Difference between revisions of "LXDE (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
m
m
Line 103: Line 103:
 
メニューから項目を削除する場合、{{ic|.desktop}} ファイルを削除する代わりに、ファイルの中に次の行を追加することで非表示にすることができます:
 
メニューから項目を削除する場合、{{ic|.desktop}} ファイルを削除する代わりに、ファイルの中に次の行を追加することで非表示にすることができます:
 
  NoDisplay=true
 
  NoDisplay=true
かなりの数のファイルの処理を早めるためにループ処理をすることができます。例えば:
+
多くのファイルを扱う時はループ処理を使うと簡単です。例えば:
 
  cd /usr/share/applications
 
  cd /usr/share/applications
 
  for i in program1.desktop program2.desktop ...; do cp /usr/share/applications/$i \
 
  for i in program1.desktop program2.desktop ...; do cp /usr/share/applications/$i \
 
  /home/user/.local/share/applications/; echo "NoDisplay=true" >> \
 
  /home/user/.local/share/applications/; echo "NoDisplay=true" >> \
 
  /home/user/.local/share/applications/$i; done
 
  /home/user/.local/share/applications/$i; done
これはKDE以外のすべてのアプリケーションに対して働きます。KDEのものに関しては、まずKDEにログインし、KDEのメニューエディタを使ってください。表示したくないすべての項目に'Show only in KDE'のオプションをチェックしてください。{{ic|NoDisplay<nowiki>=</nowiki>True}} が上手く動かない場合、{{ic|ShowOnlyIn<nowiki>=</nowiki>XFCE}} を試してください。
+
これは KDE 以外のすべてのアプリケーションに対して働きます。KDE のアプリケーションに関しては、KDE にログインし、KDE のメニューエディタを使ってください。そして表示したくない項目で 'Show only in KDE' のオプションをチェックしてください。{{ic|NoDisplay<nowiki>=</nowiki>True}} が上手く動かない場合、{{ic|ShowOnlyIn<nowiki>=</nowiki>XFCE}} を試してください。
  
 
=== 自動マウント ===
 
=== 自動マウント ===
Line 158: Line 158:
  
 
=== デジタル時計アプレットの表示変更 ===
 
=== デジタル時計アプレットの表示変更 ===
パネル上のデジタル時計のアプレットを右クリックして、現在時刻をどのように表示するか設定出来ます。例えば、HH:MM:SSの形式ではなく軍用時間の標準時間を表示するには:
+
パネル上のデジタル時計のアプレットを右クリックして、現在時刻をどのように表示するか設定出来ます。例えば、HH:MM:SS の形式ではなく標準時間を表示するには:
 
  %I:%M
 
  %I:%M
  
また、YYYY/MM/DD HH:MM:SS形式で表示するには:
+
また、YYYY/MM/DD HH:MM:SS 形式で表示するには:
  
 
  %Y/%m/%d %H:%M:%S
 
  %Y/%m/%d %H:%M:%S
  
もし標準時間とAM/PMを表示したいならば:
+
もし標準時間と AM/PM を表示したいならば:
  
 
  %I:%M %p
 
  %I:%M %p
  
もっと多くのオプションは{{Ic|strftime (3)}}の{{ic|man}}ページを参照してください。
+
他のオプションは {{Ic|strftime (3)}} の {{ic|man}} ページを参照してください。
  
 
=== フォント設定 ===
 
=== フォント設定 ===
ほとんどのLXDEユーザはGTK+のプログラムを使おうとします。なぜなら、GTK+はLXDEのバックエンドだからです。フォントを設定するには、{Pkg|lxappearance}}を利用することができます。他のフォントについては'''Openbox configuration tool'''のObConfを使う必要があります。:
+
ほとんどの LXDE ユーザは GTK+ のプログラムを使うことになるでしょう。GTK+ は LXDE のバックエンドだからです。フォントを設定するのに、{Pkg|lxappearance}} を利用することができます。その他のフォントについては '''Openbox 設定ツール''' の ObConf を使う必要があります:
 
  # pacman -S obconf
 
  # pacman -S obconf
  
 
=== キーボード配列 ===
 
=== キーボード配列 ===
====udevによる方法====
+
====udev による方法====
[[udev]]を使う場合、デフォルトの入力設定は{{ic|/etc/X11/xorg.conf.d/10-evdev.conf}}の{{ic|Section "InputClass"}}に記述されています。例として、'''swiss'''のキーボードで'''french'''のヴァリアントを使う場合、{{ic|/etc/X11/xorg.conf.d/10-keyboard.conf}}を以下のように編集するか、新規作成することができます。
+
[[udev]] を使う場合、デフォルトの入力設定は {{ic|/etc/X11/xorg.conf.d/10-evdev.conf}} の {{ic|Section "InputClass"}} に記述されています。例として、'''swiss''' のキーボードで '''french''' のバリアントを使う場合、{{ic|/etc/X11/xorg.conf.d/10-keyboard.conf}} を以下のように編集するか、新規作成します。
 
  Section "InputClass"
 
  Section "InputClass"
 
     Identifier        "evdev keyboard catchall"
 
     Identifier        "evdev keyboard catchall"
Line 187: Line 187:
 
