Difference between revisions of "Window Manager (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
m (種類)
m
Line 14: Line 14:
  
 
== X Window System == <!-- please keep this section synchronized with [[Desktop Environment#X Window System]] -->
 
== X Window System == <!-- please keep this section synchronized with [[Desktop Environment#X Window System]] -->
[[Wikipedia:X Window System|X Window System]] はグラフィカルユーザーインターフェースの基礎を提供します。デスクトップ環境をインストールする前に、X サーバーをインストールする必要があります。詳しい情報は [[Xorg]] を見て下さい。
+
[[Wikipedia:X Window System|X Window System]] はグラフィカルユーザーインターフェースの基礎を提供します。デスクトップ環境をインストールする前に、X サーバーをインストールする必要があります。詳しい情報は [[Xorg (日本語)]] を見て下さい。
  
 
:''X は、GUI環境構築のための基本フレームワークやプリミティブを提供する。ウィンドウを画面上に描画したり、移動させたり、マウスやキーボードを使ってやり取りするといったことである。X はユーザインタフェースを規定しない。それは、個々のクライアントプログラムの管理下にある。そのため、X に基づいた環境の見た目は様々であり、プログラムごとにインタフェースが異なる。X は OS の中核部分には含まれず、アプリケーション層構築の基盤となっている。''
 
:''X は、GUI環境構築のための基本フレームワークやプリミティブを提供する。ウィンドウを画面上に描画したり、移動させたり、マウスやキーボードを使ってやり取りするといったことである。X はユーザインタフェースを規定しない。それは、個々のクライアントプログラムの管理下にある。そのため、X に基づいた環境の見た目は様々であり、プログラムごとにインタフェースが異なる。X は OS の中核部分には含まれず、アプリケーション層構築の基盤となっている。''
Line 23: Line 23:
 
ウィンドウマネージャはウィンドウ周りの機能を提供する X クライアントです。ウィンドウマネージャはアプリケーションの外観を操作します: ボーダー、タイトルバー、サイズ、ウィンドウのリサイズ機能などはウィンドウマネージャによって管理されます。多くのウィンドウマネージャには [[Window Maker]] のような [http://dockapps.windowmaker.org/ dockapps] を置くための場所、プログラムを起動するためや WM の設定などを行うためのメニューなどの機能も備わっています。例えば、[[Fluxbox]] はウィンドウをタブ化することができます。
 
ウィンドウマネージャはウィンドウ周りの機能を提供する X クライアントです。ウィンドウマネージャはアプリケーションの外観を操作します: ボーダー、タイトルバー、サイズ、ウィンドウのリサイズ機能などはウィンドウマネージャによって管理されます。多くのウィンドウマネージャには [[Window Maker]] のような [http://dockapps.windowmaker.org/ dockapps] を置くための場所、プログラムを起動するためや WM の設定などを行うためのメニューなどの機能も備わっています。例えば、[[Fluxbox]] はウィンドウをタブ化することができます。
  
一般的にウィンドウマネージャはデスクトップアイコンなどの、[[Desktop Environment (日本語)|デスクトップ環境]] にあるような''エクストラ''を提供しません(ただし WM に他のプログラムを組み合わせることでアイコンを追加することはできます)。
+
一般的にウィンドウマネージャはデスクトップアイコンなどの、[[Desktop Environment (日本語)|デスクトップ環境]]にあるような''エクストラ''を提供しません(ただし WM に他のプログラムを組み合わせることでアイコンを追加することはできます)。
  
 
''エクストラ''がないために、ウィンドウマネージャはシステムリソースの消費がかなり軽くなっています。
 
''エクストラ''がないために、ウィンドウマネージャはシステムリソースの消費がかなり軽くなっています。
Line 143: Line 143:
 
*{{App|[[Qtile]]|Qtile is a full-featured, hackable tiling window manager written in Python. Qtile is simple, small, and extensible. It's easy to write your own layouts, widgets, and built-in commands.It is written and configured entirely in Python, which means you can leverage the full power and flexibility of the language to make it fit your needs. |https://github.com/qtile/qtile|{{AUR|qtile-git}} [unsupported]}}
 
