Nemo (日本語)

From ArchWiki
Revision as of 17:13, 3 November 2013 by Lahwaacz (Talk | contribs) (設定: dconf-editor is a binary provided by package dconf)

Jump to: navigation, search

Template:Article summary start Template:Article summary text Template:Article summary heading Template:Article summary wiki Template:Article summary end

NemoNautilus のフォークです。Cinnamon デスクトップのファイルマネージャでもあります。

インストール

公式リポジトリから nemoインストールしてください。

エクステンション

Nemo に機能を追加できるプログラムがあります。そのようなことをするパッケージの一覧です:

  • Nemo File Roller — File Roller を Nemo に統合します。
https://github.com/linuxmint/nemo-extensions/tree/master/nemo-fileroller || nemo-fileroller
  • Nemo Seahorse — GnuPG を使って OpenPGP ファイルの暗号化・復号化を可能にします。
https://github.com/linuxmint/nemo-extensions/tree/master/nemo-python || nemo-seahorseAUR
  • RabbitVCS Nemo — RabbitVCS を Nemo に統合します。
http://www.rabbitvcs.org || rabbitvcs-nemoAUR

全てのエクステンションは nemo-extensions github repo を見て下さい。

設定

Nemo はグラフィカルに設定をすることができますが、nautilus の設定メニューから行える設定は全てではありません。dconf-editor を使って、もっと多くのオプションが org.nemo 下で利用できます。

デスクトップアイコンを表示・隠す

nemo のデスクトップアイコン表示機能を有効・無効にするには、次の設定を true か false に変更してください (false で非表示、true で表示):

$ gsettings set org.nemo.desktop show-desktop-icons false

Nemo をデフォルトのファイルブラウザにする

以下の行を ~/.local/share/applications/mimeapps.list ファイルの Default Applications セクションに追加して下さい:

[Default Applications]
inode/directory=nemo.desktop

Tips and tricks

Nemo アクション

Nemo では、ユーザーはコンテキストメニューに新しいエントリを追加することができます。ファイル /usr/share/nemo/actions/sample.nemo_action には Nemo のアクションのサンプルが含まれています。カスタムアクションファイルを置く場所は:

  • /usr/share/nemo/actions/ システム全体で使えるアクション
  • $HOME/.local/share/nemo/actions/ ユーザー別のアクション

名前の規則に注意してください。あなたのファイルは末尾が .nemo_action でなければなりません。

Clam スキャン

$HOME/.local/share/nemo/actions/clamscan.nemo_action
[Nemo Action]
Name=Clam Scan
Comment=Clam Scan

Exec=gnome-terminal -x sh -c "clamscan -r %F | less"

Icon-Name=bug-buddy

Selection=Any

Extensions=dir;exe;dll;zip;gz;7z;rar;

ファイルの移動

$HOME/.local/share/nemo/actions/archive.nemo_action
[Nemo Action]
Active=true
Name=Archive %N
Comment=Archiving %N will add .archive to the object.
Exec=<archive.py %F>
Selection=S
Extensions=any;
$HOME/.local/share/nemo/actions/archive.py
#! /usr/bin/python2 -OOt
import sys
import os
import shutil

filename = sys.argv[0]
print "Running " + filename
print "With the following arguments:"
for arg in sys.argv:
    if filename == arg:
        continue
    else:
        print arg
        #os.rename('%s','%s.archive') % (arg,arg)
        shutil.move(arg, arg+".archive")

Meld による比較

$HOME/.local/share/nemo/actions/compare-save-for-later.nemo_action
[Nemo Action]
Active=true
Name=Compare later
Comment=Save file for comparison later.
Exec=<compare.sh save %F>
Icon-Name=meld
Selection=S
Extensions=any
$HOME/.local/share/nemo/actions/compare-with-saved.nemo_action
[Nemo Action]
Active=true
Name=Compare with saved element
Comment=Compare %F saved file or directory.
Exec=<compare.sh compare %F>
Icon-Name=meld
Selection=S
Extensions=any
$HOME/.local/share/nemo/actions/compare.sh
#!/bin/bash
savedfile=/var/tmp/compare-save-for-later.$USER
comparator=meld
if [ "$1" == "save" ]; then
	echo "$2" > "$savedfile"
else
	"$comparator" $(cat "$savedfile") "$2"
fi