     Option            "XknVariant" "ch"
 
     Option            "XknVariant" "ch"
 
  EndSection
 
  EndSection
すべてのキーボード配列やヴァリアントのオプションは{{ic|/usr/share/X11/xkb/rules/base.lst}}で見つけることができます。
+
すべてのキーボード配列とバリアントのオプションは {{ic|/usr/share/X11/xkb/rules/base.lst}} で見つけることができます。
  
 
==== 他の方法 ====
 
==== 他の方法 ====
{{Note|以下の手段で示されているキーボードの変更内容は全て例であるので、必要に応じて書き換えてください。}}
+
 
 
第一の手段:
 
第一の手段:
{{ic|/etc/xdg/lxsession/LXDE/autostart}}に、@lxpanel --profile LXDE の前に以下の行を追加してください:
+
{{ic|/etc/xdg/lxsession/LXDE/autostart}} 内で、@lxpanel --profile LXDE の前に以下の行を追加:
 
  @setxkbmap -option grp:switch,grp:alt_shift_toggle,grp_led:scroll us,ru
 
  @setxkbmap -option grp:switch,grp:alt_shift_toggle,grp_led:scroll us,ru
または、複数ユーザの場合~/.config/lxsession/LXDE/autostartに:
+
または、(ユーザーごとに) ~/.config/lxsession/LXDE/autostart に:
 
  setxkbmap -option grp:switch,grp:alt_shift_toggle,grp_led:scroll us,ru
 
  setxkbmap -option grp:switch,grp:alt_shift_toggle,grp_led:scroll us,ru
 
第二の手段:
 
第二の手段:
{{ic|/etc/xdg/autostart/setxkmap.desktop}}を以下に示すように作成してください:
+
{{ic|/etc/xdg/autostart/setxkmap.desktop}} を以下が示すように作成:
 
  [Desktop Entry]
 
  [Desktop Entry]
 
  Version=1.0
 
  Version=1.0
Line 206: Line 206:
 
  Type=Application
 
  Type=Application
 
第三の手段:
 
第三の手段:
現在のユーザに対しては{{ic|~/.Xkbmap}}、システム全体に対しては{{ic|/etc/X11/Xkbmap}}に以下の行を追加してください:
+
ログイン中のユーザに対しては {{ic|~/.Xkbmap}}、システム全体に対しては {{ic|/etc/X11/Xkbmap}} に以下の行を追加:
 
  -option grp:alt_shift_toggle,grp_led:scroll us,ru
 
  -option grp:alt_shift_toggle,grp_led:scroll us,ru
 
第四の手段:
 
第四の手段:
{{ic|/etc/X11/xinit/xinitrc}}か{{ic|~/.xinitrc}}に以下の行を追加してください:
+
{{ic|/etc/X11/xinit/xinitrc}} か {{ic|~/.xinitrc}} に以下の行を追加:
 
  setxkbmap -option grp:alt_shift_toggle,grp_led:scroll us,ru
 
  setxkbmap -option grp:alt_shift_toggle,grp_led:scroll us,ru
 
第五の手段:
 
第五の手段:
[[AUR]]から[http://fbxkb.sourceforge.net/ fbxkb]をインストールする。
+
[[Arch User Repository (日本語)|AUR]] から [http://fbxkb.sourceforge.net/ fbxkb] をインストールする。
 +
 
 
第六の手段:
 
第六の手段:
[[Xorg#Switching_Between_Keyboard_Layouts]]
+
[[Xorg (日本語)#キーボードレイアウトの切り替え]]
  
 
==== "キーボード配列スイッチ”をタスクバーに追加する ====
 
==== "キーボード配列スイッチ”をタスクバーに追加する ====
Line 223: Line 224:
 
# "キーボード配列の設定"を選択する
 
# "キーボード配列の設定"を選択する
  
=== LXDEでGnomeのスクリーンセーバを使う ===
+
=== LXDE で Gnome のスクリーンセーバを使う ===
  
 
必要なパッケージをインストールする:
 
必要なパッケージをインストールする:
 
  pacman -S gnome-screensaver gnome-session
 
  pacman -S gnome-screensaver gnome-session
  
スクリーンセーバの実行を許可するため、以下に示すようにgnome-session用の簡易ランチャを{{ic|~/.config/autostart/gnome-session.desktop}}に作成します:
+
スクリーンセーバの実行を許可するため、以下のように gnome-session 用のランチャを {{ic|~/.config/autostart/gnome-session.desktop}} に作成します:
 
  [Desktop Entry]
 
  [Desktop Entry]
 
  Exec=/usr/bin/gnome-session
 
  Exec=/usr/bin/gnome-session
  
これで設定は完了です。一度ログアウト後再度ログインしてGnomeのスクリーンセーバを楽しんでください。
+
これで設定は完了です。一度ログアウトした後、再度ログインして Gnome のスクリーンセーバを楽しんでください。
  
=== lxpanelのアイコン ===
+
=== lxpanel のアイコン ===
lxpanelで使われるデフォルトのアイコンは{{ic|/usr/share/pixmaps}}にあり、あなたがlxpanelで使いたいと思うカスタムアイコンは同様に同じ場所に置く必要があります。
+
lxpanel で使われるデフォルトのアイコンは {{ic|/usr/share/pixmaps}} にあり、lxpanel で使いたいカスタムアイコンは同じ場所に置く必要があります。
  