*{{App|[[Qtile]]|Qtile is a full-featured, hackable tiling window manager written in Python. Qtile is simple, small, and extensible. It's easy to write your own layouts, widgets, and built-in commands.It is written and configured entirely in Python, which means you can leverage the full power and flexibility of the language to make it fit your needs. |https://github.com/qtile/qtile|{{AUR|qtile-git}} [unsupported]}}
  
*{{App|[[Wingo]]|Wingo is a fully featured true hybrid window manager that supports per-monitor workspaces, and neither the floating or tiling modes are after thoughts. This allows one to have tiling on one workspace while floating on the other. Wingo can be scripted with its own command language, is completely themeable, and supports user defined hooks. Wingo is written in Go and has no runtime dependencies. |https://github.com/BurntSushi/wingo|{{AUR|wingo-git}} [unsupported]}}
+
*{{App|[[Wingo]]|Wingo is a fully featured true hybrid window manager that supports per-monitor workspaces, and neither the floating or tiling modes are after thoughts. This allows one to have tiling on one workspace while floating on the other. Wingo can be scripted with its own command language, is completely themeable, and supports user defined hooks. Wingo is written in Go and has no runtime dependencies.|https://github.com/BurntSushi/wingo|{{AUR|wingo-git}} [unsupported]}}
  
 
*{{App|[[wmii]]|wmii は X11 の小さい動的ウィンドウマネージャです。スクリプトによって管理され、9P ファイルシステムインターフェースを持っておりクラシックな (Acme-ライク) タイル型ウィンドウマネージメントをサポートしています。コードベースを小さくクリーンにする(ハックしやすく美しくする)ことを目指しています。デフォルト設定は bash と [http://rc.cat-v.org rc (Plan 9 シェル)] によりますが、ruby によるプログラムや、テキストで設定することができるプログラムもあります。ステータスバーとランチャーが内蔵されており、任意でシステムトレイ ({{Ic|witray}}) も使えます。|http://wmii.suckless.org/|{{Pkg|wmii}}}}
 
*{{App|[[wmii]]|wmii は X11 の小さい動的ウィンドウマネージャです。スクリプトによって管理され、9P ファイルシステムインターフェースを持っておりクラシックな (Acme-ライク) タイル型ウィンドウマネージメントをサポートしています。コードベースを小さくクリーンにする(ハックしやすく美しくする)ことを目指しています。デフォルト設定は bash と [http://rc.cat-v.org rc (Plan 9 シェル)] によりますが、ruby によるプログラムや、テキストで設定することができるプログラムもあります。ステータスバーとランチャーが内蔵されており、任意でシステムトレイ ({{Ic|witray}}) も使えます。|http://wmii.suckless.org/|{{Pkg|wmii}}}}

Revision as of 06:47, 2 February 2013

概括 help replacing me
ウィンドウマネージャはグラフィカルユーザーインターフェースのウィンドウシステムでウィンドウの位置や外観をコントロールするソフトウェアです。この記事では人気のあるウィンドウマネージャの全体的な概要を記述します。
概要
Template:Graphical user interface overview (日本語)

ウィンドウマネージャ (WM) はグラフィカルユーザーインターフェース (GUI) のコンポーネントのひとつです。ユーザーによっては完全にユーザーインターフェースの揃ったデスクトップ環境(アイコン、ウィンドウ、壁紙、デスクトップウィジェットを含む)をインストールする方を好むかもしれません。

X Window System

X Window System はグラフィカルユーザーインターフェースの基礎を提供します。デスクトップ環境をインストールする前に、X サーバーをインストールする必要があります。詳しい情報は Xorg (日本語) を見て下さい。

