを削除すれば簡単にランチャーを削除できます。

アプリケーションのアイコンサイズの変更

GNOME のデザイナーの失敗のひとつとして彼らの選んだアプリケーションビューのアイコンが大きすぎるということがあげられます。このビューは小さい画面でたくさんのアプリケーションアイコンを表示したときに困ることになります。アイコンサイズを小さくする方法が存在します。GNOME-Shell テーマの編集によって行います。

システムファイルを直接編集する (予めバックアップをしてください) かテーマファイルをローカルフォルダにコピーしてファイルを編集してください。

  • デフォルトテーマは、/usr/share/gnome-shell/theme/gnome-shell.css を編集してください
  • ユーザーテーマは、/usr/share/themes/<UserTheme>/gnome-shell/gnome-shell.css を編集してください

gnome-shell.css を編集して以下の値を置き換えてください。その後、GNOME shell を再起動してください

gnome-shell.css
 ...
 /* Application Launchers and Grid */
 
 .icon-grid {
     spacing: 18px;
     -shell-grid-horizontal-item-size: 82px;
     -shell-grid-vertical-item-size: 82px;
 }
 
 .icon-grid .overview-icon {
     icon-size: 48px;
 }
 ...

ダッシュアイコンのサイズを変更

GNOME のアクティビティビューには左側にダッシュがあります、ダッシュのアイコンのサイズは表示するアイコンの数によって変わります。このアイコンサイズを一定の間隔に設定したり変わらないようにすることができます。これを行うには /usr/share/gnome-shell/js/ui/dash.js を編集してください。

dash.js
 ...

        let iconSizes = [ 16, 22, 24, 32, 48, 64 ];

 ...

スイッチャ (alt-tab) のアイコンサイズを変更

GNOME にはタスクスイッチャが初めから付いていて、タスクスイッチャのアイコンサイズは表示するアイコンの数によって変わります。のアイコンサイズを一定の間隔に設定したり変わらないようにすることができます。これを行うには /usr/share/gnome-shell/js/ui/altTab.js を編集してください。

altTab.js
 ...

        const iconSizes = [96, 64, 48, 32, 22];

 ...

システムトレイのアイコンサイズの変更

GNOME にはシステムトレイが初めから付いていて、マウスを画面の右下に置けば表示されます。このトレイのアイコンサイズは24に固定されています。この値を変更するには、/usr/share/gnome-shell/js/ui/messageTray.js を編集してください。

messageTray.js
 ...

    ICON_SIZE: 24,

 ...

マウスを左上に持ってきた時のアクティビティを無効にする

マウスを左上に動かした時に自動的にアクティビティビューが表示されるのを無効にするには、/usr/share/gnome-shell/js/ui/layout.js (GNOME 3.0.x では panel.js) を編集して reactivefalse にしてください:

layout.js
 this._corner = new Clutter.Rectangle({ name: 'hot-corner',
                                       width: 1,
                                       height: 1,
                                       opacity: 0,
                                       reactive: true });icon-size: 48px;
 }

変更を適用するには GNOME Shell を再起動する必要があります。

メッセージトレイのホバリング表示を無効にする

マウスを画面の一番下に1秒間置いておくとメッセージトレイが表示されます。これを無効にするには、/usr/share/gnome-shell/js/ui/messageTray.js 内の次の行をコメントアウトしてください:

messageTray.js
        //pointerWatcher.addWatch(TRAY_DWELL_CHECK_INTERVAL, Lang.bind(this, this._checkTrayDwell));

GNOME Shell を再起動する必要があります。アクティビティビューのメッセージトレイは消えません。

タイトルバー

タイトルバーの高さを縮める

  • システム全体 - /usr/share/themes/Adwaita/metacity-1/metacity-theme-3.xml を編集して、title_vertical_pad を探し、この値を減らして下さい (最小 0)。
  • ユーザーごと - /usr/share/themes/Adwaita/metacity-1/metacity-theme-3.xml/home/$USER/.themes/Adwaita/metacity-1/metacity-theme-3.xml にコピーして、title_vertical_pad を探し、この値を減らして下さい (最小 0)。

変更したら GNOME shell を再起動してください

元の値に戻すには、公式リポジトリから gnome-themes-standard パッケージをインストールするか /home/$USER/.themes/Adwaita/metacity-1/metacity-theme-3.xml を削除してください。