アプリケーション用のデフォルトアイコンを以下の手段で変更出来ます:
+
アプリケーション用のデフォルトアイコンは以下の手順で変更出来ます:
# {{ic|/usr/share/pixmaps}}に新しいアイコンを保存する。
+
# {{ic|/usr/share/pixmaps}} に新しいアイコンを保存する。
# {{ic|/usr/share/applications}}にあるアイコンを変更したいアプリケーションの{{ic|.desktop}}ファイルをテキストエディタで開く。
+
# アイコンを変更したいアプリケーションの {{ic|/usr/share/applications}} 内の {{ic|.desktop}} ファイルをテキストエディタで開く。
# {{ic|Icon&#61;/default/icon/.png}}を{{ic|Icon&#61;/name/of/new/icon/added/to/pixmaps/.png}}に変更する。
+
# {{ic|<nowiki>Icon=/default/icon/.png</nowiki>}} を {{ic|<nowiki>Icon=/name/of/new/icon/added/to/pixmaps/.png</nowiki>}} に変更する。
  
 
=== LXNM ===
 
=== LXNM ===
{{Note|LXNMはもうアクティブに開発されていません。NetworkManagerとnm-appletを使うように[http://wiki.lxde.org/en/LXNM 提案]されています。}}
+
{{Note|LXNM はもう活発に開発されていません。NetworkManager と nm-applet を使うことが[http://wiki.lxde.org/en/LXNM 提案]されています。}}
LXNM is a program based on scripts that attempts to manage the network connections. It is script-based and strives to make networking configuration as automatic as possible. It is not a full blown networking system like [[NetworkManager]]. If you want greater control, [[Wicd]] and Gnome's verions of [[NetworkManager]] works well with LXDE. You can install LXNM from [community] repository:
+
LXNM はネットワーク接続を管理するスクリプトベースのプログラムです。出来る限り自動でネットワークを接続するようになっています。[[NetworkManager]] のような本格的なネットワーク機能は持っていません。細かくコントロールしたいときは、[[Wicd]] [[NetworkManager]] LXDE で問題なく動作います。LXNM が [community] リポジトリからインストールできます:
 
  # pacman -S lxnm
 
  # pacman -S lxnm
The main script will need to be run as root. If you plan on consistently using it, put it in your {{ic|/etc/rc.conf}}. LXNM works with the network status monitor applet in lxpanel. LXNM works well most of the time, though at times it can take a while to get a connection.
+
メインスクリプトを root で実行する必要があります。LXNM は lxpanel のネットワークアップレットと協調します。
  
 
=== [[PCManFM]] ===
 
=== [[PCManFM]] ===
もしゴミ箱、マウントされた領域及びフォルダ・ファイルの履歴にgvfsのサポート付きでアクセスしたい場合は:
+
 
 +
ゴミ箱・マウントされた領域・フォルダ・ファイルの履歴にアクセスするときに gvfs のサポートが欲しい場合は:
 +
 
 
  pacman -S polkit-gnome gvfs
 
  pacman -S polkit-gnome gvfs
polkit-gnomeは認証を提供して、ログイン時に起動する必要があります:
+
 
 +
認証を提供する polkit-gnome をログイン時に起動する必要があります:
 +
 
 
  mkdir -p ~/.config/autostart
 
  mkdir -p ~/.config/autostart
 
  cp /etc/xdg/autostart/polkit-gnome-authentication-agent-1.desktop ~/.config/autostart
 
  cp /etc/xdg/autostart/polkit-gnome-authentication-agent-1.desktop ~/.config/autostart
  
Archのpolkit-gnome-authentication-agent-1.desktopは現在特定のデスクトップにおいて免除されません。もし起動に失敗する場合以下の行を削除してください。
+
現在、Arch の polkit-gnome-authentication-agent-1.desktop は特定のデスクトップを免除しません。起動に失敗する場合、以下の行を削除してください。
 +
 
 
  OnlyShowIn=GNOME;XFCE;
 
  OnlyShowIn=GNOME;XFCE;
 +
 
[http://wiki.lxde.org/en/LXDE:PCManFM_build_and_setup_guide#Setup_Runtime_Environment_Correctly PCManFM @ LXDE wiki]
 
[http://wiki.lxde.org/en/LXDE:PCManFM_build_and_setup_guide#Setup_Runtime_Environment_Correctly PCManFM @ LXDE wiki]
  
NTFSファイルシステムを読み書きする場合は[[ntfs-3g]]のインストールを忘れないようにしてください:
+
NTFS ファイルシステムを読み書きする場合は [[NTFS-3G]] のインストールを忘れないようにしてください:
 
  pacman -S ntfs-3g
 
  pacman -S ntfs-3g
  
 
=== ウィンドウマネージャの変更 ===
 
=== ウィンドウマネージャの変更 ===
LXDEのデフォルトウィンドウマネージャの[[Openbox]]はfvwm, icewm, dwm, metacity, compiz ...など、のような別のウィンドウマネージャに容易に置換できます。
+
LXDE のデフォルトウィンドウマネージャの [[Openbox]] は fvwm, icewm, dwm, metacity, compiz ... など別のウィンドウマネージャに容易に置換できます。
  
