Difference between revisions of "KDE (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
m (Firefox 統合)
m
Line 139: Line 139:
 
直接[[Fonts (日本語)|フォント]]レンダリングの設定をしたとき、システム設定の外観が変わることに気づいて下さい。'''システム設定 > 外観 > フォント''' を開いてしまうと、システム設定はあなたのフォント設定ファイル ({{ic|fonts.conf}}) を作り替えてしまいます。  
 
直接[[Fonts (日本語)|フォント]]レンダリングの設定をしたとき、システム設定の外観が変わることに気づいて下さい。'''システム設定 > 外観 > フォント''' を開いてしまうと、システム設定はあなたのフォント設定ファイル ({{ic|fonts.conf}}) を作り替えてしまいます。  
  
There is no way to prevent this but if you set the values to match your {{ic|fonts.conf}} file the expected font rendering will return (it will require you to restart your application or in a few cases for you to have to restart your desktop).
+
これを止める方法はありませんが、値を {{ic|fonts.conf}} ファイルと同じにすれば期待したフォントレンダリングができます(アプリケーションを一度終了する必要があります、場合によってはデスクトップを再起動する必要があります)。
  
Note too that Gnomes' Font Preferences will also do this if you use both desktop environments.
+
Gnome のフォント設定も同じことを行うことに(両方のデスクトップ環境を使っている場合は)注意してください。
  
 
===== フォントが大きすぎる・アンバランス =====
 
===== フォントが大きすぎる・アンバランス =====
Line 150: Line 150:
 
====スペースの節約====
 
====スペースの節約====
  
小さな画面 (例: ネットブック) を使っているユーザーのために KDE ではスペースを効率的に使うようにすることができます。詳しくは [http://userbase.kde.org/KWin#Using with small screens (eg Netbooks)|KDE の wiki] を見て下さい。また、小さな軽量ネットブックのために作られたワークスペースである [http://www.kde.org/workspaces/plasmanetbook/ KDE's Plasma Netbook] もあります。
+
小さな画面 (例: ネットブック) を使っているユーザーのために KDE ではスペースを効率的に使うようにすることができます。詳しくは [http://userbase.kde.org/KWin#Using_with_small_screens_(eg_Netbooks) KDE の wiki] を見て下さい。また、小さな軽量ネットブックのために作られたワークスペースである [http://www.kde.org/workspaces/plasmanetbook/ KDE's Plasma Netbook] もあります。
  
 
=== ネットワーク ===
 
=== ネットワーク ===
Line 160: Line 160:
 
{{Tip|手早く設定したいときは [[CUPS]] のウェブインタフェースを使って下さい。}}
 
{{Tip|手早く設定したいときは [[CUPS]] のウェブインタフェースを使って下さい。}}
  
The printers are configured in this way can be found in applications KDE.
+
プリンターの設定は KDE のアプリケーションの中から行うことができます。
  
You can also choose the printer configuration through '''System Settings -> Printer Configuration'''. To use this method, you must first install the packages {{Pkg|kdeutils-print-manager}} and {{Pkg|cups}}.
+
'''システム設定 -> プリンタ設定'' からプリンターの設定を選ぶこともできます。この場合、初めに {{Pkg|kdeutils-print-manager}} {{Pkg|cups}} パッケージをインストールしてください。
  
You need to start the avahi-daemon and cupsd daemons first or you will get the following error:  
+
まず avahi-daemon cupsd デーモンを起動する必要があります、そうしないと次のエラーが表示されます:  
 
{{bc|The service 'Printer Configuration' does not provide an interface 'KCModule'  
 
{{bc|The service 'Printer Configuration' does not provide an interface 'KCModule'  
 
with keyword 'system-config- printer-kde/system-config-printer-kde.py'  
 
with keyword 'system-config- printer-kde/system-config-printer-kde.py'  
Line 170: Line 170:
 
}}
 
}}
  
If you are getting the following error, you need to give the user rights to manage printers:  
+
次のエラーが表示される場合は、ユーザーにプリンターを管理する権限を与えて下さい:  
 
  There was an error during CUPS operation: 'cups-authorization-canceled'
 
  There was an error during CUPS operation: 'cups-authorization-canceled'
  
For CUPS, this is set in {{ic|/etc/cups/cupsd.conf}}.
+
CUPS では、{{ic|/etc/cups/cupsd.conf}} で設定を行います。
  
Adding '''lp''' to '''SystemGroup''' allows anyone who can print to configure printers. You can, of course, add another group instead of '''lp'''.
+
'''SystemGroup''' '''lp''' を追加することで誰でもプリントができるようになります。もちろん、'''lp''' のかわりに他のグループを追加してもかまいません。
 
{{hc|/etc/cups/cupsd.conf|# Administrator user group...
 
{{hc|/etc/cups/cupsd.conf|# Administrator user group...
 
SystemGroup sys root lp}}
 
SystemGroup sys root lp}}
Line 187: Line 187:
  
 
=== KDE デスクトップアクティビティ ===
 
=== KDE デスクトップアクティビティ ===
KDE Desktop Activities are Plasma based "virtual desktop"-like set of Plasma Widgets where you can independently configure widgets as if you had more than one screens/desktops.
+
KDE デスクトップアクティビティは Plasma ベースの "仮想デスクトップ" ライクな Plasma ウィジェットのセットであり、複数のスクリーン・デスクトップがあるかのようにウィジェットを独立して設定できます。
  
On your desktop, click the Cashew Plasmoid and on the pop-up window press "Activities".
+
デスクトップで、Cashew Plasmoid をクリックしてポップアップしたウィンドウの "Activities" を押して下さい。
  
 
A plasma bar will appear at the bottom of the screen which presents you the current Plasma Desktop Activities which exist. You can then navigate between them by pressing their correspondent icon.
 
