Difference between revisions of "Pacman Rosetta (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
m
m
Line 48: Line 48:
 
| ビルドに必要なパッケージをインストール・削除する。ソースパッケージの情報を使います。 ||automatic||yum-builddep||apt-get build-dep ||||zypper si -d||emerge -o  
 
| ビルドに必要なパッケージをインストール・削除する。ソースパッケージの情報を使います。 ||automatic||yum-builddep||apt-get build-dep ||||zypper si -d||emerge -o  
 
|- style="background:#e4e4e4"
 
|- style="background:#e4e4e4"
| アップデートされないようにパッケージをロックルールに追加する ||${EDITOR} /etc/pacman.conf<br/>IgnorePkg を修正する||yum.conf <--”exclude” option (add/amend)||<nowiki>echo "$PKGNAME hold" | dpkg --set-selections</nowiki> ||rug* lock-add  ||Put package name in /etc/zypp/locks||/etc/portage/package.mask
+
| アップデートされないようにパッケージをロックルールに追加する ||${EDITOR} /etc/pacman.conf<br/>IgnorePkg を修正する||yum.conf <--”exclude” option (add/amend)||<nowiki>echo "$PKGNAME hold" | dpkg --set-selections</nowiki> ||rug* lock-add  ||/etc/zypp/locks にパッケージ名を記述する||/etc/portage/package.mask
 
|-
 
|-
| パッケージのロックルールを削除 ||/etc/pacman.conf の IgnorePkg からパッケージを削除||yum.conf <--”exclude” option (remove/amend)||<nowiki>echo "$PKGNAME install" | dpkg --set-selections</nowiki> ||rug* lock-delete||Remove package name from /etc/zypp/locks||/etc/portage/package.mask (or package.unmask)  
+
| パッケージのロックルールを削除 ||/etc/pacman.conf の IgnorePkg からパッケージを削除||yum.conf <--”exclude” option (remove/amend)||<nowiki>echo "$PKGNAME install" | dpkg --set-selections</nowiki> ||rug* lock-delete||/etc/zypp/locks からパッケージ名を削除する||/etc/portage/package.mask (or package.unmask)  
 
|- style="background:#e4e4e4"
 
|- style="background:#e4e4e4"
 
| 全てのロックルールの一覧を表示 ||cat /etc/pacman.conf||yum.conf (research needed)||/etc/apt/preferences ||rug* lock-list||View /etc/zypp/locks||cat /etc/portage/package.mask
 
| 全てのロックルールの一覧を表示 ||cat /etc/pacman.conf||yum.conf (research needed)||/etc/apt/preferences ||rug* lock-list||View /etc/zypp/locks||cat /etc/portage/package.mask
Line 65: Line 65:
 
| 指定した操作をひとつ元に戻す。 ||N/A||yum history undo|||| ||n/a ||
 
| 指定した操作をひとつ元に戻す。 ||N/A||yum history undo|||| ||n/a ||
 
|- style="background:#e4e4e4"
 
|- style="background:#e4e4e4"
| Mark a package previously installed as a dependecy as explicitly required. ||pacman -D --asexplicit||||||||||emerge --select  
+
| 明示的に必要な依存パッケージとして以前インストールされたとしてパッケージに印を付ける。 ||pacman -D --asexplicit||||aptitude unmarkauto||||||emerge --select  
 +
|-
 +
| 依存パッケージとしてパッケージをインストール / 明示的に必要だと印を付けない。 ||pacman -S --asdeps||||||||||emerge -1
 
| ||||||||||||
 
| ||||||||||||
 
|-
 
|-
Line 74: Line 76:
 
| システム全体の情報のダンプを取得 - パッケージ管理システムの現在の状態を表示し、保存などする。テキストや XML 形式で出力される。rug は sqlite データベースとして情報を保存します。 (Note: Why either-or here? No tool offers the option to choose the output format.) ||(see /var/lib/pacman/local)||(see /var/lib/rpm/Packages)||apt-cache stats||rug dump||n/a ||emerge --info
 
| システム全体の情報のダンプを取得 - パッケージ管理システムの現在の状態を表示し、保存などする。テキストや XML 形式で出力される。rug は sqlite データベースとして情報を保存します。 (Note: Why either-or here? No tool offers the option to choose the output format.) ||(see /var/lib/pacman/local)||(see /var/lib/rpm/Packages)||apt-cache stats||rug dump||n/a ||emerge --info
 
