Difference between revisions of "Xfce (日本語)"

From ArchWiki
Jump to: navigation, search
(Kill Window ショートカット)
Line 25: Line 25:
 
:''Xfce はモジュール化と再利用性という伝統的な UNIX の哲学を体現しています。そして、現代のデスクトップ環境に期待されている機能をフルに提供する数々のコンポーネントで構成されています。コンポーネントはそれぞれ独立にパッケージ化されており、あなたは利用可能なパッケージ群からパッケージを選択して最適な個人の作業環境を作り出すことができます。''
 
:''Xfce はモジュール化と再利用性という伝統的な UNIX の哲学を体現しています。そして、現代のデスクトップ環境に期待されている機能をフルに提供する数々のコンポーネントで構成されています。コンポーネントはそれぞれ独立にパッケージ化されており、あなたは利用可能なパッケージ群からパッケージを選択して最適な個人の作業環境を作り出すことができます。''
  
Xfce は [[GNOME (日本語)|GNOME]] や [[KDE (日本語)|KDE]] などと同じ[[Desktop Environment (日本語)|デスクトップ環境]]です。root window app、ウィンドウマネージャ、ファイルマネージャ、パネルなどのアプリケーションを一通り取り揃えています。Xfce は GTK2 ツールキットを使って書かれており、他の DE と同じように開発環境(ライブラリやデーモンなど)が含まれています。Xfce の特徴は:
+
Xfce は [[GNOME (日本語)|GNOME]] や [[KDE (日本語)|KDE]] などと同じ[[Desktop Environment (日本語)|デスクトップ環境]]です。ルートウィンドウアプリ、ウィンドウマネージャ、ファイルマネージャ、パネルなどのアプリケーションを一通り取り揃えています。Xfce は GTK2 ツールキットを使って書かれており、他の DE と同じように開発環境(ライブラリやデーモンなど)が含まれています。Xfce の特徴は:
 
*他の有名なデスクトップ環境 (KDE, GNOME) に比べて動作が速い。
 
*他の有名なデスクトップ環境 (KDE, GNOME) に比べて動作が速い。
 
*ほとんどの設定は GUI によって行えます、Xfce は設定をユーザーから隠そうとはしません。
 
*ほとんどの設定は GUI によって行えます、Xfce は設定をユーザーから隠そうとはしません。
Line 238: Line 238:
  
 
==== ウィンドウの巻き上げ ====
 
==== ウィンドウの巻き上げ ====
Double clicking on the titlebar or clicking on the window menu and choosing 'role window up' will cause the window's contents to disappear leaving only the titlebar. If you would like to disable this functionality you can do so graphically using the xconf editor or through the command line, as shown below, which achieves the same result.
+
タイトルバーをダブルクリックするかウィンドウメニューをクリックして'ウィンドウを巻き上げる'を選択するとタイトルバーを残してウィンドウの中身が表示されなくなります。この機能を無効にしたいときは、グラフィカルに xconf エディタを使うかコマンドラインによって同じように無効にできます。
  
 
  xfconf-query -c xfwm4 -p /general/mousewheel_rollup -s false
 
  xfconf-query -c xfwm4 -p /general/mousewheel_rollup -s false
  
 
==== 画面端でのウィンドウの自動タイルの切り替え ====
 
==== 画面端でのウィンドウの自動タイルの切り替え ====
XFWM4 has the ability to "tile" a window automatically when it is moved to the edge of the screen by resizing it to fill the top half of the screen. (The official XFCE website says this feature is disabled by default in XFCE 4.10, but it seems to be enabled by default on Arch Linux.) This behavior can be enabled or disabled in {{ic|Window Manager Tweaks --> Accessibility --> Automatically tile windows when moving toward the screen edge}}, or:
+
XFWM4 には、ウィンドウを画面の端に移動すると自動的に画面の上半分を占めるようにリサイズしてウィンドウを並べる機能があります (公式の XFCE ウェブサイトには XFCE 4.10 ではこの機能はデフォルトで無効になっていると書かれていますが、Arch Linux ではデフォルトで有効になっています)。この挙動を有効・無効にするには {{ic|Window Manager Tweaks --> Accessibility --> Automatically tile windows when moving toward the screen edge}} から変更するか以下のコマンドを使います:
  
 
  xfconf-query -c xfwm4 -p /general/tile_on_move -s false  # To disable
 
  xfconf-query -c xfwm4 -p /general/tile_on_move -s false  # To disable
Line 282: Line 282:
 
====自動起動するアプリケーションのカスタマイズ====
 
====自動起動するアプリケーションのカスタマイズ====
  
=====Via the Settings Menu=====
+
=====設定メニューを使う=====
  
 
To launch custom applications when Xfce starts up, click the Applications Menu -> Settings -> Settings Manager and then choose the "Session and Startup" option and click the tab "Application Autostart".
 
To launch custom applications when Xfce starts up, click the Applications Menu -> Settings -> Settings Manager and then choose the "Session and Startup" option and click the tab "Application Autostart".
Line 393: Line 393:
  
 
===== ALSA =====
 
===== ALSA =====
For the raise volume button:
+
ボリュームアップ:
 
  amixer set Master 5%+
 
  amixer set Master 5%+
For the lower volume button:
+
ボリュームダウン:
 
  amixer set Master 5%-
 
  amixer set Master 5%-
For the mute button:
+
ミュート:
 
  amixer set Master toggle
 
  amixer set Master toggle
  
Line 421: Line 421:
  
 
===== PulseAudio =====
 
===== PulseAudio =====
For the raise volume button:
+
ボリュームアップ:
 
  sh -c "pactl set-sink-mute 0 false ; pactl set-sink-volume 0 +1%"
 
  sh -c "pactl set-sink-mute 0 false ; pactl set-sink-volume 0 +1%"
For the lower volume button:
+
ボリュームダウン:
 
  sh -c "pactl set-sink-mute 0 false ; pactl -- set-sink-volume 0 -1%"
 
  sh -c "pactl set-sink-mute 0 false ; pactl -- set-sink-volume 0 -1%"
For the mute button:
+
ミュート:
 
  pactl set-sink-mute 0 toggle
 
  pactl set-sink-mute 0 toggle
  
Line 444: Line 444:
 
If you are coming from another distro, you may be interested in enabling extra keys on your keyboard, see [[Extra Keyboard Keys]].
 
If you are coming from another distro, you may be interested in enabling extra keys on your keyboard, see [[Extra Keyboard Keys]].
  
==== Adding startup/boot sound ====
+
==== 起動音を追加する ====
  
 
Arch does not have a built-in startup sound configuration tool, but there is a workaround by adding the following command to your Application Autostart settings:
 
Arch does not have a built-in startup sound configuration tool, but there is a workaround by adding the following command to your Application Autostart settings:
Line 495: Line 495:
 
}}
 
}}
  
===Terminal color themes or pallets===
+
===ターミナルのカラーテーマ・パレット===
 
Terminal color themes or pallets can be changed in GUI under Appearance tab in Preferences. These are the colors that are available to most console applications like [[Emacs]], [[Vi]] and so on. Their settings are stored individually for each system user in {{ic|~/.config/xfce4/terminal/terminalrc}} file. There are also so many other themes to choose from. Check forums post [[https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?pid=1194644|Terminal Colour Scheme Screenshots]] for hundreds of available choices and themes.
 
