Difference between revisions of "PulseAudio (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
m (Java/OpenJDK 6)
Line 74: Line 74:
 
PulseAudio をサポートせず ALSA をサポートするアプリケーションのためには、ALSA のための PulseAudio プラグインをインストールすることが'''推奨されます'''。このパッケージは、ALSA に PulseAudio を利用させるために必要なファイル {{ic|/etc/asound.conf}} も含んでいます。
 
PulseAudio をサポートせず ALSA をサポートするアプリケーションのためには、ALSA のための PulseAudio プラグインをインストールすることが'''推奨されます'''。このパッケージは、ALSA に PulseAudio を利用させるために必要なファイル {{ic|/etc/asound.conf}} も含んでいます。
  
アプリケーションに ALSA の OSS エミュレーションをやめさせ PulseAudio を迂回させない(そうして、他のアプリケーションの音声出力を防ぐ)ためには、起動時に {{ic|snd_pcm_oss}} モジュールがロードされないようにします。このモジュールが現在ロードされていたら(<code>lsmod|grep oss</code> で確認可能), 以下を実行してモジュールを無効にしましょう。
+
アプリケーションに ALSA の OSS エミュレーションをやめさせ PulseAudio を迂回させない(そうして、他のアプリケーションの音声出力を防ぐ)ためには、起動時に {{ic|snd_pcm_oss}} モジュールがロードされないようにします。このモジュールが現在ロードされていたら ({{ic|1=lsmod | grep oss}} で確認可能)、以下を実行してモジュールを無効にしましょう:
 
  # rmmod snd_pcm_oss
 
  # rmmod snd_pcm_oss
  
Line 147: Line 147:
 
=== X11 ===
 
=== X11 ===
  
{{Note|As mentioned previously, PulseAudio is very likely launched automatically via either {{ic|/etc/X11/xinit/xinitrc.d/pulseaudio}} or the files in {{ic|/etc/xdg/autostart/}} if users have some DE installed.}}
+
{{Note|前に述べた通り、もし DE をインストールしているのならば、{{ic|/etc/X11/xinit/xinitrc.d/pulseaudio}} {{ic|/etc/xdg/autostart/}} のファイルによって PulseAudio は自動的に起動するはずです。}}
  
 
PulseAudio が動作しているかどうか確認してください:
 
PulseAudio が動作しているかどうか確認してください:
Line 218: Line 218:
 
=== Skype (x86_64) ===
 
=== Skype (x86_64) ===
  
{{Pkg|lib32-libpulse}} をインストールしてください。そうしないと通話を使用とした時に次のエラーが発生します: "Problem with Audio Playback"。
+
{{Pkg|lib32-libpulse}} をインストールしてください。そうしないと通話をしようとした時に次のエラーが発生します: "Problem with Audio Playback"。
  
 
== トラブルシューティング ==
 
== トラブルシューティング ==
Line 258: Line 258:
 
==== "dummy output" しかデバイスが表示されない ====
 
==== "dummy output" しかデバイスが表示されない ====
  
This may be caused by different reasons, one of them being the {{ic|.asoundrc}} file in $HOME is taking precedence over the systemwide {{ic|/etc/asound.conf}}.
+
この問題は様々な原因が考えられますが、その一つは $HOME にある {{ic|.asoundrc}} ファイルがシステム全体の {{ic|/etc/asound.conf}} よりも優先されてしまうということです。
  
The user file is modified also by the tool {{ic|asoundconf}} or by its graphical variant {{ic|asoundconf-gtk}} (the latter is named "Default sound card" in the menu) as soon as it  runs.  Prevent the effects of {{ic|.asoundrc}} altogether by commenting the last line like this:
+
このユーザーファイルは {{ic|asoundconf}} ツールやグラフィカルな {{ic|asoundconf-gtk}} (メニューでは "Default sound card" という名前が付けられます) が起動した時も変更が加えられます。{{ic|.asoundrc}} が使われるのを止めるには以下のように最後の行をコメントアウトしてください:
 
{{hc|.asoundrc|
 
{{hc|.asoundrc|
 
# </home/''yourusername''/.asoundrc.asoundconf>
 
# </home/''yourusername''/.asoundrc.asoundconf>
 
}}
 
}}
  
Maybe some program is monopolizing the audio device:
+
特定のプログラムがオーディオデバイスを独占していまっている可能性もあります:
 
{{hc|# fuser -v /dev/snd/*|
 
{{hc|# fuser -v /dev/snd/*|
 
                     USER      PID  ACCESS COMMAND
 
                     USER      PID  ACCESS COMMAND
Line 277: Line 277:
 
}}
 
}}
  
That means timidity blocks pulseaudio from accessing the audio devices. Just killing timidity will make the sound work again.
+
上記の例では timidity によって pulseaudio のオーディオデバイスへのアクセスがブロックされています。timidity を終了すればまた音が出るようになります。
  
Another reason is [[FluidSynth]] conclicting with pulseaudio as discussed in [https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?id=154002 this thread]. The solution is to remove FluidSynth:
+
他にも [[FluidSynth]] が PulseAudio と衝突することもあります。[https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?id=154002 このスレッド]を参照。解決方法は FluidSynth を削除することです:
  
 
  # pacman -Rnsc fluidsynth
 
  # pacman -Rnsc fluidsynth
 +
 +
==== デバイスで HDMI 5/7.1 を選択できない ====
 +
使用している HDMI デバイスで 5/7.1 チャンネル出力が選択できない場合、{{ic|/etc/pulse/default.pa}} で 'stream detection' をオフにすると解決するかもしれません。
 +
load-module module-stream-restore restore_device=false
  
 
==== KDE Plasma ワークスペース ====
 
==== KDE Plasma ワークスペース ====
Line 295: Line 299:
 
  pactl list
 
  pactl list
  
To set your default audio device use "pacmd" or add to /etc/pulse/default.pa:
+
To set your default audio device, use "pacmd" or add to {{ic|/etc/pulse/default.pa}}:
 
  set-default-sink alsa_output.analog-stereo
 
  set-default-sink alsa_output.analog-stereo
  
Line 440: Line 444:
 
  $ pulseaudio --start
 
  $ pulseaudio --start
  
If there is no server running but pulseaudio fails to start with an error message "User-configured server at ... refusing to start/autospawn", the issue may be with PulseAudio settings from a previous login. Check to see if there are any stale properties attached to the X11 root window with {{ic|pax11publish -d}}, and if there are, remove them with {{ic|pax11publish -r}} before trying to start the server. This manual cleanup is always required when using LXDM because it does not restart the X server on logout; see [[LXDM#PulseAudio]].
+
サーバーが動作していないのに PulseAudio がエラーメッセージ "User-configured server at ... refusing to start/autospawn" で起動できない場合、おそらく以前のログインでの PulseAudio の設定が問題です。{{ic|pax11publish -d}} で X11 ルートウィンドウに古いプロパティが付けられていないか確認してください。もし古いプロパティがある場合は、サーバーを起動する前に {{ic|pax11publish -r}} で削除してください。この手動消去は LXDM を使うときは必ず必要になります。LXDM はログアウトで X サーバーを再起動しないためです。[[LXDM (日本語)#PulseAudio]] を見て下さい。
  
 
==== inotify の問題 ====
 
==== inotify の問題 ====
  
If the previous fix doesn't work, see if you get an error like this:
+
上の修正で解決しないときは、以下のようなエラーが表示されないか確認してください:
 
{{hc|$ pulseaudio -vvvv|
 
{{hc|$ pulseaudio -vvvv|
 
E: [pulseaudio] module-udev-detect.c: You apparently ran out of inotify watches, probably because Tracker/Beagle took them all away. I wished people would do their homework first and fix inotify before using it for watching whole directory trees which is something the current inotify is certainly not useful for. Please make sure to drop the Tracker/Beagle guys a line complaining about their broken use of inotify.
 