タイトルバーのボタンを並び替える

現在、この設定は dconf-editor から変更できます。

例えば、閉じる・最小化ボタンをタイトルバーの左側に持って行きたいとします。dconf-editor を開いて org.gnome.shell.overrides.button_layout キーを検索してください。この値を close,minimize: に変更してください (コロンはタイトルバーの右側と左側の間の区切りを示しています)。好きな順番で好きなボタンを並べることができます。同じボタンを二度使うことはできません。また、特定のボタンは使えなくなっているので注意してください。shell を再起動することで新しいボタンの並びになります。

最大化したときにタイトルバーを隠す

# sed -i -r 's|(<frame_geometry name="max")|\1 has_title="false"|' /usr/share/themes/Adwaita/metacity-1/metacity-theme-3.xml

GNOME shell を再起動してください。この設定をすると、タイトルバーがないためにウィンドウの最小化をしにくくなるかもしれません。

このようなときは、キーバインドで Alt+F5, Alt+F10, Alt+Space を使うべきでしょう。

gnome-themes-standard パッケージが更新される度に metacity-theme-3.xml が上書きされるのを防ぐには、このパッケージの名前を /etc/pacman.confNoUpgrade に追加してください。

/etc/pacman.conf
... previous lines ...

# Pacman won't upgrade packages listed in IgnorePkg and members of IgnoreGroup
# IgnorePkg   =
# IgnoreGroup =

NoUpgrade = usr/share/themes/Adwaita/metacity-1/metacity-theme-3.xml    # Do not add a leading slash to the path

... more lines ...

オリジナルの Adwaita テーマの値に戻したい時は、gnome-themes-standard パッケージをインストールしてください。

ログイン画面

ログインの背景画像

Once session variables have been exported as explained above, you may issue commands to retrieve or set items used by GDM.

The easiest way to changes all the settings is by launching the Configuration Editor gui with the command

$ dconf-editor

The location of each setting is the same as in the command line style of configuration shown below:

The following is the command-line approach to retrieve or set the file name used for GDM's wallpaper.

 $  GSETTINGS_BACKEND=dconf gsettings get org.gnome.desktop.background picture-uri
 $  GSETTINGS_BACKEND=dconf gsettings set org.gnome.desktop.background picture-uri 'file:///usr/share/backgrounds/gnome/SundownDunes.jpg'
 
 $  GSETTINGS_BACKEND=dconf gsettings set org.gnome.desktop.background picture-options 'zoom'
 ## Possible values: centered, none, scaled, spanned, stretched, wallpaper, zoom
Note: You must specify a file which user "gdm" has permission to read. GDM cannot read files in your home directory.

An alternative graphical interface to changing themes (gtk3, icons and cursor), the wallpaper and minor other settings of the GDM login screen, you can install gdm3setupAUR from AUR.

ログインのフォントを大きくする

This tweak enlarges the login font with a scaling factor. It is the same method employed by Accessibility Manager on the desktop.

You must export the GDM session variables before performing this tweak.

$ GSETTINGS_BACKEND=dconf gsettings set org.gnome.desktop.interface text-scaling-factor '1.25'

サウンドを切る

This tweak disables the audible feedback heard when the system volume is adjusted (via keyboard) on the login screen. You must first export the GDM session variables.

$ GSETTINGS_BACKEND=dconf gsettings set org.gnome.desktop.sound event-sounds 'false'

If the above tweak does not work for you or you are unable to export the GDM session variables, there is always the easiest solution to the "ready sound" problem: mute or lower the sound while in GDM login screen using the media keys (if available) of your keyboard.

電源ボタンをインタラクティブにする

The default installation sets the power button to suspend the system. Power off or Show dialog is a better choice. You must first export the GDM session variables as outlined previously.

 $ GSETTINGS_BACKEND=dconf gsettings set org.gnome.settings-daemon.plugins.power button-power 'interactive'
 $ GSETTINGS_BACKEND=dconf gsettings set org.gnome.settings-daemon.plugins.power button-hibernate 'interactive'
 $ gsettings list-recursively org.gnome.settings-daemon.plugins.power
Warning: Please note that the acpid daemon also handle the "power button" an "hibernate button" event. Running both systems at the same time may lead to unexpected behaviour.