Terminal color themes or pallets can be changed in GUI under Appearance tab in Preferences. These are the colors that are available to most console applications like [[Emacs]], [[Vi]] and so on. Their settings are stored individually for each system user in {{ic|~/.config/xfce4/terminal/terminalrc}} file. There are also so many other themes to choose from. Check forums post [[https://bbs.archlinux.org/viewtopic.php?pid=1194644|Terminal Colour Scheme Screenshots]] for hundreds of available choices and themes.
  
====Changing default color theme====
+
====デフォルトのカラーテーマを変更する====
 
XFCE's {{ic|extra/terminal}} package comes with a darker color palette and colored text looks pretty horrid in default black background impeding user readability. Append the following in your terminalrc file for a lighter color theme, that is always visible in darker Terminal backgrounds.
 
XFCE's {{ic|extra/terminal}} package comes with a darker color palette and colored text looks pretty horrid in default black background impeding user readability. Append the following in your terminalrc file for a lighter color theme, that is always visible in darker Terminal backgrounds.
  
Line 683: Line 683:
  
 
=== NVIDIA と xfce4-sensors-plugin ===
 
=== NVIDIA と xfce4-sensors-plugin ===
To detect and use sensors of nvidia gpu you need to install {{AUR|libxnvctrl}} and then recompile {{Pkg|xfce4-sensors-plugin}} package.
+
nvidia gpu のセンサーを検出・使用するには {{AUR|libxnvctrl}} をインストールしてから {{Pkg|xfce4-sensors-plugin}} パッケージをリコンパイルする必要があります。
  
 
=== セッションエラー ===
 
=== セッションエラー ===

Revision as of 00:55, 9 February 2014

Template:Related articles start (日本語)

  • デスクトップ環境
  • ディスプレイマネージャ
  • ウィンドウマネージャ
  • Thunar
  • GTK+
  • アプリケーションの自動起動#グラフィカル
  • </ul></div>

    Xfce - About より:

    Xfce はモジュール化と再利用性という伝統的な UNIX の哲学を体現しています。そして、現代のデスクトップ環境に期待されている機能をフルに提供する数々のコンポーネントで構成されています。コンポーネントはそれぞれ独立にパッケージ化されており、あなたは利用可能なパッケージ群からパッケージを選択して最適な個人の作業環境を作り出すことができます。

    Xfce は GNOMEKDE などと同じデスクトップ環境です。ルートウィンドウアプリ、ウィンドウマネージャ、ファイルマネージャ、パネルなどのアプリケーションを一通り取り揃えています。Xfce は GTK2 ツールキットを使って書かれており、他の DE と同じように開発環境(ライブラリやデーモンなど)が含まれています。Xfce の特徴は:

    • 他の有名なデスクトップ環境 (KDE, GNOME) に比べて動作が速い。
    • ほとんどの設定は GUI によって行えます、Xfce は設定をユーザーから隠そうとはしません。
    • Xfwm には任意で使えるコンポジタを含んでおり、完全透過を使ったり GPU アクセラレーションを最大限利用できます(ティアリングの解消など)。
    • マルチモニタでもうまく動作します。

    Contents

    インストール

    以下の作業を行う前に、X サーバーがインストールされていて正しく動作することを確認しておいてください。詳しくは Xorg (日本語) を見て下さい。

    Note: Xfce はモジュール化されています。どういうことかというと、あなたは以下のすべてのパートを実行する必要はありませんし、そのいくつかを取捨選択してもよいということです。

    ベースとなる Xfce システムは公式リポジトリから利用できる xfce4 グループでインストールできます。Pacman はインストールするパッケージを選ぶように尋ねますが、Enter を押すことで全てのパッケージをインストールできます。もしパネルプラグイン・通知・システムツールのような追加パッケージをお望みなら、xfce4-goodies グループからインストールできます。

    Tip:
    • Gamin (FAM の後継) をインストールすることが強く推奨されています。
    • リムーバルディスクのマウントや圧縮ファイルの解凍などの作業は Thunar を使って行うことができます。xfce4-goodies をインストールしないでそうしたことを行いたい場合は、Thunar のページを読んで下さい。

    Xfce を起動しよう

    ブート時に自動で起動させる

    ブート時に Xfce (とデスクトップやウィンドウマネージャ) を起動する方法は2つあります:

    手動で起動する

    Xfce を手動で起動する方法は2つあります:

    • コンソールから直接 startxfce4 を実行する。
    • ~/.xinitrcexec startxfce4 を設定してコンソールから xinitstartx を実行する。詳しくは xinitrc (日本語) を見て下さい。
    Note: Xfce を起動する正しいコマンドは startxfce4 です、直接 xfce4-session を実行しないでください。

    自動マウント

    General Troubleshooting#Session permissions を参照してください。

    シャットダウンや再起動に問題がないのに外部メディアやディスクを自動マウントできない場合は、gvfs をインストールする必要があるかもしれません。リムーバルデバイスのセクションを見て下さい。

    設定

    Xfconf 設定

    Xfconf は設定オプションを保存するための XFCE のシステムであり、XFCE の設定のほとんどは Xfconf にある設定を編集することで行います。これらの設定を変更する方法は複数存在します:

    • 一番簡単な方法はメインメニューの "Settings" からカスタマイズしたいカテゴリを選択することです。しかし、この方法では全てのカスタマイズオプションを使うことはできません。
    • やや扱いにくいですが一般的な方法は Main menu -> Settings -> Settings Editor を開くことです。ここから全てのカスタマイズオプションを編集することができます。ここで編集した設定はすぐに変更が適用されます。設定エディタはコマンドラインから xfce4-settings-editor を実行することでも起動できます。
    • xfconf-query プログラムを使えばコマンドラインからカスタマイズを完全に行うことができます。詳しくは XFCE のオンラインドキュメント を見て下さい。この wiki でも多くのサンプルを載せています。設定はすぐに適用されます。
    • 設定は ~/.config/xfce4/xfconf/xfce-perchannel-xml/ 下の XML ファイルに保存されます。このファイルを手動で編集することが可能です。しかし、手動の変更は直ちには適用されません。
    • 参照: Xfconf ドキュメント

    グラフィカルセッティングマネージャのコマンド

    実行されるコマンドに対する公式のドキュメントは存在していません。なので、/usr/share/applications/ フォルダにある .desktop ファイルを見なければいけません。何が起きようとしているのかを正確に知りたい人のために、その調べる努力を回避するための handy list がここにあります:

    xfce4-accessibility-settings
    xfce4-power-manager-settings
    xfce4-settings-editor
    xfdesktop-settings
    xfce4-display-settings
    xfce4-keyboard-settings
    xfce4-mouse-settings
    xfce4-session-settings
    xfce4-settings-manager
    xfce4-appearance-settings
    xfwm4-settings
    xfwm4-tweaks-settings
    xfwm4-workspace-settings
    orage -p
    