A plasma bar will appear at the bottom of the screen which presents you the current Plasma Desktop Activities which exist. You can then navigate between them by pressing their correspondent icon.
Line 271: Line 271:
  
 
==デスクトップ検索とセマンティックデスクトップ==
 
==デスクトップ検索とセマンティックデスクトップ==
Most users who freshly install KDE are wondering what functionality the following four pieces of software are able to offer. Most features are still somehow hidden under the hood and yet not many applications featured in the KDE SC are using these interfaces. This chapter intends to first explain the features and then convince the user of the power these tools offer once properly integrated into KDE. The following sections are more or less a roughly shortened version of [http://thomasmcguire.wordpress.com/2009/10/03/akonadi-nepomuk-and-strigi-explained/ this blogpost].
+
新しく KDE をインストールしたユーザーのほとんどは以下の4つのソフトウェアが提供する機能が何なのか不思議に思います。機能のほとんどがなぜかフードの下に隠されており、KDE SC で使えるインターフェースを持っていないからです。この章ではまずその機能を説明し、これらのツールが KDE に統合されている訳をユーザに納得してもらいます。以下のセクションは多かれ少なかれ[http://thomasmcguire.wordpress.com/2009/10/03/akonadi-nepomuk-and-strigi-explained/ このブロク記事]の簡略版になっています。
  
 
===Soprano===
 
===Soprano===
Line 347: Line 347:
  
 
=== アプリケーションの起動の高速化 ===
 
=== アプリケーションの起動の高速化 ===
User Rob wrote on his blog this "[http://kdemonkey.blogspot.nl/2008/04/magic-trick.html magic trick]" to improve applications start up by 50-150ms.
+
アプリケーションの起動時間を 50-150ms 早くする、この "[http://kdemonkey.blogspot.nl/2008/04/magic-trick.html magic trick]" は User Rob によって彼のブログに書かれたものです。
To enable it, create this folder in your home:
+
この trick を有効にするには、ホームに次のフォルダを作成してください:
 
{{bc|$ mkdir -p ~/.compose-cache}}
 
{{bc|$ mkdir -p ~/.compose-cache}}
  
Line 450: Line 450:
  
 
==== 新しい Nvidia GPU を搭載したシステムでデスクトップコンポジットが無効になる ====
 
==== 新しい Nvidia GPU を搭載したシステムでデスクトップコンポジットが無効になる ====
Sometimes, KWin may have settings in its configuration file ('''kwinrc''') that ''may'' cause a problem on re-activating the 3D desktop '''OpenGL''' compositing. That could be caused randomly (for example, due to a sudden Xorg crash or restart, and it gets corrupted), so, in case that happens, delete your {{ic|~/.kde4/share/config/kwinrc}} file and relogin. The KWin settings will turn to the KDE default ones and the problem should be probably gone.
+
ときどき、Kwin の設定ファイル ('''kwinrc''') の設定が 3D デスクトップ '''OpenGL''' コンポジットの再有効化で問題を生じさせる''ことがあります''。この問題はランダムで発生してしまうことがあり (例えば、Xorg を突然クラッシュさせたり再起動させて、破損してしまったなど)、そのようなときは、{{ic|~/.kde4/share/config/kwinrc}} ファイルを削除してログインしなおして下さい。KWin の設定は KDE のデフォルトに戻り、おそらく問題は解決するはずです。
  
 
==== コンポジットを有効にするとフルスクリーンでちらつきが発生する ====
 
==== コンポジットを有効にするとフルスクリーンでちらつきが発生する ====
Line 500: Line 500:
  
 
===セマンティックデスクトップを無効にしても Nepomukserver プロセスが自動で起動する===
 
===セマンティックデスクトップを無効にしても Nepomukserver プロセスが自動で起動する===
Go to ''' System Settings > Startup and Shutdown > Service Manager > Startup Services''' and uncheck the Nepomuk Search Module.
+
'''システム設定 > 起動と終了 > サービスマネージャ > 起動時に開始するサービス''' に行き Nepomuk 検索モジュールのチェックを外して下さい。
  
 
===起動時に数秒間デスクトップの反応がなくなる===
 
===起動時に数秒間デスクトップの反応がなくなる===
Line 516: Line 516:
  
 
=== 公式の kde-unstable ===
 
=== 公式の kde-unstable ===
When KDE is reaching beta or RC milestone, KDE "unstable" packages are uploaded to the [kde-unstable] repo. They stay there until KDE is declared stable and passes to [extra].
+
KDE beta RC マイルストーンに達すると、KDE "unstable" パッケージが [kde-unstable] リポジトリにアップロードされます。KDE が安定版になるまでそこで保持され、その後 [extra] に移動されます。
  
You may add it by adding:
+
リポジトリは {{ic|/etc/pacman.conf}} に追加することができます:
  
 
  [kde-unstable]
 
  [kde-unstable]
Line 524: Line 524:
 
  Include = /etc/pacman.d/mirrorlist
 
  Include = /etc/pacman.d/mirrorlist
  
to {{ic|/etc/pacman.conf}}
+
# kde-unstable testing がベースになっています。従って、以下の順番でリポジトリを有効にする必要があります: '''kde-unstable, testing, core, extra, community-testing, community'''
 
+
# 前の KDE からアップデートするには、次を実行: <code>pacman -Syu</code> もしくは <code>pacman -S kde-unstable/kde</code>
# kde-unstable is based upon testing. Therefore, you need to enable the repositories in the following order: '''kde-unstable, testing, core, extra, community-testing, community'''.
+
# KDE をインストールしていない場合、グループを使ってインストールをするのは難しいかもしれません (pacman の制限)
# To update from a previous KDE installation, run: <code>pacman -Syu</code> or <code>pacman -S kde-unstable/kde</code>
+
# '''arch-dev-public メーリングリストを講読してください'''
# If you don't have KDE installed, you might have difficulties to install it by using groups (limitation of pacman)
+
# 問題を発見したときは[[#ディストロとアップストリームのバグレポート|バグレポート]]を送って下さい。
# '''Subscribe and read the arch-dev-public mailing list'''
+
# Make sure [[#Distro_and_Upstream_bug_report|you make bug reports]] if you find any issues.
+
  