X は、GUI環境構築のための基本フレームワークやプリミティブを提供する。ウィンドウを画面上に描画したり、移動させたり、マウスやキーボードを使ってやり取りするといったことである。X はユーザインタフェースを規定しない。それは、個々のクライアントプログラムの管理下にある。そのため、X に基づいた環境の見た目は様々であり、プログラムごとにインタフェースが異なる。X は OS の中核部分には含まれず、アプリケーション層構築の基盤となっている。

ユーザーは様々な方法によって自由に GUI 環境を設定することができます。

ウィンドウマネージャ

ウィンドウマネージャはウィンドウ周りの機能を提供する X クライアントです。ウィンドウマネージャはアプリケーションの外観を操作します: ボーダー、タイトルバー、サイズ、ウィンドウのリサイズ機能などはウィンドウマネージャによって管理されます。多くのウィンドウマネージャには Window Maker のような dockapps を置くための場所、プログラムを起動するためや WM の設定などを行うためのメニューなどの機能も備わっています。例えば、Fluxbox はウィンドウをタブ化することができます。

一般的にウィンドウマネージャはデスクトップアイコンなどの、デスクトップ環境にあるようなエクストラを提供しません(ただし WM に他のプログラムを組み合わせることでアイコンを追加することはできます)。

エクストラがないために、ウィンドウマネージャはシステムリソースの消費がかなり軽くなっています。

種類

  • スタック型 (もしくはフロート型) ウィンドウマネージャは Windows や OS X などの商用 OS で使われる伝統的なデスクトップメタファーを提供します。ウィンドウはデスクの上の紙のように動き、それぞれを重ねることができます。
  • タイル型 ウィンドウマネージャは、ウィンドウがオーバーラップしないようウィンドウを"タイル状に"敷き詰めます。基本的にキーボードで操作し、マウスを使うことはあまり(もしくは全く)ありません。タイル型ウィンドウマネージャのレイアウトは手動で設定することも、定義済みのレイアウトを使うこともできます。
  • 動的 ウィンドウマネージャはタイル型とフロート型のウィンドウレイアウトを動的に切り替えることができます。

ウィンドウマネージャの比較は Comparison of Tiling Window ManagersWikipedia:Comparison of X window managers を見て下さい。