    すべての利用可能なセッティングマネージャのコマンドを見るには、以下のコマンドをターミナルで実行します:

    $ grep '^Exec=' /usr/share/applications/xfce*settings* | sed -e 's_^.*=_ _'
    

    パネル

    Xfce panel の背景をカスタマイズする方法

    ~/.gtkrc-2.0 を編集します。 設定ファイルと同じディレクトリ、つまり ~/ に画像ファイルを置かなければならないことに注意してください。画像ファイルへのパスをあなたが指定することはできませんし、もしそうした場合はうまく動かないでしょう。

     style "panel-background" {
       bg_pixmap[NORMAL]        = "foo.bar"
       bg_pixmap[PRELIGHT]      = "foo.bar"
       bg_pixmap[ACTIVE]        = "foo.bar"
       bg_pixmap[SELECTED]      = "foo.bar"
       bg_pixmap[INSENSITIVE]   = "foo.bar"
     }
     widget_class "*Panel*" style "panel-background"
    

    Xfce パネルのフォント

    ~/.gtkrc-2.0 を編集して下さい。

     style "panel-font" {
         font_name = "Droid Sans Bold 10"
     }
     widget_class "*Panel*" style "panel-font"
    

    メニュー

    代替メニューアプレット

    Whisker Menu をデフォルトの Xfce メニューアプレットの代わりに使うことができます。パネルに追加して、初めから入っているデフォルトメニューを削除してください。

    xfce4-whiskermenu-pluginAUR パッケージとして AUR から利用できます。

    システムメニューからメニューの項目を取り除く方法

    方法 1

    組込みのメニューエディタでは、システムメニューからメニューの項目を取り除くことはできません。メニューの項目を隠してしまう方法:

    1. ターミナル (Xfce menu > System > Terminal) を開き /usr/share/applications フォルダに移動します:
      $ cd /usr/share/applications
    2. このフォルダは .desktop ファイルでいっぱいのはずです。どれだけあるのか見てみましょう。次を入力してください:
      $ ls
    3. NoDisplay=true.desktop ファイルに追加してください。例えば、Firefox を隠したい場合、ターミナルで次のように入力してください:
      # echo "NoDisplay=true" >> firefox.desktop
      このコマンドは .desktop ファイルの一番下に NoDisplay=true を加えます。
    方法 2

    グローバルなアプリケーションディレクトリの中身を全部、ローカルのアプリケーションディレクトリにコピーしてから、不必要な .desktop エントリを修正・無効にするという方法もあります。この方法だとアプリケーションの更新によって /usr/share/applications/ の変更を上書きされても大丈夫です。

    1. ターミナルで、/usr/share/applications から ~/.local/share/applications/ に全てのファイルをコピーしてください:
      $ cp /usr/share/applications/* ~/.local/share/applications/
    2. メニューで非表示にしたいエントリに、NoDisplay=true オプションを追加してください:
      $ echo "NoDisplay=true" >> ~/.local/share/applications/foo.desktop

    テキストエディタで .desktop ファイルの Categories= 行を編集することでアプリケーションのカテゴリを編集することも可能です。

    方法 3

    3番目の方法は一番クリーンであり Xfce wiki で推奨されている方法です。

    ファイル ~/.config/menus/xfce-applications.menu を作って以下をその中にコピーしてください:

    <!DOCTYPE Menu PUBLIC "-//freedesktop//DTD Menu 1.0//EN"
      "http://www.freedesktop.org/standards/menu-spec/1.0/menu.dtd">
    
    <Menu>
        <Name>Xfce</Name>
        <MergeFile type="parent">/etc/xdg/menus/xfce-applications.menu</MergeFile>
    
        <Exclude>
            <Filename>xfce4-run.desktop</Filename>
    
            <Filename>exo-terminal-emulator.desktop</Filename>
            <Filename>exo-file-manager.desktop</Filename>
            <Filename>exo-mail-reader.desktop</Filename>
            <Filename>exo-web-browser.desktop</Filename>
    
            <Filename>xfce4-about.desktop</Filename>
            <Filename>xfhelp4.desktop</Filename>
        </Exclude>
    
        <Layout>
            <Merge type="all"/>
            <Separator/>
    
            <Menuname>Settings</Menuname>
            <Separator/>
    
            <Filename>xfce4-session-logout.desktop</Filename>
        </Layout>
    
    </Menu>
    

    <MergeFile> タグにはデフォルトの Xfce メニューを含めます。これが重要です。

    <Exclude> タグにはメニューに表示したくないアプリケーションを指定します。ここでは Xfce のデフォルトのショートカットをメニューから外していますが、firefox.desktop など他のアプリケーションも除外可能です。

    The <Layout> タグはメニューのレイアウトを定義します。フォルダを使ってアプリケーションをまとめることができます。詳しくは上述の Xfce wiki のページを見て下さい。

    方法 4

    xame という名前のツールを使うことも可能です。XAME は Gambas で書かれた GUI のツールで、Xfce に限定してメニューエントリを編集することができます。他の DE では動作しません。XAME は AURxameAUR パッケージで利用できます。XAME の他に Xfce でも動くツールとしては menulibreAUR もあります。

    /usr/share/applications にアプリケーションが存在しない場合

    アプリケーションによっては、インストールしても /usr/share/applications にファイルが作られません。そういうときはショートカットがこのディレクトリの"他の"ディレクトリで見つかるかもしれません: ~/.local/share/applications/wine/

    デスクトップ

    デスクトップアイコンタイトルに透明の背景を使う

    デスクトップアイコンタイトルのデフォルトの白色背景から、何か他の適当なものに変えるためには、GTK の設定ファイルを編集(あるいは、必要があればそのファイルを作成)してください:

    ~/.gtkrc-2.0
    style "xfdesktop-icon-view" {
        XfdesktopIconView::label-alpha = 10
        base[NORMAL] = "#000000"
        base[SELECTED] = "#71B9FF"
        base[ACTIVE] = "#71B9FF"
        fg[NORMAL] = "#fcfcfc"
        fg[SELECTED] = "#ffffff"
        fg[ACTIVE] = "#ffffff"
    }
    widget_class "*XfdesktopIconView*" style "xfdesktop-icon-view"
    

    特定のパーティションを非表示にする

    デスクトップに特定のパーティションやドライブを表示したくない場合は、udev ルールを作って下さい (例: /etc/udev/rules.d/10-local.rules):

    KERNEL=="sda1", ENV{UDISKS_PRESENTATION_HIDE}="1"
    KERNEL=="sda2", ENV{UDISKS_PRESENTATION_HIDE}="1"
    

    これでデスクトップには sda1 と sda2 以外の全てのパーティションが表示されます。udisk2 を使っている場合、UDISKS_PRESENTATION_HIDE がサポートされていないため上記のルールは使えません。代わりに以下のように UDISKS_IGNORE を使って下さい。

    KERNEL=="sda1", ENV{UDISKS_IGNORE}="1"
    KERNEL=="sda2", ENV{UDISKS_IGNORE}="1"
    