 
=== Trinity ===
 
=== Trinity ===
From the release of KDE 4.x, the developers dropped support for KDE 3.5.x. Trinity Desktop Environment is a fork of KDE3 developed by Timothy Pearson ([http://trinitydesktop.org/ trinitydesktop.org]). This project aims to keep the KDE3.5 computing style alive, as well as polish off any rough edges that were present as of KDE 3.5.10. See [[Trinity]] for more info.
+
KDE 4.x がリリースされたときから、開発者は KDE 3.5.x のサポートを止めました。Trinity デスクトップ環境は Timothy Pearson によって開発されている KDE3 のフォークです ([http://trinitydesktop.org/ trinitydesktop.org])。このプロジェクトは KDE3.5 のスタイルを保ち、KDE 3.5.10 にある角を除くことを目標にしています。詳しくは [[Trinity]] を見て下さい。
  
{{Warning| KDE 3 is no longer maintained and supported by the KDE developers. The "Trinity KDE" is maintained by the Trinity project commmunity. Use KDE 3 on your own risk, regarding any bugs, performance issues or security risks.}}
+
{{Warning|KDE 3 KDE の開発者によってメンテナンスを受けておらずサポートされていません。"Trinity KDE" Trinity project コミュニティによってメンテナンスされています。バグやパフォーマンスの問題、セキュリティリスクなどがあるため、KDE 3 は自己責任で使って下さい。}}
  
 
==バグ==
 
==バグ==

Revision as of 05:32, 30 March 2013

概要 help replacing me
Linux や Unix のユーザーのために、KDE は近代的なグラフィカルユーザーインターフェースとアプリケーションのフルスイートを提供します。この記事では、インストール・設定・トラブルシューティングをカバーします。
KDE は Qt ツールキットを使っています。
概括
Template:Graphical user interface overview (日本語)
関連項目
Plasma
Qt
KDM
KDevelop 4
Uniform Look for Qt and GTK Applications

KDE - KDE Software Compilation より:

KDE Software Compilation は KDE Project の歴史から生まれました。初めは、KDE は Linux などのオペレーティングシステムのための美しい、機能的なフリーのデスクトップ環境として作られました。当時は、プロプライエタリのオペレーティングシステムベンダーから出されるものに対抗できるグラフィカルユーザーインターフェースが Linux には存在しませんでした。KDE はこのギャップを埋めるために作られたのです。
KDE Software Compilation は KDE によって作られたライブラリ・ワークスペース・アプリケーションのセットであり、共通の遺産を共有し、リリースサイクルを同時に保っています。ソフトウェアのために動いている貢献者の要求によって、この準公式のコレクションにはソフトウェアが新しく入ったり抜けたりします。コンピレーションのメジャーリリースのたびにライブラリレベルでのバイナリ互換を保つために移動が行われることもあります。

KDE - Getting KDE Software より:

KDE ソフトウェアは様々な独立アプリケーションとアプリケーションを動作させるシェル(デスクトップワークスペース)で成り立っています。KDE アプリケーションはどのデスクトップ環境でも問題なく動作させることが可能です。KDE アプリケーションはあなたのシステムコンポーネントと調和するように作られています。KDE ワークスペースも同時に使うことで、低いシステムリソースでより良く統一された動作環境とアプリケーションを手に入れることが可能です。

KDE にはよくメンテされている UserBase wiki があります。ほとんどの KDE アプリケーションはここで詳細情報を見ることができます。

Contents

概要

KDE の現在のメジャーリリースは KDE 4.10 Software Compilation です。

Arch Linux KDE SC の重要な特徴は:

  • 分割パッケージ; 詳しくは KDE Packages を見て下さい。
  • Phonon には Gstreamer や VLC などのバックエンドを使うことができます。
  • スムーズなアップグレードや古いモノリシックパッケージを好む人のためにメタパッケージが用意されています。

アップグレードの重要なヒント:

  • あなたの使っているミラーが最新か確認してください。
  • Pacman全ての kde パッケージを kde メタパッケージで置き換えるか尋ねます。
  • アップデートを強制的に行わないで下さい。pacman が衝突を検知したときはバグリポートを送ってください
  • アップデートの後、メタパッケージや必要なくなったサブパッケージは削除することができます。
  • 分割パッケージを好まないときは kde メタパッケージを使い続けて下さい。

アップストリームのリリース情報はここにあります。

インストール

KDE 4.x はモジュール方式です。パッケージのフルセットをインストールすることも、必要な KDE アプリケーションだけをインストールすることも可能です。詳しくは KDE Packages を見て下さい。

Note: Xorg をインストールしていない場合は、KDE の前に Xorg をインストールしてください。

フルインストール

公式リポジトリkdekde-metaインストールしてください。言語ファイルが必要な場合は、kde-l10n-言語名 をインストールしてください (例: 日本語は kde-l10n-ja)。

Note: kdekde-meta の違いについては KDE Packages を見て下さい。
Note: 利用できる言語のリストはこのリンクを見て下さい。

最小インストール

KDE SC の最小インストールを望む場合は kdebase と、phonon-vlcphonon-gstreamer、そして必要ならば言語パック kde-l10n-言語名 をインストールしてください。

Note: Phonon バックエンドは ttf-* フォントパッケージを必要とします。phonon-vlcttf-freefont を必要としますが、phonon-gstreamer を使う場合は ttf-dejavu などを追加してください。詳しくは FS#26012 を見て下さい。

KDE の起動

KDE の起動方法を選択することができます。KDE を起動する方法は基本的に2つで、KDMxinitrc を使います。

KDM (KDE Display Manager) を使う

変更する前にディスプレイマネージャについて書かれた記事を読むことを強く推奨します。KDM Wiki ページも見て下さい。

Note: Arch Linux は init システムとしてデフォルトで systemd (日本語) を使っています。

kdm.service有効化・起動してください。

xinitrc を使う

xinitrc についてはこちらで詳しく説明しています。

kdebase-workspace が startkde を提供しています。まず kdebase-workspace をインストールし、それから ~/.xinitrc を編集してください:

exec startkde

logind (や ConsoleKit) セッションの維持などの詳細については xinitrc (日本語) を見て下さい。

再起動・ログイン後、Xorg を起動 (startx または xinit) すれば KDE が自動的に立ち上がります。

Note: 起動時に Xorg を起動したい場合は、Start X at Login (日本語) を読んで下さい。

設定

Note: KDE の設定は基本的に'システム設定'から行います。デスクトップの設定については、デスクトップを右クリックしたときに出る'デフォルトデスクトップ設定'から変更できるオプションもあります。

