Difference between revisions of "Kernels/Compilation/Arch Build System (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
m (コンパイル)
m (external ja redirect)
 
(One intermediate revision by the same user not shown)
Line 1: Line 1:
[[Category:Kernel (日本語)]]
+
#redirect[[ja:カーネル/コンパイル/Arch Build System]]
[[de:Eigenen Kernel erstellen]]
 
[[en:Kernels/Compilation/Arch Build System]]
 
[[it:Kernels/Compilation/Arch Build System]]
 
[[ru:Custom Kernel Compilation with ABS]]
 
[[zh-CN:Kernels/Compilation/Arch Build System]]
 
[[Arch Build System (日本語)]] を使うことで、公式の {{Pkg|linux}} パッケージをベースにカスタムカーネルを作成することができます。このコンパイル方法は全体のプロセスを自動化でき、よくテストされたパッケージに基づいています。PKGBUILD を編集することでカスタムカーネルの設定やパッチの追加が可能です。
 
 
 
==材料の入手==
 
 
 
{{bc|# pacman -S abs base-devel}}
 
 
 
まず最初に、カスタマイズの起点になる綺麗なカーネルが必要になります。ABS からカーネルパッケージファイルを取得してください:
 
 
 
{{bc|1=$ ABSROOT=. abs core/linux}}
 
 
 
ファイアウォールによって rsync ポートがブロックされる場合は、-t オプションで tarball を使って同期することができます。
 
 
 
{{bc|1=$ ABSROOT=. abs core/linux -t}}
 
 
 
しかるのち、必要なファイル (例: カスタム設定ファイル, パッチ, etc.) を各自のソースから手に入れて下さい。
 
 
 
==PKGBUILD の修正==
 
{{ic|pkgbase}} をあなたのカスタムパッケージの名前に変えて下さい、例えば:
 
  pkgbase=linux-custom
 
 
 
-headers や -docs パッケージをビルドしたくない場合は、ファイルの下の方にある {{ic|pkgname}} からそれらを削除してください。例:
 
  pkgname=("${pkgbase}")
 
 
 
===build() の変更===
 
変更するコンフィグオプションが少ない時は、デフォルトのオプションを使ってあなたのオプションを設定ファイルに追加することができます:
 
$ echo '
 
CONFIG_DEBUG_INFO=y
 
CONFIG_FOO=n
 
' >> config.x86_64
 
 
 
また GUI ツールを使ってオプションを設定することも可能です。PKGBUILD の build() 関数内にある候補のどれかをアンコメントしてください、例えば:
 
{{hc|PKGBUILD|
 
...
 
  # load configuration
 
  # Configure the kernel. Replace the line below with one of your choice.
 
  #make menuconfig # CLI menu for configuration
 
  make nconfig # new CLI menu for configuration
 
  #make xconfig # X-based configuration
 
  #make oldconfig # using old config from previous kernel version
 
  # ... or manually edit .config
 
...
 
}}
 
 
 
カーネル設定ファイルをすでに持っている場合は、nconfig などのインタラクティブな設定ツールをアンコメントして、ツールを使って設定をロードできます。こうすれば他の方法で発生するカーネルの名前付けの問題を避けられます。
 
 
 
{{Note|If you uncomment ''return 1'', you can change to the kernel source directory after makepkg finishes extraction and then make nconfig. This lets you configure the kernel over multiple sessions. When you're ready to compile, copy the .config file over top of either config or config.x86_64 (depending on your architecture), comment ''return 1'' and use '''makepkg -i'''. But not use this for custom patch, put you patch commands after these lines. If you do patch manually bztar unpack and replace your patch.}}
 
 
 
==コンパイル==
 
{{Tip|マルチコアのシステムでは[[Makepkg (日本語)#MAKEFLAGS|複数のコンパイルジョブを同時に実行することで]]コンパイル時間を大幅に削減することが可能です。}}
 
 
 
通常のコマンドを使ってカーネルをコンパイルします:
 
{{ic|makepkg}}
 
カーネルパラメータの設定に (menuconfig などの) インタラクティブなプログラムを選んだ場合は、コンパイル中に行ってください。
 
 
 
{{Note|カーネルのコンパイルにはちょっと時間がかかります。1時間くらいかかるのも珍しくありません。}}
 
 
 
==インストール==
 
makepkg が終わったら linux.install ファイルの変数が変わっているのが見て取れるはずです。後は、pacman (もしくは pacman に代わるプログラム) で通常通りにパッケージをインストールするだけです:
 
# pacman -U <kernel_package>
 
 
 
==ブートローダー==
 
これであなたのカスタムカーネルのフォルダとファイルが作成されました、例: {{ic|/boot/vmlinuz-linux-test}}。あなたのカーネルをテストするには、ブートローダーを更新して (GRUB では /boot/grub/menu.lst) カスタムカーネルに対応する新しいエントリ ('default' や 'fallback') を追加してください。そうすれば標準のカーネルとカスタムカーネルを選択できるようになります。
 

Latest revision as of 15:29, 8 March 2015