    右クリックの Thunar オプションを削除する

    xfconf-query -c xfce4-desktop -v --create -p /desktop-icons/style -t int -s 0
    

    Kill Window ショートカット

    Xfce は kill window ショートカットを直接はサポートしていませんが、シンプルなスクリプトを使うことでショートカットを追加できます。まずは xorg-xkill パッケージをインストールしてください。

    以下の内容で ~/.config/xfce4/killwindow.sh というスクリプトを作り、スクリプトに実行可能属性を与えて下さい (chmod 755 killwindow.sh で出来ます)。

    xkill -id "`xprop -root -notype | sed -n '/^_NET_ACTIVE_WINDOW/ s/^.*# *\|\,.*$//g p'`"
    

    そして Settings -> Keyboard を使ってショートカットをこのスクリプトに関連付けてください。

    キーボードショートカットの管理

    キーボードショートカットは xfce4-settings パッケージxfce4 グループからインストールできる Xfce Settings Manager アプリケーションを使って管理することができます。Settings Manager はアプリケーションメニュー (Settings -> Keyboard をクリック) やコマンドライン (xfce4-keyboard-settings を実行) から開けます。Xfce のドキュメントには Settings Manager によるショートカットの管理の詳しい説明 が載っています。

    ウィンドウマネージャ

    Xfce のデフォルトのウィンドウマネージャは Xfwm です。

    コンポジタを有効にする

    Xfwm には、派手なウィンドウエフェクト、影や透過などのためのオプションを追加するコンポジタが入っています。Window Manager Tweaks の中で有効にすれば、すぐに動きます。/etc/xorg.conf に追加の設定をする必要はありません。設定を有効にして適用するためには以下の場所に行ってください:

    Menu  -->  Settings  -->  Window Manager Tweaks
    
    Tip: Xfwm (Xfce window manager) の内蔵コンポジタはアプリケーションの中でティアリングを起こすことがあります。最小限のエフェクトしかない軽量なコンポジタを使いたい場合は Compton を使って下さい。

    ウィンドウの巻き上げ

    タイトルバーをダブルクリックするかウィンドウメニューをクリックして'ウィンドウを巻き上げる'を選択するとタイトルバーを残してウィンドウの中身が表示されなくなります。この機能を無効にしたいときは、グラフィカルに xconf エディタを使うかコマンドラインによって同じように無効にできます。

    xfconf-query -c xfwm4 -p /general/mousewheel_rollup -s false
    

    画面端でのウィンドウの自動タイルの切り替え

    XFWM4 には、ウィンドウを画面の端に移動すると自動的に画面の上半分を占めるようにリサイズしてウィンドウを並べる機能があります (公式の XFCE ウェブサイトには XFCE 4.10 ではこの機能はデフォルトで無効になっていると書かれていますが、Arch Linux ではデフォルトで有効になっています)。この挙動を有効・無効にするには Window Manager Tweaks --> Accessibility --> Automatically tile windows when moving toward the screen edge から変更するか以下のコマンドを使います:

    xfconf-query -c xfwm4 -p /general/tile_on_move -s false  # To disable
    xfconf-query -c xfwm4 -p /general/tile_on_move -s true   # To enable
    

    ウィンドウマネージャの置き換え

    xfwm4 を他のウィンドウマネージャに置き換えるにはターミナルで 'name of window manager' '--replace' というコマンドを使って下さい。

    例えば:

    • Openbox のコマンドは: openbox --replace
    • Metacity のコマンドは: metacity --replace

    ウィンドウマネージャを元に戻すには、まず CTRLc を押してコマンドをキャンセルして、それから次のコマンドを入力してください:

    $ xfwm4 --replace
    

    Once the other window manager has taken over you can simply save the session. The Save session for future logins option is available in the logout... dialog box. It is also important to note that where restoring xfwm4 during a session, the Save session for future logins option will have to be enabled on that occasion to make this change permanent. Not doing so may result in Openbox being restored again, as the previous saved session may be loaded instead. However, once xfwm4 has been restored, from the next session onwards there will no longer be any need to save future sessions.

    As an alternative you can add the window manager to the autostart list in Xfce. To do this, from the main menu, first select Settings Manager, and then session and startup. Once the application window opens, select the Application Autostart tab to show all autostarted applications and programs, and click the Add button to bring up the Add Application window.

    The following details can be entered for each field:

    • Name: openbox-wm
    • Description: openbox-wm
    • Command: openbox --replace
    Tip:
    • The name and description fields are unimportant and are just there to indicate what the entry does. The command section has the same syntax as earlier e.g. 'Name of window manager' '--replace' as shown in the entries above.
    • Compiz may require commands different from the ones shown as there are several different ways to start it. For more information please consult the Compiz article.

    Once complete, click OK, ensure that the checkbox next to the openbox-wm entry is ticked, and then restart the session for the change to take place. The benefit of this method is that autostarted applications can be easily enabled and disabled at will via their autostart checkboxes. Consequently, to allow the native window manager - xfwm4 - to take back over, just clear the openbox-wm tickbox and restart the session.

    コンポジット効果を再度有効にする

    xfwm4 をコンポジットマネージャがないウィンドウマネージャに置き換える場合 XcompmgrCompton などの独立したコンポジットマネージャを使うことができます。

    セッション

    自動起動するアプリケーションのカスタマイズ

    設定メニューを使う

    To launch custom applications when Xfce starts up, click the Applications Menu -> Settings -> Settings Manager and then choose the "Session and Startup" option and click the tab "Application Autostart". You will see a list of programs that get launched on startup. To add an entry, click the "Add" button and fill out the form, specifying the path to an executable you want to run.

    スタートアップスクリプト

    また、この方法を使ってアプリケーションを起動するコマンドラインスクリプトを実行することが可能です。この作業には、必要な環境変数を GUI ランタイムの中に入れてやることが含まれています。

    • /etc/xdg/xfce4/xinitrc ファイルを ~/.config/xfce4/ にコピーします。
    • そして、そのファイルを編集します。例えば、ファイルの中程のどこかに以下のような記述を加えることができます:
    source $HOME/.bashrc
    # start rxvt-unicode server
    urxvtd -q -o -f
    

    画面をロックする

    Xfce4 セッションを (xflock4 で) ロックするには xscreensaver, gnome-screensaver, slock, xlockmore パッケージのうちどれかひとつをインストールする必要があります。Xscreensaver が推奨です、詳しくは wiki ページを参照してください。

    ユーザーの切り替え

    Xfce4 はユーザー切り替え機能があるディスプレイマネージャによるユーザーの切り替えをサポートしています - 例えば lightdmgdm など。詳しくはディスプレイマネージャの wiki ページを参照してください。ディスプレイマネージャを正しくインストール・設定すればパネルの 'action buttons' メニューアイテムからユーザーを切り替えられます。

    XML 設定の手動修正

    It may be useful, especially when upgrading, to manually edit .xml files in the ~/.config/xfce4/xfconf/ folder. For application keyboard shortcuts for example, the file is ~/.config/xfce4/xfconf/xfce-perchannel-xml/xfce4-keyboard-shortcuts.xml.