ウィンドウマネージャ一覧

スタック型ウィンドウマネージャ

  • aewm — aewm は近代的で小さな X11 ウィンドウマネージャです。全てをマウスから操作できるようになっていますが、ウィンドウフレーム以外の目に見える UI を持っていません。コマンドセットは vi に沿っています: デザインはプロジェクト創設当初から変わっておらず、メモリが少ないマシンでも高速に動作します。あまり直感的とは言えず、新しいユーザーには適さないかもしれませんが、それなりにクイックかつエレガントです。
http://www.red-bean.com/decklin/aewm/ || aewmAUR [unsupported]
  • AfterStep — AfterStep は Unix X Window System 用のウィンドウマネージャです。初めは NeXTStep インターフェースのルックアンドフィールをベースとしていました。エンドユーザーに調和したクリーンでエレガントなデスクトップを提供します。AfterStep の開発のゴールは、デスクトップ設定の柔軟性の確保・美しさの向上・システムリソースの効果的な利用です。
http://www.afterstep.org/ || afterstepAUR [unsupported]
  • Blackbox — Blackbox は高速かつ軽量な X Window System 向けウィンドウマネージャで、依存ライブラリはほとんどありません。Blackbox は C++ によってスクラッチから作られています(グラフィックの実装は WindowMaker に似ています)。
http://blackboxwm.sourceforge.net/ || blackbox
  • Compiz — Compiz は OpenGL を使うコンポジット型ウィンドウマネージャで、ウィンドウをテクスチャオブジェクトに変換するのに GLX_EXT_texture_from_pixmap を使っています。柔軟なプラグインシステムをもっており、ほとんどのハードウェアで動作するように設計されています。
http://www.compiz.org/ || compiz-core
  • Enlightenment — Enlightenment はただの Linux/X11 のウィンドウマネージャというだけでなく、美しいユーザーインターフェースを作るためのライブラリスイートとされます。伝統的なツールキットと格闘するような古臭い手法は使われません。伝統的なウィンドウマネージャとは異なるものです。
http://www.enlightenment.org/ || enlightenment
  • evilwm — X Window System の最小主義ウィンドウマネージャです。ここで言う'最小主義'とは、機能が少なくて使いづらいということではなく、他のウィンドウマネージャにあるような役に立たない機能を省略するということです。
http://www.6809.org.uk/evilwm/ || evilwm
  • Fluxbox — Fluxbox は X のウィンドウマネージャで Blackbox 0.61.1 のコードをベースにしています。非常に軽量で、使いやすく、デスクトップエクスペリエンスを高める機能を揃えています。C++ を作って作られており MIT ライセンスを使っています。
http://www.fluxbox.org/ || fluxbox
  • Flwm — Flwm は複数のウィンドウマネージャにあるアイデアを兼ね備える試みです。主要なインターフェースとコードベースは Chris Cannam の wm2 に由来します。
http://flwm.sourceforge.net/ || flwmAUR [unsupported]
  • FVWM — FVWM はとてもパワフルな ICCCM-準拠の X Window System 用仮想デスクトップウィンドウマネージャです。開発は活発的に行われており、サポートも充実しています。
http://www.fvwm.org/ || fvwm
  • Goomwwm — Goomwwm は X11 ウィンドウマネージャであり、クリーンルームソフトウェアプロジェクトとして C で実装されています。ミニマルなフロート型レイアウトでウィンドウを管理しつつ、ウィンドウの切り替え・サイズ変更・移動・タグ付け・タイリングを柔軟にキーボードで操作できるようになっています。また、高速・軽量・モードレス・Xinemara-対応で EWMH にほとんど準拠しています。