アクティビティや、キューブの壁紙の変更などの個人設定オプションはここでは触れていません。Plasma のページを参照してください。

個人設定

あなたのスタイルに合わせて KDE デスクトップを設定する方法; Plasma テーマ、ウィンドウ装飾、アイコンテーマの使用。

Plasma デスクトップ

Plasma は壁紙の表示・デスクトップウィジェットの追加・パネルや"タスクバー"の管理など多くの機能を提供する、デスクトップの統合技術です。

テーマ

Plasma テーマはデスクトップ設定コントロールパネルからインストールすることができます。Plasma テーマはパネルと plasmoid の見た目を決めます。システム全体にテーマをインストールしたいときは、公式リポジトリや AUR にテーマがあります。

ウィジェット

Plasmoid はデスクトップの機能性を向上させるための、小さなスクリプト・コードで作られた KDE アプリです。plasmoid スクリプトと plasmoid バイナリの二種類があります。

Plasmoid バイナリは AUR から PKGBUILD を使ってインストールする必要があります。もしくは自分で PKGBUILD を書いて下さい。

plasmoid スクリプトをインストールする一番簡単な方法はパネルやデスクトップで右クリックして:

ウィジェットを追加 -> 新しいウィジェットを取得 -> ウィジェットをダウンロード

kde-look.org のフロントエンドが開かれ、ワンクリックで第三者が作成した plasmoid スクリプトをインストール・アップデート・アンインストールできます。

ほとんどの plasmoid は KDE の開発者によって公式に作られているものではありません。Mac OS X や Microsoft Windows Vista/7 のウィジェット、Google ガジェット、SuperKaramba ウィジェットのインストールをすることもできます。

ウィンドウ装飾

ウィンドウ装飾を変更するには

システム設定 -> ワークスペースの外観 -> ウィンドウの飾り

ワンクリックで直接、他のテーマをダウンロード・インストールすることもできます。AUR から利用できるテーマもあります。

アイコンテーマ

KDE 4 で利用できる完全なシステムアイコンテーマはあまり多くはありません。システム設定 > アプリケーションの外観 > アイコン を開くと新しいアイコンを探したり手動でインストールすることができます。多くのアイコンは kde-look.org にあります。

Arch Linux の公式ロゴ、アイコン、CD ラベルなどのアートワークは archlinux-artwork パッケージに入っています。インストールした後、/usr/share/archlinux/ でそれらのアートワークが見つけることができます。

フォント

KDE のフォント表示が汚い

ttf-dejavuttf-liberation パッケージのインストールを試して下さい。

インストール後、一度ログアウトしてください。KDE システム設定の "フォント" パネルから設定を変更する必要はありません。

直接フォントレンダリングの設定をしたとき、システム設定の外観が変わることに気づいて下さい。システム設定 > 外観 > フォント を開いてしまうと、システム設定はあなたのフォント設定ファイル (fonts.conf) を作り替えてしまいます。

これを止める方法はありませんが、値を fonts.conf ファイルと同じにすれば期待したフォントレンダリングができます(アプリケーションを一度終了する必要があります、場合によってはデスクトップを再起動する必要があります)。

Gnome のフォント設定も同じことを行うことに(両方のデスクトップ環境を使っている場合は)注意してください。

フォントが大きすぎる・アンバランス

システム設定 > アプリケーションの外観 > フォント からフォントの DPI を 96 にしてみて下さい。

これでフォントが治らないときは Xorg の設定から直接 DPI をセットしてください。ここを参照。

スペースの節約

小さな画面 (例: ネットブック) を使っているユーザーのために KDE ではスペースを効率的に使うようにすることができます。詳しくは KDE の wiki を見て下さい。また、小さな軽量ネットブックのために作られたワークスペースである KDE's Plasma Netbook もあります。

ネットワーク

以下のツールから選ぶことができます:

  • NetworkManager。詳しくは NetworkManager を見て下さい。
  • Wicd とその KDE フロントエンド wicd-kdeAUR。詳しくは Wicd を見て下さい。

印刷

Tip: 手早く設定したいときは CUPS のウェブインタフェースを使って下さい。

プリンターの設定は KDE のアプリケーションの中から行うことができます。

'システム設定 -> プリンタ設定 からプリンターの設定を選ぶこともできます。この場合、初めに kdeutils-print-managercups パッケージをインストールしてください。

まず avahi-daemon と cupsd デーモンを起動する必要があります、そうしないと次のエラーが表示されます:

The service 'Printer Configuration' does not provide an interface 'KCModule' 
with keyword 'system-config- printer-kde/system-config-printer-kde.py' 
The factory does not support creating components of the specified type.

次のエラーが表示される場合は、ユーザーにプリンターを管理する権限を与えて下さい:

There was an error during CUPS operation: 'cups-authorization-canceled'

CUPS では、/etc/cups/cupsd.conf で設定を行います。

SystemGrouplp を追加することで誰でもプリントができるようになります。もちろん、lp のかわりに他のグループを追加してもかまいません。

/etc/cups/cupsd.conf
# Administrator user group...
SystemGroup sys root lp

Samba/Windows サポート

Windows サービスにアクセスしたいときは Samba (日本語) (samba パッケージ) をインストールしてください。

Samba の共有設定を変更するには

 システム設定 -> 共有 -> Samba

KDE デスクトップアクティビティ

KDE デスクトップアクティビティは Plasma ベースの "仮想デスクトップ" ライクな Plasma ウィジェットのセットであり、複数のスクリーン・デスクトップがあるかのようにウィジェットを独立して設定できます。

デスクトップで、Cashew Plasmoid をクリックしてポップアップしたウィンドウの "Activities" を押して下さい。

A plasma bar will appear at the bottom of the screen which presents you the current Plasma Desktop Activities which exist. You can then navigate between them by pressing their correspondent icon.

