Difference between revisions of "Start X at Login (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
 
m
Line 13: Line 13:
 
{{Article summary text|仮想端末のログイン時に自動的に X を立ち上げる方法。}}
 
{{Article summary text|仮想端末のログイン時に自動的に X を立ち上げる方法。}}
 
{{Article summary heading|関連項目}}
 
{{Article summary heading|関連項目}}
 +
{{Article summary wiki|systemd/User}}
 
{{Article summary wiki|Automatic login to virtual console}}
 
{{Article summary wiki|Automatic login to virtual console}}
 
{{Article summary wiki|Display Manager (日本語)}}
 
{{Article summary wiki|Display Manager (日本語)}}

Revision as of 13:28, 10 January 2013

概括 help replacing me
仮想端末のログイン時に自動的に X を立ち上げる方法。
関連項目
systemd/User
Automatic login to virtual console
Display Manager (日本語)
Silent boot
Xinitrc

ディスプレイマネージャを使うことでログイン画面から X server を立ち上げることができます。この記事ではどうやって仮想端末からこれを行うのか記述します。

X を手動で立ち上げるには、startx を使います。xinitrc で書かれているように、選ばれたウィンドウマネージャを使うように設定された ~/.xinitrc が実行されます。

シェルプロファイル

Note: ログインセッションを管理するために、ここでは X を login に使われるのと同じ tty で実行します。
  • Bash では、以下を ~/.bash_profile の最後に加えます。ファイルが存在しない場合、/etc/skel/.bash_profile から空の設定をコピーしてください。
  • Zsh では、以下を ~/.zprofile に加えます。
[[ -z $DISPLAY && $XDG_VTNR -eq 1 ]] && exec startx
Note: 複数の仮想端末からグラフィカルログインをしたい場合は -eq 1-le 3 (for vt1 to vt3) などに置き換えることができます。
Note: X はログインと同じ tty 上で実行しなくてはなりません、logind セッションを維持するためです。これはデフォルトの /etc/X11/xinit/xserverrc の挙動です。

Tips

  • このメソッドは automatic login to virtual console と一緒に使うことができます。
  • X セッションが終了してもログイン状態を維持したい場合、exec を削除してください。
  • X セッションの出力をファイルに書き込むには alias を使って下さい:
alias startx='startx &> ~/.xlog'