http://aerosuidae.net/goomwwm/ || goomwwmAUR [unsupported]
  • Hackedbox — Hackedbox は Blackbox をスリム化した X11 ウィンドウマネージャです。ツールバーとスリットが削除されています。Hackedbox のゴールは小さな"機能セット"ウィンドウマネージャです。他に機能を加えることは予定されておらず、バグフィックスと可能な限りのスピードの向上だけが行われています。
http://scrudgeware.org/projects/Hackedbox/ || hackedboxAUR [unsupported]
  • IceWM — IceWM は X Window System のウィンドウマネージャです。IceWM のゴールは、スピード、シンプリシティ、そしてユーザーの邪魔をしないことです。
http://www.icewm.org/ || icewm
  • JWM — JWM は X11 Window System のウィンドウマネージャです。JWM は C で書かれ、使用するのに必要なのは Xlib だけです。
http://joewing.net/programs/jwm/ || jwm
  • Karmen — Karmen は X のウィンドウマネージャで、Johan Veenhuizen によって作られました。"何もしなくても動く"ように設計されています。設定ファイルがなく、また Xlib 以外に必要なライブラリもありません。入力フォーカスモデルは、「クリックするとフォーカスする」です。Karmen は ICCCM と EWMH 準拠を目的にしています。
http://karmen.sourceforge.net/ || karmenAUR [unsupported]
  • KWin — KWin は KDE 4.0 の標準 KDE ウィンドウマネージャであり、最初のバージョンからコンポジットのサポートがあるため、コンポジット型ウィンドウマネージャでもあります。KWin は Compiz に似た先進的なグラフィカルエフェクトが使えるだけでなく、以前の KDE リリースにあった全ての機能を揃えています (KDE との高いレベルでの統合、高度なコンフィグレーション、フォーカススティールの防止、よくテストされたウィンドウマネージャ、わがままなアプリケーション/ツールキットの強固な制御 etc)。
http://techbase.kde.org/Projects/KWin || kdebase-workspace
  • lwm — lwm はあなたの前にほとんど姿を現さない X ウィンドウマネージャです。アイコン、ボタン、バー、メニューなどがなく、それらが欲しい場合、他のプログラムを使うことになります。また設定項目もありません: 設定したいならば、他のウィンドウマネージャを使えばいいのです、それらウィンドウマネージャは、OS からディスク容量・物理メモリを占拠するでしょう。
http://www.jfc.org.uk/software/lwm.html || lwm
  • Metacity — ここは Metacity のホームページではありません。Metacity にはホームページがありません。これと同じ理由で派手なロゴもありません: Metacity は、静かに、小さく、安定して仕事をこなしながら、貴方の注意を引かないように努力しています。
http://blogs.gnome.org/metacity/ || metacity
  • Mutter — Clutter ベースの GNOME 向けコンポジット型ウィンドウマネージャで、OpenGL を使います。
http://git.gnome.org/browse/mutter/ || mutter
  • Openbox — Openbox は高度に柔軟性があり、様々な標準をサポートした次世代ウィンドウマネージャです。*box ビジュアルスタイルは最小主義の外観を持つことで知られています。Openbox は *box ビジュアルスタイルを使いながら、以前の *box 実装に比べて、テーマ作成者に高い自由度を与えています。テーマのドキュメントでは、Openbox のテーマには完備されたオプションがあると謳っています。
http://openbox.org/wiki/Main_Page || openbox