|-
 
|-
| パッケージについての全ての情報を表示。The tools' verbosity for the default command vary. But with options, the tools are on par with each other. ||pacman -[S<nowiki>|</nowiki>Q]i ||yum list or info ||apt-cache show / apt-cache policy||rug info||zypper info      zypper if||emerge -S; emerge -pv; eix
+
| パッケージについての全ての情報を表示。デフォルトコマンドで表示されるツールの詳細度は異なります。オプションを付けた時は、どのツールも同じです。 ||pacman -[S<nowiki>|</nowiki>Q]i ||yum list or info ||apt-cache show / apt-cache policy||rug info||zypper info      zypper if||emerge -S; emerge -pv; eix
 
|- style="background:#e4e4e4"
 
|- style="background:#e4e4e4"
 
| 名前や説明の文章でパッケージを検索。デフォルトで名前と説明どちらが検索されるかはツールによって異なります。オプションが使うツールはほとんど同じです。 ||pacman -Ss ||yum search ||apt-cache search||rug search||zypper search  zypper se [-s]||emerge -S  
 
| 名前や説明の文章でパッケージを検索。デフォルトで名前と説明どちらが検索されるかはツールによって異なります。オプションが使うツールはほとんど同じです。 ||pacman -Ss ||yum search ||apt-cache search||rug search||zypper search  zypper se [-s]||emerge -S  
Line 84: Line 86:
 
| Displays packages which provide the given exp. aka reverse provides. Mainly a shortcut to search a specific field. Other tools might offer this functionality through the search command. ||pkgfile <filename>||yum whatprovides  yum provides ||apt-file search <filename>||rug what-provides||zypper what-provides&nbsp;&nbsp;&nbsp; zypper wp|| equery belongs (only installed packages); pfl
 
| Displays packages which provide the given exp. aka reverse provides. Mainly a shortcut to search a specific field. Other tools might offer this functionality through the search command. ||pkgfile <filename>||yum whatprovides  yum provides ||apt-file search <filename>||rug what-provides||zypper what-provides&nbsp;&nbsp;&nbsp; zypper wp|| equery belongs (only installed packages); pfl
 
|- style="background:#e4e4e4"
 
|- style="background:#e4e4e4"
| Display packages which require X to be installed, aka show reverse/ dependencies. rug's what-requires can operate on more than just package names. ||pacman -Sii||yum resolvedep ||apt-cache rdepends / aptitude search '~D pkgname'||rug what-requires||IN PROGRESS || equery depends
+
| X がインストールされるのに必要なパッケージを表示する (逆の依存パッケージを表示する)。rug の what-requires はパッケージ名以外も使えます。 ||pacman -Sii||yum resolvedep ||apt-cache rdepends / aptitude search ~Dpattern||rug what-requires||IN PROGRESS || equery depends
 
|-
 
|-
| Display packages which conflict with given expression (often package). Search can be used as well to mimic this function. rug's what-conflicts function operates on more than just package names ||(none)||repoquery --whatconflicts||||rug info-conflicts  rug what-conflicts||IN PROGRESS ||
+
| 指定された表現(パッケージ)と衝突するパッケージを表示する。検索を使ってこの機能と同じこともできます。rug の what-requires はパッケージ名以外も使えます ||(none)||repoquery --whatconflicts||aptitude search '~Cpattern'||rug info-conflicts  rug what-conflicts||IN PROGRESS ||
 
|- style="background:#e4e4e4"
 
|- style="background:#e4e4e4"
| List all packages which are required for the given package, aka show dependencies. ||pacman -[S<nowiki>|</nowiki>Q]i||yum deplist ||apt-cache depends / apt-cache show||rug info-requirements||IN PROGRESS || emerge -ep
+
| 指定されたパッケージに必要とされているパッケージを全て一覧する (依存パッケージを表示する)。 ||pacman -[S<nowiki>|</nowiki>Q]i||yum deplist ||apt-cache depends / apt-cache show||rug info-requirements||IN PROGRESS || emerge -ep
 
|-
 
|-
| List what the current package provides ||||yum provides ||||rug info-provides||IN PROGRESS||equery files
+
| 現在のパッケージが提供するファイルを一覧する ||||yum provides ||||rug info-provides||IN PROGRESS||equery files
 
|- style="background:#e4e4e4"
 