E: [pulseaudio] module-udev-detect.c: You apparently ran out of inotify watches, probably because Tracker/Beagle took them all away. I wished people would do their homework first and fix inotify before using it for watching whole directory trees which is something the current inotify is certainly not useful for. Please make sure to drop the Tracker/Beagle guys a line complaining about their broken use of inotify.
 
}}
 
}}
  
In which case you have run out of inotify watches.
+
エラーが表示されるなら、inotify の監視数が上限に達しています。
  
This can quickly be resolved by:
+
次のコマンドで簡単に解決できます:
 
  # echo 100000 > /proc/sys/fs/inotify/max_user_watches
 
  # echo 100000 > /proc/sys/fs/inotify/max_user_watches
  
To have it permanently changed, use:
+
永続的に変更させるには、次を使って下さい:
 
{{hc|/etc/sysctl.d/99-sysctl.conf|2=
 
{{hc|/etc/sysctl.d/99-sysctl.conf|2=
 
# Increase inotify max watchs per user
 
# Increase inotify max watchs per user
Line 509: Line 513:
 
==== ミリ秒のフラグメントサイズとフラグメントの数を計算する (2/4) ====
 
==== ミリ秒のフラグメントサイズとフラグメントの数を計算する (2/4) ====
  
Pulseaudio's default sampling rate and bit depth are set to {{ic|44100Hz}} @ {{ic|16 bits}}.
+
PulseAudio のデフォルトのサンプリングレートとビット深度は {{ic|44100Hz}} @ {{ic|16 bits}} に設定されています。
  
With this configuration, the bit rate we need is {{ic|44100}}*{{ic|16}} = {{ic|705600 bits per second. That's {{ic|1411200 bps}} for stereo.
+
With this configuration, the bit rate we need is {{ic|44100}}*{{ic|16}} = {{ic|705600}} bits per second. That's {{ic|1411200 bps}} for stereo.
  
 
Let's take a look at the parameters we've found in the previous step:
 
Let's take a look at the parameters we've found in the previous step:
Line 544: Line 548:
 
この問題はバッファサイズが適当でないことが原因です。
 
この問題はバッファサイズが適当でないことが原因です。
  
Either disable any modifications (if any) to these entries, or, if issue still exists, uncomment:
+
(もし存在するならば)以下のエントリに加えた修正を無効にするか、それでも問題が解決しない場合、アンコメントしてください:
 
{{hc|/etc/pulse/daemon.conf|<nowiki>
 
{{hc|/etc/pulse/daemon.conf|<nowiki>
 
default-fragments = 8
 
default-fragments = 8
Line 565: Line 569:
 
=== ボリューム調整が上手く動かない ===
 
=== ボリューム調整が上手く動かない ===
  
Check:
+
次を確認してください:
 
{{ic|/usr/share/pulseaudio/alsa-mixer/paths/analog-output.conf.common}}
 
{{ic|/usr/share/pulseaudio/alsa-mixer/paths/analog-output.conf.common}}
  
Line 612: Line 616:
 
=== マイク録音に雑音が入る ===
 
=== マイク録音に雑音が入る ===
  
If we are getting static noise in skype, gnome-sound-recorder, arecord, etc.'s recordings then the sound card samplerate is incorrect. That is why there is static noise in linux microphone recordings. To fix this We need to set sample-rate in {{ic|/etc/pulse/daemon.conf}} for the sound hardware.
+
If we are getting static noise in Skype, gnome-sound-recorder, arecord, etc.'s recordings, then the sound card sample rate is incorrect. That is why there is static noise in Linux microphone recordings. To fix this, we need to set the sampling rate in {{ic|/etc/pulse/daemon.conf}} for the sound hardware.
  
 
==== システムのサウンドカードを確かめる (1/5) ====
 
==== システムのサウンドカードを確かめる (1/5) ====
  
This requires alsa-utils and related packages to be installed:
+
{{Pkg|alsa-utils}} と関連パッケージをインストールする必要があります:
 
{{hc|$  arecord --list-devices|
 
{{hc|$  arecord --list-devices|
 
**** List of CAPTURE Hardware Devices ****
 
**** List of CAPTURE Hardware Devices ****
Line 627: Line 631:
 
}}
 
}}
  
Sound card is {{ic|hw:0,0}}.
+
サウンドカードは {{ic|hw:0,0}} になります。
  
 
==== サウンドカードのサンプリングレートを確かめる (2/5) ====
 
==== サウンドカードのサンプリングレートを確かめる (2/5) ====
{{hc|arecord -f dat -r 60000 -D hw:0,0 -d 5 test.wav|
+
{{hc|1=arecord -f dat -r 60000 -D hw:0,0 -d 5 test.wav|2=
 
"Recording WAVE 'test.wav' : Signed 16 bit Little Endian, Rate 60000 Hz, Stereo
 
"Recording WAVE 'test.wav' : Signed 16 bit Little Endian, Rate 60000 Hz, Stereo
 
Warning: rate is not accurate (requested = 60000Hz, '''got = 96000Hz''')
 
Warning: rate is not accurate (requested = 60000Hz, '''got = 96000Hz''')
Line 636: Line 640:
 
}}
 
}}
  
observe, the {{ic|got = 96000Hz}}. This is the max sample-rate of our card.
+
observe, the {{ic|1=got = 96000Hz}}. This is the maximum sampling rate of our card.
  