省電力設定

KDE には "Powerdevil Power Management" という統合された省電力サービスがあり、システムの省電力プロファイルや(サポートされていれば)画面の明るさなどを調節することができます。

省電力のための Cpufreq を有効にする方法

KDE 4.6 から、CPU 周波数のスケーリングは KDE によって管理されなくなりました。代わりに、ハードウェアやカーネルによって自動で管理されることを想定しています。Arch はカーネルバージョン 3.3 からデフォルトの cpufreq governor として ondemand を使っています。cpufreq についての wiki 記事を見て下さい。

If you are happy with setting your governor once at boot (with the cpufreq daemon script, for example) then this section is not relevant and can be skipped.

1. If you have not already done so, install the cpufrequtils package (for the cpufreq-set utility).

2. Next, you will need to grant access to cpufreq-set for the appropriate users by configuring sudo. For example, if you are part of the wheel group, you could use visudo to add

%wheel ALL = (ALL) NOPASSWD: /usr/bin/cpufreq-set

to your sudoers file.

3. From System Settings > Power Management > Power Profiles select a profile to edit or create a new one. Check the Run Script option and add an appropriate cpufreq-set command for the selected power profile. For example, your "Powersave" profile might have:

sudo cpufreq-set -r -g ondemand

Your "Performance" profile might have

sudo cpufreq-set -r -g performance
Note: The cpufreq-set examples above may be insufficient for setting the governor for all processors/cores.

For some CPU families the -r switch may not set the governor for all cores/cpus and instead only set the governor for CPU 0. In this case you will need to write a script to iterate through all your cores. A simple script for a four core system could look like:

#!/bin/bash
for i in {0..3}; do
  sudo /usr/bin/cpufreq-set -c${i} -gondemand
done
Note: You can check which governors are active with cpufreq-info -o or less intuitively by inspecting /sys/devices/system/cpu/cpu*/cpufreq/scaling_governor.

ローカルファイルとディレクトリの変更を監視

現在、KDE は (kdelibs に含まれる) kdirwatch を使って直接カーネルから inotify を使っています。Gamin や FAM はすでに必要ありません。kdirwatch の GUI フロントエンドとして AUR から kdirwatchAUR をインストールできます。

システム管理

キーボードレイアウトの設定

In order to do that, navigate to

   System Settings > Hardware > Input Devices > Keyboard

There you may choose your keyboard model at first.

Note: It is preferable that, if you use Evdev, that means Xorg automatic configuration for keyboards, you should choose "Evdev-managed keyboard".

In the "Layouts" tab, you choose the languages you may want to use by pressing the "Add Layout" button and therefore the variant and the language. In the "Advanced" tab, you can choose the keyboard combination you want in order to change the layouts in the "Key(s) to change layout" sub-menu.

KDE システム設定から Xorg-server を終了する

Navigate to

   System Settings -> Input Devices -> Keyboard -> Advanced (tab) > "Key Sequence to kill the X server" submenu

and tick the checkbox.

便利な KCM

KCM は KConfig Module の意です。モジュールを使うと、システムの設定をするためのインターフェースをシステム設定に表示します。

GTK アプリのルックアンドフィールの設定。

GRUB2 ブートローダの設定。

タッチパッドのための Synaptics ドライバの設定。

rc.conf の設定。

UFW の設定

PolicyKit の設定

Wacom タブレットの設定

ここにもっと多くの KCM があります。

デスクトップ検索とセマンティックデスクトップ

新しく KDE をインストールしたユーザーのほとんどは以下の4つのソフトウェアが提供する機能が何なのか不思議に思います。機能のほとんどがなぜかフードの下に隠されており、KDE SC で使えるインターフェースを持っていないからです。この章ではまずその機能を説明し、これらのツールが KDE に統合されている訳をユーザに納得してもらいます。以下のセクションは多かれ少なかれこのブロク記事の簡略版になっています。

Soprano

Soprano is a library for Qt that is able to process RDF data. This is semantic data. Semantic data is a special kind of metadata which is much more flexible than metadata you might know from MP3-Tags or Meta-Tags in HTML since RDF data more resembles the structure of a spoken sentence, thus allowing a much wider field of ways dealing with them. Soprano stores semantic data in a backend and allows low level access to this data.

Nepomuk

Nepomuk is somehow the glue between Soprano and the KDE Desktop and thus the user. Nepomuk allows to tag the files with various entries and offers an API for the applications featured in KDE SC. It is enabled by default. Nepomuk can be turned on and off in

System Settings -> Desktop Search

Nepomuk has to keep the trace of a lot of files, because of that is recommended to increase the number of files that can be watched with inotify, to do that:

sysctl fs.inotify.max_user_watches=524288

To do it persistant:

echo "fs.inotify.max_user_watches = 524288" >> /etc/sysctl.conf

And restart Nepomuk.

Akonadi

Akonadi is a system meant to act as a local cache for PIM data, regardless of its origin, which can be then used by other applications. This includes the user's emails, contacts, calendars, events, journals, alarms, notes, and so on. It interfaces with the Nepomuk libraries to provide searching capabilities.

Akonadi does not store any data by itself: the storage format depends on the nature of the data (for example, contacts may be stored in vcard format).

For more information on Akonadi and its relationship with Nepomuk, see [1] and [2].

Akonadi を無効にする

KDE userbase のセクションを参照。

データベース設定

kdepim-runtime パッケージの akonaditray を起動してください。右クリックから設定を選びます。「Akonadiサーバの設定」タブから次のことができます:

  • Akonadi が MySQL サーバーを使うように設定
  • Akonadi が sqlite を使うように設定

Strigi 検索

Strigi is another way of feeding data into Nepomuk. It preferably indexes the users home-folder. Indexing means that it not only gathers filenames but also information about your music collection or tagged downloads you did with Kget. The Strigi search is also integrated into KDE's launcher, which can be accessed via Template:Keypress.