    ルックアンドフィール

    XFCE にテーマを追加する

    1. www.xfce-look.org へと飛んで、左側のナビゲーションバーにある "Themes" をクリックします。気に入ったテーマを見つけたら "Download" をクリックしてください。

    2. ダウンロードした tarball/file があるディレクトリに移動して、file-roller などのアーカイブマネージャを使ってそれを展開します。

    3. 展開されたフォルダを /usr/share/themes (すべてのユーザ向けの場合) か ~/.themes (自分だけの場合) に移動させます。/usr/share/themes/abc には、xfwm4 という名前のフォルダがありテーマに含まれている全てのファイルが入ります。

    4. GTK のテーマはここから利用可能です:

    Menu --> Settings --> Appearance
    

    xfwm4 のテーマはここから選びます:

    Menu --> Settings --> Window Manager
    

    アプリケーションテーマの一貫性

    アプリケーションはいつでも見た目に一貫性があるわけではありません。これには2つの理由が考えられます:

    1. 使用しているテーマがサポートしていないツールキットをアプリケーションが使っている。GTK+ 2 ツールキットを使っているアプリケーションは GTK+ 2 テーマを必要とする一方、GTK+ 3 ツールキットを使うアプリケーションは GTK+ 3 テーマを必要とします。

    2. テーマが古くなってしまっている。

    全てのアプリケーションで見た目を統一するため、Adwaita などの最新の GTK+ 3 テーマを使うことが推奨されています。GTK+ 3 テーマには GTK+ 2 アプリケーションのサポートが始めから入っているからです。Adwaita は gnome-themes-standard パッケージからインストールできます。Qt ツールキットを使っているアプリケーションは qtconfig-qt4 ダイアログを使うことで GTK+ テーマのように見た目を模することができます。

    詳しい情報は次の wiki ページを参照してください: gtk3 は GTK+ (日本語)#GTK+ 3.x、qt は Uniform Look for Qt and GTK Applications

    カーソル

    次の記事を参照してください: Cursor Themes (日本語)

    X カーソルテーマをインストールしている場合、Xfce では以下で見つけることができます:

    Menu --> Settings --> Mouse --> Theme
    

    アイコン

    1. First find and download your desired icon pack. Recommended places to download icons from are Customize.org, Opendesktop.org and Xfce-look.org; the AUR provides several PKGBUILDs for icon packs.
    2. Go to the directory where you downloaded the icon pack and extract it. Example tar -xzf /home/user/downloads/icon-pack.tar.gz.
    3. Move the extracted folder containing the icons to ~/.icons (if only you want to use the icons) or to /usr/share/icons (if you want all users on the system to make use of the icons), and in the lattter case consider creating a PKGBUILD for that.
    4. Optional: run gtk-update-icon-cache -f -t ~/.icons/<theme_name> to update icon cache
    5. Switch your icons by going to:
    Menu --> Settings --> Appearance --> Icons
    

    When you have icon theme problems, it is also recommended to install the hicolor-icon-theme package if it was not already installed.

    フォント

    もし標準のフォントが少し太いように思えたり、少しボケてるように思えるなら、 Settings>Appearance を開いて Fonts タブをクリックして、 ヒンティングを Full に変更します。

    また、カスタマイズした DPI の設定を試してみるのもいいかもしれません。

    サウンド

    xfce4-mixer の設定

    xfce4-mixer は Xfce チームによって作られた GUI のミキサーアプリ・パネルプラグインです。xfce4 グループに含まれているため、おそらくインストールしているはずです。Xfce 4.6 はコントロールボリュームのバックエンドに gstreamer を使います。そのためまずは gstreamer が xfce4-mixer と協力するようにする必要があります。xfce4-mixer の任意の依存パッケージとして表示される gstreamer プラグインのパッケージを一つか二つインストールしなくてはなりません。必要なパッケージが欠けていると、パネルのミキサーをクリックしたときに以下のエラーが表示されます。

      GStreamer was unable to detect any sound devices. Some sound system specific GStreamer packages may be missing.
    

    必要なプラグインはハードウェアによって異なります。ほとんどのユーザーは公式リポジトリからインストールできる gstreamer0.10-base-plugins で問題ないはずです。

    プラグインパッケージをインストールする前に xfce4-mixer のパネルアイテムを動かしていた場合は、一度ログアウトしてからログインするか、パネルからミキサープラグインを削除してからもう一度追加して見て下さい。それで動かない場合、おそらく他の gstreamer プラグインが必要です。gstreamer0.10-good-pluginsgstreamer0.10-bad-pluginsインストールを試して下さい。

    オーディオミキサーでサウンドカードを変更した場合は、ログアウトしてからログインしなおせば音が聞こえるはずです。

    デフォルトのサウンドカードの設定方法など、詳細については Advanced Linux Sound Architecture (日本語) を見て下さい。また、PulseAudiopavucontrol と一緒に使うことも可能です。

    Xfce4-mixer と OSS4

    xfce4-mixer を動かそうと上のセクションを試しても全くうまくいかない場合は、gstreamer0.10-good-plugins を自分自身でコンパイルする必要があります。必要な PKGBUILD と他のファイルを ABS かここからダウンロードしてから、PKGBUILD を編集して --enable-oss を追加してください。

     ./configure --prefix=/usr --sysconfdir=/etc --localstatedir=/var \
       --enable-oss \
       --disable-static --enable-experimental \
       --disable-schemas-install \
       --disable-hal \
       --with-package-name="GStreamer Good Plugins (Archlinux)" \
       --with-package-origin="https://www.archlinux.org/"
    

    それから、makepkg -i を実行します。

     makepkg -i
    

    他のリンク: OSS forum

    キーボードのボリュームボタンでボリュームを変更する

    Go to

    Settings --> Keyboard
    

    Click the "Application Shortcuts" tab and add click the "Add" button. Add the following by entering the command, then pressing the corresponding button at the next window:

    ALSA

    ボリュームアップ:

    amixer set Master 5%+
    

    ボリュームダウン:

    amixer set Master 5%-
    

    ミュート:

    amixer set Master toggle
    

    また、上述のコマンドを標準の XF86Audio キーにセットしてコマンドを実行させることもできます:

    xfconf-query -c xfce4-keyboard-shortcuts -p /commands/custom/XF86AudioRaiseVolume -n -t string -s "amixer set Master 5%+ unmute"
    xfconf-query -c xfce4-keyboard-shortcuts -p /commands/custom/XF86AudioLowerVolume -n -t string -s "amixer set Master 5%- unmute"
    xfconf-query -c xfce4-keyboard-shortcuts -p /commands/custom/XF86AudioMute -n -t string -s "amixer set Master toggle"
    

    もし amixer set Master toggle がうまく動かないなら、PCM チャンネル (amixer set PCM toggle) を代わりに試してみてください。