 
==== サウンドカードのサンプリングレートを pulse audio に設定する (3/5) ====
 
==== サウンドカードのサンプリングレートを pulse audio に設定する (3/5) ====
  
 
The default sample-rate in pulseaudio:
 
The default sample-rate in pulseaudio:
{{hc|$ grep "default-sample-rate" /etc/pulse/daemon.conf|
+
{{hc|1=$ grep "default-sample-rate" /etc/pulse/daemon.conf|2=
 
; default-sample-rate = 44100
 
; default-sample-rate = 44100
 
}}
 
}}
  
{ic|44100}} is disabled and needs to be changed to {{ic|96000}}:
+
{{ic|44100}} is disabled and needs to be changed to {{ic|96000}}:
 
  # sed 's/; default-sample-rate = 44100/default-sample-rate = 96000/g' -i /etc/pulse/daemon.conf
 
  # sed 's/; default-sample-rate = 44100/default-sample-rate = 96000/g' -i /etc/pulse/daemon.conf
  
Line 655: Line 659:
 
==== 最後に録音してから再生して確認する (5/5) ====
 
==== 最後に録音してから再生して確認する (5/5) ====
  
Let us record some voice using mic for say 10 seconds. Make sure the mic is not muted and all
+
Let us record some voice using a microphone for, say, 10 seconds. Make sure the microphone is not muted and all
 
  $ arecord -f cd -d 10 test-mic.wav
 
  $ arecord -f cd -d 10 test-mic.wav
  
Line 693: Line 697:
 
Now try if the correct microphone is used for recording.
 
Now try if the correct microphone is used for recording.
  
=== Choppy Sound with Analog Surround Sound Setup ===
+
=== アナログのサラウンド設定で音が途切れる ===
  
 
The low-frequency effects (LFE) channel is not remixed per default. To enable it the following needs to be set in {{ic|/etc/pulse/daemon.conf}} :
 
The low-frequency effects (LFE) channel is not remixed per default. To enable it the following needs to be set in {{ic|/etc/pulse/daemon.conf}} :
Line 718: Line 722:
 
</nowiki>}}
 
</nowiki>}}
  
=== Clients alter master output volume (aka volume jumps to 100% after running application) ===
+
=== クライアントが master の出力ボリュームを変えてしまう (アプリケーションを実行するとボリュームが 100% になる) ===
  
If changing volume in specific applications changes also master output volume you can try to diasble flat volumes. Set:
+
If changing the volume in specific applications or simply running an application changes the master output volume this is likely due to flat volumes mode of pulseaudio. Before disabling it, KDE users should try lowering their system notifications volume in ''System Settings -> Application and System Notifications -> Manage Notifications'' under the ''Player Settings'' tab to something reasonable. Changing the ''Event Sounds'' volume in KMix or another volume mixer application will not help here. This should make the flat-volumes mode work out as intended, if it does not work, some other application is likely requesting 100% volume when its playing something. If all else fails, you can try to disable flat-volumes:
 
{{hc|/etc/pulse/daemon.conf|<nowiki>
 
{{hc|/etc/pulse/daemon.conf|<nowiki>
 
flat-volumes = no
 
flat-volumes = no
Line 769: Line 773:
  
 
=== ヘッドフォンの抜き差しと ALSA のチャンネルのミュート ===
 
=== ヘッドフォンの抜き差しと ALSA のチャンネルのミュート ===
If when you unplug your headphones or plug them in the audio remains muted in alsamixer on the wrong channel due to it being set to 0%, you may be able to fix it by opening /etc/pulse/default.pa and commenting out the line:
+
If when you unplug your headphones or plug them in the audio remains muted in alsamixer on the wrong channel due to it being set to 0%, you may be able to fix it by opening {{ic|/etc/pulse/default.pa}} and commenting out the line:
load-module module-switch-on-port-available
+
load-module module-switch-on-port-available
  
 
=== pactl "invalid option" error with negative percentage arguments ===
 
=== pactl "invalid option" error with negative percentage arguments ===

Revision as of 14:35, 4 March 2014

Template:Related articles start (日本語)

  • PulseAudio/Examples
  • </ul></div> PulseAudioGNOMEKDE などのデスクトップ環境で一般的に使われているサウンドサーバーです。ALSAOSS などの既存のカーネルサウンドコンポーネントを使うサウンドアプリケーションに対して代理として動作します。ALSA が Arch Linux にデフォルトで含まれているため、基本的には ALSA に PulseAudio を含めることになります。

    Contents

    インストール

    実行

    Warning: もし、ユーザーごとに設定ファイル (例えば client.confdaemon.confdefault.paのような)を ~/.config/pulse/ または ~/.pulse/ にコピーしたのならば、パッケージで提供される /etc/pulse/ 内のファイルの変更にも追随するようにしてください。そうしなければ、PulseAudio は設定エラーで起動しなくなるかもしれません。
    Note:
    • PulseAudio の動作には D-Bus が必要です。
    • およその X11 環境では、X11 セッションの起動時に pulseaudio が自動的に起動されます。

    X を起動した時に pulseaudio が自動で立ち上がらない場合は、次のコマンドで実行できます:

    $ pulseaudio --start
    

    次のコマンドで PulseAudio を停止できます:

    $ pulseaudio -k
    

    イコライザー

    pulseaudio の比較的新しいバージョンでは、統合された10帯域のイコライザーシステムが搭載されています。このイコライザーを有効にするためには、以下の作業が必要です。

    equalizer sink と dbus-protocol モジュールをロードする

    $ pactl load-module module-equalizer-sink
    $ pactl load-module module-dbus-protocol
    

    GUI フロントエンドをインストールして実行する

    python-pyqt4 をインストールし、以下を実行します。

    $ qpaeq
    
    Note: もし qpaeq が動作しなければ、 pavucontrol をインストールして、メディアプレイヤーの動作中に "ALSA Playback on" を "FFT based equalizer on ..."へ変更するとよいでしょう。

    起動時に イコライザーと dbus モジュールをロードする

    お好みのエディタで /etc/pulse/default.pa を開き、以下の行を追記します。

    ### Load the integrated pulseaudio equalizer and dbus module
    load-module module-equalizer-sink
    load-module module-dbus-protocol
    

    バックエンドの設定

    ALSA

    Note: この追加選択パッケージは、x86_64 環境で動作させる場合で、(Wineのような) 32 ビットプログラムでも音を鳴らすときには必要なものです。

    PulseAudio をサポートせず ALSA をサポートするアプリケーションのためには、ALSA のための PulseAudio プラグインをインストールすることが推奨されます。このパッケージは、ALSA に PulseAudio を利用させるために必要なファイル /etc/asound.conf も含んでいます。

    アプリケーションに ALSA の OSS エミュレーションをやめさせ PulseAudio を迂回させない(そうして、他のアプリケーションの音声出力を防ぐ)ためには、起動時に snd_pcm_oss モジュールがロードされないようにします。このモジュールが現在ロードされていたら ( grep oss で確認可能)、以下を実行してモジュールを無効にしましょう:

    # rmmod snd_pcm_oss
    

    ALSA/dmix でハードウェアデバイスを占有しない

    Note: This section describes alternative configuration, which is generally not recommended.