By default, Dolphin has a search bar on top-right where you may type what you want to be found from Strigi's index.

Note: Strigi has implications for resource usage on your computer - CPU, memory, disk access, disk space, battery life. If Strigi is too resource-hungry for you, you can turn it off in "System Settings -> Desktop Search".

Strigi folder indexing can be configured in:

System Settings -> Desktop Search -> Desktop Query -> Customize index folders…

Phonon

Phonon とは?

Phonon(フォノン)は Linux デスクトップ環境である KDE4 向けに開発されたクロスプラットフォームのマルチメディア API である。Phonon は、Unix 系デスクトップにおけるマルチメディア環境に関する諸問題を解決することを目的として開発された。Phonon 自体はマルチメディアフレームワークではないが、バックエンドを通じて GStreamer や Xine のような既存のフレームワークの橋渡しを行う機能を有し、開発者は Phonon がサポートするあらゆるマルチメディアフレームワークに単一の API を通じてアクセス出来るようになる。これによって、フレームワークが放置されることや API の不安定性、KDE が単一のフレームワークに依存することなどの諸問題を回避できる。

(Wikipedia より)

Phonon は KDE の中で音声 (例: システム通知、KDE 音声アプリ) や動画 (例: Dolphin 動画サムネイル) のために広く使われています。

どのバックエンドを使うべきですか?

あなたは様々なバックエンドを選ぶことができ、extra には GStreamer (phonon-gstreamer) と VLC (phonon-vlc) が、AUR には Xine (phonon-xineAUR) と MPlayer (phonon-mplayer-gitAUR) があります。ほとんどのユーザーはアップストリームで一番良くサポートされている GStreamer か VLC を選ぶことになると思います。複数のバックエンドを一度にインストールして システム設定 -> マルチメディア -> Phonon -> バックエンド から切り替えることもできます。

Arch の KDE 4.6 アナウンスPhonon dev list のメールによると:

"Phonon Xine はメンテナンスされておらず新しいリリースは作られません。"
"今のところ初期設定としては GStreamer が一番の候補で、その次に VLC がきます。機能に違いがあります。"

便利なアプリケーション

Yakuake

このアプリケーションは Quake ライクなターミナルエミュレータであり、F12 キーで表示を切り替えることができます。複数タブもサポート。Yakuake は yakuake パッケージでインストールできます。

KDE Telepathy

KDE Telepathy は KDE デスクトップでインスタントメッセージを統合することを目標にしているプロジェクトです。バックエンドとして Telepathy フレームワークを利用しており、Kopete を置き換えるようになっています。

Telepathy プロトコルをインストールするには telepathy グループをインストールしてください。 KDE Telepathy クライアントを使うには、kde-telepathy-meta パッケージをインストールしてください。kde-telepathy グループに含まれている全てのパッケージが入っています。

Tips and tricks

OpenGL ES を使うように KWin を設定

KWin バージョン 4.8 から kwin のかわりに kwin_gles を使うことができるようになりました。OpenGL2 モードの kwin とほとんど同じ挙動をしますがネイティブプラットフォームインターフェースとして glx のかわりに egl を使っています。kwin_gles を試すには Konsole から kwin_gles --replace を実行してください。 設定を永続的にするには `kde4-config --localprefix`/env/KDEWM=kwin_gles を export するスクリプトを作る必要があります。

Konqueror/Dolphin ファイルマネージャで動画のサムネイルを表示する

konqueror と dolphin で動画のサムネイルを表示するには kdemultimedia-mplayerthumbskdemultimedia-ffmpegthumbs をインストールしてください。

アプリケーションの起動の高速化

アプリケーションの起動時間を 50-150ms 早くする、この "magic trick" は User Rob によって彼のブログに書かれたものです。 この trick を有効にするには、ホームに次のフォルダを作成してください:

$ mkdir -p ~/.compose-cache

"For those curious about what is going on here, this enables an optimization which Lubos (of general KDE speediness fame) came up with some time ago and was then rewritten and integrated into libx11. Ordinarily on startup applications read input method information from /usr/share/X11/locale/<your locale>/Compose. This Compose file is quite long (>5000 lines for the en_US.UTF-8 one) and takes some time to process. libX11 can create a cache of the parsed information which is much quicker to read subsequently, but it will only re-use an existing cache or create a new one in ~/.compose-cache if the directory already exists." [Cit. Rob]

パーティションの秘匿

In Dolphin, it is as simple as right-clicking on the partition in the 'Places' sidebar and selecting 'Hide <partition>'. Otherwise...

If you wish to prevent your internal partitions from appearing in your file manager, you can create an udev rule, for example /etc/udev/rules.d/10-local.rules:

KERNEL=="sda[0-9]", ENV{UDISKS_IGNORE}="1"

The same thing for a certain partition:

KERNEL=="sda1", ENV{UDISKS_IGNORE}="1"
KERNEL=="sda2", ENV{UDISKS_IGNORE}="1"

Konqueror Tips

Smart Key ツールチップを無効にする (ブラウザ)

Konqueror の smart key ツールチップを無効にするには (ウェブページで Template:Keypress を押す), ~/.kde4/share/config/konquerorrc を開き以下のセクションを追加してください:

[Access Keys]
Enabled=false

サイドバータブを無効にする (ファイルマネージャ)

左側のサイドバータブを無効にするには、~/.kde4/share/config/konqsidebartng.rc を開いて HideTabstrue に設定してください。

WebKit を使う

WebKit は Apple によって開発されているオープンソースのブラウザエンジンです。KHTML と KJS ライブラリからフォークして開発され様々な改善がなされています。WebKit は Safari, Google Chrome, rekonq で使われています。

