Difference between revisions of "Mozc (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
m (ビルドおよびインストール: copyedit)
m (Unofficial user repository を使う)
Line 25: Line 25:
 
  [pnsft-pur]
 
  [pnsft-pur]
 
  Server = http://downloads.sourceforge.net/project/pnsft-aur/pur/$arch
 
  Server = http://downloads.sourceforge.net/project/pnsft-aur/pur/$arch
 +
{{Note|用意されているのは現在 x86_64 用パッケージのみです。}}
 
そしてパッケージデータベースを更新します:
 
そしてパッケージデータベースを更新します:
 
  # pacman -Syy
 
  # pacman -Syy
{{Note|用意されているのは現在 x86_64 用パッケージのみです。}}
 
 
インストールするパッケージは以下のようにグループ指定で選択することができます:
 
インストールするパッケージは以下のようにグループ指定で選択することができます:
 
  # pacman -S mozc-im
 
  # pacman -S mozc-im

Revision as of 16:38, 16 October 2012

Mozc は Chromium OS、Windows、Mac、あるいは Linux など、マルチプラットフォームで動作するよう設計された日本語インプットメソッドエディタ (IME) であり、このオープンソースプロジェクトは Google 日本語入力 から派生したものです。Mozc と Google 日本語入力との差異は About Mozc で説明されています (簡単に言うと、Mozc は辞書やその関連データが Google 日本語入力と異なっているか省略されており、Google 日本語入力と同等の変換品質は持ちません)。

インストール

Note: Mozc は ibusインプットメソッドフレームワークを使用します。IBus のインストールや設定については IBus を参照してください。

Mozc は AUR から利用可能です。このパッケージは以下のコンポーネントからなっています:

パッケージ mozc 説明
グループ mozc-im
コンポーネント mozc Mozc サーバ
ibus-mozc IBus 用モジュール
emacs-mozc Emacs 用 Mozc (任意)

Unofficial user repository を使う

Mozc の Unoficcial user repository が用意されています。これを使用する場合は以下を /etc/pacman.conf に追加します:

[pnsft-pur]
Server = http://downloads.sourceforge.net/project/pnsft-aur/pur/$arch
Note: 用意されているのは現在 x86_64 用パッケージのみです。

そしてパッケージデータベースを更新します:

# pacman -Syy

インストールするパッケージは以下のようにグループ指定で選択することができます:

# pacman -S mozc-im

または、例えば以下のように直接指定します:

# pacman -S mozc ibus-mozc emacs-mozc

PKGBUILD を使って Mozc をコンパイル

ビルドの準備

Mozc は依存パッケージの他、ビルドするために以下のパッケージが必要です:

Mozc のインストール前に、zinniaAURAUR からインストールしてください (AUR 支援ツールによっては Mozc ビルド時に自動的にインストールされます)。

PKGBUILD の編集

まず mozc の tarball を AUR から入手するか、AUR ツールを使用し、必要であれば PKGBUILD を編集します。

$ wget https://aur.archlinux.org/packages/mo/mozc/mozc.tar.gz
$ tar xvf mozc.tar.gz
$ cd mozc

Emacs で mozc.el を使用して日本語入力を行う場合は、_emacs_mozc= の行をコメントから解除してください:

## If you will be using mozc.el on Emacs, uncomment below.
_emacs_mozc="yes"

ビルドおよびインストール

PKGBUILD の編集が終わったら保存し、ビルド及びインストールします:

$ makepkg -s -i
Note: AUR 支援ツールの中には、分割パッケージに対応していないために、作成したパッケージのうちの一つしかインストールしようとしないものがあるかもしれません。その場合、インストールに失敗したり必要なパッケージがインストールされません。その時でも (makepkg が正常終了している限り) パッケージファイル (*.pkg.tar.xz) 自体は作成されていますので、ツールがビルドに使用したパスから探してすべてインストールしてください。

Mozc を利用可能にする

X または IBus を再起動し、Mozc を利用できるようにします。

設定

IBus の設定に関しては IBus を参照してください。

Mozc をデフォルトのインプットメソッドにするには、ibus-setup で設定します:

$ ibus-setup

「インプットメソッド」タブを選び、Mozc をインプットメソッドリストの先頭に移動します。

インプットメソッドの切り替えは、Template:Keypress (IBus のデフォルト) で行えます。

Emacs で Mozc を使う

mozc.el (mozc-mode) を使用し、LEIM (Library of Emacs Input Method) 経由で日本語を入力することができます。mozc-mode を使用するには、以下を .emacs.d/init.el あるいはその他の Emacs カスタム設定用ファイルに追加します:

(require 'mozc)  ; or (load-file "/path/to/mozc.el")
(setq default-input-method "japanese-mozc")

mozc.el は変換候補の表示スタイルに、候補のリストを入力中文字列のそばに表示する "overlay" モードを提供しています (Mozc r77以降)。このモードをデフォルトで利用する場合は、以下の設定を追加します:

(setq mozc-candidate-style 'overlay)