    ALSA を直接アプリケーションで使って他のアプリケーションも使えるようにしたいと思っているならば、同時に PulseAudio も必要になります。以下の手順で PulseAudio が ALSA のハードウェアデバイスの代わりに dmix を使うようにできます。

    • pulseaudio-alsa パッケージを削除してください、ALSA アプリケーションと PulseAudio の互換レイヤーが含まれています。削除した後、ALSA アプリは Pulse につかまることなく ALSA を直接使うようになります。
    • /etc/pulse/default.pa を編集してください。
    バックエンドドライバーをロードする行を探してアンコメントしてください。以下のように device パラメータを追加してください。それから autodetect モジュールをロードする行をコメントアウトしてください。
    load-module module-alsa-sink device=dmix
    load-module module-alsa-source device=dsnoop
    # load-module module-udev-detect
    # load-module module-detect
    
    • 任意: kdemultimedia-kmix を使っていてPulseAudio ボリュームのかわりに ALSA ボリュームを操作したい場合:
    $ echo export KMIX_PULSEAUDIO_DISABLE=1 > ~/.kde4/env/kmix_disable_pulse.sh
    $ chmod +x ~/.kde4/env/kmix_disable_pulse.sh
    
    • コンピュータを再起動して、alsa と pulseaudio のアプリケーションを同時に実行して見て下さい。同時に音声を鳴らすことができるはずです。
    PulseAudio ボリュームの操作が必要なときは pavucontrol を使って下さい。

    OSS

    OSS にしか対応していないプログラムを PulseAudio に出力させる方法は複数存在します:

    ossp

    ossp パッケージをインストールして osspd サービスを起動してください。

    padsp ラッパー (PulseAudio の一部)

    OSS を使うプログラムは padsp を使って起動することで PulseAudio で動作するようにできます:

    $ padsp OSSprogram
    

    例:

    $ padsp aumix
    $ padsp sox foo.wav -t ossdsp /dev/dsp
    

    以下のようなカスタムラッパースクリプトも使えます:

    /usr/local/bin/OSSProgram
    #!/bin/sh
    exec padsp /usr/bin/OSSprogram "$@"
    

    PATH/usr/bin よりも先に /usr/local/bin が来るようにしてください。

    GStreamer

    GStreamer で PulseAudio を使うには、gst-plugins-goodgstreamer0.10-good-plugins をインストールする必要があります。

    OpenAL

    OpenAL Soft はデフォルトで PulseAudio を使いますが、明示的に設定することもできます:
    /etc/openal/alsoft.conf
    drivers=pulse,alsa

    libao

    libao の設定ファイルを編集してください:

    # /etc/libao.conf
    default_driver=pulse

    alsa ドライバーの dev=default オプションを削除するか特定の Pulse の sink の名前・番号を指定してください。

    Note: You could possibly also keep the libao standard of outputting to the alsa driver and its default device if you install pulseaudio-alsa since the ALSA default device then is PulseAudio.

    ESD

    PulseAudio は enlightened sound daemon (ESD) を完全に置き換えます。PulseAudio が動作している時、ESD クライアントは PulseAudio に何もしなくても出力できるはずです。

    デスクトップ環境

    X11

    Note: 前に述べた通り、もし DE をインストールしているのならば、/etc/X11/xinit/xinitrc.d/pulseaudio/etc/xdg/autostart/ のファイルによって PulseAudio は自動的に起動するはずです。

    PulseAudio が動作しているかどうか確認してください:

    $ ps aux | grep pulse
     facade   1794  0.0  0.0 360464  6532 ?        S<l  15:33   0:00 /usr/bin/pulseaudio --start
     facade   1827  0.0  0.0  68888  2608 ?        S    15:33   0:00 /usr/lib/pulse/gconf-helper
    

    PulseAudio が動いておらず X を使っている場合は、以下で PulseAudio と必要な X11 のプラグインを手動で起動できます:

    $ start-pulseaudio-x11
    

    Gnome, KDE, Xfce を使ってないために ~/.xinitrc/etc/X11/xinit/xinitrc.d のスクリプトを (サンプルファイル /etc/skel/.xinitrc のように) 読み込まないときは、次のコマンドでブート時に PulseAudio を起動できます:

    ~/.xinitrc
    /usr/bin/start-pulseaudio-x11
    

    GNOME

    GNOME 3 から、GNOME は PulseAudio と完全に統合したため特に設定は必要ありません。

    KDE 3

    PulseAudio は aRts との完全な互換性はありません。KDE 3 のユーザーは PulseAudio を使えません。ただし最近のバージョンの PulseAudio では障害が取り除けるかもしれません:

    参照: http://www.pulseaudio.org/wiki/PerfectSetup KDE 3 はデフォルトで artsd サウンドサーバを使っています。しかしながら、artsd は Esound バックエンドを使うように設定することが可能です。kcmartsrc (グローバルな設定は /etc/kde または /usr/share/config、ユーザー別の設定は .kde/share/config にあります) を以下のように編集してください:

    [Arts]
    Arguments=\s-F 10 -S 4096 -a esd -n -s 1 -m artsmessage -c drkonqi -l 3 -f
    NetworkTransparent=true
    SuspendTime=1
    

    KDE Plasma ワークスペースと Qt4

    PulseAudio は KDE/Qt4 アプリケーションによって使われます。詳しくは PulseAudio wiki の KDE のページ を見て下さい。

    PulseAudio サポートはデフォルトの KDE サウンドミキサーである KMix にマージされています。

    phonon-gstreamer バックエンドを Phonon に使っている場合、gstreamer0.10-good-plugins をインストールして GStreamer も PulseAudio を使うように設定してください。

    load-module module-device-manager/etc/pulse/default.pa に追加するのが有用です。

    さらに、KMix や pavucontrol の KDE 代替として AUR から kdeplasma-applets-veromixAUR が利用できます。

    KMix/Veromix が起動時に PulseAudio への接続に失敗する場合は /etc/pulse/client.conf を編集して autospawn = noautospawn = yes に置き換える必要があるかもしれません。

    Xfce

    Xfce で動いているアプリケーションは PulseAudio を使うことができます。PulseAudio の設定を管理するには pavucontrol を使います。

    アプリケーション

    Audacious

    Audacious は PulseAudio にもともと対応しています。利用するためには、Audacious で 設定→オーディオ→出力プラグイン で「PulseAudio 出力」に設定しましょう。

    Java/OpenJDK 6

    Pulseaudio と Java のサウンドに書かれているように padsp を使って java のラッパーを作成してください。

    Music Player Daemon (MPD)

    PulseAudio を使うように MPD設定 してください。MPD/Tips and Tricks#MPD and PulseAudio を参照。

    MPlayer

    MPlayer はネイティブで PulseAudio 出力をサポートしており "-ao pulse" オプションを使います。PulseAudio への出力をデフォルトに設定することも可能で、ユーザー別の設定には ~/.mplayer/config で、システム全体では /etc/mplayer/mplayer.conf で設定します:

    /etc/mplayer/mplayer.conf
    ao=pulse

    Skype (x86_64)

    lib32-libpulse をインストールしてください。そうしないと通話をしようとした時に次のエラーが発生します: "Problem with Audio Playback"。