|- style="background:#e4e4e4"
| List the files that the package holds. Again, this functionality can be mimicked by other more complex commands. ||pacman -Ql $pkgname <br/>pkgfile -l ||yum provides ||dpkg -L / apt-file list||rug* file-list||IN PROGRESS ||equery files
+
| パッケージが保持しているファイルを一覧する、この機能はほかのコマンドを組み合わせることでも同じことができます。 ||pacman -Ql $pkgname <br/>pkgfile -l ||repoquery -l $pkgname ||dpkg -L / apt-file list||rug* file-list||IN PROGRESS ||equery files
 
|-
 
|-
 
| 特定のパッケージを必要としている全てのパッケージを一覧する ||||repoquery --whatrequires [--recursive]||||||||equery depends -a
 
| 特定のパッケージを必要としている全てのパッケージを一覧する ||||repoquery --whatrequires [--recursive]||||||||equery depends -a
 
|- style="background:#e4e4e4"
 
|- style="background:#e4e4e4"
| Search all packages to find the one which holds the specified file. auto-apt is using this functionality. ||pkgfile -s||yum provides  yum whatprovides ||apt-file search||rug* package-file  rug what-provides||IN PROGRESS ||equery belongs
+
| 全てのパッケージから特定のファイルを保持しているパッケージを検索する。auto-apt はこの機能を使っています。 ||pkgfile -s||yum provides  yum whatprovides ||apt-file search||rug* package-file  rug what-provides||IN PROGRESS ||equery belongs
 
|- style="background:#e4e4e4"
 
|- style="background:#e4e4e4"
| Display all packages that the specified packages obsoletes. ||||yum list obsoletes  ||apt-cache show||rug info-obsoletes||IN PROGRESS||  
+
| 指定したパッケージが廃止した全てのパッケージを表示する。 ||||yum list obsoletes  ||apt-cache show||rug info-obsoletes||IN PROGRESS||  
 
|-
 
|-
 
| 完全なシステムの依存関係の検証をする。インストール中に強制終了してしまった時に使用します。 ||testdb||yum deplist ||apt-get check ?  apt-cache unmet||rug verify  rug* dangling-requires||n/a || emerge -uDN world
 
| 完全なシステムの依存関係の検証をする。インストール中に強制終了してしまった時に使用します。 ||testdb||yum deplist ||apt-get check ?  apt-cache unmet||rug verify  rug* dangling-requires||n/a || emerge -uDN world
Line 104: Line 106:
 
| インストールされたパッケージのリストを生成する || pacman -Q || yum list installed || dpkg --get-selections |||| zypper  ||emerge -ep world
 
| インストールされたパッケージのリストを生成する || pacman -Q || yum list installed || dpkg --get-selections |||| zypper  ||emerge -ep world
 
|-
 
|-
| List packages that are installed but are not available in any installation source (anymore). ||pacman -Qm||yum list extras || deborphan || |||zypper se -si | grep 'System Packages'||eix-test-obsolete
+
| インストールされているがどのインストールソースからも利用できなくなっているパッケージを一覧する。 ||pacman -Qm||yum list extras || deborphan || |||zypper se -si | grep 'System Packages'||eix-test-obsolete
 
|- style="background:#e4e4e4"
 
|- style="background:#e4e4e4"
 
| List packages that were recently added to one of the installation sources, i.e. which are new to it. ||(none)||yum list recent ||aptitude search '~N' / aptitude forget-new||||n/a||eix-diff
 
| List packages that were recently added to one of the installation sources, i.e. which are new to it. ||(none)||yum list recent ||aptitude search '~N' / aptitude forget-new||||n/a||eix-diff
Line 110: Line 112:
 
| パッケージマネージャの操作ログを表示。 ||cat /var/log/pacman.log ||yum history  cat /var/log/yum.log||cat /var/log/dpkg.log||rug history || cat /var/log/zypp/history || located in /var/log/portage
 
| パッケージマネージャの操作ログを表示。 ||cat /var/log/pacman.log ||yum history  cat /var/log/yum.log||cat /var/log/dpkg.log||rug history || cat /var/log/zypp/history || located in /var/log/portage
 
|- style="background:#e4e4e4"
 
