TT-RSS (日本語)

From ArchWiki
Revision as of 09:44, 1 May 2013 by Enz worker (Talk | contribs) (Created page with "Category:Internet Applications (日本語) en:tt-rss Tiny Tiny RSS はオープンソースで開発されているwebベースのRSSリーダー/アリゲーターで...")

(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

Tiny Tiny RSS はオープンソースで開発されているwebベースのRSSリーダー/アリゲーターです。デスクトップアプリケーションに依存せず何処からでも読むことができるように設計されています。

インストール

AUR から tt-rssAUR をインストールします。

データベースを設定する

mysqlpostgresql の設定が必要です。ユーザーとデータベースを作成してください(以下はmysqlの場合です)。

$ mysql -p -u root
mysql> CREATE USER 'ttrss'@'localhost' IDENTIFIED BY 'somepassword';
mysql> CREATE DATABASE ttrss;
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON ttrss.* TO "ttrss"@"localhost" IDENTIFIED BY 'somepassword';

DBスキーマーをインポートしてください。

mysql --user=ttrss --host=localhost --password=somepassword ttrss < /usr/share/webapps/tt-rss/schema/ttrss_schema_mysql.sql

webサーバーとphpをセットアップする

tt-rssはopen basedir変数の値が"none"であることが必要です。php.iniを定義してください(設定したら sudo systemctl restart httpd してください)。

tt-rssは /usr/share/webapps/tt-rss/ ディレクトリにインストールされます。これをあなたのウェブサーバーで利用可能にする最も簡単な方法は以下のようにシンボリックリンクを貼ることです。

# ln -s /usr/share/webapps/tt-rss /srv/http/tt-rss 

basedirをtt-rssに限定するカスタムphp.iniファイル

phpのopen basedirの設定をtt-rssのディレクトリのみに適用させたい場合、カスタム設定ファイルを作成してください。/etc/php/php.ini/etc/webapps/tt-rss/php.ini にコピーし、tt-rssに特化した設定を施してください。それからapacheの設定を以下のように変更してください。

<Location /tt-rss/>
      PHPINIDir /etc/webapps/tt-rss 
</Location>

もしくはapacheのVirtual Hostディレクティブ内に設定してください

<VirtualHost *:80>
      ...
      PHPINIDir /etc/webapps/tt-rss 
</VirtualHost>

しかしこれではアップデートデーモン(後述)が動きませんので、カスタムphpファイルをupdate_daemon2.phpに渡して対処してください(update.phpはプロセス内でインスタンスを開始するため、phpの設定ファイルを渡すことができません)。

systemd unitファイルを以下のように設定してください。

 [Unit]
 Description=Tiny tiny rss feed updater daemon
 After=network.target
 
 [Service]
 ExecStart=/usr/bin/php -c /etc/webapps/tt-rss/php.ini /usr/share/webapps/tt-rss/update_daemon2.php --quiet
 User=http
 StandardOutput=syslog
 
 [Install]
 WantedBy=multi-user.target

最後に、あなたの(カスタムもしくはデフォルトの)php.iniにいくつかの拡張機能を有効にする設定が必要です。以下のようにコメントアウトを無効化してください。

 extension=curl.so
 extension=iconv.so
 extension=mysql.so
 extension=posix.so
 extension=soap.so

config.phpの設定

/etc/webapps/tt-rss/config.php-dist/etc/webapps/tt-rss/config.php へコピーしてください。そして、あなたの環境に合わせてパラメーターを変更してください。 それからあなたのウェブサーバーが/etc/webapps/tt-rss/config.phpを読み込むことを許可してください。でないとブランクページが表示されます。

アップデートデーモンの設定

http://tt-rss.org/redmine/projects/tt-rss/wiki/UpdatingFeeds を見てください。とはいっても実行するのはとっても簡単です。

# systemctl start tt-rss-updated
$ systemctl status tt-rss-updated

として、動いているかどうか確認してみてください。