Difference between revisions of "VDPAU (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
m
m (サポートしているフォーマット: remove needless attributes from wiki tables and/or use class="wikitable")
Line 27: Line 27:
  
 
===サポートしているフォーマット===
 
===サポートしているフォーマット===
{| class="wikitable" border="1" cellpadding="2" style="width: 100%"
+
{| class="wikitable" style="width: 100%"
 
!  
 
!  
 
! {{pkg|ati-dri}}
 
! {{pkg|ati-dri}}
Line 44: Line 44:
 
| MPEG4 デコード
 
| MPEG4 デコード
 
| AMD Radeon HD 6000 以降
 
| AMD Radeon HD 6000 以降
| -
+
| --
 
| Nvidia GeForce 200 以降
 
| Nvidia GeForce 200 以降
 
| AMD Radeon HD 6000 以降
 
| AMD Radeon HD 6000 以降

Revision as of 07:59, 16 March 2014

Template:Related articles start (日本語)

  • VA-API
  • XvMC
  • </ul></div>

    Video Decode and Presentation API for Unix は動画のデコード処理・ポストプロセスを部分的に GPU ビデオハードウェアにオフロードするためのオープンソースライブラリと API です。

    サポートしているハードウェア

    オープンソースドライバー:

    • NVIDIA GeForce 8 以降の GPU が公式リポジトリにある nouveau-dri パッケージでサポートされています。nouveau-fwAUR パッケージを使います、このパッケージには動作に必要なファームウェアが NVIDIA のバイナリドライバーから展開されて含まれています。

    プロプライエタリドライバー:

    サポートしているフォーマット

    ati-dri libvdpau-va-gllibva-intel-driver nouveau-dri libvdpau-va-gllibva-xvba-driverAUR nvidia-utils
    MPEG2 デコード AMD Radeon 9500 以降 Intel GMA 4500 以降 Nvidia GeForce 8 以降 AMD Radeon HD 4000 以降 Nvidia GeForce 8 以降
    MPEG4 デコード AMD Radeon HD 6000 以降 -- Nvidia GeForce 200 以降 AMD Radeon HD 6000 以降 Nvidia GeForce 200 以降
    H264 デコード AMD Radeon HD 4000 以降 Intel GMA 45001, Ironlake Graphics 以降 Nvidia GeForce 8 以降 AMD Radeon HD 4000 以降 Nvidia GeForce 8 以降
    VC1 デコード AMD Radeon HD 4000 以降 Intel Sandy Bridge Graphics 以降 Nvidia GeForce 8200, 8300, 8400, 9300, 200 以降 AMD Radeon HD 4000 以降 Nvidia GeForce 8 以降

    1AUR にある libva-driver-intel-g45-h264AUR パッケージによってサポートされています。方法と注意事項は GMA 4500 での H.264 デコーディングを見て下さい。

    設定

    (Intel Graphics や AMD Catalyst で使う) libvdpau-va-gl ドライバーは手動で有効にする必要があります。有効にするには、次のファイルを作成してください:

    /etc/profile.d/vdpau_vaapi.sh
    #!/bin/sh
    export VDPAU_DRIVER=va_gl

    ファイルを実行可能にしてください:

    # chmod +x /etc/profile.d/vdpau_vaapi.sh
    

    再起動してログインしなおしてください。

    あなたの GPU によってサポートされている機能を確認するには、vdpauinfoAUR パッケージによって提供されている、次のコマンドを実行してください:

    $ vdpauinfo

    サポートしているソフトウェア

    Adobe Flash Player

    Adobe Flash Player のハードウェアによるビデオデコードを有効にするには、次の行を /etc/adobe/mms.cfg ファイルに追加してください:

    EnableLinuxHWVideoDecode=1
    

    MPlayer

    MPlayer をインストールしてください。

    $ mplayer -vo vdpau, -vc ffmpeg12vdpau,ffwmv3vdpau,ffvc1vdpau,ffh264vdpau,ffodivxvdpau, foobar.mpeg
    Warning: ffodivxvdpau コーデックをサポートしているのは最新の NVIDIA ハードウェアだけです。あなたのハードウェアの仕様によってはサポートされていないものと考えて下さい。
    • -vo - vdpau ビデオ出力ドライバの選択
    • -vc - vdpau ビデオコーデックの選択

    MPlayer ベースのプレイヤー:

    • gnome-mplayer: ハードウェアアクセラレーションを有効にするには: 編集 -> 環境設定 -> プレイヤー からビデオの出力を vdpau に設定してください。
    • smplayer: ハードウェアアクセラレーションを有効にするには: オプション -> 環境設定 -> 全般 -> ビデオ から出力ドライバーを vdpau に設定してください。

    VLC メディアプレイヤー

    VLC をインストールしてください。

    ハードウェアアクセラレーションを有効にするには: ツール -> 設定 -> 入力とコーデック から ハードウェアアクセラレーションによるデコードVideo Decode and Presentation API for Unix (VDPAU) に設定してください。