Difference between revisions of "Multilib (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
m
m
Line 16: Line 16:
 
[multilib] が有効になった64ビット環境の Arch Linux は Debian と似たディレクトリ構造をとります。32ビット互換ライブラリは {{ic|/usr/lib32/}} の下に置かれ、ネイティブの64ビットライブラリは {{ic|/usr/lib/}} の下に置かれます。
 
[multilib] が有効になった64ビット環境の Arch Linux は Debian と似たディレクトリ構造をとります。32ビット互換ライブラリは {{ic|/usr/lib32/}} の下に置かれ、ネイティブの64ビットライブラリは {{ic|/usr/lib/}} の下に置かれます。
  
== See also ==
+
== 関連項目 ==
  
* [[Arch64 FAQ#Multilib Repository - Multilib Project]]
+
* [[Arch64 FAQ (日本語)#Multilib レポジトリの場合]]
 
* [//mailman.archlinux.org/mailman/listinfo/arch-multilib arch-multilib] メーリングリスト
 
* [//mailman.archlinux.org/mailman/listinfo/arch-multilib arch-multilib] メーリングリスト

Revision as of 15:01, 6 August 2013

[multilib] リポジトリを有効にすることで、64ビット環境の Arch Linux で32ビットアプリケーションの動作・ビルドができるようになります。[multilib] は、32ビットバイナリアプリケーションの実行時に必要な、32ビット命令セットライブラリを含んだディレクトリを /usr/lib32/ の中に作ります。

この [multilib] リポジトリを有効にするには、/etc/pacman.conf から以下の部分をアンコメントしてください:

[multilib]
Include = /etc/pacman.d/mirrorlist

それからパッケージリストを更新するために pacman-Syy スイッチをつけて実行する必要があります。

ディレクトリ構造

[multilib] が有効になった64ビット環境の Arch Linux は Debian と似たディレクトリ構造をとります。32ビット互換ライブラリは /usr/lib32/ の下に置かれ、ネイティブの64ビットライブラリは /usr/lib/ の下に置かれます。

関連項目