LXDEはlxsessionの設定を{{ic|~/.config/lxsession/LXDE/desktop.conf}}から読み込もうとします。存在しない場合、グローバルな設定ファイルを{{ic|/etc/xdg/lxsession/LXDE/desktop.conf}}から読み込もうとします。
+
LXDE は lxsession 設定ファイル {{ic|~/.config/lxsession/LXDE/desktop.conf}} に書かれたウィンドウマネージャを使います。存在しない場合、グローバルな設定ファイル {{ic|/etc/xdg/lxsession/LXDE/desktop.conf}} を使います。
  
{{ic|openbox-lxde}}というコマンドを任意のウィンドウマネージャのものに置換してください。
+
{{ic|openbox-lxde}} コマンドを任意のウィンドウマネージャに置換してください:
 
  [Session]
 
  [Session]
 
  window_manager=openbox-lxde
 
  window_manager=openbox-lxde
metacity用:
+
metacity:
 
  window_manager=metacity
 
  window_manager=metacity
compiz用:
+
compiz:
 
  window_manager=compiz ccp --indirect-rendering
 
  window_manager=compiz ccp --indirect-rendering
  
=== シャットダウン、再起動、サスペンド及び休止オプション(LXSession-logout) ===
+
=== シャットダウン、再起動、サスペンド及び休止オプション (LXSession-logout) ===
シャットダウン、再起動、サスペンド及び休止をするにはdbusが動いている必要があります。{{ic|upower}}もインストールしてある必要があります。
+
シャットダウン、再起動、サスペンド及び休止をするには dbus が動いている必要があります。{{ic|upower}} もインストールしてある必要があります。
  
 
  # pacman -S upower
 
  # pacman -S upower
  
logind/consolekitセッションの破壊を防ぐための詳細は[[xinitrc#Preserving the session]]を御覧ください。
+
logind/consolekit セッションの破壊を防ぐための詳細は [[xinitrc (日本語)#セッションの維持]] を御覧ください。
  
 
== トラブルシューティング ==
 
== トラブルシューティング ==
=== SSH鍵の管理 ===
+
=== SSH 鍵の管理 ===
SSH鍵を管理するための非情に軽量な方法はkeychainを使うことです。詳細は[https://wiki.archlinux.org/index.php/Using_SSH_Keys#Keychain using keychain]を御覧ください。
+
SSH 鍵を管理するための非情に軽量な方法は keychain を使うことです。詳細は [https://wiki.archlinux.org/index.php/Using_SSH_Keys#Keychain using keychain] を御覧ください。
 +
 
 +
=== 非ラテン字を含む NTFS ===
 +
NTFS ファイルシステムの記憶デバイスのために、[[NTFS-3G]] をインストールする必要があります。一般的に、PCManFM は NTFS ファイルシステムに対して問題なく動きますが、NTFS ファイルシステムのファイルやディレクトリの名前に(中国語などの)非ラテン文字を含んでいる場合、NTFS のボリュームを開いたり、マウントしたときに文字が消えるバグがあります。lxsession のマウントヘルパーがポリシーと言語設定を正確に解析しないためにこれが発生します。この問題に対する解決策は:
  
=== 中国語によるNTFS ===
+
シンボリックリンクの {{ic|/sbin/mount.ntfs-3g}} を削除する:
NTFSファイルシステムの記憶デバイスのために、[[NTFS-3G]]をインストールする必要があります。一般的に、PCManFMはNTFSファイルシステムに対して上手く動きますが、しかし、NTFSファイルシステムのファイルやディレクトリの名前に非ラテン文字、例えば中国語のような、を含んでいる場合、NTFSのボリュームを開いたり、マウントするときに文字が消えるバグがあります。これはlxsessionのマウントヘルパーが正確にポリシーと言語設定を解析しないために発生します。この問題に対する解決策は:
+
シンボリックリンクである{{ic|/sbin/mount.ntfs-3g}}を削除する:
+
 
  # rm /sbin/mount.ntfs-3g
 
  # rm /sbin/mount.ntfs-3g
新しい{{ic|/sbin/mount.ntfs-3g}}を以下に示す新しいbashのスクリプトで作成する:
+
新しい {{ic|/sbin/mount.ntfs-3g}} を以下の bash スクリプトで作成する:
 
  #!/bin/bash
 
  #!/bin/bash
 
  /bin/ntfs-3g $1 $2 -o locale=en_US.UTF-8
 
  /bin/ntfs-3g $1 $2 -o locale=en_US.UTF-8
 
そのスクリプトを実行可能にする:
 
そのスクリプトを実行可能にする:
 
  # chmod +x /sbin/mount.ntfs-3g
 
  # chmod +x /sbin/mount.ntfs-3g
アップグレード時にこのファイルの変更を防ぐため、{{ic|/etc/pacman.conf}}を編集か作成して[options]タグに以下の行を記述する:
+
アップグレード時にこのファイルの変更を防ぐため、{{ic|/etc/pacman.conf}} を編集・作成して [options] タグに以下の行を記述する:
 