    トラブルシューティング

    インストールしたあと音が鳴らない

    オーディオデバイスがミュートになっている

    もし、ALSAの利用中にどうやっても音が鳴らないならば、サウンドカードのミュート設定を外しましょう。そのためには、alsamixer を実行して、それぞれの列の下部が緑色の「00」になっているようにします( m キーを押すことで切り替えます):

    $ alsamixer -c 0
    
    Note: alsamixer は、どの再生デバイスがデフォルトになっているかを教えてくれません。インストール後に音が鳴らない理由としては、pulseaudio が異なる再生デバイスをデフォルトとして検出してしまったことが考えられます。pavucontrol をインストールして、.wav ファイルを再生しながら、どこかに出力されていないか pavucontrol パネルで確認しましょう。

    Auto-Mute モード

    Auto-Mute モードが有効になっているのかもしれません。alsamixer を使って無効にできます。

    詳しくは http://superuser.com/questions/431079/how-to-disable-auto-mute-mode を見て下さい。

    設定ファイルが間違っている

    pulseaudio を起動した後、システムが音を出力しない場合、~/.pulse の中身を削除する必要があるかもしれません。Pulseaudio は次の起動時に新しい設定ファイルを自動的に作成します。

    Flash コンテンツ

    Adobe Flash は PulseAudio を直接サポートしていないため仮想の PulseAudio サウンドカードを使うように ALSA を設定するのが推奨されています。

    もしくは AUR にある libflashsupport-pulseAUR を使うこともできます。

    Note: This may invariably crash the flash plugin.

    カードが表示されない

    PulseAudio が起動している場合、pacmd list を実行してください。カードが全く表示されないときは、ALSA デバイスが使われていないか確認してください:

    $ fuser -v /dev/snd/*
    $ fuser -v /dev/dsp
    

    pcm や dsp ファイルを使用するアプリケーションは PulseAudio を再起動する前にシャットダウンしてください。

    "dummy output" しかデバイスが表示されない

    この問題は様々な原因が考えられますが、その一つは $HOME にある .asoundrc ファイルがシステム全体の /etc/asound.conf よりも優先されてしまうということです。

    このユーザーファイルは asoundconf ツールやグラフィカルな asoundconf-gtk (メニューでは "Default sound card" という名前が付けられます) が起動した時も変更が加えられます。.asoundrc が使われるのを止めるには以下のように最後の行をコメントアウトしてください:

    .asoundrc
    # </home/yourusername/.asoundrc.asoundconf>
    

    特定のプログラムがオーディオデバイスを独占していまっている可能性もあります:

    # fuser -v /dev/snd/*
                         USER       PID  ACCESS COMMAND
    /dev/snd/controlC0:  root        931 F....  timidity
                         bob        1195 F....  panel-6-mixer
    /dev/snd/controlC1:  bob        1195 F....  panel-6-mixer
                         bob        1215 F....  pulseaudio
    /dev/snd/pcmC0D0p:   root        931 F...m  timidity
    /dev/snd/seq:        root        931 F....  timidity
    /dev/snd/timer:      root        931 f....  timidity
    

    上記の例では timidity によって pulseaudio のオーディオデバイスへのアクセスがブロックされています。timidity を終了すればまた音が出るようになります。

    他にも FluidSynth が PulseAudio と衝突することもあります。このスレッドを参照。解決方法は FluidSynth を削除することです:

    # pacman -Rnsc fluidsynth
    

    デバイスで HDMI 5/7.1 を選択できない

    使用している HDMI デバイスで 5/7.1 チャンネル出力が選択できない場合、/etc/pulse/default.pa で 'stream detection' をオフにすると解決するかもしれません。

    load-module module-stream-restore restore_device=false
    

    KDE Plasma ワークスペース

    It may be that another output device set as preferred in phonon. Make sure that every setting reflects the preferred output device at the top, and check the playback streams tab in kmix to make sure that applications are using the device for output.

    To see your default audio device, you can run:

    pactl stat
    

    To see available audio devices:

    pactl list
    

    To set your default audio device, use "pacmd" or add to /etc/pulse/default.pa:

    set-default-sink alsa_output.analog-stereo
    

    Failed to create sink input: sink is suspended

    If you do not have any output sound and receive dozens of errors related to a suspended sink in your journalctl -b log, then backup first and then delete your user-specific pulse folders:

    $ rm -r ~/.pulse ~/.pulse-cookie
    

    モニターの電源を切ると HDMI のサウンド出力がなくなる

    The monitor is connected via HDMI/DisplayPort, and the audio jack is plugged in the headphone jack of the monitor, but pulseaudio insists that it's unplugged:

    pactl list sinks
    ...
    hdmi-output-0: HDMI / DisplayPort (priority: 5900, not available)
    ...
    

    This leads to no sound coming from HDMI output. A workaround for this is to switch to another TTY and back again. This problem has been reported by ATI/Nvidia/Intel users.

    pavucontrol でサウンドデバイスの設定を更新できない

    pavucontrol is a handy GUI utility for configuring pulseaudio. Under its 'Configuration' tab, you can select different profiles for each of your sound devices e.g. analogue stereo, digital output (IEC958), HDMI 5.1 Surround etc.

    However, you may run into an instance where selecting a different profile for a card results in the pulse daemon crashing and auto restarting without the new selection "sticking". If this occurs, use the other useful GUI tool, paprefs, to check under the "Simultaneous Output" tab for a virtual simultaneous device. If this setting is active (checked), it will prevent you changing any card's profile in pavucontrol. Uncheck this setting, then adjust your profile in pavucontrol prior to re-enabling simultaneous output in paprefs.

    複数のサウンドカード・デバイスの同時出力

    Simultaneous output to two different devices can be very useful. For example, being able to send audio to your A/V receiver via your graphics card's HDMI output, while also sending the same audio through the analogue output of your motherboard's built-in audio. This is much less hassle than it used to be (in this example, we are using GNOME desktop).

    Using paprefs, simply select "Add virtual output device for simultaneous output on all local sound cards" from under the "Simultaneous Output" tab. Then, under GNOME's "sound settings", select the simultaneous output you have just created.

    If this doesn't work, try adding the following to ~/.asoundrc:

    pcm.dsp {
       type plug
       slave.pcm "dmix"
    }
    

    Simultaneous output to multiple sinks on the same sound card not working

    This can be useful for users who have multiple sound sources and want to play them on different sinks/outputs. An example use-case for this would be if you play music and also voice chat and want to output music to speakers (in this case Digital S/PDIF) and voice to headphones. (Analog)

    This is sometimes auto detected by pulseaudio but not always. If you know that your soundcard can output to both Analog and S/PDIF at the same time and pulseaudio does not have this option in it's profiles in pavucontrol, or veromix then you probably need to create a configuration file for your soundcard.

    More in detail you need to create a profile-set for your specific soundcard. This is done in two steps mostly.

