Difference between revisions of "Pacman Rosetta (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
 
m
Line 6: Line 6:
 
このページは [http://old-en.opensuse.org/Software_Management_Command_Line_Comparison openSUSE's Software Management Command Line Comparison] を基にして作っています。Arch を比較にいれて単純化し、Arch ユーザーにとって使いやすいようにディストリビューションの順番を並び替えました。
 
このページは [http://old-en.opensuse.org/Software_Management_Command_Line_Comparison openSUSE's Software Management Command Line Comparison] を基にして作っています。Arch を比較にいれて単純化し、Arch ユーザーにとって使いやすいようにディストリビューションの順番を並び替えました。
  
他の Linux ディストリビューションから移ってきたユーザーのために pacman の恩恵を受けることができるようにするシンプルなラッパーがあります: [https://github.com/icy/pacapt pacapt]。このスクリプトは一時的に他のディストリビューションを使っている Arch ユーザーの使用も考えられています。
+
他の Linux ディストリビューションのユーザーが pacman の恩恵を受けることができるようにするシンプルなラッパーがあります: [https://github.com/icy/pacapt pacapt]。このスクリプトは一時的に他のディストリビューションを使っている Arch ユーザーの使用も考えられています。
  
 
{{Note|ここで記述されているツールのいくつかは特定のバージョンの pacman にしか対応していません。-Qk オプションは pacman 4.1 で新しく作成されました。}}
 
{{Note|ここで記述されているツールのいくつかは特定のバージョンの pacman にしか対応していません。-Qk オプションは pacman 4.1 で新しく作成されました。}}

Revision as of 13:43, 10 April 2013

このページは openSUSE's Software Management Command Line Comparison を基にして作っています。Arch を比較にいれて単純化し、Arch ユーザーにとって使いやすいようにディストリビューションの順番を並び替えました。

他の Linux ディストリビューションのユーザーが pacman の恩恵を受けることができるようにするシンプルなラッパーがあります: pacapt。このスクリプトは一時的に他のディストリビューションを使っている Arch ユーザーの使用も考えられています。

