Difference between revisions of "MS Fonts (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
m (最新のパッケージ)
m
Line 8: Line 8:
 
{{Article summary heading|関連項目}}
 
{{Article summary heading|関連項目}}
 
{{Article summary wiki|Fonts (日本語)}}: フォントの追加についての情報とフォント一覧
 
{{Article summary wiki|Fonts (日本語)}}: フォントの追加についての情報とフォント一覧
{{Article summary wiki|Font Configuration}}: フォントのセットアップと整形
+
{{Article summary wiki|Font Configuration (日本語)}}: フォントのセットアップと整形
 
{{Article summary wiki|Java Runtime Environment Fonts}}: Sun の Java マシン特有のフォント
 
{{Article summary wiki|Java Runtime Environment Fonts}}: Sun の Java マシン特有のフォント
 
{{Article summary end}}
 
{{Article summary end}}
Line 60: Line 60:
  
 
==Windows 7 のようなスムースなフォント==
 
==Windows 7 のようなスムースなフォント==
[[Font Configuration#Infinality|Infinality のパッチが適用された freetype2 パッケージ]]を使い、それによって作られた {{ic|local.conf}} にある Windows 7 プロファイルを使って下さい。
+
[[Font Configuration (日本語)#Infinality|Infinality のパッチが適用された freetype2 パッケージ]]を使い、それによって作られた {{ic|local.conf}} にある Windows 7 プロファイルを使って下さい。

Revision as of 06:26, 14 July 2013

Template:Article summary start Template:Article summary text Template:Article summary heading Template:Article summary wiki: フォントの追加についての情報とフォント一覧 Template:Article summary wiki: フォントのセットアップと整形 Template:Article summary wiki: Sun の Java マシン特有のフォント Template:Article summary end

インストール

最新のパッケージ

Note: 以下のパッケージには Windows 7/8 や Office 2007 のセットアップ・インストールメディアへのアクセスが必要です、詳しくはそれぞれの PKGBUILD (日本語) を見て下さい。

AUR から利用可能:

レガシーなパッケージ

Note: 以下のパッケージによって提供されているフォントは時代遅れのものであり、近代的なヒント情報がなかったり完全な文字セットを揃えていません。最新のパッケージを使うことが推奨されます。

ttf-ms-fontsAURAUR から利用できます。

オリジナルの Microsoft's End User License Agreement によれば、フォントを使用する際にはいくつかの法的な制限が課せられます。

このパッケージに含まれるフォント:

ttf-tahomaAURttf-microsoft-tahomaAUR を AUR から取得することもできます、これらには Tahoma が含まれています。

他にも AUR には ttf-vista-fontsAUR があり、これには以下のフォントが含まれています:

Windows XP のようなシャープなフォント

MS フォントを Windows XP のように表示する方法のガイドが http://www.sharpfonts.co.cc/ にあります (サイトは落ちています、AURsharpfontsAUR を試して下さい)。要するに、上述の通りフォントをインストールして著者によって修正がなされた XML ファイルを使って下さい。

Windows 7 のようなスムースなフォント

Infinality のパッチが適用された freetype2 パッケージを使い、それによって作られた local.conf にある Windows 7 プロファイルを使って下さい。