カバーを閉じた時にサスペンドするのを止める

On some systems it happens that your laptop suspends when you are closing the lid despite having set the options Laptop lid close action on battery and Laptop lid close action on AC to blank. If this is the case, append the following line to /etc/systemd/logind.conf:

HandleLidSwitch=ignore

カバーを閉じても何も起こらない

Systemd (日本語)#ACPI 電源管理 でカバーを閉じたときのイベントを設定しても、設定の効果があらわれないことがあります。 ラップトップに外部モニターを接続している場合、これがデフォルトの GNOME の挙動です。モニターを切断すれば設定どおり動くはずです、動かないときは /etc/systemd/logind.conf が誤っている可能性があります。

バッテリーレベルが危険な時のアクションの変更 (ラップトップ用)

gnome-power-manager の GUI にはラップトップのバッテリーレベルが危険な時に "何もしない" という選択肢が用意されていません。手動でこれを修正するには、dconf-editor -> org -> gnome -> settings-daemon -> plugins -> power を開いて、"critical-battery-action" の値を "nothing" に設定してください。

GDM キーボードレイアウト

GDM は GNOME 3 デスクトップのキーボード設定を使いません。GDM によって使われるキーボード設定を変更するには、Xorg の設定を使ってレイアウトを設定してください。Keyboard Configuration in Xorg (日本語) を参照してください。

その他

GNOME Tips を見て下さい。

その他の設定

スクロールの挙動を戻す

新しいスクロールバーの挙動が気に入らないときは ~/.config/gtk-3.0/settings.ini[Settings] セクションに gtk-primary-button-warps-slider = false を記述してください:

~/.config/gtk-3.0/settings.ini
[Settings]
gtk-primary-button-warps-slider = false
...

ログイン時に自動で走らせるプログラム

gnome-session-properties を使ってログインした後に自動で起動するプログラムを指定します。このツールは gnome-session パッケージに含まれています。

$ gnome-session-properties

アプリケーションメニューの編集

gnome-menus はメニューエントリの表示を切り替えられる gmenu-simple-editor を提供します。

alacarte はメニューエントリの追加・編集のための完全なメニューエディタを提供します。

'システム設定'が保存されない

GNOME 3 は近代的な機能を持つ systemd (Linux 向けの init デーモン) を使っています。以前の GNOME プログラムは Arch の init 機能を使って設定を収集していましたが、これを行うにはメンテナンスが不可欠でした。そのため新しい init システムへの移行が実行されたのです (詳しくはここを読んで下さい)。設定が保存されない領域は Date and TimeColor メニューの ICC プロファイルの追加などです。

機能をまた有効にするには、systemd をインストールして gdm.serviceNetworkManager.service のサービスを有効にする必要があります。

Gnome Terminal の内側の余白

ターミナルの出力をウィンドウの縁から離すには以下の内容でスタイルシート ~/.config/gtk-3.0/gtk.css を作って下さい:

   TerminalScreen {
     -VteTerminal-inner-border: 10px 10px 10px 10px;
   }

端末のサウンド効果を無効にする

デフォルトではキーボードの tab ボタンを押した時などに端末はこの不快なサウンドが鳴らします。ひとつの解決方法として Gnome の設定メニューから全てのサウンド効果を切るという方法があります。しかし、これでは Skype など他のアプリケーションの通知サウンドを無効にしてしまいます。ベターな方法としては端末を開き Edit -> Profile Preferences -> General に行って Terminal bell のチェックを外して下さい。

端末のカーソルの点滅を無効にする

Since Gnome 3.8 and dconf the key required to modify in order to disable the blinking cursor in the Terminal differs slightly in contrast to the old gconf key. To disable the blinking cursor in Gnome 3.8 use:

gsettings set org.gnome.desktop.interface cursor-blink false

Gnome Terminal で新しいタブを開いた時に現在のディレクトリを受け継ぐようにする (3.8+)

In Gnome 3.8, the behaviour of how current directories are tracked has changed. To restore this behaviour, you need to source the /etc/profile.d/vte.sh file, put this in your ~/.bashrc or ~/.zshrc for zsh users:

source /etc/profile.d/vte.sh

For more information refer to the Gnome wiki

ダイアログウィンドウを移動する

ダイアログのデフォルト設定では移動することが禁止されており場合によっては問題になることがあります。これを変更するには gconf-editor を使って次の設定を変更してください:

/desktop/gnome/shell/windows/attach_modal_dialogs

変更を適用するには shell を再起動する必要があります。

コンテキストメニューアイコンの表示

プログラムによってはコンテキストメニューアイコンが存在しますが、Gnome ではデフォルトで表示を無効にされています。 org.gnome.desktop.interface menus-have-icons を true に設定することで表示させることができます。