Note: ここで記述されているツールのいくつかは特定のバージョンの pacman にしか対応していません。-Qk オプションは pacman 4.1 で新しく作成されました。
Note: pkgfile コマンドは pkgfile パッケージにあります。
操作 Arch Red Hat/Fedora Debian/Ubuntu (旧) SUSE openSUSE Gentoo
名前でパッケージをインストール pacman -S yum install apt-get install rug install zypper install zypper in emerge [-a]
名前でパッケージを削除 pacman -Rc yum remove/erase apt-get remove rug remove/erase zypper remove zypper rm emerge -C
名前や説明の文章でパッケージを検索。デフォルトで名前と説明どちらが検索されるかはツールによって異なります。オプションが使うツールはほとんど同じです。 pacman -Ss yum search apt-cache search rug search zypper search zypper se [-s] emerge -S
パッケージを更新する - 新しいバージョンのパッケージをインストール pacman -Syu yum update apt-get upgrade rug update zypper update zypper up emerge -u world
パッケージを更新する - アップデートコマンドの別方式で、より複雑なアップデートが行えます -- 例えばディストリビューションのアップグレードなどです。通常のアップグレードコマンドで省略されるようなアップグレードは、このコマンドで行うことができます。 pacman -Syu yum distro-sync apt-get dist-upgrade zypper dup emerge -uDN world
パッケージを再インストール - 依存関係を考えずに指定されたパッケージを再インストールする。 pacman -S yum reinstall apt-get install --reinstall zypper install --force emerge [-a]
ローカルのパッケージファイル (例: app.rpm) をインストールしインストールソースを使って依存関係を解決する pacman -U yum localinstall dpkg -i && apt-get install -f zypper in /path/to/local.rpm emerge
ローカルパッケージでパッケージを更新してインストールソースを使って依存関係を解決する pacman -U yum localupdate n/a emerge
システムの破損した依存関係を修正する pacman dep level - testdb, shared lib level - findbrokenpkgs or lddd package-cleanup --problems apt-get --fix-broken rug* solvedeps zypper verify revdep-rebuild
指定されたパッケージのダウンロードだけ行う、パッケージの解凍やインストールはしない pacman -Sw yumdownloader (found in yum-utils package) apt-get --download-only zypper --download-only emerge --fetchonly
そのパッケージを必要としていたパッケージが削除されたなどして、必要なくなった依存パッケージを削除する。 pacman -Qdtq | pacman -Rs - package-cleanup --leaves apt-get autoremove n/a emerge --depclean
指定されたパッケージ名に対応するソースパッケージをダウンロード Use ABS && makepkg -o yumdownloader --source apt-get source zypper source-install emerge --fetchonly
リポジトリから既に外されたパッケージを削除。 package-cleanup --orphans
ビルドに必要なパッケージをインストール・削除する。ソースパッケージの情報を使います。 automatic yum-builddep apt-get build-dep zypper si -d emerge -o
アップデートされないようにパッケージをロックルールに追加する ${EDITOR} /etc/pacman.conf
IgnorePkg を修正する
yum.conf <--”exclude” option (add/amend) echo "$PKGNAME hold" | dpkg --set-selections rug* lock-add Put package name in /etc/zypp/locks /etc/portage/package.mask
パッケージのロックルールを削除 /etc/pacman.conf の IgnorePkg からパッケージを削除 yum.conf <--”exclude” option (remove/amend) echo "$PKGNAME install" | dpkg --set-selections rug* lock-delete Remove package name from /etc/zypp/locks /etc/portage/package.mask (or package.unmask)
全てのロックルールの一覧を表示 cat /etc/pacman.conf yum.conf (research needed) /etc/apt/preferences rug* lock-list View /etc/zypp/locks cat /etc/portage/package.mask
ロールバックのためにパッケージシステムにチェックポイントを追加する (不必要、自動で行われます) rug* checkpoint-add n/a
システムからチェックポイントを削除する N/A N/A rug* checkpoint-remove n/a
全てのシステムチェックポイントを一覧する N/A yum history list rug* checkpoints n/a
特定の月日やチェックポイントまで全てのパッケージをロールバックする。 N/A yum history rollback rug* rollback n/a
指定した操作をひとつ元に戻す。 N/A yum history undo n/a
パッケージ情報の管理
システム全体の情報のダンプを取得 - パッケージ管理システムの現在の状態を表示し、保存などする。テキストや XML 形式で出力される。rug は sqlite データベースとして情報を保存します。 (Note: Why either-or here? No tool offers the option to choose the output format.) (see /var/lib/pacman/local) (see /var/lib/rpm/Packages) apt-cache stats rug dump n/a emerge --info
パッケージについての全ての情報を表示。The tools' verbosity for the default command vary. But with options, the tools are on par with each other. pacman -[S|Q]i yum list or info apt-cache showpkg apt-cache show rug info zypper info zypper if emerge -S; emerge -pv; eix
名前や説明の文章でパッケージを検索。デフォルトで名前と説明どちらが検索されるかはツールによって異なります。オプションが使うツールはほとんど同じです。 pacman -Ss yum search apt-cache search rug search zypper search zypper se [-s] emerge -S
更新があるパッケージを一覧する。 Note: Some provide special commands to limit the output to certain installation sources, others use options. pacman -Qu yum list updates yum check-update apt-get upgrade -> n rug list-updates rug summary zypper list-updates zypper patch-check (just for patches) emerge -uDNp world
パッケージマネージャによって管理されている全てのインストールソースの全てのパッケージを一覧する。ツールによっては出力するインストールソースを制限できるオプションやコマンドがあります。 pacman -Sl yum list available apt-cache dumpavail apt-cache dump (Cache only) apt-cache pkgnames rug packages zypper packages emerge -ep world
Displays packages which provide the given exp. aka reverse provides. Mainly a shortcut to search a specific field. Other tools might offer this functionality through the search command. pkgfile <filename> yum whatprovides yum provides apt-file search <filename> rug what-provides zypper what-provides    zypper wp equery belongs (only installed packages); pfl
Display packages which require X to be installed, aka show reverse/ dependencies. rug's what-requires can operate on more than just package names. pacman -Sii yum resolvedep apt-cache rdepends rug what-requires IN PROGRESS equery depends
Display packages which conflict with given expression (often package). Search can be used as well to mimic this function. rug's what-conflicts function operates on more than just package names (none) repoquery --whatconflicts rug info-conflicts rug what-conflicts IN PROGRESS
List all packages which are required for the given package, aka show dependencies. pacman -[S|Q]i yum deplist apt-cache depends rug info-requirements IN PROGRESS emerge -ep
List what the current package provides yum provides rug info-provides IN PROGRESS equery files