|- style="background:#e4e4e4"
| Clean up all local caches. Options might limit what is actually cleaned. Autoclean removes only unneeded, obsolete information. ||pacman -Sc<br/>pacman -Scc  ||yum clean ||apt-get clean / apt-get autoclean / aptitude clean|||| zypper clean || eclean distfiles
+
| 全てのローカルキャッシュを削除する。オプションを使って削除するものを制限できます。Autoclean は必要のない、古い情報を削除します。 ||pacman -Sc<br/>pacman -Scc  ||yum clean ||apt-get clean / apt-get autoclean / aptitude clean|||| zypper clean || eclean distfiles
 
|-
 
|-
 
| デバッグなどのためにローカルパッケージをローカルパッケージキャッシュに追加する。 ||cp $pkgname /var/cache/pacman/pkg/||||apt-cache add ||||n/a || cp $srcfile /usr/portage/distfiles
 
| デバッグなどのためにローカルパッケージをローカルパッケージキャッシュに追加する。 ||cp $pkgname /var/cache/pacman/pkg/||||apt-cache add ||||n/a || cp $srcfile /usr/portage/distfiles
 
|- style="background:#e4e4e4"
 
|- style="background:#e4e4e4"
| Display the source package to the given package name(s) ||||repoquery -s||apt-cache showsrc ||||n/a||
+
| 指定されたパッケージ名のソースパッケージを表示する ||||repoquery -s||apt-cache showsrc ||||n/a||
 
|-
 
|-
 
| Generates an output suitable for processing with dotty for the given package(s). ||||||apt-cache dotty ||||n/a ||
 
| Generates an output suitable for processing with dotty for the given package(s). ||||||apt-cache dotty ||||n/a ||
Line 136: Line 138:
 
| 指定したインストールソース、もしくは全てのインストールソースの情報を更新する。 ||pacman -Sy ||yum clean expire-cache && yum check-update ||apt-get update||rug refresh||zypper refresh  zypper ref||layman -f
 
| 指定したインストールソース、もしくは全てのインストールソースの情報を更新する。 ||pacman -Sy ||yum clean expire-cache && yum check-update ||apt-get update||rug refresh||zypper refresh  zypper ref||layman -f
 
|-
 
|-
| Prints a list of all installation sources including important information like URI, alias etc. ||cat /etc/pacman.d/mirrorlist||cat /etc/yum.repos.d/*||||rug service-list||zypper service-list ||layman -l
+
| URI, エイリアスなどの情報を含む全てのインストールソースの一覧を表示する。 ||cat /etc/pacman.d/mirrorlist||cat /etc/yum.repos.d/*||||rug service-list||zypper service-list ||layman -l
 
|- style="background:#e4e4e4"
 
|- style="background:#e4e4e4"
| Disable an installation source for an operation ||||yum --disablerepo=${REPO} ||||||||emerge package::repo-to-use
+
| インストールソースを無効化する ||||yum --disablerepo=${REPO} ||||||||emerge package::repo-to-use
 
|-  
 
|-  
| インストールしているのとは別のバージョンのディストリビューションからパッケージをダウンロード。 ||||yum --releasever=${VERSION} ||||||||echo "category/package ~amd64" >> /etc/portage/package.keywords && emerge package
+
| インストールしているのとは別のバージョンのディストリビューションからパッケージをダウンロード。 ||||yum --releasever=${VERSION} ||apt-get install -t release package/ apt-get install package/release (deps not covered)||||||echo "category/package ~amd64" >> /etc/portage/package.keywords && emerge package
 
|- style="background:#e4e4e4"
 
|- style="background:#e4e4e4"
 
| '''''その他のコマンド''''' ||||||||||||
 
| '''''その他のコマンド''''' ||||||||||||
Line 174: Line 176:
 
| 特定のファイルを提供するパッケージを問い合わせる ||pacman -Qo ||rpm -qf (installed only) or yum whatprovides (everything) ||dpkg -S/dlocate||||||equery belongs
 
| 特定のファイルを提供するパッケージを問い合わせる ||pacman -Qo ||rpm -qf (installed only) or yum whatprovides (everything) ||dpkg -S/dlocate||||||equery belongs
 
|- style="background:#e4e4e4"
 
|- style="background:#e4e4e4"
| Query a package supplied on the command line rather than an entry in the package management database||pacman -Qp||rpm -qp||dpkg -I||||||
+
| パッケージ管理データベースのエントリではなくコマンドラインのパッケージを問い合わせる||pacman -Qp||rpm -qp||dpkg -I||||||
 
