Install from SSH (日本語)

From ArchWiki
Revision as of 08:29, 10 October 2012 by Blowback (Talk | contribs) (correct cat name)

Jump to: navigation, search


最初に

この記事は、SSHによるリモート接続を経由し、Archをインストールする方法を、ユーザに示すことを意図しています。次のようなシナリオでは、標準的ないずれかの方法を検討するようにしてください。

Arch セットアップにおいて

  • モニタ(画面)表示せずに操作するPCである場合。
  • 別の場所、街、国(友達の家、親の家など)に位置するPC。
  • あなたではなくアーチのWikiをコピー/貼り付けする事による操作が想定される、自分自身のワークステーションの快適さから、例えば、リモートでセットアップするPC。
Note: 最初の2つの手順は、PCに物理的にアクセスする必要があります。離れた別の場所にある場合、明らかに、これは別の人と一緒に調整する必要があります!

メディアからの起動

live Arch environment から起動し、 live CD/USB image 及びrootでログインする。

SSHによるLive環境のセットアップ

Note: 次のコマンドは、rootユーザーとして実行する必要があります。 #プロンプトの表示は、意図的にターゲットボックスへのコピー/貼り付けが出来るよう、コードラインから省略されています。

この最初の時点で、rootプロンプト[root@archiso ~]#が表示されているはずです。

まずは、ターゲットマシン(arch setupし、リモート接続するPC)上で、ネットワーク設定を行う。

aif -p partial-configure-network

既知のインターフェースのリストが表示されます。使用するインターフェースのタイプを入力します。(有線イーサネットのインターフェースの eth0)

次に、Live環境をミラーへと同期し、opensshパッケージをインストールし、開始します。

pacman -Syy openssh
rc.d start sshd
Note: インストールメディアの世代の古さ加減によっては、pacmanが自身を最初にアップグレードする必要がある、と不満を言うかもしれません。目標は、単にOpenSSHパッケージをインストールすることですので、この要求を拒否し、単純に1つのパッケージをインストールする方法で構わないと思われます。

最後に、ssh接続のために必要とされるルートのパスワードを設定します。Archにおけるrootの初期パスワードは、空です。

passwd

ターゲットマシンへのSSH接続

次のコマンドを経由し、ターゲットマシンに接続します。

$ ssh root@ターゲットのIPアドレス

ここからは、 Live環境のウェルカムメッセージを受け取り、ターゲットマシンから物理的に離れた位置からキーボードを操作して、ターゲットマシンを管理出来るようになります。

ssh root@10.1.10.105
root@10.1.10.105's password: 
Last login: Thu Dec 23 08:33:02 2010 from 10.1.10.200
**************************************************************
* To begin installation, run /arch/setup                     *
* You can find documentation at                              *
*  /usr/share/aif/docs/official_installation_guide_en        *
*                                                            *
* i18n: Use the 'km' utility to change your keyboard layout  *
*       and console font.                                    *
*                                                            *
* If you are looking to install Arch on something more       *
* exotic, such as your kerosene-powered cheese grater,       *
* please consult http://wiki.archlinux.org.                  *
*                                                            *
**************************************************************
[root@archiso ~]#

Notes

  • ターゲットマシンがファイアウォール/ルータ越しにある場合は、デフォルトのSSHポートである22を、ターゲットマシンのローカルエリア上のIPアドレスに転送する必要があります。ポートフォワーディングを使用する方法については、このガイドでは説明していません。
  • Live環境下でスタートする、標準ポート番号以外を実行するデーモンとする場合は、一旦、/etc/ssh/sshd_configを非標準ポートに設定した上で走らせることになります。

次のステップ

ここまで全て出来たでしょうか。あとはLiveメディアから、単純にArchをインストールするため、/arch/setupを実行します。 既存のLinuxが壊れ、編集目的でインストールする場合はInstall from Existing Linuxのwikiも見て下さい。 あるいは grub2 を使う、GPT ディスクを使うという選択肢もあります。

  • 手動パーティションで、設定するHDD/SSDをgdiskユーティリティーを使用するため、pacman -S gdiskしてインストールし、インストール作業の中でブートローダーをインストールするオプションが提示されたとき、NOと回答してスキップし、Live環境のrootプロンプトに戻ります。
  • その他のgrub2のインストールはこの時点で自明である。新たにArchをインストールする(デフォルトでインストーラから出てくる場合は、もうマウントされている)上にchrootで、その後のインストール及びgrub2設定を行う:

Installation of grub2 is trivial at this point. Simply chroot into the fresh arch install (default pre-mounted if coming out of the installer) then install and setup grub2:

cd /mnt
rm console ; mknod -m 600 console c 5 1
rm null ; mknod -m 666 null c 1 3
rm zero ; mknod -m 666 zero c 1 5
mount -t proc proc /mnt/proc
mount -t sysfs sys /mnt/sys
mount -o bind /dev /mnt/dev
chroot /mnt /bin/bash

今新たなArchがchroot下に入っている:

pacman -S grub2
grep -v rootfs /proc/mounts > /etc/mtab

ここで /etc/default/grub を編集することも出来ます。そして、grubをインストールしてgrub.cfgが生成されます。

grub-install /dev/sdX --no-floppy
grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
Note: 上記は、ユーザーがGPTディスクから起動しようとする場合、ユーザーは完全に読み、理解し、前述のwikiの記事とgrub2によって、1Mのパーティションをef02したことを前提としています。

もしも、新しいArchのインストールで再起動する準備が出来たら、システムの再起動前にchrootから出て、パーティションをアンマウントして再起動します。

exit
umount /mnt/boot   # if mounted this or any other separate partitions
umount /mnt/{proc,sys,dev}
umount /mnt