The Arch Way (日本語)

From ArchWiki
Revision as of 22:20, 10 February 2009 by MooChoux (talk | contribs) (New page: Category:About Arch (日本語) Category:General (日本語) {{i18n_links_start}} {{i18n_entry|Dansk|Arch_Metoden}} {{i18n_entry|English|The Arch Way}} {{i18n_entry|Espaol|Filosof...)
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to navigation Jump to search


Template:I18n links start Template:I18n entry Template:I18n entry Template:I18n entry Template:I18n entry Template:I18n entry Template:I18n entry Template:I18n entry Template:I18n entry Template:I18n entry Template:I18n entry Template:I18n entry Template:I18n entry Template:I18n entry Template:I18n entry Template:I18n entry Template:I18n entry Template:I18n entry Template:I18n links end


次五つ原則は普通アーチの度, アーチの哲学, Keep It Simple, Stupidの弱者 KISSに要約されることで構成されます.

簡潔

多くの GNU/リヌックス配布本は自分たちを "簡潔だ"と定義します. しかし, 簡潔自体には多くの正義を持ちます.

アーチリヌックスは個人自分たちの要求によってシステムをヒョングテジッゲしてくれる, 不必要な追加機能, 変更, 絡み合った関係がない軽い基本構造としての簡潔さを定義します. 一言で優雅で最小主義的な接近です.

コードの明確さを念頭した高いプログラミング標準で立てられた軽い基本構造はシステム資源を少なく要求しようとする傾向があります. 基本システムはシステムの重要な部分を隠すとか難しくて複雑に近付くようにする煩わしさが全然ないです. 使用者から可能性を隠そうとする傾向があるグラフィック設定道具なしに早い接近と修正のために用意したす早い設定ファイル集めることを持っています. したがってアーチリヌックスシステムは最後の詳細事項まで易しく構成することができます.

一方, アーチリヌックスは使用者に露出する間, GNU/リヌックスシステムの固有した複雑さを維持します. アーチリヌックス開発者と使用者は複雑性を隠そうとする努力がずっと複雑なシステムを生むと信じてこれを避けようと思います.

したがってアーチリヌックスシステムは最後の詳細事項まで易しく構成することができます.

便利さを飛び越えるコードの明確

アーチリヌックスシステムは不必要なパッチ作業, 自動化, 子供キャンデー, "ニュー費に親切"するよりはこぎれいで簡潔なコードとして優雅なデザインを優先視します. ソフトウェアパッチは絶対にしないことを以上にします.

簡潔, 優雅, コードの明確そして最小注意はいつもアーチ開発の優先順位で残るでしょう.

概念, 設計及び機能は外部影響に屈服するよりはアーチの度(道) 原則たちを使って生成されて具現されます. 開発チームはアーチの度(道) 哲学に貢献することを固く念をおします. 彼らとビジョンを共有したらあなたにアーチを使うことを奨励するでしょう.

公開

公開は簡潔さと一緒にアーチリヌックス開発の道案内になる原則中の一つです.

アーチリヌックスはソースの公開を念頭して選択されたとか作成した簡潔な道具を使います.

公開は多くの新しい GNU/リヌックス使用者たちを圧倒するように熟練されたアーチリヌックス使用者たちも実用的なのを見つけます. 使用者とシステムの間のすべての境界と抽象画をとり除いてもっと多い統制手段を提供する同時にシステム維持補修を単純化します.

アーチリヌックスの公開的な天性もよほど険しい学習曲線を意味するが, 熟練されたアーチリヌックス使用者たちは他の閉鎖的なシステムたちを制御するずっと難しさを見つけるきらいがあります.

公開原則はコミュニティ構成員たちにも拡張されます. アーチリヌックス使用者たちはコミュニティが維持補修するアーチ使用者保存所にパッケージ寄与することだけでなく助けることと助言に対して開放的なことと知られています.

使用者-中心的

多くの GNU/リヌックス配布本は '使用者に親切'しようとする一方, アーチリヌックスは今までそうして来たし, 前でも '使用者-中心的'で残るでしょう.

アーチリヌックスはシステムを完璧に制御することができる有能な GNU/リヌックス使用者たちを対象にして収容します.

アーチリヌックス使用者は自分のシステムを完全にわがまま運営します. システムに使用者の命令を完壁に中継するように設計された簡潔な整備道具を除けばシステム自体は少しの助けだけ提供します.

使用者-中心的設計はまた "do it yourself" 接近を意味します. 開発者が具現する新しい機能を要請するよりは, アーチリヌックス使用者が自ら問題を解いてコミュニティと開発チームと結果を共有しようとする傾向 -- "して見て質問しなさい" 哲学があります. これは特にアーチ使用者保存所 -- コミュニティが管理するパッケージのための公式アーチリヌックス保存所で使用者-寄与パッケージが発見されるのが事実です.

自由

もう一つのアーチリヌックス開発の原則は選択の自由です. 使用者はシステム構成に関するすべての決定をホラックハルだけではなくシステムがどうに *なるかを* 決めることができます.

システムを簡潔に維持することで, アーチリヌックスシステムに対してどんな選択することができる自由を提供します.

只今設置したアーチリヌックスシステムは自動構成遂行されないただ基本的な核心構成要素だけ含まれています. 使用者は彼らが願い次第にシェルから構成することができます. 設置手続きの手始めから, システムのすべての構成要素は 100% 透明で直ちに接近, 除去, または一体構成要素で入れ替るために接近可能です.

多様なアーチリヌックス保存所にある多数のパッケージとビルドスクリプトはまた選択の自由を支援して, オープンソースソフトウェアだけではなく 'イデオロギーより機能'を包容する包容する独占的なソフトウェアパッケージを好む人々のためにも提供します. これを選択することは使用者です.

多様なアーチリヌックスのパッケージリポだトリに大きい番号及びビルドスクリプトはまたそれを好む人だけではなく, その人 'に対する理念を包容'以上の機能を提供する独占的なソフトウェアパッケージをオープンソースソフトウェア選択の自由を支援します.これは使用者が選択されます.

アーチリヌックスプロジェクトの設立者ゾドビネッの言葉: "[アーチリヌックス]は あなたが作るのです."