  NoUpgrade = sbin/mount.ntfs-3g
 
  NoUpgrade = sbin/mount.ntfs-3g
  
=== KDMとLXDE Session ===
+
=== KDM と LXDE セッション ===
KDE 4.3.3において、KDMはLXDEのデスクトップセッションを認識しません。直すには:
+
KDE 4.3.3 では、KDM は LXDE のデスクトップセッションを認識しません。これを直すには:
 
  # cp /usr/share/xsessions/LXDE.desktop /usr/share/apps/kdm/sessions/
 
  # cp /usr/share/xsessions/LXDE.desktop /usr/share/apps/kdm/sessions/
  
=== lxsession 0.4.1でのGTK+の警告 ===
+
=== lxsession 0.4.1 での GTK+ の警告 ===
GTK+2プログラム開始時、以下の様な警告を受け取る場合:
+
GTK+2 プログラム開始時、以下の様な警告を受け取る場合:
 
  GTK+ icon them is not properly set
 
  GTK+ icon them is not properly set
  
これは普通XSETTINGSマネージャを走らせていないことを示しています。GNOMEやXFCEのようなデスクトップ環境は自動的にそれらのXSETTINGマネージャ、gnome-settings-daemonやxfce-mcs-managerのような、を起動します。これはlxde-ssetings-daemonの設定ファイルをlxsessionに移行したのが原因です。もしこれらの設定ファイルに変更をした場合、設定ファイルをマージする必要があります:
+
通常これは XSETTINGS マネージャを走らせていないことを示しています。GNOME や XFCE のようなデスクトップ環境は自動的に gnome-settings-daemon や xfce-mcs-manager のような XSETTING マネージャを起動します。原因は lxde-ssetings-daemon の設定ファイルを lxsession に移行したことになります。もしこれらの設定ファイルに変更を加えていた場合、設定ファイルをマージする必要があります:
 
* /usr/share/lxde/config
 
* /usr/share/lxde/config
 
* ~/.config/lxde/config
 
* ~/.config/lxde/config
 
 
 
* etc/xdg/lxsession/LXDE/desktop.conf
 
* etc/xdg/lxsession/LXDE/desktop.conf
他にも、これを直すために{{ic|lxappearance}}を使うこともできます。
+
他にも、community リポジトリの {{ic|lxappearance}} を使って修正することもできます。
  
== Resources ==
+
== 資料 ==
 
* [http://wiki.lxde.org/en/ArchLinux LXDE wiki entry related to Arch Linux]
 
* [http://wiki.lxde.org/en/ArchLinux LXDE wiki entry related to Arch Linux]
 
* [http://lxde.sourceforge.net LXDE Project (Sourceforge)]
 
* [http://lxde.sourceforge.net LXDE Project (Sourceforge)]

Revision as of 06:24, 20 March 2013

概要 help replacing me
LXDE は Linux などの Unix ライクのプラットフォーム向けの GPL ライセンスのオープンソースデスクトップ環境です。この記事では LXDE のインストール・設定・トラブルシューティングを扱います。
LXDE は GTK+ ツールキットを使います。
概括
Template:Graphical user interface overview (日本語)

LXDE.org | Lightweight X11 Desktop Environment より:

LXDE ("Lightweight X11 Desktop Environment") は極めて高いパフォーマンスを持ち省エネルギーなデスクトップ環境です。開発者たちの国際的なコミュニティにより管理され、美しいインターフェース、多言語対応、標準的なキーボードショートカットとタブファイラーのような追加機能を含みます。LXDE は CPU も RAM も他のデスクトップ環境に比べ消費が少ないです。特に、ネットブック、モバイル端末や、古い計算機などによるクラウドコンピューティングにあわせてデザインされています。

インストール

LXDE はあなたが必要とするパッケージを選択できるようによくモジュール化されています。あなたが LXDE を動かすために最小限必要なパッケージは lxde-common, lxsession, desktop-file-utils そしてウィンドウマネージャです。

LXDE をインストールするには次を実行します:

# pacman -S lxde

次のパッケージがインストールされます:

  • gpicview: 軽量画像ビューワ
  • libfm: ファイル管理用ライブラリ
  • lxappearance: GTK+ アプリケーションのテーマ、アイコン、フォントを設定するためのユーティリティ
  • lxappearance-obconf: LXAppearance で Openbox を設定するためのプラグイン
  • lxde-common: 異なる LXDE コンポーネントを統合するためのデフォルト設定
  • lxde-icon-theme: LXDE のアイコンテーマ
  • lxdm: 軽量ディスプレイマネージャ
  • lxinput: LXDE のキーボードとマウスを設定するためのプログラム
  • lxlauncher: ネットブック向けランチャ
  • lxmenu-data: freedesktop.org のメニュー仕様に適応させるためのファイルのコレクション
  • lxmusic: 軽量 XMMS2 クライアント
  • lxpanel: LXDE 用デスクトップパネル
  • lxrandr: スクリーンマネージャ
  • lxsession: シャットダウン、再起動、サスペンドをサポートした X11 用セッションマネージャ
  • lxshortcut: アプリケーションショートカットを編集するためのプログラム
  • lxtask: 軽量タスクマネージャ
  • lxterminal: 軽量ターミナルエミュレータ
  • menu-cache: 自動的に LXDE のメニューを生成するデーモン
  • openbox: 軽量で、規格に準拠し、カスタマイズ性の高い、歴史的に LXDE と共に使われてきたウィンドウマネージャ
  • pcmanfm: デスクトップへの統合を提供する LXDE 用軽量ファイラ