KHTML のかわりに Konqueror で Webkit を使うことが可能です。まず kwebkitpart パッケージをインストールしてください。

それから、Konqueror を起動し、設定 > Configure Konqueror を押して下さい。

"General" サブメニューで "Default web browser engine" として "WebKit" を選択してください。

Firefox の統合

Firefox (日本語)#KDE の統合 を参照。

トラブルシューティング

デバッグなどのために KWin の現在の状態を取得

次のコマンドで KWin の状態の概要を出力します。使われているオプション、使われているコンポジットバックエンド、関連する OpenGL ドライバーの情報も表示されます。 詳しくは Martin's blog を見て下さい

qdbus org.kde.kwin /KWin supportInformation

KDE4 のロードが終わらない

おそらく KDE4 が起動するときにグラフィックドライバが衝突する状態になっています。この状態はログインの後、デスクトップのロードが終わる前に起こり、ユーザーはログイン画面で永久に待ち続けることになります。現在のところ、この状態が発生することが確認されているのは Nvidia ドライバと KDE4 を使っているユーザーだけです。

Nvidia ユーザーは /home/user/.kde4/share/config/kwinrc ファイルを編集して [Compositing] セクションの Enabled=true オプションを false に変更してください。詳しくはこのスレッドを見て下さい。

最小インストールをしたときは、phonon バックエンドで必要なフォントがインストールされているか確認してください: #最小インストール

他のウィンドウマネージャで KDE と Qt プログラムの見た目が悪くなる

完全な KDE セッション以外で KDE や Qt のプログラムを使っている場合 (つまり、"startkde" を実行していない場合)、KDE 4.6.1 では Qt に KDE のスタイル (Oxygen, QtCurve etc) を教える必要があります。

QT_PLUGIN_PATH 環境変数を設定するだけで十分です。例えば、/etc/profile (root 権限がない場合 ~/.profile) に以下を追加してください

export QT_PLUGIN_PATH=$HOME/.kde4/lib/kde4/plugins/:/usr/lib/kde4/plugins/

qtconfig はあなたの kde スタイルを見つけられるようになり、見た目が戻るはずです。

もしくは、Qt の styles ディレクトリから KDE の styles ディレクトリにシンボリックリンクを張っても直せます:

# ln -s /usr/lib/kde4/plugins/styles/ /usr/lib/qt/plugins/styles

アップグレード後に KDE と Qt プログラムの見た目が悪くなる (kwin を使用)

この問題は古いキャッシュが原因です。以下を実行してキャッシュを再生成してください

 $ rm ~/.config/Trolltech.conf
 $ kbuildsycoca4 --noincremental

ソース: https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?id=135301

グラフィック関連の問題

2D デスクトップのパフォーマンスが低い、または 2D で乱れが出る

GPU ドライバーの問題

あなたのカードに対応した適切なドライバをインストールするようにしてください、最低でも 2D アクセラレーションがあなたのデスクトップで有効になります。詳しくは次の記事に従って下さい: ATI, NVIDIA, Intel。理論的には、オープンソースの ATI・Intel ドライバとプロプライエタリの(バイナリの) Nvidia ドライバが最適の 2D・3D アクセラレーションを提供します。

Raster エンジンを使う

問題が解決しない場合、あなたが使っているドライバが正しい XRender アクセラレーションを提供していない可能性があります。現在 Qt のペイントエンジンはデフォルトでこれを使っています。

コマンドラインから "-graphicssystem raster" を使ってアプリケーションを起動することでペイントエンジンをソフトウェアベースのものに変えることができます。設定オプションとして同じ "-graphicssystem raster" を使って Qt をリコンパイルすることでこのレンダリングエンジンをデフォルトのエンジンに設定することが可能です。

raster ペイントエンジンは GPU ではなく CPU を使ってほとんどの描画を行います。システムによっては、より良いパフォーマンスを得られるかもしれません。この回避策は基本的に Linux ドライバに致命的な欠陥があるときのためのものです。CPU は少ないスレッドで複雑な処理をするように設計されており、グラフィック計算には明らかに向いていません。反対に GPU は一度に多くのスレッドを扱えますが計算の強度は劣ります。従って、問題があったり GPU が CPU より極めて遅いときに Raster エンジンを使って下さい、それ以外の場合は XRender を使うほうがベターです。

Qt 4.7+ から、Qt をリコンパイルする必要はなくなりました。QT_GRAPHICSSYSTEM=raster か "opengl" か "native" (デフォルト) を export するだけで十分です。Raster は CPU を使い、OpenGL は GPU を使って高水準のドライバをサポート、Native は X11 レンダリング (mixture) を使います。

これを自動的に行うには kcm-qt-graphicssystemAUR を AUR からインストールしてシステム設定から設定してください

 システム設定 > Qt Graphics System

詳しくは、KDE Developer ブログQt Developer ブログ を見て下さい。

3D デスクトップのパフォーマンスが低い

KDE では最初からデスクトップ効果が有効になっています。古いカードでは 3D のデスクトップアクセラレーションの必要要件を満たさないかもしれません。デスクトップ効果を無効にするには

システム設定 -> デスクトップ効果

もしくは Template:Keypress でデスクトップ効果を切り替えることができます。

Note: catalyst プロプライエタリドライバ (fglrx) を使っている場合、パワフルなグラフィックカードを使っていても 3D のデスクトップパフォーマンスに問題が生じるかもしれません。このドライバは 3D アクセラレーションに既知の問題があります。ATi の Wiki ページを見てトラブルシューティングしてください。

新しい Nvidia GPU を搭載したシステムでデスクトップコンポジットが無効になる

ときどき、Kwin の設定ファイル (kwinrc) の設定が 3D デスクトップ OpenGL コンポジットの再有効化で問題を生じさせることがあります。この問題はランダムで発生してしまうことがあり (例えば、Xorg を突然クラッシュさせたり再起動させて、破損してしまったなど)、そのようなときは、~/.kde4/share/config/kwinrc ファイルを削除してログインしなおして下さい。KWin の設定は KDE のデフォルトに戻り、おそらく問題は解決するはずです。

コンポジットを有効にするとフルスクリーンでちらつきが発生する

As of KDE SC 4.6.0, there is an option in systemsettings -> Desktop Effect -> Advanced -> "Suspend desktop effects for fullscreen windows" Uncheck it would tell kwin to disable unredirect fullscren.

