Difference between revisions of "MATE (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
(MATE で他のウィンドウマネージャを使う)
m (起動)
Line 36: Line 36:
 
''' グラフィカルログイン '''
 
''' グラフィカルログイン '''
  
[[Display Manager (日本語)|ディスプレイマネージャ]]を使ってセッションリストから MATE を選んで下さい。MATE の開発者はディスプレイマネージャに GTK+ (2) greeter の [[LightDM]] を推奨しています。{{Pkg|lightdm-gtk2-greeter}} パッケージでインストールできます。
+
[[Display Manager (日本語)|ディスプレイマネージャ]]を使ってセッションリストから MATE を選んで下さい。MATE の開発者はディスプレイマネージャに GTK+ (2) greeter の [[LightDM (日本語)|LightDM]] を推奨しています。{{Pkg|lightdm-gtk2-greeter}} パッケージでインストールできます。
  
 
''' 手動ログイン '''
 
''' 手動ログイン '''

Revision as of 07:14, 18 January 2014

Template:Related articles start (日本語)

  • GNOME
  • Cinnamon
  • デスクトップ環境
  • ディスプレイマネージャ
  • </ul></div>

    MATE のホームページ より:

    MATE デスクトップ環境は GNOME2 のフォークであり、伝統的なやり方を好む Linux ユーザーに魅力的で直感的なデスクトップを提供します。新しい技術をサポートしつつ伝統的なデスクトップを維持するために MATE は活発に開発されています

    入手方法

    現在 MATE は GitHub で開発されています。 リリースバージョン番号が付いた安定版パッケージは http://repo.mate-desktop.org/archlinux/ でホストしています。

    インストール

    MATE は公式リポジトリから使うことができ以下のパッケージからインストールできます:

    • mate-panel パッケージは最小のデスクトップシェルを提供します。
    • mate グループには標準的な MATE を使うのに必要なコアのデスクトップ環境が含まれています。
    • mate-extra グループには MATE デスクトップと統合された追加のユーティリティ・アプリケーションが含まれています。mate-extra グループをインストールするだけでは依存として mate グループ全体がインストールされることはありません。全ての MATE パッケージをインストールしたい場合は、両方のパッケージをインストールする必要があります。
    • mate-netbook パッケージにはネットブックなど画面が小さいデバイスで便利な MATE のパネルアプレットが入っています。このアプレットは自動的に全てのウィンドウを最大化しアプリケーションを切り替えるアプレットを提供します。matemate-extra グループには含まれていませんが、必要なら別個にインストールことが可能です。

    起動

    MATE はディスプレイマネージャを使うか手動で起動することができます。

    グラフィカルログイン

    ディスプレイマネージャを使ってセッションリストから MATE を選んで下さい。MATE の開発者はディスプレイマネージャに GTK+ (2) greeter の LightDM を推奨しています。lightdm-gtk2-greeter パッケージでインストールできます。

    手動ログイン

    コンソールから手動で MATE を起動したい場合は、次の行を ~/.xinitrc ファイルに追加してください:

    ~/.xinitrc
    exec mate-session
    

    これで xinit と入力することで MATE を起動できます。

    logind セッションの維持など、詳細については Xinitrc を見て下さい。

    GNOME 2 アプリケーション

    MATE は主に GNOME2 のアプリケーションとユーティリティで構成されており、GNOME 3 との衝突を避けるためにフォークされて名前が変更されています。以下は MATE で名前が変更された GNOME のアプリケーションの一覧です。

    • Alacarte は Mozo に名前が変更されました。
    • Nautilus は Caja に名前が変更されました。
    • Metacity は Marco に名前が変更されました。
    • Gedit は Pluma に名前が変更されました。
    • Eye of GNOME は Eye of MATE に名前が変更されました。
    • Evince は Atril に名前が変更されました。
    • File Roller は Engrampa に名前が変更されました。
    • GNOME Terminal は MATE Terminal に名前が変更されました。

    GNOME の名を冠した他のアプリケーションや主要なコンポーネント (GNOME Panel, GNOME Menus など) はそのまま GNOME を MATE に変えられています (MATE Panel, Mate Menus など)。

    ネットワーク管理

    MATE でのネットワークの管理には Network Manager を使うことが推奨されています。インストールと設定方法は wiki のページを見て下さい。

    Tips & Tricks

    1.4 から 1.6 へのアップグレード

    MATE 1.6 は gconf から gsettings に移行しました。MATE 1.4 から更新すると、パネルが空になることがあります。この問題を解決するにはパネルの設定をデフォルトにリセットしてください:

    # mate-panel --reset
    

    その後、次のコマンドを実行して古い設定をリストアしてください:

    # mate-conf-import
    

    MATE 1.4 から MATE 1.6 へ更新した後は、MATE 1.6 で不要になった古い MATE 1.4 のライブラリを削除すると良いでしょう。これで MATE の起動時間が短縮できます:

    # pacman -R ffmpegthumbnailer-caja libmate libmatecanvas libmatecomponent libmatecomponentui libmatenotify libmateui mate-conf mate-conf-editor mate-corba mate-mime-data mate-vfs python-corba python-mate python-mate-desktop
    

    次を使うことでも孤立したパッケージを削除できます:

    # pacman -R $(pacman -Qtdq)
    
    Note: 全てのパッケージを削除するには孤立したパッケージを削除するコマンドを複数回実行する必要があります。
    Warning: 要らなくなったライブラリを削除するときは必要なパッケージも削除してしまわないように注意してください。

    Bluetooth アプレット

    MATE の bluetooth アプレットは現在廃止された Bluez4 を必要とします。MATE で bluetooth アプレットが必要な場合は AUR から mate-bluetoothAURbluez4AUR をインストールしてください。Bluetooth を使って個人ファイルの共有を有効にしたいときは mate-user-share-bluez4AUR もインストールしなくてはなりません。mate-user-shareAUR のパッケージには bluetooth コンポーネントが削除されているからです。

    デスクトップアイコンを表示・隠す

    デフォルトで、MATE はデスクトップに複数のアイコンを表示します: デスクトップディレクトリの中身、コンピュータ、ホーム、ネットワークディレクトリ、ゴミ箱、マウントされたデバイス。dconf を使ってアイコンを個別に、もしくはまとめて表示・隠すことができます。

    個々のアイコンを隠す

    $ dconf write /org/mate/caja/desktop/computer-icon-visible false
    
    $ dconf write /org/mate/caja/desktop/home-icon-visible false
    
    $ dconf write /org/mate/caja/desktop/network-icon-visible false
    
    $ dconf write /org/mate/caja/desktop/trash-icon-visible false
    
    $ dconf write /org/mate/caja/desktop/volumes-visible false
    

    アイコンを表示させるには "false" を "true" に置き換えてください。

    全てのデスクトップアイコンを隠す

    $ dconf write /org/mate/desktop/background/show-desktop-icons false
    

    MATE で他のウィンドウマネージャを使う

    MATE のデフォルトのウィンドウマネージャは GNOME 2 のウィンドウマネージャ metacity のフォークである marco と呼ばれています。様々な方法を使って marco を他のウィンドウマネージャに置き換えることが可能です:

    • ウィンドウマネージャをすげ替える一番簡単な方法は mate-session-properties でウィンドウマネージャを自動起動する方法です。

    System メニューを開いて、Preferences メニューまで行き Startup Applications をクリックしてください。ダイアログで Add をクリックして名前とコメントを入力して次のような形式でコマンドを追加してください: "name of window manager" "--replace" (例えば、openbox なら次のコマンドを使って下さい: openbox --replace)。

    ログアウトしてからログインしなおせば marco は選んだウィンドウマネージャに置き換えられているはずです。macro に戻すには Startup Applications で作ったエントリを削除してください。

    • もしくは dconf で使いたいウィンドウマネージャを指定することも可能です:
    $ dconf write /org/mate/desktop/session/required-components/windowmanager "'mywindowmanager'"
    

    "mywindowmanager" は選んだウィンドウマネージャの名前に置き換えてください (例: openbox, metacity)。

    • MATE のウィンドウマネージャ (marco) を終了して使いたいウィンドウマネージャを起動する (この方法は非推奨です!)

    .xinitrc を以下のように編集してください:

    exec mate-session
    killall marco
    exec mywindowmanager
    

    "mywindowmanager" は使いたいウィンドウマネージャの名前に置き換えてください。

    Note: この方法は startx コマンドを使って MATE セッションを起動するときにしか使えません。ディスプレイマネージャを使っている場合は他の2つの方法を使って下さい。

    ウィンドウのボタンの順番を変更する

    dconf を使ってボタンを変更することができます。キーは org.mate.marco.general.button-layout にあります。グラフィカルの dconf-editor を使うか dconf コマンドラインツールを使って変更してください:

    $ dconf write /org/mate/marco/general/button-layout "'close,maximize,minimize:'"
    

    menu, close, minimize, maximize をお望みの順番でカンマで区切って指定してください。コロンはウィンドウのタイトルになります (変更を適用するのに必要です)。

    新規ウィンドウの位置を変更する

    デフォルトで、新しいウィンドウが開く位置は左上に決まっています。新しいウィンドウを真ん中に持ってくるには、org.mate.marco.general.center-new-windows キーを編集してください:

    $ dconf write /org/mate/marco/general/center-new-windows true
    

    ロックスクリーン & 既定の壁紙

    次のファイルを作成することでロックスクリーンの壁紙を変更できます:

    /usr/share/glib-2.0/schemas/mate-background.gschema.override
    [org.mate.background]
    picture-filename='/path/to/the/background.jpg'

    その後、スキーマを再コンパイルします:

    # glib-compile-schemas /usr/share/glib-2.0/schemas/
    

    X セッションを再起動して、変更を反映させて下さい。

    Qt アプリケーションのスタイル

    Qt4 アプリケーションに MATE のテーマを継承させるには、以下を行なって下さい:

    * System -> Preferences -> Qt4 Config に行くかシェルから qtconfig-qt4 を実行
    * GUI StyleGTK+ に変更する
    * File --> Save
    

    詳しくは Uniform Look for Qt and GTK Applications を見て下さい。

    カーソルテーマの修正

    カーソルテーマを修正するには、~/.icons/default/index.theme を編集して以下を含めて下さい:

    [Icon Theme]
    Inherits=mate
    

    参照