GNOME shell 拡張

GNOME Shell は拡張によってカスタマイズできます。テーマを変えるためのドックやウィジェットなどの機能を提供します。

拡張の多くは extensions.gnome.org に集められています。ブラウザから簡単に回覧・インストールが可能です。Gnome shell 拡張についての詳しい情報は ここ にあります。

トラブルシューティングの情報は 拡張が GNOME を破壊する を見て下さい。

デフォルトのファイルブラウザ Nautilus を置き換える

/usr/share/applications/nautilus.desktopExec 行を編集することで他のファイルブラウザを使うように GNOME を設定できます。ファイルマネージャの .desktop ファイルの適切なパラメータを見て下さい、例:

/usr/share/applications/nautilus.desktop
[...]
Exec=thunar %F
OR
Exec=pcmanfm %U
OR
Exec=nemo %U
[...]

デフォルト PDF ビューア

Inkscape など他のグラフィックプログラムをインストールして Evince ドキュメントビューアをデフォルトの PDF アプリケーションとして選択することがなくなるかもしれません。GUI の 他のアプリケーションで開く エントリが使えないときは、次のユーザーコマンドを使うことで Evince をデフォルトのアプリケーションに戻すことができます。

xdg-mime default evince.desktop application/pdf

デフォルトの端末

gsettings (gconftool-2 の後継) を使ってデフォルトの端末を設定します。この設定は nautilus-open-terminal (Nautilus 拡張) に影響を与えます。 urxvt をデフォルトにするには、以下を実行してください:

gsettings set org.gnome.desktop.default-applications.terminal exec urxvtc
gsettings set org.gnome.desktop.default-applications.terminal exec-arg "'-e'"
Note: The -e flag is for executing a command. When nautilus-open-terminal invokes urxvtc, it puts a cd command at the end of the command line so that the new terminal starts in the directory you opened it from. Other terminals will require a different (perhaps empty) exec-arg.

デフォルトのアプリケーション

ファイルの上で右クリックして 'Preferences' からデフォルトアプリケーションを設定してください。設定は $HOME/.local/share/applications/mimeapps.list $HOME/.local/share/applications/mimeinfo.cache に保存されます。

デフォルトのウェブブラウザ

AUR パッケージ gnome-gmail-notifierAUR を使うウェブブラウザを設定するには、gconf-editor を開いて /desktop/gnome/url-handlers/http/ キーを編集してください。https/, about/, unknown/ キーなども変更できます。

マウスの中ボタン

GNOME 3 はデフォルトで Xorg の設定 (Emulate3Buttons) と無関係にマウスの中ボタンのエミュレーションを無効にしています。マウスの中ボタンのエミュレーションを有効にするには:

$ gsettings set org.gnome.settings-daemon.peripherals.mouse middle-button-enabled true

自然なタッチパッドのスクロール

Mac OSX で使われているように、GNOME 3 で"自然な"二本の指を使ったスクロールを利用するように設定することができます。

System Settings (gnome-control-center) -> Mouse & Touchpad に行き Two finger scrollContent sticks to fingers の両方を ON にしてください。

またターミナルから gsettings を使ってタッチパッドの設定をすることも可能です:

$ gsettings set org.gnome.settings-daemon.peripherals.touchpad horiz-scroll-enabled true
$ gsettings set org.gnome.settings-daemon.peripherals.touchpad scroll-method two-finger-scrolling
$ gsettings set org.gnome.settings-daemon.peripherals.touchpad natural-scroll true

ディスプレイを暗くする

GNOME 3 のデフォルトでは10秒のアイドル時間でバッテリーや AC の状態に関係なく画面が暗くなります:

gsettings get org.gnome.settings-daemon.plugins.power idle-dim-time

新しい値を設定するには次を実行してください (<int> は秒数):

gsettings set org.gnome.settings-daemon.plugins.power idle-dim-time <int>

隠し機能

GNOME 3 は多くの便利なオプションを隠しており dconf-editor を使うことでカスタマイズできます。また GNOME 3 では gconf-editor によってまだ dconf に移植されていない設定を行えます。

ホットキーの変更

Certain hotkeys cannot be changed directly via Settings -> Keyboard -> Shortcuts. In order to change these keys, use dconf-editor. An example of particular note is the hotkey Alt-Above_Tab. On US keyboards, this is Alt-`: is a hotkey often used in the Emacs editor. It can be changed by opening dconf-editor and modifying the switch-group key found in org.gnome.desktop.wm.keybindings.