List the files that the package holds. Again, this functionality can be mimicked by other more complex commands. pacman -Ql $pkgname
pkgfile -l
yum provides apt-file list rug* file-list IN PROGRESS equery files
特定のパッケージを必要としている全てのパッケージを一覧する repoquery --whatrequires [--recursive] equery depends -a
Search all packages to find the one which holds the specified file. auto-apt is using this functionality. pkgfile -s yum provides yum whatprovides apt-file search rug* package-file rug what-provides IN PROGRESS equery belongs
Display all packages that the specified packages obsoletes. yum list obsoletes apt-cache / grep rug info-obsoletes IN PROGRESS
完全なシステムの依存関係の検証をする。インストール中に強制終了してしまった時に使用します。 testdb yum deplist apt-get check ? apt-cache unmet rug verify rug* dangling-requires n/a emerge -uDN world
インストールされたパッケージのリストを生成する pacman -Q yum list installed dpkg --get-selections zypper emerge -ep world
List packages that are installed but are not available in any installation source (anymore). pacman -Qm yum list extras deborphan zypper se -si | grep 'System Packages' eix-test-obsolete
List packages that were recently added to one of the installation sources, i.e. which are new to it. Note: Synaptic has this functionality, however apt doesn't seem to be the provider. (none) yum list recent n/a eix-diff
パッケージマネージャの操作ログを表示。 cat /var/log/pacman.log yum history cat /var/log/yum.log cat /var/log/dpkg.log rug history cat /var/log/zypp/history located in /var/log/portage
Clean up all local caches. Options might limit what is actually cleaned. Autoclean removes only unneeded, obsolete information. pacman -Sc
pacman -Scc
yum clean apt-get clean apt-get autoclean zypper clean eclean distfiles
デバッグなどのためにローカルパッケージをローカルパッケージキャッシュに追加する。 cp $pkgname /var/cache/pacman/pkg/ apt-cache add n/a cp $srcfile /usr/portage/distfiles
Display the source package to the given package name(s) repoquery -s apt-cache showsrc n/a
Generates an output suitable for processing with dotty for the given package(s). apt-cache dotty n/a
アップグレードを避けたり、ダウングレードを強制したりデフォルトの挙動を上書きするために、指定したパッケージの優先権を設定する。特定のインストールソースのパッケージバージョンを優先するためにも使うことができます。 ${EDITOR} /etc/pacman.conf
Modify HoldPkg and/or IgnorePkg arrays
yum-plugin-priorities and yum-plugin-protect-packages /etc/apt/preferences smart priority –set zypper mr -p ${EDITOR} /etc/portage/package.keywords
Add a line with =category/package-version
先に設定した優先権を削除する /etc/apt/preferences smart priority --remove zypper mr -p ${EDITOR} /etc/portage/package.keywords
remove offending line
設定した優先権のリストを表示する。 apt-cache policy /etc/apt/preferences smart priority --show n/a cat /etc/portage/package.keywords
優先権が引き起こす可能性がある問題を無視する。 n/a
インストールソースの管理 ${EDITOR} /etc/pacman.conf ${EDITOR} /etc/yum.repos.d/${REPO}.repo ${EDITOR} /etc/apt/sources.list layman
インストールソースをシステムに追加する。 Some tools provide additional commands for certain sources, others allow all types of source URI for the add command. Again others, like apt and yum force editing a sources list. apt-cdrom is a special command, which offers special options design for CDs/DVDs as source. ${EDITOR} /etc/pacman.conf ${EDITOR} /etc/yum.repos.d/${REPO}.repo apt-cdrom add rug service-add rug mount /local/dir zypper service-add layman, overlays
指定したインストールソース、もしくは全てのインストールソースの情報を更新する。 pacman -Sy yum clean expire-cache && yum check-update apt-get update rug refresh zypper refresh zypper ref layman -f
Prints a list of all installation sources including important information like URI, alias etc. cat /etc/pacman.d/mirrorlist cat /etc/yum.repos.d/* rug service-list zypper service-list layman -l
Disable an installation source for an operation yum --disablerepo=${REPO} emerge package::repo-to-use
インストールしているのとは別のバージョンのディストリビューションからパッケージをダウンロード。 yum --releasever=${VERSION} echo "category/package ~amd64" >> /etc/portage/package.keywords && emerge package
その他のコマンド
シェルを起動し複数のコマンドを一度に入力する yum shell apt-config shell zypper shell
パッケージの検証
ひとつのパッケージ pacman -Qk[k] <package> rpm -V <package> debsums rpm -V <package> rpm -V <package> equery check
全てのパッケージ pacman -Qk[k] rpm -Va debsums rpm -Va rpm -Va equery check
パッケージの問い合わせ
インストールされたパッケージとそのバージョンを一覧する pacman -Q rpm -qa dpkg-query -l emerge -e world
ローカルのパッケージの情報を表示: 名前、バージョン、説明など。 pacman -Qi rpm -qi dpkg-query -p emerge -pv and emerge -S
リモートのパッケージの情報を表示: 名前、バージョン、説明など。 pacman -Si yum info apt-cache show emerge -pv and emerge -S
ローカルのパッケージによって提供されたファイルを表示 pacman -Ql rpm -ql dpkg-query -L equery files
リモートのパッケージによって提供されるファイルを表示 pkgfile -l repoquery -l pfl
特定のファイルを提供するパッケージを問い合わせる pacman -Qo rpm -qf (installed only) or yum whatprovides (everything) dpkg-query -S equery belongs
Query a package supplied on the command line rather than an entry in the package management database pacman -Qp rpm -qp dpkg-deb -I
パッケージの変更履歴を表示 pacman -Qc rpm -q --changelog equery changes -f
ローカルにインストールされたパッケージを名前や説明で検索 pacman -Qs eix -S -I
パッケージのビルド
パッケージをビルドする makepkg -s rpmbuild -ba (normal) mock (in chroot) dpkg-buildpkg rpmbuild -ba rpmbuild -ba ebuild; quickpkg
パッケージの問題をチェック rpmlint lintian repoman
パッケージファイルの中身を一覧する pacman -Qpl <file> rpmls rpm -qpl rpm -qpl rpm -qpl
パッケージを展開 tar -Jxvf rpm2cpio | cpio -vid ar vx | tar -zxvf data.tar.gz rpm2cpio | cpio -vid rpm2cpio | cpio -vid tar -jxvf
Query a package supplied on the command line rather than an entry in the package management database pacman -Qp rpm -qp dpkg-deb -I
操作 Arch Red Hat/Fedora Debian/Ubuntu (旧) SUSE openSUSE Gentoo