インストール終了後、pacmanに支持されたとおりに次の3つのファイルを ~/.config/openbox にコピーしてください:

menu.xml, rc.xml, autostart を ~/.config/openbox に置いて下さい
これらは /etc/xdg/openbox の中にあります。

個人用の設定ファイルを作るには:

mkdir -p ~/.config/openbox
cp /etc/xdg/openbox/menu.xml /etc/xdg/openbox/rc.xml /etc/xdg/openbox/autostart ~/.config/openbox

次に Gamin をインストールする必要があります。これは FAM のサブセットとしてデザインされたファイルとディレクトリの監視ツールです。Gamin はプログラムの呼び出しにより実行されるので、fam とは違ってデーモンを必要としません。もし既に fam をインストールしているなら、最初にデーモンを停止してから、gamin をインストールしてください:

# pacman -S gamin

また、一般的に LXDE で使用される軽量アプリケーションをインストールするのもよいでしょう。

# pacman -S leafpad obconf epdfview

LXDE のパッケージには実験段階のものがあり、それらは AUR リポジトリからインストールする必要があるのに注意してください。

デスクトップの開始

LXDE デスクトップを開始するには多くの手段があります。

ディスプレイマネージャ

もし GDMKDMSLiM (日本語) のようなディスプレイマネージャを使っている場合、セッションを LXDE に切り替えてください。その手順はそれぞれのディスプレイマネージャのページを参照してください。

LXDE プロジェクトにより提供されているディスプレイマネージャの LXDM を使うための方法は LXDM のページに含まれています。

もしディスプレイマネージャを使わない場合は xdg-open を正しく動作させるために

export DESKTOP_SESSION=LXDE

をあなたの ~/.bash_profile に追加してください。

コンソール

コンソールからデスクトップを開始できるようにするにはいくつかの方法があります。

startx を使う場合、~/.xinitrc で次のように定義する必要があります。

exec startlxde

もし startx を起動時に自動的に実行したい場合は、Starting X at boot を参照してください。

その他のタスクについては、dbus がデーモンとして実行されていることを確認したいでしょう。

logind のセッションを維持することなどの詳細については xinitrc (日本語) を参照してください。

Tips and tricks

アプリケーションメニューの編集

アプリケーションメニューは /usr/share/applications にある .desktop を分析して動作します。多くのデスクトップ環境では、メニューのカスタマイズの設定を更新するプログラムを実行しています。LXDE にはメニューを作成するためのアプリケーションメニューエディタがありますが、もしその気があれば、手動でそれらを自分で構築することができます。AUR にサード製のメニューエディタ lxmedAUR があります。

メニューの項目を追加・編集するには、.desktop ファイルを /usr/share/applications に作るかリンクするかしてください。.desktop ファイルの中身については freedesktop.org の the desktop entry specification を見て下さい。

メニューから項目を削除する場合、.desktop ファイルを削除する代わりに、ファイルの中に次の行を追加することで非表示にすることができます:

NoDisplay=true

多くのファイルを扱う時はループ処理を使うと簡単です。例えば:

cd /usr/share/applications
for i in program1.desktop program2.desktop ...; do cp /usr/share/applications/$i \
/home/user/.local/share/applications/; echo "NoDisplay=true" >> \
/home/user/.local/share/applications/$i; done

これは KDE 以外のすべてのアプリケーションに対して働きます。KDE のアプリケーションに関しては、KDE にログインし、KDE のメニューエディタを使ってください。そして表示したくない項目で 'Show only in KDE' のオプションをチェックしてください。NoDisplay=True が上手く動かない場合、ShowOnlyIn=XFCE を試してください。

自動マウント

PCManFM#Volume_handling

プログラムの自動実行

.desktop ファイル

第一の方法は、自動実行したいプログラムの .desktop/usr/share/applications/ にあります) を ~/.config/autostart/ にリンクすることです。例えば、起動時に自動的に lxterminal を実行するには:

$ ln -s /usr/share/applications/lxterminal.desktop ~/.config/autostart/

一度 .desktop を追加すれば GUI の設定ツール (lxsession-editAUR) で操作出来ます。

autostart ファイル出来ない

第二の方法は ~/.config/lxsession/LXDE/autostart を使うことです。このファイルはシェルスクリプトではありませんが、各行をコマンドとして実行します。もし行が@から始まっている場合、@の後のコマンドはクラッシュした際に自動的に再度実行されます。例えば、起動時に lxterminal と leafpad を自動的に実行するには:

~/.config/lxsession/LXDE/autostart
@lxterminal
@leafpad
Note: これらのコマンドには&シンボルを付加しません

/etc/xdg/lxsession/LXDE/autostart にはグローバルな autostart ファイルもあります。両方が存在する場合でも、両方のファイルのすべての項目が実行されます。