KDE のサウンドについての問題

ALSA 関連の問題

Note: 初めに alsa-libalsa-utils をインストールしたか確認してください。
KDE で音楽を聞こうとすると "Falling back to default" メッセージが表示される

次のようなメッセージが表示される場合:

The audio playback device <name-of-the-sound-device> does not work.
Falling back to default

システム設定から

システム設定 -> マルチメディア -> Phonon

それぞれのボックスの全てのデバイスの上に "default" という名前のデバイスを設定してください。

GStreamer Phonon を使って MP3 ファイルを再生できない

GStreamer プラグイン (gstreamer0.10-plugins パッケージ) をインストールすることで解決できます。それでも再生できないときは、phonon-vlc など他のバックエンドをインストールして、利用する Phonon バックエンドを変更してみて下さい。 バックエンドを変えるには:

システム設定 -> マルチメディア -> Phonon -> バックエンド (タブ)

KDE のフレッシュインストールがしたいです。どうすればいいですか?

KDE の設定ディレクトリの名前を変えてください (設定を元に戻したい場合):

mv ~/.kde4 ~/.kde4-backup

Plasma デスクトップの挙動がおかしい

Plasma issues are usually caused by unstable plasmoids or plasma themes. First, find which was the last plasmoid or plasma theme you had installed and disable it or uninstall it.

So, if your desktop suddenly exhibits "locking up", this is likely caused by a faulty installed widget. If you cannot remember which widget you installed before the problem began(sometimes it can be an irregular problem), try to track it down by removing each widget until the problem ceases. Then you can uninstall the widget, and file a bug report (bugs.kde.org) only if it is an official widget. If it is not, I recommend you find the entry on kde-look.org and inform the developer of that widget about the issue (detailing steps to reproduce, etc).

If you cannot find the problem, but you do not want all the KDE settings to be lost, do:

 rm -r ~/.kde4/share/config/plasma*

This command will delete all plasma related configs of your user and when you will relogin into KDE, you will have the default settings back. You should know that this action cannot be undone. You ought to create a backup folder and copy all the plasma related configs in it.

Konsole がコマンドの履歴を保存しない

デフォルトでは、コンソールコマンドの履歴はコマンドに 'exit' を入力したときだけ保存されるようになっています。Konsole をウィンドウの 'x' で終了したときは保存されません。 コマンドが実行されるたびに自動で履歴を保存するには以下を .bashrc に追加してください。

shopt -s histappend
[[ "${PROMPT_COMMAND}" ]] && PROMPT_COMMAND="$PROMPT_COMMAND;history -a" || PROMPT_COMMAND="history -a"

KDE のパスワードプロンプトで一文字ごとに * が3つ表示される

You can change it under System Settings > Account Details. At Password & User Account the options are:

  • Show one bullet for each letter
  • Show three bullets for each letter
  • Show nothing

セマンティックデスクトップを無効にしても Nepomukserver プロセスが自動で起動する

システム設定 > 起動と終了 > サービスマネージャ > 起動時に開始するサービス に行き Nepomuk 検索モジュールのチェックを外して下さい。

起動時に数秒間デスクトップの反応がなくなる

There is a bug in either pulseaudio or kde that makes the desktop not being usable for a few seconds after it has showed up (for example if you click on the K-menu it does not appears until that waiting time has elapsed).

The workaround is to disable /etc/xdg/autostart/pulseaudio.desktop by adding the following line at the end (do not omit the semicolon):

NotShowIn=KDE;

Note that you could also remove that file, or renaming it (to pulseaudio.desktop.disable or the like) but then it will not load in other Desktop Managers, and will be restored by a package update.

Source: http://linuxadvantage.blogspot.fr/2013/01/kde-rather-slow-to-start-pulseaudio.html

他の KDE プロジェクト

公式の kde-unstable

KDE が beta や RC マイルストーンに達すると、KDE "unstable" パッケージが [kde-unstable] リポジトリにアップロードされます。KDE が安定版になるまでそこで保持され、その後 [extra] に移動されます。

リポジトリは /etc/pacman.conf に追加することができます:

[kde-unstable]
SigLevel = PackageRequired
Include = /etc/pacman.d/mirrorlist
  1. kde-unstable は testing がベースになっています。従って、以下の順番でリポジトリを有効にする必要があります: kde-unstable, testing, core, extra, community-testing, community
  2. 前の KDE からアップデートするには、次を実行: pacman -Syu もしくは pacman -S kde-unstable/kde
  3. KDE をインストールしていない場合、グループを使ってインストールをするのは難しいかもしれません (pacman の制限)
  4. arch-dev-public メーリングリストを講読してください
  5. 問題を発見したときはバグレポートを送って下さい。

Trinity

KDE 4.x がリリースされたときから、開発者は KDE 3.5.x のサポートを止めました。Trinity デスクトップ環境は Timothy Pearson によって開発されている KDE3 のフォークです (trinitydesktop.org)。このプロジェクトは KDE3.5 のスタイルを保ち、KDE 3.5.10 にある角を除くことを目標にしています。詳しくは Trinity を見て下さい。

Warning: KDE 3 は KDE の開発者によってメンテナンスを受けておらずサポートされていません。"Trinity KDE" は Trinity project コミュニティによってメンテナンスされています。バグやパフォーマンスの問題、セキュリティリスクなどがあるため、KDE 3 は自己責任で使って下さい。

バグ

ディストロとアップストリームのバグレポート

マイナーバグでも深刻なバグでも、あなたがバグを見つけた時は the Arch Bug TrackerKDE Bug Tracker でバグの報告をするのが好ましいです。報告することははっきりと記して下さい。

Arch フォーラムに問題を書き込む時は、まず同期しているミラー (ここを確認) や Reflector を使ってシステムをフルアップデートするようにしてください。

通常、KDE 4 設定ファイルの場所は

~/.kde4/share/config/

アプリケーション固有の設定は

~/.kde4/share/apps/

外部リンク