    • Create udev rule to make pulseaudio choose your pulseaudio configuration file specific to the soundcard.
    • Create the actual configuration.

    Create a pulseadio udev rule.

    Note: This is only an example for Asus Xonar Essence STX. Read udev to find out the correct values.
    Note: Your configuration file should have lower number than the original pulseaudio rule to take effect.
    /usr/lib/udev/rules.d/90-pulseaudio-Xonar-STX.rules
    ACTION=="change", SUBSYSTEM=="sound", KERNEL=="card*", \
    ATTRS{subsystem_vendor}=="0x1043", ATTRS{subsystem_device}=="0x835c", ENV{PULSE_PROFILE_SET}="asus-xonar-essence-stx.conf" 
    

    Create now a configuration file. If you bother you can start from scratch and make if saucy. However you can also use the default configuration file rename it and then add your profile there that you know works. Less pretty but also faster.

    To enable multiple sinks for Asus Xonar Essence STX you need only to add this in.

    Note: asus-xonar-essence-stx.conf also includes all code/mappings from default.conf.
    /usr/share/pulseaudio/alsa-mixer/profile-sets/asus-xonar-essence-stx.conf
    [Profile analog-stereo+iec958-stereo]
    description = Analog Stereo Duplex + Digital Stereo Output
    input-mappings = analog-stereo
    output-mappings = analog-stereo iec958-stereo
    skip-probe = yes
    

    This will auto-profile your Asus Xonar Essence STX with default profiles and add your own profile so you can have multiple sinks.

    You need to create another profile in the configuration file if you want to have the same functionality with AC3 Digital 5.1 output.

    See pulseaudio article about profiles

    Bluetooth サポートを無効にする

    Bluetooth を使っていない場合 journal に以下のエラーが表示されることがあります:

    bluez5-util.c: GetManagedObjects() failed: org.freedesktop.DBus.Error.ServiceUnknown: The name org.bluez was not provided by any .service files
    

    PulseAudio の Bluetooth サポートを無効にするには、使用している設定ファイル (~/.config/pulse/default.pa もしくは /etc/pulse/default.pa) 内の以下の行をコメントアウトしてください:

    ~/.config/pulse/default.pa
    ### Automatically load driver modules for Bluetooth hardware
    #.ifexists module-bluetooth-policy.so
    #load-module module-bluetooth-policy
    #.endif
    
    #.ifexists module-bluetooth-discover.so
    #load-module module-bluetooth-discover
    #.endif
    

    Bluetooth ヘッドセットの再生の問題

    Some user report huge delays or even no sound when the bluetooth connection does not send any data. This is due to the module-suspend-on-idle module, which automatically suspends sinks/sources on idle. As this can cause problems with headset, the responsible module can be deactivated.

    To disable loading of the module-suspend-on-idle module, comment out the following line in the configuration file in use (~/.config/pulse/default.pa or /etc/pulse/default.pa):

    ~/.config/pulse/default.pa
    ### Automatically suspend sinks/sources that become idle for too long
    #load-module module-suspend-on-idle
    

    Finally restart PulseAudio to apply the changes.

    Bluetooth や USB ヘッドセットの自動切り替え

    以下を追加してください:

    /etc/pulse/default.pa
    # automatically switch to newly-connected devices
    load-module module-switch-on-connect
    

    Pulse が ALSA の設定を上書きする

    alsa デーモンがロードされている場合でも、Pulseaudio は基本的に ALSA の設定 (例えば alsamixer の設定) を起動時に上書きします。上書きを止めさせる方法は存在しないため、pulseaudio が起動した後に alsa の設定を戻すのが対処法になります。以下のコマンドを .xinitrc.bash_profile などの autostart ファイルに追加してください:

    restore_alsa() {
     while [ -z "$(pidof pulseaudio)" ]; do
      sleep 0.5
     done
     alsactl -f /var/lib/alsa/asound.state restore 
    }
    restore_alsa &
    

    Pulse が再起動するのを止める

    たまに Pulse を一時的に無効にしたい場合があるかもしれません。そのようなときは Pulse を終了した後に再起動しないようにする必要があります。

    ~/.config/pulse/client.conf
    # Disable autospawning the PulseAudio daemon
    autospawn = no

    デーモンの起動が失敗する

    PulseAudio を再設定して見て下さい:

    $ rm -rf /tmp/pulse* ~/.pulse*
    $ pulseaudio -k
    $ pulseaudio --start
    

    サーバーが動作していないのに PulseAudio がエラーメッセージ "User-configured server at ... refusing to start/autospawn" で起動できない場合、おそらく以前のログインでの PulseAudio の設定が問題です。pax11publish -d で X11 ルートウィンドウに古いプロパティが付けられていないか確認してください。もし古いプロパティがある場合は、サーバーを起動する前に pax11publish -r で削除してください。この手動消去は LXDM を使うときは必ず必要になります。LXDM はログアウトで X サーバーを再起動しないためです。LXDM (日本語)#PulseAudio を見て下さい。

    inotify の問題

    上の修正で解決しないときは、以下のようなエラーが表示されないか確認してください:

    $ pulseaudio -vvvv
    E: [pulseaudio] module-udev-detect.c: You apparently ran out of inotify watches, probably because Tracker/Beagle took them all away. I wished people would do their homework first and fix inotify before using it for watching whole directory trees which is something the current inotify is certainly not useful for. Please make sure to drop the Tracker/Beagle guys a line complaining about their broken use of inotify.
    

    エラーが表示されるなら、inotify の監視数が上限に達しています。

    次のコマンドで簡単に解決できます:

    # echo 100000 > /proc/sys/fs/inotify/max_user_watches
    

    永続的に変更させるには、次を使って下さい:

    /etc/sysctl.d/99-sysctl.conf
    # Increase inotify max watchs per user
    fs.inotify.max_user_watches = 100000

    Glitches, skips or crackling

    PulseAudio サウンドサーバの新しい実装では旧来の割り込みを使用する方法に変わってタイマーベースのオーディオスケジューリングを使っています。

    タイマーベースのスケジューリングはいくつかの ALSA ドライバーで問題を発生する可能性があります。他方では、タイマーベースのスケジューリングがないと不調になるドライバーもあります。あなたのシステムで何が動作しているのか確認してください。

    タイマーベースのスケジューリングを無効にするには /etc/pulse/default.patsched=0 を追加してください:

    /etc/pulse/default.pa
    load-module module-udev-detect tsched=0
    

    それから PulseAudio サーバーを再起動してください:

    $ pulseaudio -k
    $ pulseaudio --start
    

    タイマーベースのスケジューリングがデフォルトで有効になっていなかった場合、逆を行なって下さい。

    問題が起こるカードは PulseAudio Broken Sound Driver のページ で報告してください。

    Pulseaudio におけるデフォルトのフラグメント・バッファサイズを設定する

    詳細

    オーディオデバイスのパラメータを調べる (1/4)