バインディング

マウスとキーのバインド (キーボードショートカット) は Openbox で実装されており、ここに詳細が書かれています。LXDE ユーザは ~/.config/openbox/lxde-rc.xml を編集する時はその中の指示に従うべきでしょう。

任意の GUI のキーバインド変更ツールとして obkeyAUR が AUR で提供されています。obkey のデフォルトの設定ファイルは rc.xml ですが、次のようにして LXDE の設定ファイルを使わせることもできます:

$ obkey ~/.config/openbox/lxde-rc.xml

obkey に関する更なる詳細はこちらを参照してください

カーソル

メインの記事: Cursor Themes (日本語)

AUR にある最新の lxappearance2-gitAUR はカーソルのアイコンを変える機能を提供します。実験的で新しい lxappearance2 をインストールしたくない場合は、カーソルを ~/.Xdefaults で定義する必要があります。Configuring Cursor Themes を御覧ください。

デフォルトのテーマにカーソルを追加するのがベーシックな方法です。最初にディレクトリを作成してください:

# mkdir /usr/share/icons/default

次に、アイコンテーマに追加するカーソルを指定します。以下では xcursor-bluecurve ポインタテーマを使用します:

/usr/share/icons/default/index.theme
[icon theme]
Inherits=Bluecurve

$HOME のフォルダのアイコンを編集する

現在 PCmanFM ではサポートされていないようです:

https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?pid=851397#p851397

デジタル時計アプレットの表示変更

パネル上のデジタル時計のアプレットを右クリックして、現在時刻をどのように表示するか設定出来ます。例えば、HH:MM:SS の形式ではなく標準時間を表示するには:

%I:%M

また、YYYY/MM/DD HH:MM:SS 形式で表示するには:

%Y/%m/%d %H:%M:%S

もし標準時間と AM/PM を表示したいならば:

%I:%M %p

他のオプションは strftime (3)man ページを参照してください。

フォント設定

ほとんどの LXDE ユーザは GTK+ のプログラムを使うことになるでしょう。GTK+ は LXDE のバックエンドだからです。フォントを設定するのに、{Pkg|lxappearance}} を利用することができます。その他のフォントについては Openbox 設定ツール の ObConf を使う必要があります:

# pacman -S obconf

キーボード配列

udev による方法

udev を使う場合、デフォルトの入力設定は /etc/X11/xorg.conf.d/10-evdev.confSection "InputClass" に記述されています。例として、swiss のキーボードで french のバリアントを使う場合、/etc/X11/xorg.conf.d/10-keyboard.conf を以下のように編集するか、新規作成します。

Section "InputClass"
    Identifier        "evdev keyboard catchall"
    MatchIsKeyboard   "on"
    MatchDevicePath   "/dev/input/event*"
    Driver            "evdev"
    Option            "XkbModel" "pc104"
    Option            "XkbLayout" "fr"
    Option            "XknVariant" "ch"
EndSection

すべてのキーボード配列とバリアントのオプションは /usr/share/X11/xkb/rules/base.lst で見つけることができます。

他の方法

第一の手段: /etc/xdg/lxsession/LXDE/autostart 内で、@lxpanel --profile LXDE の前に以下の行を追加:

@setxkbmap -option grp:switch,grp:alt_shift_toggle,grp_led:scroll us,ru

または、(ユーザーごとに) ~/.config/lxsession/LXDE/autostart に:

setxkbmap -option grp:switch,grp:alt_shift_toggle,grp_led:scroll us,ru

第二の手段: /etc/xdg/autostart/setxkmap.desktop を以下が示すように作成:

[Desktop Entry]
Version=1.0
Encoding=UTF-8
Name=Fix keyboard settings
Exec=setxkbmap -rules xorg -layout "us,ru" -variant ",winkeys" -option "grp:alt_shift_toggle"
Terminal=false
Type=Application

第三の手段: ログイン中のユーザに対しては ~/.Xkbmap、システム全体に対しては /etc/X11/Xkbmap に以下の行を追加:

-option grp:alt_shift_toggle,grp_led:scroll us,ru

第四の手段: /etc/X11/xinit/xinitrc~/.xinitrc に以下の行を追加:

setxkbmap -option grp:alt_shift_toggle,grp_led:scroll us,ru

第五の手段: AUR から fbxkb をインストールする。

第六の手段: Xorg (日本語)#キーボードレイアウトの切り替え

"キーボード配列スイッチ”をタスクバーに追加する

  1. タスクバーを右クリックする
  2. "パネルのアイテムの追加・削除"を選択する
  3. "追加"を選択する
  4. "キーボード配列の設定"を選択する

LXDE で Gnome のスクリーンセーバを使う

必要なパッケージをインストールする:

pacman -S gnome-screensaver gnome-session

スクリーンセーバの実行を許可するため、以下のように gnome-session 用のランチャを ~/.config/autostart/gnome-session.desktop に作成します:

[Desktop Entry]
Exec=/usr/bin/gnome-session

これで設定は完了です。一度ログアウトした後、再度ログインして Gnome のスクリーンセーバを楽しんでください。

lxpanel のアイコン

lxpanel で使われるデフォルトのアイコンは /usr/share/pixmaps にあり、lxpanel で使いたいカスタムアイコンは同じ場所に置く必要があります。