C-\ (`toggle-input-method') で mozc-mode のオン/オフを切り替えます。

Emacs 上で C-SPC が IM のオン・オフで使われてしまうのを抑止する

デスクトップ環境上で IM のオン・オフのキー割り当てに C-SPC を設定しており、Emacs 上でもそちらが優先されて C-SPC/C-@ で set-mark-command が使えなくて困る、という場合は、~/.Xresources~/.Xdefaults に以下を追加します。

Emacs*UseXIM: false

Tips

現在使用している Mozc のバージョンを表示する

Mozc 起動中に "ばーじょん" と入力し変換すると、変換候補の中に現在の Mozc のバージョン番号が表示されます:

ばーじょん
バージョン
ヴァージョン
ばーじょん
Mozc-1.6.1187.102  ⇐ Mozc のバージョン
...

Mozc tool コマンド

Mozc tool は以下のコマンドで起動できます。

  • Mozc プロパティ:
    $ /usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=config_dialog
  • Mozc 辞書ツール:
    $ /usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=dictionary_tool
  • Mozc 単語登録:
    $ /usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=word_register_dialog
  • Mozc 手書き文字入力:
    $ /usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=hand_writing
  • Mozc 文字パレット:
    $ /usr/lib/mozc/mozc_tool --mode=character_palette

ASCII キーボードで CapsLock キーを英数キーとして使用する

Mozc のプリセットのキーバインドや多くの日本語入力メソッドでは、変換前入力中の英数入力切り替えは、Template:Keypressキー、Template:Keypressキー、あるいはTemplate:Keypressキーなどに割り当てられていますが、ASCII キーボードにそれらはありません。CapsLock キーに英数キー (Eisu_toggle) を割り当てることで日本語キーボードと同じように使用できます (Mozc は CapsLock キーを認識しないようです)。

以下の設定では、OADG キーボードと等価な、Eisu_toggle を Template:Keypress キーに、Caps_Lock を Template:Keypress キーに割り当てます。

Warning: この設定はデスクトップ全体に作用します。

~/.Xmodmap を以下のように編集します:

keycode 66 = Eisu_toggle Caps_Lock
clear Lock

X 再起動するか、xmodmap コマンドを実行して編集を適用します:

$ xmodmap ~/.Xmodmap

トラブルシューティング

Mozc のビルドに失敗する (プロセスが強制終了される)

ビルドが以下のようなメッセージで異常終了した場合:

...
/bin/sh: 1 行:  xxxx 強制終了
...
make: *** [xxx/xxx ...] エラー 137
...

メモリ不足になっていないか確認してください。

Mozc をアップグレードし、X または IBus を再起動しても (リブートはしていない) 古い Mozc が動いている

古いバージョンの Mozc が終了されずにずっとメモリ上で動作しているのかもしれません。Mozc のプロセスを一度 kill してみてください:

$ killall mozc_server

Mozc バリエーション on AUR

MozcAUR は IBus にしか対応していませんが、macuim が uim-mozc プラグインを提供しており、mozc-svnAUR または mozc-utAUR で利用可能です (Input Japanese using uim を参照してください)。また Fcitx は fcitx-mozc を提供しており、mozc-fcitxAUR または mozc-svn で利用できます。

mozc-svn
mozc-svnAUR は Mozc 公開 svn リポジトリを使用してビルドします。uim-mozc および fcitx-mozc プラグインのビルドも対応しています。
Note: もし、Mozc を使うけど uim は使わない (ibus を使う) という場合は、mozc-svn を使うべきではないでしょう。mozc-svn は mozc とほとんど同じであり (公開されている svn リポジトリは実際は trunk ではなく mozc の公開バージョンがアップするタイミングでのみ更新されています)、makepkg にかかる時間はおそらく mozc-svn の方が長くなります。
mozc-ut
mozc-utAUR は Mozc に Mozc UT 辞書を追加します。これにより 35 万語以上がオリジナル辞書に追加されます。uim-mozc プラグインのビルドにも対応しています。
Note: mozc-ut のビルドには Mozc UT 辞書シードの生成のために更に長い時間がかかります。
mozc-fcitx
mozc-fcitxAURFcitx を使用する場合専用のパッケージです。

各パッケージは以下のように構成されています:

パッケージ mozc mozc-svn mozc-ut mozc-fcitx 説明
グループ mozc-im mozc-im-svn mozc-im-ut mozc-im
コンポーネント mozc mozc-svn mozc-ut -- Mozc サーバ
ibus-mozc ibus-mozc-svn ibus-mozc-ut -- IBus 用モジュール (任意)
N/A uim-mozc-svn uim-mozc-ut -- uim 用モジュール (任意)
N/A fcitx-mozc-svn N/A -- Fcitx 用モジュール (任意)
emacs-mozc emacs-mozc-svn emacs-mozc-ut -- Emacs 用 Mozc (任意)
-- -- -- mozc-fcitx mozc-fcitx パッケージ

関連項目