|-
 
|-
| パッケージの変更履歴を表示||pacman -Qc||rpm -q --changelog|||||||||equery changes -f
+
| パッケージの変更履歴を表示||pacman -Qc||rpm -q --changelog||apt-get changelog|||||||equery changes -f
 
|- style="background:#e4e4e4"
 
|- style="background:#e4e4e4"
| ローカルにインストールされたパッケージを名前や説明で検索 ||pacman -Qs|| |||||||||eix -S -I
+
| ローカルにインストールされたパッケージを名前や説明で検索 ||pacman -Qs|| ||aptitude search <nowiki>'~i(~nexpr|~dexpr)'</nowiki>|||||||eix -S -I
 
|-
 
|-
 
| ||||||||||||
 
| ||||||||||||
Line 190: Line 192:
 
| パッケージの問題をチェック||||rpmlint ||lintian||||||repoman
 
| パッケージの問題をチェック||||rpmlint ||lintian||||||repoman
 
|- style="background:#e4e4e4"
 
|- style="background:#e4e4e4"
| パッケージファイルの中身を一覧する||pacman -Qpl <file>||rpmls rpm -qpl||||rpm -qpl||rpm -qpl||
+
| パッケージファイルの中身を一覧する||pacman -Qpl <file>||rpmls rpm -qpl||dpkg -L||rpm -qpl||rpm -qpl||
 
|-
 
|-
 
| パッケージを展開 ||tar -Jxvf||<nowiki>rpm2cpio | cpio -vid</nowiki>||<nowiki>ar vx | tar -zxvf data.tar.gz</nowiki>||<nowiki>rpm2cpio | cpio -vid</nowiki>||<nowiki>rpm2cpio | cpio -vid</nowiki>||tar -jxvf
 
| パッケージを展開 ||tar -Jxvf||<nowiki>rpm2cpio | cpio -vid</nowiki>||<nowiki>ar vx | tar -zxvf data.tar.gz</nowiki>||<nowiki>rpm2cpio | cpio -vid</nowiki>||<nowiki>rpm2cpio | cpio -vid</nowiki>||tar -jxvf
 
|- style="background:#e4e4e4"
 
|- style="background:#e4e4e4"
| Query a package supplied on the command line rather than an entry in the package management database||pacman -Qp||rpm -qp||dpkg -I||||||
+
| パッケージ管理データベースのエントリではなくコマンドラインのパッケージを問い合わせる||pacman -Qp||rpm -qp||dpkg -I||||||
 
|-
 
|-
 
| align="center" style="background:#f0f0f0;"|'''<font color="#707070">操作</font>'''
 
| align="center" style="background:#f0f0f0;"|'''<font color="#707070">操作</font>'''

Revision as of 14:45, 25 October 2013

このページは openSUSE's Software Management Command Line Comparison を基にして作っています。Arch を比較にいれて単純化し、Arch ユーザーにとって使いやすいようにディストリビューションの順番を並び替えました。

他の Linux ディストリビューションのユーザーが pacman の恩恵を受けることができるようにするシンプルなラッパーがあります: pacapt。このスクリプトは一時的に他のディストリビューションを使っている Arch ユーザーの使用も考えられています。