アプリケーション用のデフォルトアイコンは以下の手順で変更出来ます:

  1. /usr/share/pixmaps に新しいアイコンを保存する。
  2. アイコンを変更したいアプリケーションの /usr/share/applications 内の .desktop ファイルをテキストエディタで開く。
  3. Icon=/default/icon/.pngIcon=/name/of/new/icon/added/to/pixmaps/.png に変更する。

LXNM

Note: LXNM はもう活発に開発されていません。NetworkManager と nm-applet を使うことが提案されています。

LXNM はネットワーク接続を管理するスクリプトベースのプログラムです。出来る限り自動でネットワークを接続するようになっています。NetworkManager のような本格的なネットワーク機能は持っていません。細かくコントロールしたいときは、WicdNetworkManager が LXDE で問題なく動作います。LXNM が [community] リポジトリからインストールできます:

# pacman -S lxnm

メインスクリプトを root で実行する必要があります。LXNM は lxpanel のネットワークアップレットと協調します。

PCManFM

ゴミ箱・マウントされた領域・フォルダ・ファイルの履歴にアクセスするときに gvfs のサポートが欲しい場合は:

pacman -S polkit-gnome gvfs

認証を提供する polkit-gnome をログイン時に起動する必要があります:

mkdir -p ~/.config/autostart
cp /etc/xdg/autostart/polkit-gnome-authentication-agent-1.desktop ~/.config/autostart

現在、Arch の polkit-gnome-authentication-agent-1.desktop は特定のデスクトップを免除しません。起動に失敗する場合、以下の行を削除してください。

OnlyShowIn=GNOME;XFCE;

PCManFM @ LXDE wiki

NTFS ファイルシステムを読み書きする場合は NTFS-3G のインストールを忘れないようにしてください:

pacman -S ntfs-3g

ウィンドウマネージャの変更

LXDE のデフォルトウィンドウマネージャの Openbox は fvwm, icewm, dwm, metacity, compiz ... など別のウィンドウマネージャに容易に置換できます。

LXDE は lxsession 設定ファイル ~/.config/lxsession/LXDE/desktop.conf に書かれたウィンドウマネージャを使います。存在しない場合、グローバルな設定ファイル /etc/xdg/lxsession/LXDE/desktop.conf を使います。

openbox-lxde コマンドを任意のウィンドウマネージャに置換してください:

[Session]
window_manager=openbox-lxde

metacity:

window_manager=metacity

compiz:

window_manager=compiz ccp --indirect-rendering

シャットダウン、再起動、サスペンド及び休止オプション (LXSession-logout)

シャットダウン、再起動、サスペンド及び休止をするには dbus が動いている必要があります。upower もインストールしてある必要があります。

# pacman -S upower

logind/consolekit セッションの破壊を防ぐための詳細は xinitrc (日本語)#セッションの維持 を御覧ください。

トラブルシューティング

SSH 鍵の管理

SSH 鍵を管理するための非情に軽量な方法は keychain を使うことです。詳細は using keychain を御覧ください。

非ラテン字を含む NTFS

NTFS ファイルシステムの記憶デバイスのために、NTFS-3G をインストールする必要があります。一般的に、PCManFM は NTFS ファイルシステムに対して問題なく動きますが、NTFS ファイルシステムのファイルやディレクトリの名前に(中国語などの)非ラテン文字を含んでいる場合、NTFS のボリュームを開いたり、マウントしたときに文字が消えるバグがあります。lxsession のマウントヘルパーがポリシーと言語設定を正確に解析しないためにこれが発生します。この問題に対する解決策は:

シンボリックリンクの /sbin/mount.ntfs-3g を削除する:

# rm /sbin/mount.ntfs-3g

新しい /sbin/mount.ntfs-3g を以下の bash スクリプトで作成する:

#!/bin/bash
/bin/ntfs-3g $1 $2 -o locale=en_US.UTF-8

そのスクリプトを実行可能にする:

# chmod +x /sbin/mount.ntfs-3g

アップグレード時にこのファイルの変更を防ぐため、/etc/pacman.conf を編集・作成して [options] タグに以下の行を記述する:

NoUpgrade = sbin/mount.ntfs-3g

KDM と LXDE セッション

KDE 4.3.3 では、KDM は LXDE のデスクトップセッションを認識しません。これを直すには:

# cp /usr/share/xsessions/LXDE.desktop /usr/share/apps/kdm/sessions/

lxsession 0.4.1 での GTK+ の警告

GTK+2 プログラム開始時、以下の様な警告を受け取る場合:

GTK+ icon them is not properly set

通常これは XSETTINGS マネージャを走らせていないことを示しています。GNOME や XFCE のようなデスクトップ環境は自動的に gnome-settings-daemon や xfce-mcs-manager のような XSETTING マネージャを起動します。原因は lxde-ssetings-daemon の設定ファイルを lxsession に移行したことになります。もしこれらの設定ファイルに変更を加えていた場合、設定ファイルをマージする必要があります:

  • /usr/share/lxde/config
  • ~/.config/lxde/config

  • etc/xdg/lxsession/LXDE/desktop.conf

他にも、community リポジトリの lxappearance を使って修正することもできます。

資料