Difference between revisions of "Sony Vaio Pro SVP-1x21 (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
(UEFI)
Line 33: Line 33:
 
=== ブートローダの選択 ===
 
=== ブートローダの選択 ===
 
==== UEFI ====
 
==== UEFI ====
chroot内で、[[Unified_Extensible_Firmware_Interface#UEFI_Variables|UEFI variables]]は利用できないかも知れません。ブートローダをインストールするために、それらを利用できるようにするため、動かしてください。
+
chroot内で、[[Unified_Extensible_Firmware_Interface_(日本語)#UEFI_変数|UEFI変数]]は利用できないかも知れません。ブートローダをインストールするために、それらを利用できるようにするため、動かしてください。
 
     mount -t efivarfs efivarfs /sys/firmware/efi/efivars
 
     mount -t efivarfs efivarfs /sys/firmware/efi/efivars
 
===== [[Gummiboot]] =====
 
===== [[Gummiboot]] =====

Revision as of 15:42, 13 December 2013

この文書は、Haswell を内蔵した Ultrabook、2013 Sony Vaio Pro に Arch Linux をインストールする手順の手引です。このラップトップは私達が見てきたものの中で、とても Arch フレンドリーだと思います!(^_^)

特徴

  • Intel Haswell Series CPU (4200U/4500U)
  • DDR3 1600MHz RAM (4/8GB)
  • 128〜512GB SSD (読み取り速度 1GB/s 超)
  • 11/13インチ LED バックライト 1080p IPS 液晶
  • オプションでタッチスクリーン
  • バックライトキーボード
  • ウェブカム
  • 無線: Wi-Fi 802.11n、Bluetooth、NFC
  • センサ: ambilight
  • 超軽量 (13インチモデルは約 1.1kg)

インストールの前に

BIOS 構成

BIOS に入るために、システムが停止している状態で ASSIST ボタンを押し、Start BIOS Setup を打ってください。リカバリーモードを使って USB キーからブートをせず、その代わりに BIOS のブート順位を変更してください。以下の変更を行ってください:

Intel(R) AT Support System	[Disabled]
Secure Boot			[Disabled]
External Device Boot		[Enabled]
Select 1st Boot Priority	[External Device]

もしレガシーブート(非EFI)を使いたいならば、以下の変更を行ってください:

Boot Mode			[Legacy]

インストールメディア

  • 重要!稲妻マークのついた USB ポートは使用しないでください。ブートを行うことができません。
  • USB からブートを行った時、SSD の問題を避けるため、libata.force=noncq をカーネルパラメータに追加する必要があるでしょう。

インターネット接続

Intel 7260 Wi-Fiカードは Linux kernel 3.11 以上でのみサポートされています。

インストール

ブートローダの選択

UEFI

chroot内で、UEFI変数は利用できないかも知れません。ブートローダをインストールするために、それらを利用できるようにするため、動かしてください。

   mount -t efivarfs efivarfs /sys/firmware/efi/efivars
Gummiboot

正しく動作します。Gummibootを既存のEFIシステムパーティションにインストールするため、/boot下に/dev/sda3をマウントしていることを確かめてください。

GRUB

インストールできていないユーザがいるようです。

Note: BIOSでUEFIブートモードをオンにすると、GRUBのインストールはうまくいきます。

Legacy

GRUB

正しく動作します。

インストールの後に

CPU

動作周波数が 800MHz に固定される問題は、未だ解決されていません。Linux kernel 3.11-rc4 以上を使った既知の解決策が ここ にあります。

Video

xf86-video-intel ドライバで動作します。インストールや設定については、Intel Graphics の記事を参照してください。

Sound

設定なしに動作します。インストールガイドで提案されているように、alsa-utils をインストールしてこれを読んでください。

Wi-Fi

Intel 7260 Wi-Fi カードは Linux kernel 3.11 以上においてサポートされています。

タッチスクリーン

タップは設定なしに動作します。マルチタッチジェスチャーは動作しません。

キーボードバックライト

設定なしに動作します。暗い環境下でキーを押すと有効になり、約20秒後に切れます。 下のフォルダに存在する kbd_backlightkbd_backlight_timeout を修正することで、カスタマイズすることができます。

/sys/devices/platform/sony-laptop/

キーボードショートカットでバックライトを切り替えるための単純なシェルスクリプト:

#!/bin/sh
path="/sys/devices/platform/sony-laptop/kbd_backlight"
if [ $(<$path) -eq 1 ]
then
	newval=0
else
	newval=1
fi
echo "$newval" > $path

root 権限なしにこのファイルに書き込めるようにします:

# chmod 777 /sys/devices/platform/sony-laptop/kbd_backlight

モニタバックライト制御

xorg-xbacklight を使えば設定なしに動作します。デフォルトではバックライトはボタンを押す毎に 1% づつ調整されます。これはキーを xorg-xbacklight コマンドにバインドすることで簡単に修正できます。Xfce などの DM はデフォルトでもっと大きな値を使います。

トラックパッド

xf86-input-synaptics ドライバーで動作します。基本的な設定はここに書かれています。

キーボードとボタン

設定なしに問題なく動作します。

ファン制御

設定なしに動作します。通常はほとんど音をたてません。下のフォルダにある thermal_control を編集することでプロファイルを変更できます:

/sys/devices/platform/sony-laptop/

同じディレクトリにある thermal_profiles に利用できるプロファイルが見つかります。

充電

下のディレクトリにある battery_charge_limiter を修正することで最大充電量を 50/80/100% に設定できます:

/sys/devices/platform/sony-laptop/

USBポート

複数のユーザーが稲妻マークのついた USB ポートが充電にしか使えないという問題を報告しています。これは Sony のラップトップでよく見られる既知の問題です。

SDカードスロット

設定なしに問題なく動作します。

NFC

未確認。

Bluetooth

設定なしに問題なく動作します。

ウェブカム

設定なしに問題なく動作します。

既知の問題

  • 設定なしにこの CPU をサポートしているカーネルバージョンは存在しません。CPU セクションの指示に従わない限り 800Mhz に固定されます。
  • 複数のユーザーによって pulse audio で内蔵マイクが "Unavailable" と表示され利用できないという問題が報告されています。
  • ユーザーによっては完全に動作する usb ポートは1つだけのようです。