Note:
  • ここで記述されているツールのいくつかは特定のバージョンの pacman にしか対応していません。-Qk オプションは pacman 4.1 で新しく作成されました。
  • pkgfile コマンドは pkgfile パッケージにあります。
操作 Arch Red Hat/Fedora Debian/Ubuntu (旧) SUSE openSUSE Gentoo
名前でパッケージをインストール pacman -S yum install apt-get install rug install zypper install zypper in emerge [-a]
名前でパッケージを削除 pacman -Rc yum remove/erase apt-get remove rug remove/erase zypper remove zypper rm emerge -C
名前や説明の文章でパッケージを検索。デフォルトで名前と説明どちらが検索されるかはツールによって異なります。オプションが使うツールはほとんど同じです。 pacman -Ss yum search apt-cache search rug search zypper search zypper se [-s] emerge -S
パッケージを更新する - 新しいバージョンのパッケージをインストール pacman -Syu yum update apt-get upgrade rug update zypper update zypper up emerge -u world
パッケージを更新する - アップデートコマンドの別方式で、より複雑なアップデートが行えます -- 例えばディストリビューションのアップグレードなどです。通常のアップグレードコマンドで省略されるようなアップグレードは、このコマンドで行うことができます。 pacman -Syu yum distro-sync apt-get dist-upgrade zypper dup emerge -uDN world
パッケージを再インストール - 依存関係を考えずに指定されたパッケージを再インストールする。 pacman -S yum reinstall apt-get install --reinstall zypper install --force emerge [-a]
ローカルのパッケージファイル (例: app.rpm) をインストールしインストールソースを使って依存関係を解決する pacman -U yum localinstall dpkg -i && apt-get install -f zypper in /path/to/local.rpm emerge
ローカルパッケージでパッケージを更新してインストールソースを使って依存関係を解決する pacman -U yum localupdate n/a emerge
システムの破損した依存関係を修正する pacman dep level - testdb, shared lib level - findbrokenpkgs or lddd package-cleanup --problems apt-get --fix-broken / aptitude install rug* solvedeps zypper verify revdep-rebuild
指定されたパッケージのダウンロードだけ行う、パッケージの解凍やインストールはしない pacman -Sw yumdownloader (found in yum-utils package) apt-get --download-only zypper --download-only / aptitude download emerge --fetchonly
そのパッケージを必要としていたパッケージが削除されたなどして、必要なくなった依存パッケージを削除する。 pacman -Qdtq | pacman -Rs - package-cleanup --leaves apt-get autoremove n/a emerge --depclean
指定されたパッケージ名に対応するソースパッケージをダウンロード ABS を使う && makepkg -o yumdownloader --source apt-get source / debcheckout zypper source-install emerge --fetchonly
リポジトリから既に外されたパッケージを削除。 package-cleanup --orphans
ビルドに必要なパッケージをインストール・削除する。ソースパッケージの情報を使います。 automatic yum-builddep apt-get build-dep zypper si -d emerge -o
アップデートされないようにパッケージをロックルールに追加する ${EDITOR} /etc/pacman.conf
IgnorePkg を修正する
yum.conf <--”exclude” option (add/amend) echo "$PKGNAME hold" | dpkg --set-selections rug* lock-add /etc/zypp/locks にパッケージ名を記述する /etc/portage/package.mask
パッケージのロックルールを削除 /etc/pacman.conf の IgnorePkg からパッケージを削除 yum.conf <--”exclude” option (remove/amend) echo "$PKGNAME install" | dpkg --set-selections rug* lock-delete /etc/zypp/locks からパッケージ名を削除する /etc/portage/package.mask (or package.unmask)
全てのロックルールの一覧を表示 cat /etc/pacman.conf yum.conf (research needed) /etc/apt/preferences rug* lock-list View /etc/zypp/locks cat /etc/portage/package.mask
ロールバックのためにパッケージシステムにチェックポイントを追加する (不必要、自動で行われます) rug* checkpoint-add n/a
システムからチェックポイントを削除する N/A N/A rug* checkpoint-remove n/a
全てのシステムチェックポイントを一覧する N/A yum history list rug* checkpoints n/a
特定の月日やチェックポイントまで全てのパッケージをロールバックする。 N/A yum history rollback rug* rollback n/a
指定した操作をひとつ元に戻す。 N/A yum history undo n/a
明示的に必要な依存パッケージとして以前インストールされたとしてパッケージに印を付ける。 pacman -D --asexplicit aptitude unmarkauto emerge --select
依存パッケージとしてパッケージをインストール / 明示的に必要だと印を付けない。 pacman -S --asdeps emerge -1
パッケージ情報の管理
システム全体の情報のダンプを取得 - パッケージ管理システムの現在の状態を表示し、保存などする。テキストや XML 形式で出力される。rug は sqlite データベースとして情報を保存します。 (Note: Why either-or here? No tool offers the option to choose the output format.) (see /var/lib/pacman/local) (see /var/lib/rpm/Packages) apt-cache stats rug dump n/a emerge --info
