Difference between revisions of "Powerdown (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
m
m
Line 5: Line 5:
 
{{Article summary heading|関連}}
 
{{Article summary heading|関連}}
 
{{Article summary wiki|Pm-utils}}
 
{{Article summary wiki|Pm-utils}}
{{Article summary wiki|Udev}}
+
{{Article summary wiki|Udev (日本語)}}
 
{{Article summary wiki|Display Power Management Signaling}}
 
{{Article summary wiki|Display Power Management Signaling}}
 
{{Article summary end}}
 
{{Article summary end}}
Line 60: Line 60:
 
== 電源の状態が変わった時に自動的に電源を落とす ==
 
== 電源の状態が変わった時に自動的に電源を落とす ==
  
Powerdown は [[Udev]] ルールにより自動的にロードされます。 rc-scriptもしくはservice-fileが必要です。
+
Powerdown は [[Udev (日本語)]] ルールにより自動的にロードされます。 rc-scriptもしくはservice-fileが必要です。
 
しかし,全てのマシンでこれが動くわけではありませんので,upowner.serviceを以下のように管理者権限で有効にしてください:
 
しかし,全てのマシンでこれが動くわけではありませんので,upowner.serviceを以下のように管理者権限で有効にしてください:
 
  # systemctl enable upower.service
 
  # systemctl enable upower.service

Revision as of 01:34, 14 March 2014

Template:Article summary start Template:Article summary text Template:Article summary heading Template:Article summary wiki Template:Article summary wiki Template:Article summary wiki Template:Article summary end

Powerdown はバッテリーの寿命を伸ばするスクリプト群です。

Warning: 自己責任で実行してください。あなたのシステムで無効にすべき設定を見つけるために,最後まで一読することをおすすめします。

インストール

Arch_User_Repository_(日本語) から powerdown-gitAUR をインストールします。

Note: Powerdown はNMI watchdogを停止しようと試みます。もしあなたの環境で動かなかった場合,サスペンド中に"Dazed and confused"が表示されます。カーネルコマンドラインに nmi_watchdog=0 を定義することでこれを無効にできます。

下の例はデフォルトによる,あなたのスクリーンモニタをアイドリング5分経過後に消灯する例です:

~/.xinitrc
# screen powersave
xset +dpms
xset dpms 0 0 300
Note: このスクリプトがご不満なら,consoleblank=0をカーネルコマンドラインに付与し,以下のxsetコマンドを実行してください(これはpowerdownスクリプトに対する大きな変更です)。
xset s off
xset s noblank
xset s noexpose
xset c on
xset -dpms

powerdown シェルスクリプトは /usr/bin 以下にあります。あなたの必要なように編集してください。不要なオプションは単純にコメントアウトしてください。

使い方

以下のテーブル内スクリプトが全てインストールされます。

名前 機能
powerdown, powerup Powers everything down or up.
powerdown-functions powerdownやpowerupによって用いられる機能を定義します。
powernow 現在の電力使用状況や設定を表示します。
powerdown.rules powrdownやpowerupへのUdevルール。
suspend-to-mem RAMへサスペンド。
suspend-to-disk HDDへサスペンド。初回時に2GBのスワップファイルを作成します。
suspend-hybrid 初めにRAMへサスペンドし,10分後HDDへとサスペンドします。
pm-is-supported, pm-powersave, pm-suspend, pm-hibernate Wrappers with pm-utils syntax (for legacy support?).

再起動後,terminal内で実行できるようになります。

電源の状態が変わった時に自動的に電源を落とす

Powerdown は Udev (日本語) ルールにより自動的にロードされます。 rc-scriptもしくはservice-fileが必要です。 しかし,全てのマシンでこれが動くわけではありませんので,upowner.serviceを以下のように管理者権限で有効にしてください:

# systemctl enable upower.service

もしくは upower -e をあなたの .xinitrc に定義します。

設定

powerdownの設定ファイルに関して,/usr/bin/powerdown を適切な値に変更する必要があります。しかし,これらはアップデートにより上書きされます。

FAQ

HDDがいつもよりスピンアップしたりカチカチ言うのですが,powerdownのどこで定義することができますか?

以下の値より高くしてください:

hdparm -B

Packages that are no longer necessary after installation

Source

  1. powertop, powertop2: these packages have no updates for at least 3-4 years. if you think kernel has no changes on power management for 3 or 4 years, go ahead and continue to use them. Replacement: powernow is included in new powerdown. it shows laptop power usage in mWh. the value is usually between 10000 to 25000.
  2. laptop-mode-tools: this is a huge framework on power management. It has dozens of configs you need to setup, which normally no one knows how to control them. I think it is a "troubleware"; to use it properly, you have to google more. most of time, you dont even know what works or not. Replacement: powerdown shows what does not work right in the screen. it contains all the rules optimized that just work.
  3. tuxonice, uswsusp, pm-utils: too hassle to set things up. again, they complicate suspend and resume. the default kernel already support suspends and resume pretty well. Replacement: ps2mem uses default kernel for ram suspend and resume. you just run "sudo suspend-to-mem"; no framework, no setup.
  4. turn-off solves a bug in kernel(even in 3,4 rc that ehci_hcd messes up shutdown when it is set to powersave mode). This is a wrapper for 'poweroff'. You just call it to shut down your arch box.

See also