    To find your sound card buffering settings:

    $ echo autospawn = no >> ~/.pulse/client.conf
    $ pulseaudio -k
    $ LANG=C timeout --foreground -k 10 -s kill 10 pulseaudio -vvvv 2>&1 | grep device.buffering -B 10
    $ sed -i '$d' ~/.pulse/client.conf
    

    For each sound card detected by Pulseaudio, you will see output similar to this:

    I: [pulseaudio] source.c:     alsa.long_card_name = "HDA Intel at 0xfa200000 irq 46"
    I: [pulseaudio] source.c:     alsa.driver_name = "snd_hda_intel"
    I: [pulseaudio] source.c:     device.bus_path = "pci-0000:00:1b.0"
    I: [pulseaudio] source.c:     sysfs.path = "/devices/pci0000:00/0000:00:1b.0/sound/card0"
    I: [pulseaudio] source.c:     device.bus = "pci"
    I: [pulseaudio] source.c:     device.vendor.id = "8086"
    I: [pulseaudio] source.c:     device.vendor.name = "Intel Corporation"
    I: [pulseaudio] source.c:     device.product.name = "82801I (ICH9 Family) HD Audio Controller"
    I: [pulseaudio] source.c:     device.form_factor = "internal"
    I: [pulseaudio] source.c:     device.string = "front:0"
    I: [pulseaudio] source.c:     device.buffering.buffer_size = "768000"
    I: [pulseaudio] source.c:     device.buffering.fragment_size = "384000"
    

    Take note the buffer_size and fragment_size values for the relevant sound card.

    ミリ秒のフラグメントサイズとフラグメントの数を計算する (2/4)

    PulseAudio のデフォルトのサンプリングレートとビット深度は 44100Hz @ 16 bits に設定されています。

    With this configuration, the bit rate we need is 44100*16 = 705600 bits per second. That's 1411200 bps for stereo.

    Let's take a look at the parameters we've found in the previous step:

    device.buffering.buffer_size = "768000" => 768000/1411200 = 0.544217687075s = 544 msecs
    device.buffering.fragment_size = "384000" => 384000/1411200 = 0.272108843537s = 272 msecs
    

    Pulseaudio の設定ファイルを修正する (3/4)

    /etc/pulse/daemon.conf
    ; default-fragments = X
    ; default-fragment-size-msec = Y
    

    In the previous step, we calculated the fragment size parameter. The number of fragments is simply buffer_size/fragment_size, which in this case (544/272) is 2:

    /etc/pulse/daemon.conf
    ; default-fragments = '''272'''
    ; default-fragment-size-msec = '''2'''
    

    Pulseaudio デーモンを再起動する (4/4)

    $ pulseaudio -k
    $ pulseaudio --start
    

    詳しくは次を参照してください: Linux Mint topic

    音がズレる

    この問題はバッファサイズが適当でないことが原因です。

    (もし存在するならば)以下のエントリに加えた修正を無効にするか、それでも問題が解決しない場合、アンコメントしてください:

    /etc/pulse/daemon.conf
    default-fragments = 8
    default-fragment-size-msec = 5
    

    音が歪んだり途切れる

    サンプルレートの設定が間違っているために pulsaudio で音がとぎれるようになっている可能性があります。次を試して下さい:

    /etc/pulse/daemon.conf
    default-sample-rate = 48000
    

    それから PulseAudio サーバーを再起動してください。

    OpenAL を使っているアプリケーションで音が途切れるような場合は、/etc/openal/alsoft.conf のサンプルレートを変更してください:

    frequency = 48000
    

    PCM ボリュームを 0dB より高く設定すると音声信号にクリッピングが発生することがあります。alsamixer -c0 を実行すればボリュームが問題なのか確認でき、修正することが可能です。

    ボリューム調整が上手く動かない

    次を確認してください: /usr/share/pulseaudio/alsa-mixer/paths/analog-output.conf.common

    If the volume does not appear to increment/decrement properly using alsamixer or amixer, it may be due to pulseaudio having a larger number of increments (65537 to be exact). Try using larger values when changing volume (e.g. amixer set Master 655+).

    新しいアプリケーションを起動するたびにボリュームが大きくなる

    Per default, it seems as if changing the volume in an application sets the global system volume to that level instead of only affecting the respective application. Applications setting their volume on startup will therefore cause the system volume to "jump".

    Fix this by:

    /etc/pulse/daemon.conf
    flat-volumes = no
    

    and then restarting PulseAudio by executing

    $ pulseaudio -k && pulseaudio --start
    

    When Pulse comes back after a few seconds, applications will not alter the global system volume anymore but have their own volume level again.

    Note: A previously installed and removed pulseaudio-equalizer may leave behind remnants of the setup in ~/.pulse/default.pa which can also cause maximized volume trouble. Comment that out as needed.

    ThinkPad T400/T500/T420 でマイクが使えない

    Run:

    alsamixer -c 0
    

    Maximize the volume of/unmute the "Internal Mic".

    Once you see the device with:

    arecord -l
    

    you might still need to adjust the settings. The microphone and the audio jack are duplexed. Set the configuration of the internal audio in pavucontrol to Analog Stereo Duplex.

    Acer Aspire One でマイクが使えない

    Install pavucontrol, unlink the microphone channels and turn down the left one to 0. Reference: http://getsatisfaction.com/jolicloud/topics/deaf_internal_mic_on_acer_aspire_one#reply_2108048

    M-Audio Audiophile 2496 サウンドカードで音声出力がモノラルになる

    以下を追加してください:

    /etc/pulseaudio/default.pa
    load-module module-alsa-sink sink_name=delta_out device=hw:M2496 format=s24le channels=10 channel_map=left,right,aux0,aux1,aux2,aux3,aux4,aux5,aux6,aux7
    load-module module-alsa-source source_name=delta_in device=hw:M2496 format=s24le channels=12 channel_map=left,right,aux0,aux1,aux2,aux3,aux4,aux5,aux6,aux7,aux8,aux9
    set-default-sink delta_out
    set-default-source delta_in
    

    マイク録音に雑音が入る

    If we are getting static noise in Skype, gnome-sound-recorder, arecord, etc.'s recordings, then the sound card sample rate is incorrect. That is why there is static noise in Linux microphone recordings. To fix this, we need to set the sampling rate in /etc/pulse/daemon.conf for the sound hardware.

    システムのサウンドカードを確かめる (1/5)

    alsa-utils と関連パッケージをインストールする必要があります:

    $  arecord --list-devices
    **** List of CAPTURE Hardware Devices ****
    card 0: Intel [HDA Intel], device 0: ALC888 Analog [ALC888 Analog]
      Subdevices: 1/1
      Subdevice #0: subdevice #0
    card 0: Intel [HDA Intel], device 2: ALC888 Analog [ALC888 Analog]
      Subdevices: 1/1
      Subdevice #0: subdevice #0
    

    サウンドカードは hw:0,0 になります。

    サウンドカードのサンプリングレートを確かめる (2/5)

    arecord -f dat -r 60000 -D hw:0,0 -d 5 test.wav
    "Recording WAVE 'test.wav' : Signed 16 bit Little Endian, Rate 60000 Hz, Stereo
    Warning: rate is not accurate (requested = 60000Hz, got = 96000Hz)
    please, try the plug plugin

    observe, the got = 96000Hz. This is the maximum sampling rate of our card.