It is possible to manually change the keys via an application's so-called accel map file. Where it is to be found is up to the application: For instance, Thunar's is at ~/.config/Thunar/accels.scm, whereas Nautilus's is located at ~/.config/nautilus/accels and ~/.gnome2/accels/nautilus on old release.

The file should contain a list of possible hotkeys, each unchanged line commented out with a leading ";" that has to be removed for a change to become active. For example to replace the hotkey used by Nautilus to move files to the trash folder, change the line :

; (gtk_accel_path "<Actions>/DirViewActions/Trash" "<Primary>Delete")

to this :

(gtk_accel_path "<Actions>/DirViewActions/Trash" "Delete")

The file is regenerate regularly so don't waist time on commenting the file. The uncommented line will stay but every comment you may add will be lost.

Nautilus 3.4 以前

Firstly, use dconf-editor to place a checkmark next to can-change-accels in the key named org.gnome.desktop.interface.

We will replace the hotkey — a.k.a. keyboard shortcut, keyboard accelerator — used by Nautilus to move files to the trash folder. The default assignment is a somewhat-awkward Ctrl+Delete.

  • Open Nautilus, select any file, and click Edit on the menu bar.
  • Hover over the Move to Trash menu item.
  • While hovering, press Delete. The current accelerator is now unset.
  • Press the key that you wish to become the new keyboard accelerator.
  • Press Delete to make the new accelerator be the Delete key.

Unless you select a file or folder, Move to Trash will be grayed-out. Finally, disable can-change-accels to prevent accidental hotkey changes.

ステータスメニューにシャットダウンを表示する

現在、GNOME の設計者はステータスメニューから シャットダウン オプションを隠すようにしています。ステータスメニューでシステムのシャットダウンを行うには、メニューをクリックして Alt キーを押して下さい。SuspendPower Off に変わります。その次のダイアログでシステムをシャットダウンしたり再起動できます。

このページの他のところで書かれているようにシステム全体で Suspend メニューを無効にしている場合、以上の手順を踏む必要はありません。

他の方法として Alternative Status Menu 拡張をインストールする方法があります。shell 拡張のセクションを見て下さい。alternative menu extension は Power Off エントリが隠れていない新しいステータスメニューをインストールします。

スクリーンキャスト録画

Gnome にはスクリーンキャストを簡単に作成する機能が内蔵されています。Control+Shift+Alt+R ショートカットで録画を開始・停止します。画面の右下に赤丸が表示されていれば録画がされている証です。録画を終了すると、'Screencast from %d%u-%c.webm' という名のファイルが Videos ディレクトリに保存されます。スクリーンキャスト機能を使うには gst プラグインをインストールする必要があります:

$ pacman -Qs gst

XkbOptions でキーボードを変更する

Using the dconf-editor, navigate to the key named org.gnome.desktop.input-sources.xkb-options and add desired XkbOptions (e.g. 'caps:swapescape') to the list.

See /usr/share/X11/xkb/rules/xorg for all XkbOptions and then /usr/share/X11/xkb/symbols/* for the respective descriptions.

Note: To enable the Ctrl+Alt+Backspace combination to terminate Xorg, use the gnome-tweak-tool from official repositories. Within the Gnome Tweak Tool, navigate to Typing > Terminate and select the option Ctrl+Alt+Backspace from the dropdown menu.

キーボードレイアウトの切り替え

Since Gnome does not consider any configuration in /etc/X11/conf.d/*.conf you have to set the command for layout switching either via the control center with the options Switch to previous source and Switch to next source or if you want to use Alt - Shift combination you have to use the Gnome-Tweak-Tool and set Typing -> Modifiers-only input sources -> select Alt-shift. For more information see also the forum thread.

統合メッセージング (Empathy)

Empathy, the engine behind integrated messaging, and all system settings based on messaging accounts will not show up unless the telepathy group of packages or at least one of the backends (telepathy-gabble, or telepathy-haze, for example) is installed.

