Difference between revisions of "Password Recovery (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
 
m
Line 28: Line 28:
 
  vim /mnt/arch/etc/shadow
 
  vim /mnt/arch/etc/shadow
  
3. root行の2番目の項目を削除してください (in [[Vim|vim]] this can be done by going to the first letter/symbol in the field and typing '''d/:/''' then '''Enter'''):
+
3. root行の2番目の項目を削除してください ([[Vim|vim]]では項目の最初の文字まで移動し'''d/:/'''とタイプしてから'''Enter'''を押せばできます):
  
 
  root:'''$1$9gDquXRP$gbOHLXuqslL.rw81q4pHc1''':14589::::::
 
  root:'''$1$9gDquXRP$gbOHLXuqslL.rw81q4pHc1''':14589::::::
Line 56: Line 56:
 
{{Note|initシステムによってキーボードが正しくロードされず、bashプロンプトで何も入力できなくなることがあります。このような場合には、違う方法を使って下さい。}}
 
{{Note|initシステムによってキーボードが正しくロードされず、bashプロンプトで何も入力できなくなることがあります。このような場合には、違う方法を使って下さい。}}
  
== Resources ==
+
== 参照 ==
  
* [http://www.howtoforge.com/how-to-reset-a-forgotten-root-password-with-knoppix-p2 this guide] for an example.
+
* [http://www.howtoforge.com/how-to-reset-a-forgotten-root-password-with-knoppix-p2 このガイド]に例が載っています。

Revision as of 10:04, 15 November 2012

このページでは忘れてしまったrootパスワードをリカバリする方法を記述します。複数の方法があります。

LiveCDを使う

LiveCDを使う方法には2つあります: change rootとpasswdコマンドを使う方法、またはパスワードエントリを消去する方法です。アーキテクチャが一致していれば、どのLinuxのLiveCDでも使うことができます。

Change Root

  1. LiveCDを起動してchange rootして下さい。
  2. passwdコマンドでルートパスワードを再設定します。
  3. change rootを終了してください。
  4. 再起動して、先に設定したパスワードを使います。

パスワードの消去

1. LiveCDを起動しルートパーティション(/)をマウントしてください:

mkdir /mnt/arch
mount /dev/sda2 /mnt/arch

2. 好きなエディタでパスワードを編集します。vimの場合:

vim /mnt/arch/etc/shadow

3. root行の2番目の項目を削除してください (vimでは項目の最初の文字まで移動しd/:/とタイプしてからEnterを押せばできます):

root:$1$9gDquXRP$gbOHLXuqslL.rw81q4pHc1:14589::::::

4. ファイルを保存します。 (:x in vim).

5. 再起動します。rootログインにパスワードは要求されなくなっているはずです。

Bashを起動するためにGRUBを使う

1. 起動時、GRUBメニューから適切なブートエントリを選びeを押します。

2. kernel行を選びもう一度eを押して編集に入ります。

3. 行の終末にinit=/bin/bashを追加して下さい。

4. bを押して起動します(この変更は一時的なものであり、menu.lstには書き込まれません)。起動後、bashプロンプトが表示されます。

5. ルートファイルシステムがreadonlyでマウントされているはずなので、read/writeでマウントし直します:

# mount -n -o remount,rw /

6. passwdコマンドを使って新しいrootパスワードを作って下さい。

7. 再起動します。次からはパスワードを忘れないようにしましょう。

Note: initシステムによってキーボードが正しくロードされず、bashプロンプトで何も入力できなくなることがあります。このような場合には、違う方法を使って下さい。

参照