Difference between revisions of "VA-API (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
m (サポートしているフォーマット: remove needless attributes from wiki tables and/or use class="wikitable")
m (サポートしているフォーマット: add - char)
Line 44: Line 44:
 
| MPEG4 デコード
 
| MPEG4 デコード
 
| AMD Radeon HD 6000 以降
 
| AMD Radeon HD 6000 以降
| -
+
| --
 
| Nvidia GeForce 200 以降
 
| Nvidia GeForce 200 以降
 
| AMD Radeon HD 6000 以降
 
| AMD Radeon HD 6000 以降

Revision as of 07:56, 16 March 2014

Template:Related articles start (日本語)

  • VDPAU
  • XvMC
  • </ul></div>

    Video Acceleration API は動画デコード・エンコードのハードウェアアクセラレーションを提供するための仕様及びオープンソースライブラリです。

    サポートしているハードウェア

    オープンソースドライバー:

    • NVIDIA GeForce 8 以降の GPU が libva-vdpau-driver パッケージで nouveau-dri ドライバーと一緒にサポートされています (公式リポジトリ から利用可能です)。nouveau-fwAUR パッケージを使います、このパッケージには動作に必要なファームウェアがNVIDIA のバイナリドライバーから展開されて含まれています。

    プロプライエタリドライバー:

    • AMD Radeon HD 4000 以降の GPU が AUR にある libva-xvba-driverAUR パッケージでサポートされています。Radeon HD 5000 以降ではプロプライエタリの catalyst-utilsAUR ドライバを使い、Radeon HD 4000 シリーズでは catalyst-legacy-utilsAUR を使います。

    サポートしているフォーマット

    libva-vdpau-driverati-dri libva-intel-driver libva-vdpau-drivernouveau-dri libva-xvba-driverAUR libva-vdpau-drivernvidia-utils
    MPEG2 デコード AMD Radeon 9500 以降 Intel GMA 4500 以降 Nvidia GeForce 8 以降 AMD Radeon HD 4000 以降 Nvidia GeForce 8 以降
    MPEG4 デコード AMD Radeon HD 6000 以降 -- Nvidia GeForce 200 以降 AMD Radeon HD 6000 以降 Nvidia GeForce 200 以降
    H264 デコード AMD Radeon HD 4000 以降 Intel GMA 45001, Ironlake Graphics 以降 Nvidia GeForce 400 以降 AMD Radeon HD 4000 以降 Nvidia GeForce 8 以降
    VC1 デコード AMD Radeon HD 4000 以降 Intel Sandy Bridge Graphics 以降 Nvidia GeForce 8200, 8300, 8400, 9300, 200 以降 AMD Radeon HD 4000 以降 Nvidia GeForce 8 以降
    MPEG2 エンコード -- Intel Ivy Bridge Graphics 以降 -- -- --
    H264 エンコード -- Intel Sandy Bridge Graphics 以降 -- -- --

    1libva-driver-intel-g45-h264 パッケージによってサポートされています。方法と注意事項は GMA 4500 での H.264 デコーディングを見て下さい。

    あなたの GPU でどのプロファイルがサポートされているか知るために、libva パッケージによって提供されている、次のコマンドを実行してください:

    $ vainfo

    VAEntrypointVLD はあなたのカードがそのフォーマットをデコードできることを意味していて、VAEntrypointEncSlice はそのフォーマットをエンコードできることを意味しています。

    設定

    libva-vdpau-driver は手動で環境変数を使って有効にする必要があります:

    export LIBVA_DRIVER_NAME=vdpau
    

    サポートしているソフトウェア

    GStreamer

    公式リポジトリにある gst-vaapi パッケージをインストールしてください。

    $ gst-launch-1.0 playbin uri=file:///path/to/foobar.mpeg

    フォーマットがサポートされていれば、VA-API が自動で使われます。

    GStreamer ベースのプレイヤー:

    • totem: 設定は必要ありません。

    MPlayer

    公式リポジトリにある mplayer-vaapi パッケージをインストールしてください。

    $ mplayer -vo vaapi -va vaapi foobar.mpeg
    • -vo - vaapi ビデオ出力ドライバの選択
    • -va - vaapi ビデオデコードドライバの選択
    Note: VDPAU バックエンドがある mplayer2AUR も使えます。詳細は MPlayer (日本語)#VDPAU を有効にする を参照してください。

    MPlayer ベースのプレイヤー:

    • gnome-mplayer: ハードウェアアクセラレーションを有効にするには: 編集 -> 環境設定 -> プレイヤー からビデオの出力を "vaapi" に設定してください。
    • smplayer: ハードウェアアクセラレーションを有効にするには: オプション -> 環境設定 -> 全般 -> ビデオ から出力ドライバーを "vaapi" に設定してください。

    VLC media player

    公式リポジトリにある vlc パッケージをインストールしてください。

    ハードウェアアクセラレーションを有効にするには: ツール -> 設定 -> 入力とコーデック から "GPUアクセラレーションを使用" にチェックを入れて下さい。