These packages are not included in default Arch GNOME installs. You can install the Telepathy and optionally any backends with:

# pacman -S telepathy

Without telepathy, Empathy will not open the account management dialog and can get stuck in this state. If this happens -- even after quitting Empathy cleanly -- the /usr/bin/empathy-accounts application can remain running and will need to be killed before you can add any new accounts.

View descriptions of telepathy components on the Freedesktop.org Telepathy Wiki.

トラブルシューティング

Dconf-Editor で設定ができない

{pkg|dconf}} で設定が行えない場合、dconf のユーザー設定が破損している可能性があります。この場合
 .config/dconf/user* 
にあるユーザーの dconf ファイルを削除してその後 dconf-editor で設定を行うのがベストです。

拡張が GNOME を破壊する

shell 拡張を有効にしたときに GNOME が壊れるときは、まずインストールディレクトリから user-themeauto-move-windows のエクステンションを削除してください。

インストールディレクトリは ~/.local/share/gnome‑shell/extensions,, /usr/share/gnome‑shell/extensions,, /usr/local/share/gnome‑shell/extensions のどれかです。この2つのエクステンションが入っているフォルダを削除することで修復できるはずです。直らない場合、試行錯誤して問題の拡張を分離してください。

前述のディレクトリにエクステンションが含まれているディレクトリを削除・追加するとシステムに対応するエクステンションが削除・追加されます。GNOME Shell の拡張に関する詳細は GNOME web site を見て下さい。

GNOME 3 アップデートのあと拡張が動作しない

Locate the folder where your extensions are installed. It might be ~/.local/share/gnome-shell/extensions or /usr/share/gnome-shell/extensions.

Edit each occurrence of metadata.json which appears in each extension sub-folder.

Insert: "shell-version": ["3.6"]
Instead of (for example): "shell-version": ["3.4"]


"3.x" indicates the extension works with every Shell version. If it breaks, you'll know to change it back.

"Windows" キー

By default, this key is mapped to the "overlay-key" to launch the Overview. You can remove this key mapping to free up your Windows Key (also called Mod4), which GNOME calls Super_L, by utilizing gsettings.

Example: gsettings set org.gnome.mutter overlay-key 'Foo';. You can leave out Foo to simply remove any binding to that function.

Note: GNOME also uses Alt+F1 to launch the Overview.

conky を動かしているとキーボードショートカットが機能しない

conky だけを動かしていると Alt+F2, Alt+F1, その他メディアキーショートカットなどの gnome-shell キーボードショートカットが動作しません。ただし gedit などの他のアプリケーションが動いているときは、キーボードショートカットは動作します。

回避方法: .conkyrc を編集してください

own_window yes
own_window_transparent yes
own_window_argb_visual yes
own_window_type dock
own_window_class Conky
own_window_hints undecorated,below,sticky,skip_taskbar,skip_pager

マルチモニタを使っているとウィンドウが他のウィンドウの後ろで開く

This is possibly a bug in GNOME Shell which causes new windows to open behind others. Unchecking "workspaces_only_on_primary" in desktop/gnome/shell/windows using gconf-editor solves this problem.

マルチモニタとドック拡張

If you have multiple monitors configured using Nvidia Twinview, the dock extension may get sandwiched in-between the monitors. You can edit the source of this extension to reposition the dock to a position of your choosing.

Edit /usr/share/gnome-shell/extensions/dock@gnome-shell-extensions.gnome.org/extension.js and locate this line in the source:

this.actor.set_position(primary.width-this._item_size-this._spacing-2, (primary.height-height)/2);

The first parameter is the X position of the dock display, by subtracting 15 pixels as opposed to 2 pixels from this it correctly positioned on my primary monitor, you can play around with any X,Y coordinate pair to position it correctly.

this.actor.set_position(primary.width-this._item_size-this._spacing-15, (primary.height-height)/2);

ログインする度に Gnome がキーボードレイアウトを USA に設定する

See the [this] bug report for more information. It is related to GDM and can be fixed by choosing the correct layout at GDM login startup. However, users who do not use GDM or any login manager but a pure startx approach have to use a workaround. Create the file ~/.keyboard and make it executable chmod +x:

# Set the correct keyboard layout after Gnome start
setxkbmap -layout "us,pl" -variant altgr-intl -option "grp:alt_shift_toggle" nodeadkeys

Now run gnome-session-properties and add this .keyboard file to the programs run at startup:

Name: Keyboard layout 
Command: /home/username/.keyboard
Comment: Sets the correct keyboard layout after Gnome start

Further you need to create the executable file /etc/pm/sleep.d/90_keyboard with the following content in order to run the script on resume from suspend and hibernation.