パッケージについての全ての情報を表示。デフォルトコマンドで表示されるツールの詳細度は異なります。オプションを付けた時は、どのツールも同じです。 pacman -[S|Q]i yum list or info apt-cache show / apt-cache policy rug info zypper info zypper if emerge -S; emerge -pv; eix
名前や説明の文章でパッケージを検索。デフォルトで名前と説明どちらが検索されるかはツールによって異なります。オプションが使うツールはほとんど同じです。 pacman -Ss yum search apt-cache search rug search zypper search zypper se [-s] emerge -S
更新があるパッケージを一覧する。 Note: Some provide special commands to limit the output to certain installation sources, others use options. pacman -Qu yum list updates yum check-update apt-get upgrade -> n rug list-updates rug summary zypper list-updates zypper patch-check (just for patches) emerge -uDNp world
パッケージマネージャによって管理されている全てのインストールソースの全てのパッケージを一覧する。ツールによっては出力するインストールソースを制限できるオプションやコマンドがあります。 pacman -Sl yum list available apt-cache dumpavail apt-cache dump (Cache only) apt-cache pkgnames rug packages zypper packages emerge -ep world
Displays packages which provide the given exp. aka reverse provides. Mainly a shortcut to search a specific field. Other tools might offer this functionality through the search command. pkgfile <filename> yum whatprovides yum provides apt-file search <filename> rug what-provides zypper what-provides    zypper wp equery belongs (only installed packages); pfl
X がインストールされるのに必要なパッケージを表示する (逆の依存パッケージを表示する)。rug の what-requires はパッケージ名以外も使えます。 pacman -Sii yum resolvedep apt-cache rdepends / aptitude search ~Dpattern rug what-requires IN PROGRESS equery depends
指定された表現(パッケージ)と衝突するパッケージを表示する。検索を使ってこの機能と同じこともできます。rug の what-requires はパッケージ名以外も使えます (none) repoquery --whatconflicts aptitude search '~Cpattern' rug info-conflicts rug what-conflicts IN PROGRESS
指定されたパッケージに必要とされているパッケージを全て一覧する (依存パッケージを表示する)。 pacman -[S|Q]i yum deplist apt-cache depends / apt-cache show rug info-requirements IN PROGRESS emerge -ep
現在のパッケージが提供するファイルを一覧する yum provides rug info-provides IN PROGRESS equery files
パッケージが保持しているファイルを一覧する、この機能はほかのコマンドを組み合わせることでも同じことができます。 pacman -Ql $pkgname
pkgfile -l
repoquery -l $pkgname dpkg -L / apt-file list rug* file-list IN PROGRESS equery files
特定のパッケージを必要としている全てのパッケージを一覧する repoquery --whatrequires [--recursive] equery depends -a
全てのパッケージから特定のファイルを保持しているパッケージを検索する。auto-apt はこの機能を使っています。 pkgfile -s yum provides yum whatprovides apt-file search rug* package-file rug what-provides IN PROGRESS equery belongs
指定したパッケージが廃止した全てのパッケージを表示する。 yum list obsoletes apt-cache show rug info-obsoletes IN PROGRESS
完全なシステムの依存関係の検証をする。インストール中に強制終了してしまった時に使用します。 testdb yum deplist apt-get check ? apt-cache unmet rug verify rug* dangling-requires n/a emerge -uDN world
インストールされたパッケージのリストを生成する pacman -Q yum list installed dpkg --get-selections zypper emerge -ep world
インストールされているがどのインストールソースからも利用できなくなっているパッケージを一覧する。 pacman -Qm yum list extras deborphan zypper se -si | grep 'System Packages' eix-test-obsolete
List packages that were recently added to one of the installation sources, i.e. which are new to it. (none) yum list recent aptitude search '~N' / aptitude forget-new n/a eix-diff
パッケージマネージャの操作ログを表示。 cat /var/log/pacman.log yum history cat /var/log/yum.log cat /var/log/dpkg.log rug history cat /var/log/zypp/history located in /var/log/portage
全てのローカルキャッシュを削除する。オプションを使って削除するものを制限できます。Autoclean は必要のない、古い情報を削除します。 pacman -Sc
pacman -Scc
yum clean apt-get clean / apt-get autoclean / aptitude clean zypper clean eclean distfiles
デバッグなどのためにローカルパッケージをローカルパッケージキャッシュに追加する。 cp $pkgname /var/cache/pacman/pkg/ apt-cache add n/a cp $srcfile /usr/portage/distfiles