    このチャンネルは、うまく動かすためにトグルコマンド用の "ミュート" オプションを持っていなければなりません。Master チャンネルがミュートをトグルする機能をサポートしているかどうかチェックするために、ターミナルで alsamixer を実行して、マスターチャンネルの下に二つの M (MM) があるか探してください。もしなければ、ミュートオプションをサポートしていないということです。トグルボタンを変更して PCM チャンネルを使う必要がある場合などは、Xfce の Mixer プロパティで PCM チャンネルが Mixer Track に設定されているかも確認してください。

    OSS

    次のスクリプトのどれか一つを使用します: http://www.opensound.com/wiki/index.php/Tips_And_Tricks#Using_multimedia_keys_with_OSS

    ossvol (推奨) を使っているなら、以下を追加してください:

    ossvol -i 1
    

    ボリュームアップボタン用です。

    ossvol -d 1
    

    ボリュームダウンボタン用です。

    ossvol -t
    

    ミュート/アンミュートボタン用です。

    PulseAudio

    ボリュームアップ:

    sh -c "pactl set-sink-mute 0 false ; pactl set-sink-volume 0 +1%"
    

    ボリュームダウン:

    sh -c "pactl set-sink-mute 0 false ; pactl -- set-sink-volume 0 -1%"
    

    ミュート:

    pactl set-sink-mute 0 toggle
    

    These settings assume the device you want to control has index 0. Use pactl list sinks short to list sinks.

    Xfce4-volumed

    xfce4-volumedAUR daemon from the AUR automatically maps volume keys of your keyboard to Xfce-mixer. Additionally you get OSD through Xfce4-notifyd when changing volume. Xfce4-volumed does not need any configuration and is started automatically with Xfce.

    If you use pulseaudio and xfce4-volumed unmute does not work then change the keyboard commands to the pactl commands for pulseaudio as shown above in the pulseaudio section.

    Volumeicon

    volumeicon is an alternative to xfce4-volumed in the community repo also handling keybindings and notifications through xfce4-notifyd.

    Extra keyboard keys

    If you are coming from another distro, you may be interested in enabling extra keys on your keyboard, see Extra Keyboard Keys.

    起動音を追加する

    Arch does not have a built-in startup sound configuration tool, but there is a workaround by adding the following command to your Application Autostart settings:

    aplay /boot/startupsound.wav
    

    The file location and filename can be whatever you want, but naming it descriptively and putting it in /boot keeps things tidy.

    Tips & Tricks

    xdg-open integration (Preferred Applications)

    Most applications rely on xdg-open for opening a preferred application for a given file or URL.

    In order for xdg-open and xdg-settings to detect and integrate with the XFCE desktop environment correctly, you need to install the xorg-xprop package.

    If you do not do that, your preferred applications preferences (set by exo-preferred-applications) will not be obeyed. Installing the package and allowing xdg-open to detect that you are running XFCE makes it forward all calls to exo-open instead, which correctly uses all your preferred applications preferences.

    To make sure xdg-open integration is working correctly, ask xdg-settings for the default web browser and see what the result is:

    # xdg-settings get default-web-browser
    

    If it replies with:

    xdg-settings: unknown desktop environment
    

    it means that it has failed to detect XFCE as your desktop environment, which is likely due to a missing xorg-xprop package.

    スクリーンショット

    XFCE にはスクリーンショットツールがあります、xfce4-screenshooter。これは xfce4-goodies グループに含まれています。

    Print Screen キー

    メニューから:

    XFCE Menu  -->  Settings  -->  Keyboard  >>>  Application Shortcuts.
    

    "xfce4-screenshooter -f" コマンドを追加して "PrintScreen" キーでフルスクリーンのスクリーンショットを撮れるようにしてください。screenshooter の man ページに他にも使える引数の説明があります。

    また、scrot などの独立したスクリーンショットプログラムも使えます。

    Disable Terminal F1 and F11 shortcut

    The xfce terminal binds F1 and F11 to help and fullscreen, respectively, which can make using programs like htop difficult. To disable those shortcuts, create or edit its configuration file, then log out and log back in. F10 can disabled in the Preferences menu.

    ~/.config/xfce4/terminal/accels.scm
    (gtk_accel_path "<Actions>/terminal-window/fullscreen" "")
    (gtk_accel_path "<Actions>/terminal-window/contents" "")
    

    ターミナルのカラーテーマ・パレット

    Terminal color themes or pallets can be changed in GUI under Appearance tab in Preferences. These are the colors that are available to most console applications like Emacs, Vi and so on. Their settings are stored individually for each system user in ~/.config/xfce4/terminal/terminalrc file. There are also so many other themes to choose from. Check forums post [Colour Scheme Screenshots] for hundreds of available choices and themes.

    デフォルトのカラーテーマを変更する

    XFCE's extra/terminal package comes with a darker color palette and colored text looks pretty horrid in default black background impeding user readability. Append the following in your terminalrc file for a lighter color theme, that is always visible in darker Terminal backgrounds.

    ~/.config/xfce4/terminal/terminalrc
    
    ColorPalette5=#38d0fcaaf3a9
    ColorPalette4=#e013a0a1612f
    ColorPalette2=#d456a81b7b42
    ColorPalette6=#ffff7062ffff
    ColorPalette3=#7ffff7bd7fff
    ColorPalette13=#82108210ffff
    

    Terminal tango color theme

    To switch to tango color theme, open with your favorite editor

    ~/.config/xfce4/terminal/terminalrc
    

    And add(replace) these lines:

    ColorForeground=White
    ColorBackground=#323232323232
    ColorPalette1=#2e2e34343636
    ColorPalette2=#cccc00000000
    ColorPalette3=#4e4e9a9a0606
    ColorPalette4=#c4c4a0a00000
    ColorPalette5=#34346565a4a4
    ColorPalette6=#757550507b7b
    ColorPalette7=#060698989a9a
    ColorPalette8=#d3d3d7d7cfcf
    ColorPalette9=#555557575353
    ColorPalette10=#efef29292929
    ColorPalette11=#8a8ae2e23434
    ColorPalette12=#fcfce9e94f4f
    ColorPalette13=#72729f9fcfcf
    ColorPalette14=#adad7f7fa8a8
    ColorPalette15=#3434e2e2e2e2
    ColorPalette16=#eeeeeeeeecec
    

    カラーマネージメント

    xfce4-settings-manager does not yet have any colour management / calibration settings, nor is there any specific XFCE program to characterise your monitor.

    プロファイルをロードする

    If you wish to load an icc profile (that you have previously created or downloaded) to calibrate your display on startup, you can download xcalibAUR from AUR, then open the XFCE4 Settings Manager, click Session and Startup icon, the Autostart tab, and add a new entry where the command is /usr/bin/xcalib /path/to/your/profile.icc. You still need to tell your applications, which display profile should be used to have the displayed images colour managed.

    Another option is dispwin. Dispwin not only calibrates the display, but also sets the _ICC_PROFILE atom in X so that some applications can use a "system" display profile instead of requiring the user to set the display profile manually (GIMP, Inkscape, darktable, UFRaw, etc.).

    See ICC Profiles#Loading ICC Profiles for more information.