#!/bin/bash
case $1 in
    resume|thaw)
        /home/username/.keyboard
        ;;
esac

"デスクトップを表示" キーボードショートカットが機能しない

GNOME developers treated the corresponding binding as bug (see https://bugzilla.gnome.org/show_bug.cgi?id=643609) due to Minimization being deprecated. To show the desktop again assign ALT+STRG+D to the following setting:

System Settings --> Keyboard --> Shortcuts --> Navigation --> Hide all normal windows

Nautilus が起動しない

  1. Press Alt+F2
  2. Enter gnome-tweak-tool
  3. Select the File Manager tab.
  4. Locate option Have file manager handle the desktop and assure it is toggled off.

Unable to apply stored configuration for monitors

このメッセージが表示されたときは xrandr gnome-settings-daemon プラグインを無効にしてみてください:

$ dconf write /org/gnome/settings-daemon/plugins/xrandr/active false

ロックボタンでタッチパッドが有効にならない

ラップトップによってはタッチパッドを無効にするロックボタンが付いており、これを使うことでタッチパッドに触れるおそれを持たずにタイピングをすることができます。しかしながら現在 GNOME ではこのボタンを押すことでタッチパッドをロックすることはできても、アンロックすることはできません。タッチパッドがロックされたままの場合、以下を実行することでロックを解除できます。

  1. 端末を起動してください。Alt+F2 を押して gnome-terminal と入力し Enter を押すことで端末が開けます。
  2. 次のコマンドを入力してください
$ xinput set-prop "SynPS/2 Synaptics TouchPad" "Device Enabled" 1

暗号化された Wi-Fi ネットワークに接続できない

ネットワーク接続がリストに載っていても、暗号化されたネットワークを選んだ時にキーエントリのダイアログが表示されないことがあります。network-manager-appletインストールしてください。GNOME の NetworkManager 設定を参照。

"Any command has been defined 33"

スクリーンショットを撮るために Print Screen (PrntScrPrtSc) キーを押した時、"Any command has been defined 33" と表示される場合は、metacityインストールしてください。

GDM と GNOME が X11 カーソルを使う

この問題を修正するには、root になって以下を /usr/share/icons/default/index.theme に記述してください (必要ならば /usr/share/icons/default ディレクトリを作成して下さい):

/usr/share/icons/default/index.theme
[Icon Theme]
Inherits=Adwaita

Note: "Adwaita" の代わりに、別のカーソルテーマを選ぶこともできます (例: Human)。

Tracker & Documents がローカルファイルを表示しない

In order for Tracker (and, therefore, Documents) to detect your local files, they must be stored in directories that it knows of. If your documents are contained in one of the usual XDG standard directories (i.e. "Documents" or "Music"), you should install xdg-user-dirs and run:

 # xdg-user-dirs-update

This will create all of the usual XDG home directories if they don't already exist and it will create the config file definining these directories that Tracker and Documents depend upon.

パスワードを忘れてしまった

If you get a password prompt every time you login, and you find password are not saved, you might need to create/set a default keyring:

$ pacman -S seahorse

Open "Passwords and Keys" from the menu or run "seahorse". Select View > By Keyring. If there is no keyring in the left column (it will be marked with a lock icon), go to File > New > Password Keyring and give it a nice name. You will be asked to enter a password. If you do not give it a password it will be unlocked automatically even when using autologin, but passwords will not be stored securely. Finally, right-click on the keyring you just created and select "Set as default".

Alt-Key + Mouse-Button でウィンドウの形を変えられない

Change the dconf-setting "org.gnome.desktop.wm.preferences.mouse-button-modifier" from <Super> back to <Alt>. It is not possible to change this with System Settings > "Keyboard" > "Shortcuts", you will find there only the regular keybindings. The developers of GNOME decided to change this from 3.4 to 3.6 because of this bug report https://bugzilla.gnome.org/show_bug.cgi?id=607797

Gnome 3.10 UI エレメントのスケールが間違っている

With 3.10 Gnome introduced HDPI support. If your displays EDID info does not contain the correct screen size, but the resolution is right, this can lead to incorrectly scaled UI elements. As a workaround you can open dconf-editor and find the key scaling-factor in org.gnome.desktop.interface. Set it to 1 to get the standard scale.

外部リンク