指定されたパッケージ名のソースパッケージを表示する repoquery -s apt-cache showsrc n/a
Generates an output suitable for processing with dotty for the given package(s). apt-cache dotty n/a
アップグレードを避けたり、ダウングレードを強制したりデフォルトの挙動を上書きするために、指定したパッケージの優先権を設定する。特定のインストールソースのパッケージバージョンを優先するためにも使うことができます。 ${EDITOR} /etc/pacman.conf
Modify HoldPkg and/or IgnorePkg arrays
yum-plugin-priorities and yum-plugin-protect-packages /etc/apt/preferences, apt-cache policy zypper mr -p ${EDITOR} /etc/portage/package.keywords
Add a line with =category/package-version
先に設定した優先権を削除する /etc/apt/preferences zypper mr -p ${EDITOR} /etc/portage/package.keywords
remove offending line
設定した優先権のリストを表示する。 apt-cache policy /etc/apt/preferences n/a cat /etc/portage/package.keywords
優先権が引き起こす可能性がある問題を無視する。 n/a
インストールソースの管理 ${EDITOR} /etc/pacman.conf ${EDITOR} /etc/yum.repos.d/${REPO}.repo ${EDITOR} /etc/apt/sources.list layman
インストールソースをシステムに追加する。 Some tools provide additional commands for certain sources, others allow all types of source URI for the add command. Again others, like apt and yum force editing a sources list. apt-cdrom is a special command, which offers special options design for CDs/DVDs as source. ${EDITOR} /etc/pacman.conf ${EDITOR} /etc/yum.repos.d/${REPO}.repo apt-cdrom add rug service-add rug mount /local/dir zypper service-add layman, overlays
指定したインストールソース、もしくは全てのインストールソースの情報を更新する。 pacman -Sy yum clean expire-cache && yum check-update apt-get update rug refresh zypper refresh zypper ref layman -f
URI, エイリアスなどの情報を含む全てのインストールソースの一覧を表示する。 cat /etc/pacman.d/mirrorlist cat /etc/yum.repos.d/* rug service-list zypper service-list layman -l
インストールソースを無効化する yum --disablerepo=${REPO} emerge package::repo-to-use
インストールしているのとは別のバージョンのディストリビューションからパッケージをダウンロード。 yum --releasever=${VERSION} apt-get install -t release package/ apt-get install package/release (deps not covered) echo "category/package ~amd64" >> /etc/portage/package.keywords && emerge package
その他のコマンド
シェルを起動し複数のコマンドを一度に入力する yum shell apt-config shell zypper shell
パッケージの検証
ひとつのパッケージ pacman -Qk[k] <package> rpm -V <package> debsums rpm -V <package> rpm -V <package> equery check
全てのパッケージ pacman -Qk[k] rpm -Va debsums rpm -Va rpm -Va equery check
パッケージの問い合わせ
インストールされたパッケージとそのバージョンを一覧する pacman -Q rpm -qa dpkg -l emerge -e world
ローカルのパッケージの情報を表示: 名前、バージョン、説明など。 pacman -Qi rpm -qi dpkg -s emerge -pv and emerge -S
リモートのパッケージの情報を表示: 名前、バージョン、説明など。 pacman -Si yum info apt-cache show / aptitude show emerge -pv and emerge -S
ローカルのパッケージによって提供されたファイルを表示 pacman -Ql rpm -ql dpkg -L equery files
リモートのパッケージによって提供されるファイルを表示 pkgfile -l repoquery -l pfl
特定のファイルを提供するパッケージを問い合わせる pacman -Qo rpm -qf (installed only) or yum whatprovides (everything) dpkg -S/dlocate equery belongs
パッケージ管理データベースのエントリではなくコマンドラインのパッケージを問い合わせる pacman -Qp rpm -qp dpkg -I
パッケージの変更履歴を表示 pacman -Qc rpm -q --changelog apt-get changelog equery changes -f
ローカルにインストールされたパッケージを名前や説明で検索 pacman -Qs aptitude search '~i(~nexpr|~dexpr)' eix -S -I
パッケージのビルド
パッケージをビルドする makepkg -s rpmbuild -ba (normal) mock (in chroot) debuild rpmbuild -ba rpmbuild -ba ebuild; quickpkg
パッケージの問題をチェック rpmlint lintian repoman
パッケージファイルの中身を一覧する pacman -Qpl <file> rpmls rpm -qpl dpkg -L rpm -qpl rpm -qpl
パッケージを展開 tar -Jxvf rpm2cpio | cpio -vid ar vx | tar -zxvf data.tar.gz rpm2cpio | cpio -vid rpm2cpio | cpio -vid tar -jxvf
パッケージ管理データベースのエントリではなくコマンドラインのパッケージを問い合わせる pacman -Qp rpm -qp dpkg -I
操作 Arch Red Hat/Fedora Debian/Ubuntu (旧) SUSE openSUSE Gentoo