    プロファイルを作成する

    If you wish to create an icc profile for your display (ie. characterising/profiling, e.g. with the ColorHug, or some other colorimeter, or a spectrophotometer, or "by eye"), the simplest option may be to install dispcalgui from AUR.

    Another option is to install gnome-settings-daemon and gnome-color-manager (available in extra). In order to start the calibration from the command line, first do /usr/lib/gnome-settings-daemon/gnome-settings-daemon & (note: this might change your keyboard layout and who knows what else, so probably good to do it on a throwaway account), then colormgr get-devices and look for the "Device ID" line of your monitor. If this is e.g. "xrandr-Lenovo Group Limited", you start calibration with the command gcm-calibrate --device "xrandr-Lenovo Group Limited".

    Note: The reason you need gnome-settings-daemon running is because XFCE does not yet have a session component for colord: https://bugzilla.xfce.org/show_bug.cgi?id=8559 . A lightweight daemon, xiccd, may (and probably should) be used instead.

    See ICC Profiles for more information.

    マルチモニター

    If you have configured X.org so that your display spans multiple monitors, usually when you login to an XFCE session, it will appear as if your monitors are simple clones of one another. You can use an xrandr tool to tweak your setup but if this is not called at an appropriate time in the startup sequence, some functionality may be lost with parts of your display being inaccessible to the mouse pointer.

    A better way is to configure XFCE to match your desired display arrangement. However, at present (xfce-settings 4.10), there is no tool available to assist with configuring multiple monitors directly.

    • The Settings -> Display tool does allow configuration of screen resolution, rotation and enabling individual monitors; warning: using this tool to adjust display settings will reset or lose settings made manually for properties not explicitly offered as buttons in the tool (see below).
    • The Settings -> Settings Editor allows manipulation of all configuration items in particular the displays settings which are saved in the file displays.xml below
    ~/.config/xfce4/xfconf/xfce-perchannel-xml
    
    • Alternatively, the displays.xml can be edited using your favourite editor.

    The main requirement for multiple monitors is their arrangement relative to one another. This can be controlled by setting the Position properties (X and Y) to suit; an (x,y) position of 0,0 corresponds to the top, left position of the monitor array. This is the default position for all monitors and if several monitors are enabled they will appear as a cloned display area extending from this point.

    To extend the display area correctly across both monitors:

    • for side-by-side monitors, set the X property of the rightmost monitor to equal the width of the left-most monitor
    • for above-and-below monitors, set the Y property of the bottom monitor to equal the height of the upper monitor
    • for other arrangements, set the X and Y properties of each monitor to correspond to your layout

    Measurements are in pixels. As an example, a pair of monitors with nominal dimensions of 1920x1080 which are rotated by 90 and placed side-by-side can be configured with a displays.xml like this:

    <channel name="displays" version="1.0">
     <property name="Default" type="empty">
       <property name="VGA-1" type="string" value="Idek Iiyama 23"">
         <property name="Active" type="bool" value="true"/>
         <property name="Resolution" type="string" value="1920x1080"/>
         <property name="RefreshRate" type="double" value="60.000000"/>
         <property name="Rotation" type="int" value="90"/>
         <property name="Reflection" type="string" value="0"/>
         <property name="Primary" type="bool" value="false"/>
         <property name="Position" type="empty">
           <property name="X" type="int" value="0"/>
           <property name="Y" type="int" value="0"/>
         </property>
       </property>
       <property name="DVI-0" type="string" value="Digital display">
         <property name="Active" type="bool" value="true"/>
         <property name="Resolution" type="string" value="1920x1080"/>
         <property name="RefreshRate" type="double" value="60.000000"/>
         <property name="Rotation" type="int" value="90"/>
         <property name="Reflection" type="string" value="0"/>
         <property name="Primary" type="bool" value="false"/>
         <property name="Position" type="empty">
           <property name="X" type="int" value="1080"/>
           <property name="Y" type="int" value="0"/>
         </property>
       </property>
     </property>
    </channel>
    

    Usually, editing settings in this way requires a logout/login to action them.

    A new method for configuring multiple monitors will be available in the forthcoming xfce-settings 4.12 release.

    XDG User Directories

    freedesktop.org specifies the "well known" user directories like the desktop folder and the music folder. See Xdg user directories for detailed info.

    SSH エージェント

    By default Xfce 4.10 will try to load gpg-agent or ssh-agent in that order during session initialization. To disable this, create an xfconf key using the following command:

    xfconf-query -c xfce4-session -p /startup/ssh-agent/enabled -n -t bool -s false
    

    To force using ssh-agent even if gpg-agent is installed, run the following instead:

    xfconf-query -c xfce4-session -p /startup/ssh-agent/type -n -t string -s ssh-agent
    

    To use GNOME Keyring, simply tick the checkbox Launch GNOME services on startup in the Advanced tab of Session Manager in Xfce's settings. This will also disable gpg-agent and ssh-agent.

    Source: http://docs.xfce.org/xfce/xfce4-session/advanced

    Bluetooth 機能

    現在 Xfce には bluez バージョン 5 と互換性のある bluetooth アプレットは存在しません。Xfce で bluetooth を使う方法は3つあります:

    • AUR から bluez4AUR をインストールする。Blueman アプレットは Xfce デスクトップと上手く調和しますが、Bluez4 (Blueman が依存しているスタック) は上流で廃棄され既にサポートされていません。
    • コマンドラインツールを使って bluetooth 機能にアクセスする。詳細は Bluetooth の記事を見て下さい。

    フォーカスを移さずに背景のウィンドウをスクロールする

    Main Menu -> Settings -> Window Manager Tweaks -> Acessibility tab
    

    から Raise windows when any mouse button is pressed のチェックを外して下さい。

    トラブルシューティング

    ファイルマネージャでドライブをマウントしようとすると "Not Authorized" と表示される

    A polkit Authentication Agent is required for this (alongside polkit and gvfs), but not included with Xfce. Make sure one is installed and autostarted on login, as explained in polkit#Authentication agents.

    xfce4-power-manager

    Power-related ACPI events can be configured using systemd via options from /etc/systemd/logind.conf to give control to xfce4-power-manager.

    /etc/systemd/logind.conf
    HandlePowerKey=ignore
    HandleSuspendKey=ignore
    HandleHibernateKey=ignore
    HandleLidSwitch=ignore

    This also solves the problem when the computer registers multiple suspend events.

    xfce4 keeps blanking display

    Xfce4 (as of 4.12) does not seem to respect monitor power settings in xfce4-power-manager. It attempts to run the screensaver every 10 minutes. You can check this by reading out the output of $ xset q. Run $ xset s noblank to stop it. Alternatively add the following configuration file to /etc/X11/xorg.conf.d/ ( I would save it as 20-noblank.conf).

    Section "ServerFlags"
    	Option "BlankTime" "0"
    EndSection
    

    xfce4-xkb-plugin

    There is a bug in version xfce4-xkb-plugin 0.5.4.1-1 which causes xfce4-xkb-plugin to lose keyboard, layout switching and compose key settings. As a workaround you may enable Use system defaults option in keyboard settings. To do so run

    xfce4-keyboard-settings
    

    Go to Layout tab and set the Use system defaults flag, then reconfigure xfce4-xkb-plugin.