  • pawm — pawm は X Windows system のウィンドウマネージャです。'デスクトップ'ではなく、役に立たない大量のオプションはありません。ただ X アプリケーションを動かすための装備だけを持ちフレンドリーにインターフェースを使えるようになっています。
http://www.pleyades.net/pawm/ || pawm
  • pekwm — pekwm は aewm++ ウィンドウマネージャをベースに作られたウィンドウマネージャですが、今では aewm++ の面影は全くありません。ウィンドウのグループ化 (Ion, PWM, Fluxbox に類似したもの)、自動プロパティ、Xinerama、キーチェインなどの大幅に拡張された機能を持っています。
http://www.pekwm.org/projects/pekwm || pekwm
  • Sawfish — Sawfish は Lisp ベースのスクリプト言語を使った拡張性のあるウィンドウマネージャです。ポリシーはウィンドウマネージャとして非常にミニマルなこと。最も柔軟に魅力的な方法でウィンドウを管理できるように開発されています。将来性のために、すべての高次元な WM の機能は、Lisp によって実装されています。
http://sawfish.wikia.com/wiki/Main_Page || sawfishAUR [unsupported]
  • TinyWM — TinyWM はとても (tiny) 小さいウィンドウマネージャでミニマリズムの極みです。ウィンドウマネージャを作るにあたって必要な基本的なことを学ぶのにも役に立つかもしれません。たった 50 行の C で作られています。python-xlib を使った Python バージョンもあります。
http://incise.org/tinywm.html || tinywmAUR [unsupported]
  • twm — twm は X Window System のウィンドウマネージャです。タイトルバー、ウィンドウ、アイコン管理、ユーザー定義マクロ、クリックタイプ・ポインタードリブンなキーボードフォーカス、ユーザー定義キーとポインターボタンバインディングを提供します。
http://cgit.freedesktop.org/xorg/app/twm/ || xorg-twm
  • WindowLab — WindowLab は新しいデザインの小さくシンプルなウィンドウマネージャです。クリックフォーカスでレイズオンフォーカスでないポリシーを持ち、一度に多くのウィンドウのサイズを変えることができたり、タスクバーとして画面の一部になった革新的なメニューバーなどがあります。タイトルバーは画面からはみ出ないようになっており、場合によってポインターをタスクバー・メニューバーに移動させてメニューアイテムを押しやすくしたりできます。
http://nickgravgaard.com/windowlab/ || windowlab
  • Window Maker — Window Maker は X11 のウィンドウマネージャで、もともとは GNUstep デスクトップ環境として統合するために作られました。可能な限り、NEXTSTEP ユーザーインターフェースのエレガントなルックアンドフィールを再現しています。高速で、リッチな機能を持ち、設定しやすく、そして使いやすくなっています。また、世界中のプログラマーによって作られているフリーソフトウェアでもあります。
http://windowmaker.org/ || windowmaker
  • WM2 — wm2 は X のウィンドウマネージャです。珍しいウィンドウ装飾をしていて機能性は限られています。ソースコードを編集・リコンパイルする他に wm2 には設定がありません。ウィンドウマネージャがフレンドリーすぎないでほしいユーザーのために作られています。
http://www.all-day-breakfast.com/wm2/ || wm2AUR
  • Xfwm — Xfce ウィンドウマネージャは画面のアプリケーションウィンドウの位置を管理するだけでなく、美しいウィンドウ装飾、ワークスペースや仮想デスクトップの管理、マルチスクリーンモードのサポートも行います。完全透過やシャドウのある (X.Org コンポジットエクステンション による) コンポジット型マネージャを提供します。Xfce ウィンドウマネージャにはユーザーがコマンドを設定するキーボードショートカットエディタや細かい設定を行うための設定ダイアログも含まれています。
http://www.xfce.org/projects/xfwm4/ || xfwm4

