Difference between revisions of "Unity (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
m
Line 9: Line 9:
 
{{Article summary end}}
 
{{Article summary end}}
 
{{TranslationStatus (日本語)|Unity|2012-12-10}}
 
{{TranslationStatus (日本語)|Unity|2012-12-10}}
{{Translateme (日本語)}}
 
  
 
[http://unity.ubuntu.com/ Unity]はGNOMEデスクトップの代替シェルで、AyatanaプロジェクトでCanonicalによって開発されました。ランチャ、ダッシュ、レンズ、パネル、インジケータ、Notify OSD、オーバレイスクロールバーを含むいくつかのコンポーネントから構成されます。Unityは2つの実装を使うことができます。「Unity」は3Dアクセラレートバーションです。CompizウィンドウマネージャとNuxツールキットを使用しています。「Unity 2D」はより軽い代替品です。MetacityウィンドウマネージャとQtツールキットを使用しています。Unity 2DはUbuntu12.10からCanonicalによって既にやめられています。その代わり、Gallium3D llvmpipe alternativeによって推進されているバージョンが使われます。
 
[http://unity.ubuntu.com/ Unity]はGNOMEデスクトップの代替シェルで、AyatanaプロジェクトでCanonicalによって開発されました。ランチャ、ダッシュ、レンズ、パネル、インジケータ、Notify OSD、オーバレイスクロールバーを含むいくつかのコンポーネントから構成されます。Unityは2つの実装を使うことができます。「Unity」は3Dアクセラレートバーションです。CompizウィンドウマネージャとNuxツールキットを使用しています。「Unity 2D」はより軽い代替品です。MetacityウィンドウマネージャとQtツールキットを使用しています。Unity 2DはUbuntu12.10からCanonicalによって既にやめられています。その代わり、Gallium3D llvmpipe alternativeによって推進されているバージョンが使われます。

Revision as of 04:12, 10 December 2012

zh-CN:UnityTemplate:Article summary start Template:Article summary text Template:Article summary heading Template:Article summary wiki Template:Article summary end Template:TranslationStatus (日本語)

UnityはGNOMEデスクトップの代替シェルで、AyatanaプロジェクトでCanonicalによって開発されました。ランチャ、ダッシュ、レンズ、パネル、インジケータ、Notify OSD、オーバレイスクロールバーを含むいくつかのコンポーネントから構成されます。Unityは2つの実装を使うことができます。「Unity」は3Dアクセラレートバーションです。CompizウィンドウマネージャとNuxツールキットを使用しています。「Unity 2D」はより軽い代替品です。MetacityウィンドウマネージャとQtツールキットを使用しています。Unity 2DはUbuntu12.10からCanonicalによって既にやめられています。その代わり、Gallium3D llvmpipe alternativeによって推進されているバージョンが使われます。

インストール

UnityをArchLinux上にインストールする方法は2つあります。ソースから行う方法と、リポジトリから行う方法です。

ソースからインストール

すべてのpkgbuildは、Githubリポジトリで見ることができます。Unity-For-Archは最小で動作するUnityシェルを提供し、Unity-For-Arch-Extraはlightdm-ubuntu(lightdmとubuntuパッチ)、light-themes、ubuntu-tweak(人気のUnity tweak tool)等々を含むいくつかの追加アプリケーションを提供します。

最小のUnityシェルをインストールする:

1. cdコマンドで、ソースを置き動かすディレクトリに移動する:

$ git clone https://github.com/chenxiaolong/Unity-for-Arch.git

ここでは git が必要とされます。

2 READMEファイルを開き、それに従ってパッケージをビルドする:

一般的な方法:

$ cd packagename
$ rm -rvf # Clears out any files from a previous build
$ makepkg -sci # '-s' means install needed dependencies, '-c' means clear left files after build and '-i' means install the package after it is built.

3. ログアウトし、Unityセッションにログインする。

Unityをスタートするのにlightdmを使うには、ほぼ同じ手順でlightdm-ubuntuとlightdm-unity-greeterをUnity-For-Arch-Extraからインストールする必要があります。そしてlightdmはautostartデーモンに追加する必要があります。Systemdユーザであれば、wiki article about Systemdを参照してください。

Tip: この手順を自動で行うために、 スクリプト を使うことができます。

リポジトリからインストール

コンパイルされたパッケージはunity.humbug.inunity.xe-xe.orgで使うことができます。 例としてunity.xe-xe.orgを使ってパッケージをインストールします。

[unity]
Server = http://unity.xe-xe.org/$arch

[unity-extra]
Server = http://unity.xe-xe.org/extra/$arch

/etc/pacman.confに追加します。

Run:

$ pacman -Suy
$ pacman -S $(pacman -Slq unity)
Tip: オリジナルのArchパッケージにとって代わる多くのubuntuパッチパッケージがあります。AURからfreetype2-ubuntuとlibxft-ubuntuを使うことをおすすめします。
Warning: Remember you're installing unofficial packages that are unsupported by the Arch Linux developers.
Warning: Almost all of the packages related to Unity in AUR are outdated. Don't mix those packages with those from the repository.

アップデート

Unityリポジトリからインストールしたのであれば、オフィシャルリポジトリと同じようにアップデートします。

そうでない場合:

1. cdコマンドでオリジナルをクローンしたUnity-for-Archディレクトリに移動します。

2. githubリポジトリからすべての変更をpullします。

$ git pull

3. パッケージをアップデートする必要があるか調べます。

$ ./What_can_I_update\?.py

4. パッケージをアップデートする必要があれば、ソースからインストールセクションで言及された上記の物を組み込んでください。

Note: 時々特定の重要なパッケージがアップデートされる時、報告はされませんが、それに依存するパッケージは再コンパイルする必要があります。例えば、Unityで何度もnuxが更新されるならば、再コンパイルをすることが要求されます。

トラブルシューティング

Unityがアップデート後停止する

以下を試してみてください。

$ compiz.reset

そしてUnityセッションに再ログインしてください。

それでも動かないようなら、githubに問題を報告するか、Arch forumで話しあいましょう。

ウィンドウの装飾が適切に動作しない

テーマを調節するために、gnome-tweak-toolをインストールしてみてください。

ウィンドウの装飾で特定のテーマを使えない

metacityの代わりにmetacity-ubuntuをインストールしてみてください。

いくつかのgtkテーマがGNOME3.6へアップデート後、汚くなる

これもUnityのデフォルトテーマであるlight-themesのせいで起こります。

GtkLabel {
background-color: @transparent;
}

.config/gtk3.0/gtk.cssに書いてください。

新しく開かれたウィンドウがいつもスクリーンの(0, 0)に配置される

Metacity-ubuntumetacityの代わりに使われる必要があります。Metacity-ubuntuは現在、Unity-for-Archに含まれています。

最大化された時に、ウィンドウのタイトルバーが存在する

Metacity-ubuntumetacityの代わりに使われる必要があります。

Indicator-messagesが適切に動作しない

Pidginや多くの他のアプリケーションは、APIの変更によりindicator-messagesと統合することができません。上流のソフトウェアアップデートを待ってください。バグレポートを送ることで手伝うことができます。

既知の問題