    Locales ignored with GDM

    Add your locale to /var/lib/AccountsService/users/$USER (replace hu_HU.UTF-8 with your own locale):

    [User]
    Language=hu_HU.UTF-8
    XSession=xfce
    

    You may also do it with sed. Note the backslash before .UTF-8:

    # sed -i 's/Language=.*/Language=hu_HU\.UTF-8/' /var/lib/AccountsService/users/$USER
    

    Restart GDM to take effect.

    デフォルトの設定をリストアする

    何らかの理由でデフォルトの設定に戻す必要があるなら、~/.config/xfce4-session/~/.config/xfce4/ をリネームしてみてください:

    $ mv ~/.config/xfce4-session/ ~/.config/xfce4-session-bak
    $ mv ~/.config/xfce4/ ~/.config/xfce4-bak
    

    ログアウトしてログインすると、変更の影響が現れます。ログイン時に "Unable to load a failsafe session" という名前の付いたエラーウィンドウが表示される場合は、セッションエラーのセクションを見て下さい。

    NVIDIA と xfce4-sensors-plugin

    nvidia の gpu のセンサーを検出・使用するには libxnvctrlAUR をインストールしてから xfce4-sensors-plugin パッケージをリコンパイルする必要があります。

    セッションエラー

    If the window manager does not load correctly, you maybe got a session error. Typical symptoms of this can include:

    • the mouse is an X and/or does not appear at all
    • window decorations have disappeared and windows cannot be closed
    • "Window Manager" settings tool (xfwm4-settings) will not start, reporting
    These settings cannot work with your current window manager (unknown)
    
    • errors being reported by slim or your login manager like
    No window manager registered on screen 0
    

    Restarting xfce or rebooting your system may resolve the problem but more likely the problem is a corrupt session. Delete the session folder below the .cache folder:

    $ rm -r ~/.cache/sessions/
    

    Preferred Applications preferences have no effect

    If you have set your preferred applications with exo-preferred-applications, but they do not seem to be taken into consideration, see #xdg-open integration (Preferred Applications)

    Action Buttons/Missing Icons

    This happens if icons for some actions (Suspend, Hibernate) are missing from the icon theme, or at least do not have the expected names. First, find out the currently used icon theme in the Settings Manager (→Appearance→Icons). Match this with a subdirectory of /usr/share/icons. For example, if the icon theme is GNOME, make a note of the directory name /usr/share/icons/gnome.

    icontheme=/usr/share/icons/gnome
    

    Make sure that the xfce4-power-manager is installed as this contains the needed icons. Now create symbolic links from the current icon theme into the hicolor icon theme.

    ln -s /usr/share/icons/hicolor/16x16/actions/xfpm-suspend.png   ${icontheme}/16x16/actions/system-suspend.png
    ln -s /usr/share/icons/hicolor/16x16/actions/xfpm-hibernate.png ${icontheme}/16x16/actions/system-hibernate.png
    ln -s /usr/share/icons/hicolor/22x22/actions/xfpm-suspend.png   ${icontheme}/22x22/actions/system-suspend.png
    ln -s /usr/share/icons/hicolor/22x22/actions/xfpm-hibernate.png ${icontheme}/22x22/actions/system-hibernate.png
    ln -s /usr/share/icons/hicolor/24x24/actions/xfpm-suspend.png   ${icontheme}/24x24/actions/system-suspend.png
    ln -s /usr/share/icons/hicolor/24x24/actions/xfpm-hibernate.png ${icontheme}/24x24/actions/system-hibernate.png
    ln -s /usr/share/icons/hicolor/48x48/actions/xfpm-suspend.png   ${icontheme}/48x48/actions/system-suspend.png
    ln -s /usr/share/icons/hicolor/48x48/actions/xfpm-hibernate.png ${icontheme}/48x48/actions/system-hibernate.png
    

    Log out and in again, and you should see icons for all actions.

    Enable cedilla ç/Ç instead of ć/Ć

    When you select the keyboard layout "U.S., alternative international" in Settings --> Keyboard --> Layout to enable accents, the typical combination for the cedilla ' + c results in ć instead of ç.To change this suffice edit files gtk.immodules for gtk-2.0 and immodules.cache for gtk-3.0 in line that contains "cedilla" adding both "en" in the list "az:ca:co:fr:gv:oc:pt:sq:tr:wa" but in alphabetical order, staying that way in /etc/gtk-2.0/gtk.immodules

    "/usr/lib/gtk-2.0/2.10.0/immodules/im-cedilla.so" 
    "cedilla" "Cedilla" "gtk20" "/usr/share/locale" "az:ca:co:en:fr:gv:oc:pt:sq:tr:wa"
    

    and this in /usr/lib/gtk-3.0/3.0.0/immodules.cache

    "/usr/lib/gtk-3.0/3.0.0/immodules/im-cedilla.so" 
    "cedilla" "Cedilla" "gtk30" "/usr/share/locale" "az:ca:co:en:fr:gv:oc:pt:sq:tr:wa"
    

    Then, do

    # echo "export GTK_IM_MODULE=cedilla" >> /etc/environment
    

    Done. Simply just close and reopen the gtk programs like gedit.

    USB スティックのマウント時に非 ASCII 文字が表示されない

    fat ファイルシステムでフォーマットされた USB スティックを自動マウントするときによくおこる問題は ñ, ß などのウムラウトを正しく表示できないことです。この問題は、標準の iocharset を UTF-8 に変更することで解決されるかもしれません。これは簡単で、/etc/xdg/xfce4/mount.rc に以下の行を追加するだけで行えます:

    [vfat]
    uid=<auto>
    shortname=winnt
    utf8=true
    # FreeBSD specific option
    longnames=true
    flush=true
    

    utf-8 を使う際に、システムが大文字と小文字を区別することで、ファイルを壊してしまう可能性があることに注意してください。十分お気をつけて。

    また、USB スティックのデータをコピーするときにより頻繁に flush させるように、flush オプションを付けて vfat のデバイスをマウントすることが可能です。そうすることで、 データがディスク上にある限り thunar のプログレスバーを休ませないようにできます。代わりに async を追加することで Write ops を向上させることができますが、Thunar の Eject オプションを使ってスティックをアンマウントするようにしてください。システム全体で、起動時のストレージデバイスのマウントオプションを fstab に設定でき、他のデバイスのオプションは udev ルールで設定できます。

    Xfwm のコンポジットが有効になった時に画面にティアリングが発生する

    これは既知の問題です。ComptonXcompmgr などの独立したコンポジタを使うことを考えて下さい。または、Compiz や Kwin (kwin-standalone-gitAUR) など固有のコンポジタが含まれているウィンドウマネージャに置き換えることもできます。

    GTK themes not working with multiple monitors

    Some configuration tools might corrupt displays.xml, which results in GTK themes under Applications Menu -> Settings -> Appearance ceasing to work. To fix the issue, delete ~/.config/xfce4/xfconf/xfce-perchannel-xml/displays.xml and reconfigure your screens.

    参照