タイル型ウィンドウマネージャ

  • dswm — dswm (Deep Space Window Manager) は Stumpwm の派生ソフトウェアです。
https://github.com/dss-project/dswm || dswmAUR [unsupported]
  • Herbstluftwm — herbstluftwm は手動タイル型 X11 ウィンドウマネージャで Xlib と Glib を利用します。フレームをサブフレームに分割するレイアウトを取っています (i3/musca に似ています)。実行時にタグ・ワークスペース・仮想デスクトップを追加・削除できます。それぞれのタグには1つのレイアウトが含まれます。1つのタグは1つのモニターで表示します。タグごとのモニターは独立します (xmonad に似ています)。起動時に herbstclient からの ipc を通して設定します。設定ファイルはスクリプトで起動時に実行されます (wmii/musca に似ています)。
http://wwwcip.cs.fau.de/~re06huxa/herbstluftwm || herbstluftwm-gitAUR [unsupported]
  • Ion3 — Ion はタイル型タブ式 X11 ウィンドウマネージャで、キーボードを使うユーザーを念頭に置いて設計されています。タイル型ウィンドウマネージャの"ニューウェーブ"を作った最初のウィンドウマネージャのひとつで (もうひとつは全く違ったアプローチをとった LarsWM)、X11 のタイル型ウィンドウマネージャの草分け的な存在です。設定をするための埋め込みインタプリタとして Lua を使っています。
http://tuomov.iki.fi/software || ion3AUR [unsupported]
  • Notion — Notion はタイル型、タブ式の X Window System 用ウィンドウマネージャで、'タイル'と'タブ式'ウィンドウを利用します。
    • タイル: 画面をオーバーラップしないように'タイル'に分割します。すべてのウィンドウにタイルが割り当てられます。
    • タブ: ひとつのタイルに複数のウィンドウを収めることもできます - 'タブ'を使います
    • 静的: ほとんどのタイル型ウィンドウマネージャは'動的'、つまり自動でタイルをリサイズ・移動してウィンドウを表示します。対照的に、Notion は自動ではタイルを変更しません。
Notion は Ion3 のフォークです。
http://notion.sf.net/ || notion
  • Ratpoison — Ratpoison はシンプルなウィンドウマネージャで、大きなライブラリが必要なく、着飾ったグラフィックもなく、ウィンドウ装飾もありません。仮想端末として幅広く使われている GNU Screen に主として倣っています。Ratpoison の設定はシンプルなテキストファイルで行います。Ratpoison の情報バーはいささか異なり、必要な時だけ表示されます。通知バーだけでなくランチャも提供します。Ratpoison にはシステムトレイがありません。
http://www.nongnu.org/ratpoison/ || ratpoison
  • Stumpwm — Stumpwm はタイル型の、キーボードドリブンな X11 ウィンドウマネージャで、全て Common Lisp によって書かれています。Stumpwm には個人設定にとりつける様々なフックや、実行中にも再設定・リロードできる変数があります。ウィンドウ装飾・アイコン・ボタン・システムトレイはありません。情報バーはずっと表示するかそれとも必要な時だけ表示するか設定できます。
http://www.nongnu.org/stumpwm/ || stumpwm-gitAUR [unsupported]
  • subtle — subtle は手動タイル型ウィンドウマネージャでいささか独特なタイリングを行います: デフォルトでは典型的なレイアウトはなく、ウィンドウはカスタムグリッドのポジション(グラビティ)によって配置されます。ユーザーはウィンドウそれぞれのグラビティを、直接掴むかタグ設定のルールによって変更できます。ワークスペースタグや自動クライアントタグ、マウス・キーボード操作、拡張できるステータスバーなどを備えています。
http://subforge.org/projects/subtle || subtle
  • WMFS — WMFS (Window Manager From Scratch) は軽量で細かく設定できる X 向けタイル型ウィンドウマネージャです。設定ファイルを使って設定します。Xft (FreeType) フォントをサポート、Extended Window Manager Hints (EWMH)、Xinemara,Xrandr に対応しています。WMFS は Vi ベースのコマンドを使って操作可能です。
https://github.com/xorg62/wmfs || wmfsAUR [unsupported]