    サウンドカードのサンプリングレートを pulse audio に設定する (3/5)

    The default sample-rate in pulseaudio:

    $ grep "default-sample-rate" /etc/pulse/daemon.conf
    ; default-sample-rate = 44100

    44100 is disabled and needs to be changed to 96000:

    # sed 's/; default-sample-rate = 44100/default-sample-rate = 96000/g' -i /etc/pulse/daemon.conf
    

    pulseaudio を再起動して新しい設定を適用する (4/5)

    $ pulseaudio -k
    $ pulseaudio --start
    

    最後に録音してから再生して確認する (5/5)

    Let us record some voice using a microphone for, say, 10 seconds. Make sure the microphone is not muted and all

    $ arecord -f cd -d 10 test-mic.wav
    

    After 10 seconds, let us play the recording...

    $ aplay test-mic.wav
    

    Now hopefully, there is no static noise in microphone recording anymore.

    Bluetooth デバイスをペアリングしても音が鳴らない

    See the article in Bluetooth section

    Starting from PulseAudio 2.99 and bluez 4.101 you should avoid using Socket interface. Do NOT use:

    /etc/bluetooth/audio.conf
    [General]
    Enable=Socket
    

    If you face problems with A2DP and PA 2.99 make sure you have sbc library.

    曲が終わるとサブウーファーが止まる

    既知の問題: https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/pulseaudio/+bug/494099

    これを修正するには、/etc/pulse/daemon.conf を編集して enable-lfe-remixing を有効にしてください:

    /etc/pulse/daemon.conf
    enable-lfe-remixing = yes
    

    Pulseaudio で間違ったマイクが使われる

    If Pulseaudio uses the wrong microphone, and changing the Input Device with Pavucontrol did not help, take a look at alsamixer. It seems that Pavucontrol does not always set the input source correctly.

    $ alsamixer
    

    Press F6 and choose your sound card, e.g. HDA Intel. Now press F5 to display all items. Try to find the item: Input Source. With the up/down arrow keys you are able to change the input source.

    Now try if the correct microphone is used for recording.

    アナログのサラウンド設定で音が途切れる

    The low-frequency effects (LFE) channel is not remixed per default. To enable it the following needs to be set in /etc/pulse/daemon.conf :

    /etc/pulse/daemon.conf
    enable-lfe-remixing = yes
    

    ボリュームのカットオフで音が鳴らない

    Known issue (won't fix): https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/pulseaudio/+bug/223133

    If sound doesn't play when Pulseaudio's volume is set below a certain level, try ignore_dB=1 in /etc/pulse/default.pa:

    /etc/pulse/default.pa
    load-module module-udev-detect ignore_dB=1
    

    However, be aware that it may cause another bug preventing pulseaudio to unmute speakers when headphones or other audio devices are unplugged.

    内蔵マイクのボリュームが小さい

    ノートパソコン内臓のマイクロフォンのボリュームが小さい時は、以下を設定して見て下さい:

    /etc/pulse/default.pa
    set-source-volume 1 300000
    

    クライアントが master の出力ボリュームを変えてしまう (アプリケーションを実行するとボリュームが 100% になる)

    If changing the volume in specific applications or simply running an application changes the master output volume this is likely due to flat volumes mode of pulseaudio. Before disabling it, KDE users should try lowering their system notifications volume in System Settings -> Application and System Notifications -> Manage Notifications under the Player Settings tab to something reasonable. Changing the Event Sounds volume in KMix or another volume mixer application will not help here. This should make the flat-volumes mode work out as intended, if it does not work, some other application is likely requesting 100% volume when its playing something. If all else fails, you can try to disable flat-volumes:

    /etc/pulse/daemon.conf
    flat-volumes = no
    

    Then restart Pulseaudio daemon:

    # pulseaudio -k
    # pulseaudio --start
    

    リアルタイムスケジューリング

    rtkit が動作しない場合、PulseAudio がリアルタイムスケジューリングで動作するようにシステムを手動で設定することでパフォーマンスが改善されることがあります。これをするには、以下の行を /etc/security/limits.conf に追加してください:

    @pulse-rt - rtprio 9
    @pulse-rt - nice -11
    

    Afterwards, you need to add your user to the pulse-rt group:

    # gpasswd -a <user> pulse-rt
    

    サスペンドから復帰した後に音が鳴らない

    If audio generally works, but stops after resume from suspend, try "reloading" PulseAudio by executing:

    $ /usr/bin/pasuspender /bin/true
    

    This is better than completely killing and restarting it (pulseaudio -k && pulseaudio --start`), because it doesn't break already running applications.

    If the above fixes your problem, you may wish to automate it, by creating a systemd service file.

    1. Create the template service file in /etc/systemd/system/resume-fix-pulseaudio@.service:

    [Unit]
    Description=Fix PulseAudio after resume from suspend
    After=suspend.target
    
    [Service]
    User=%I
    Type=oneshot
    Environment="XDG_RUNTIME_DIR=/run/user/%U"
    ExecStart=/usr/bin/pasuspender /bin/true
    
    [Install]
    WantedBy=suspend.target
    

    2. Enable it for your user account

    # systemctl enable resume-fix-pulseaudio@YOUR_USERNAME_HERE.service
    

    3. Reload systemd

    # systemctl --system daemon-reload
    

    ヘッドフォンの抜き差しと ALSA のチャンネルのミュート

    If when you unplug your headphones or plug them in the audio remains muted in alsamixer on the wrong channel due to it being set to 0%, you may be able to fix it by opening /etc/pulse/default.pa and commenting out the line:

    load-module module-switch-on-port-available
    

    pactl "invalid option" error with negative percentage arguments

    pactl commands that take negative percentage arguments will fail with an 'invalid option' error. Use the standard shell '--' pseudo argument to disable argument parsing before the negative argument. e.g. pactl set-sink-volume 1 -- -5%.

    Daemon already running

    システムによっては pulseaudio が複数回実行されることがあります。journalctl は次のように表示します:

    [pulseaudio] pid.c: Daemon already running.
    

    アプリケーションを自動実行する方法を一つだけに限って下さい。pulseaudio には以下のファイルが含まれています:

    • /etc/X11/xinit/xinitrc.d/pulseaudio
    • /etc/xdg/autostart/pulseaudio.desktop
    • /etc/xdg/autostart/pulseaudio-kde.desktop

    xinitrc, ~/.config/autostart/ などのユーザーの自動実行ファイル・ディレクトリも確認してください。

    参照