GParted (日本語)

From ArchWiki
Revision as of 01:57, 12 May 2013 by Fengchao (Talk | contribs) (ファイルシステム: Use ntfs-3g now.)

Jump to: navigation, search



GParted は GNU Parted の GTK+ フロントエンドであり GNOME の公式パーティションエディタです。さまざまなファイルフォーマットのパーティションの作成/削除/リサイズ/チェックに利用します。またパーティションのコピー・ペーストだけでなくドライブのボリュームラベルの管理にも使えます。GParted は extra リポジトリから手に入ります。必要なら Live CD もあります。Live CD をダウンロードする理由はアンマウントしないとできない、ルートファイルシステムのパーティションの修正を行わなくてはならない場合などです。

Warning: GParted はドライブパーティションの読み書きを行うので、不適切な利用はデータロスにつながりかねません。GParted を使う前に影響を及ぼすパーティションをバックアップすることが推奨されています。


GParted が対応しているファイルシステムの一覧は、GParted のホームページの features table で見ることができます。


上で述べたように extra レポジトリにあるので、他の Arch パッケージと同じように Pacman を使ってインストールします:

# pacman -S gparted

Optional Dependencies


GParted のパッケージだけではサポートされていないファイルシステムがあります。そういったファイルシステムに対応するために必要な追加のパッケージの一覧です:

Arch Package ファイルシステム
btrfs-progs btrfs
dosfstools fat16/32
e2fsprogs ext2/ext3/ext4 (v1.41+)
jfsutils jfs
ntfs-3g ntfs
reiser4progs reiserfs
reiserfsprogs reiserfs
xfsprogs xfs

Additional functionality

Arch Package Functionality
mtools MSDOS ディスクのためのユーティリティ。FAT ボリュームラベルを修正したい場合に必要です。

pacman によって GParted をインストールした時も、これらのリストが表示されます。

GParted Support

Have a look at the Official GParted Forums prior to executing a command if you are unsure about what you're doing.


Grub メニューに GParted-live を追加する

Gparted-Live に GParted-live を Grub メニューに追加する方法が載っています。GParted-live CD と同じライブ環境を CD を使わずに起動できるようになります。

Windows XP とのデュアルブート

If you have a Windows XP partition that you would like to move from drive-to-drive that also happens to be your boot partition, you can do so easily with GParted and keep Windows happy simply by deleting the following registry key PRIOR to the partition move:


Reference to this little gem: here.

Fixing Messed-up Partition Order

Your partition order can get messed up if you have logical volumes and you erase one of them. Consider the following example:

/dev/sda1 (Primary partition)
/dev/sda2 (Primary partition)
/dev/sda3 (Primary partition)
/dev/sda4 (EXTENDED partition)
/dev/sda5 (Logical partition)
/dev/sda6 (Logical partition)
/dev/sda7 (Logical partition)

So 1-3 are primary partitions. 5-6 are logical partitions within the extended partition. Let's say you want to nuke /dev/sda5 and copy/paste /dev/sda2 into the resulting freespace. Now your drive looks like this:

/dev/sda1 (Primary partition)
/dev/sda2 (Primary partition)
/dev/sda3 (Primary partition)
/dev/sda4 (EXTENDED partition)
/dev/sda7 (Logical partition)
/dev/sda5 (Logical partition)
/dev/sda6 (Logical partition)

Notice that the order is messed up after your delete, copy/paste operation. This can cause all sorts of problems from not being able to mount an expected partition, to grub error 17/no bootable system. The solution to this little problem is simple:

  • Boot with your Arch Live CD or GParted Live CD (or any other live Linux CD)
  • Run fdisk on the drive, enter expert mode, fix the partition order, and write the changes to disk

Example using /dev/sda

# fdisk /dev/sda
  1. Once you're in fdisk, choose option x (extra functionality (experts only)) and enter.
  2. Then select f (fix partition order) and enter.
  3. Then select option w (write table to disk and exit), and enter.
Note: You must run partprobe (as root) or reboot the system in order for the kernel to read the new partition table!