動的ウィンドウマネージャ

  • awesome (日本語) — awesome は設定範囲が広い、X の次世代型ウィンドウマネージャです。非常に高速に動作で、拡張性があり、GNU GPLv2 でライセンスされています。ビルトインのシステムトレイ・情報バー・ランチャーが使え、Lua で設定を行います。Lua で機能を拡張することも可能です。Awesome は Xlib の代わりに XCB を使うことで、動作速度を高速化させています。Awesome には他にも、notification-daemon の代替や、*box ウィンドウマネージャに似た右クリックメニューなど様々な機能があります。
http://awesome.naquadah.org/ || awesome
  • catwm — catwm は小さなウィンドウマネージャで、dwm よりもシンプルに C で書かれています。config.h ファイルを変更しリコンパイルすることで設定を行います。
https://github.com/pyknite/catwm || catwm-gitAUR [unsupported]
  • dwm — dwm は X の動的ウィンドウマネージャです。It manages windows in tiled, monocle and floating layouts. All of the layouts can be applied dynamically, optimising the environment for the application in use and the task performed. does not include a tray app or automatic launcher, although dmenu integrates well with it, as they are from the same author. It has no text configuration file. Configuration is done entirely by modifying the C source code, and it must be recompiled and restarted each time it is changed. The program size is already at the self-imposed line limit, restricting further development.
http://dwm.suckless.org/ || dwm
  • echinus — X11 のシンプルかつ軽量なタイル・フロート型ウィンドウマネージャ。echinus は dwm の設定を簡単にするフォークから始まり、今では EWMH をサポートしている完全なリペアレントウィンドウマネージャになっています。ouricoAUR と呼ばれるEWMH-互換のパネル・タスクバーを持っています。
http://plhk.ru/echinus || echinusAUR [unsupported]
  • euclid-wm — euclid-wm is a simple and lightweight tiling and floating window manager for X11, with support for minimizing windows. A text configuration file controls key bindings and settings. It started as a dwm fork with easier configuration, and became a full-featured reparenting window manager with EWMH support. It has an EWMH-compatible panel/taskbar called ouricoAUR.
http://euclid-wm.sourceforge.net/index.php || euclid-wmAUR [unsupported]
  • i3 — i3 is a tiling window manager, completely written from scratch. i3 was created because wmii, our favorite window manager at the time, did not provide some features we wanted (multi-monitor done right, for example) had some bugs, did not progress since quite some time and was not easy to hack at all (source code comments/documentation completely lacking). Notable differences are in the areas of multi-monitor support and the tree metaphor. For speed the Plan 9 interface of wmii is not implemented.
http://i3wm.org/ || i3-wm
  • monsterwm — is a minimal, lightweight, tiny but monsterous dynamic tiling window manager. It will try to stay as small as possible. Currently under 700 lines with the config file included. It provides a set of four different layout modes (vertical stack, bottom stack, grid and monocle/fullscreen) by default, and has floating mode support. It also features multi-monitor support. Each monitor and virtual desktop have their own properties, unaffected by other monitors' or desktops' settings. Configuration is done entirely by modifying the C source code, and it must be recompiled and restarted each time it is changed. There are many available patches supported upstream, in the form of different git branches.
https://github.com/c00kiemon5ter/monsterwm || monsterwmAUR [unsupported]
  • Musca — A simple dynamic window manager for X, with features nicked from ratpoison and dwm. Musca operates as a tiling window manager by default. The user determines how the screen is divided into non-overlapping frames, with no restrictions on layout. Application windows always fill their assigned frame, with the exception of transient windows and popup dialog boxes which float above their parent application at the appropriate size. Once visible, applications do not change frames unless so instructed.
http://aerosuidae.net/musca.html || muscaAUR [unsupported]
  • snapwm — is a lightweight dynamic tiling window manager with an emphasis on easy configurability and choice. It has a built in bar with clickable workspaces and space for external text. There's five tiling modes: vertical, fullscreen, horizontal, grid and stacking. It has other features, like color support, independant desktops, choice of window placement strategy, reloadable config files, transparency support, dmenu integration, multi monitor support and more.
https://github.com/moetunes/Nextwm || snapwm-gitAUR [unsupported]
  • spectrwm — Spectrwm is a small dynamic tiling window manager for X11, largely inspired by xmonad and dwm. It tries to stay out of the way so that valuable screen real estate can be used for much more important stuff. It has sane defaults and is configured with a text file. It was written by hackers for hackers and it strives to be small, compact and fast. It has a built-in status bar fed from a user-defined script
https://opensource.conformal.com/wiki/spectrwm || spectrwm [community]
  • Qtile — Qtile is a full-featured, hackable tiling window manager written in Python. Qtile is simple, small, and extensible. It's easy to write your own layouts, widgets, and built-in commands.It is written and configured entirely in Python, which means you can leverage the full power and flexibility of the language to make it fit your needs.
https://github.com/qtile/qtile || qtile-gitAUR [unsupported]
  • Wingo — Wingo is a fully featured true hybrid window manager that supports per-monitor workspaces, and neither the floating or tiling modes are after thoughts. This allows one to have tiling on one workspace while floating on the other. Wingo can be scripted with its own command language, is completely themeable, and supports user defined hooks. Wingo is written in Go and has no runtime dependencies.
https://github.com/BurntSushi/wingo || wingo-gitAUR [unsupported]
  • wmii — wmii は X11 の小さい動的ウィンドウマネージャです。スクリプトによって管理され、9P ファイルシステムインターフェースを持っておりクラシックな (Acme-ライク) タイル型ウィンドウマネージメントをサポートしています。コードベースを小さくクリーンにする(ハックしやすく美しくする)ことを目指しています。デフォルト設定は bash と rc (Plan 9 シェル) によりますが、ruby によるプログラムや、テキストで設定することができるプログラムもあります。ステータスバーとランチャーが内蔵されており、任意でシステムトレイ (witray) も使えます。
http://wmii.suckless.org/ || wmii
  • xmonad — xmonad は動的タイル型 X11 ウィンドウマネージャで、Haskell によって書かれています。一般的な WM では、ウィンドウの調整や検索に時間が割かれますが、xmonad は自動化することでそれらを楽にします。全ての設定項目を使うには、xmonad をリコンパイルしなくてはいけません、つまり Haskell コンパイラ (100MB 以上) をインストールする必要があります。xmonad-contrib という名の大きなライブラリによって多くの追加機能が使用できます。
http://xmonad.org/ || xmonad

外部リンク