Resolv.conf (日本語)

From ArchWiki

(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

resolv.conf(5) man ページより:

"resolver は、インターネットのドメインネームシステム (DNS) へのアクセスを提供する C ライブラリのルーチン群である。 レゾルバ設定ファイルには、レゾルバルーチンがプロセスによって最初に 起動されたときに読み込まれる情報が格納されている。 このファイルは人間に可読なように設計されている。 キーワードと値のリストが含まれ、いろいろなタイプのレゾルバ情報を提供する。
"このファイルが存在しない場合、問い合わせはローカルマシン上の ネームサーバに対してのみ行われる。ドメイン名はホスト名から決定され、 ドメインの検索パスはドメイン名から作成される。"

DNS 設定の保護

dhcpcd, NetworkManager などの様々なプロセスによって /etc/resolv.conf が上書きされることがあります。通常は望ましいことですが、場合によっては DNS 設定を手動で設定する時もあります (例: 固定 IP アドレスを使う場合)。DNS 設定を保護する方法は複数存在します。NetworkManager を使っている場合、/etc/resolv.conf の上書きを止める方法についてこのスレッドを参照してください。

dhcpcd 設定の修正

dhcpcd の設定ファイルを編集することで dhcpcd デーモンが /etc/resolv.conf を上書きするのを止めることができます。/etc/dhcpcd.conf の最後のセクションに次を加えて下さい:

nohook resolv.conf

resolv.conf.head を使う

または、/etc/resolv.conf.head という名のファイルを作ってあなたの DNS サーバーを記入することができます。dhcpcd はこのファイルを /etc/resolv.conf の先頭に挿入します。OpenDNS を使う場合の /etc/resolv.conf.head の設定例:

# OpenDNS servers
nameserver 208.67.222.222
nameserver 208.67.220.220

OpenDNS サーバーを好まない場合、代わりに Google のネームサーバ を試すこともできます。

# Google nameservers
nameserver 8.8.8.8
nameserver 8.8.4.4

/etc/resolv.conf の書き込み保護

/etc/resolv.conf が何かによって修正されてしまうのを止める他の方法として書き込み保護属性を設定する方法があります:

# chattr +i /etc/resolv.conf

timeout オプションを使ってホスト名の検索時間を減らす

ホスト名の解決にとても長い時間がかかっている場合 (pacman やブラウザで)、短い timeout を設定するとよいかもしれません。これを行うには、/etc/resolv.conf.tail という名前のファイルを作成して次の行を追加してください:

options timeout:1

ネットワークデーモンを再起動して、動作が改善したかどうか確認してください。