Zsh (日本語)

From ArchWiki
Revision as of 15:31, 14 October 2013 by Kusakata (talk | contribs) (Created page with "Category:Command shells (日本語) cs:Zsh de:Zsh en:Zsh fr:Zsh zh-CN:Zsh [http://www.zsh.org Zsh] は対話式シェルとしてもスクリプト言...")
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

zh-CN:Zsh Zsh は対話式シェルとしてもスクリプト言語のインタプリタとしても使えるパワフルなシェルです。Bash と互換性がありながら (デフォルトではありません、"emulate sh" を実行した時だけです)、Zsh には多くの利点があります:

  • 高速
  • 高度なタブ補完
  • 高度なグロブ
  • 高度な行列処理
  • 完全にカスタマイズ可能

Zsh FAQ には他にも Zsh をあなたのシェルとして使うべき 理由 が列挙されています。

インストール

インストールをする前に現在使っているシェルが何なのか知っておくとよいでしょう:

$ echo $SHELL

公式リポジトリにある zsh パッケージをインストールしてください。

初期設定

ターミナルで次のコマンドを実行して Zsh が正しくインストールされたか確認してください:

$ zsh

基本的な設定を説明する zsh-newuser-install が表示されるはずです。これをスキップしたい場合、q を押して下さい。

Zsh をデフォルトのシェルにする

シェルが /etc/shells に記載されていれば、chsh コマンドを使って root 権限なしでデフォルトシェルを変更することができます。公式リポジトリから Zsh をインストールしたのなら、既に /etc/shells にエントリが作られているはずです。

現在使っているユーザーのデフォルトシェルを変更するには:

$ chsh -s $(which zsh)
Note: Zsh をデフォルトシェルとして起動するには、一度ログアウトしてからログインしなおす必要があります。

最ログイン後、Bash とは見た目が異なる Zsh のプロンプトが表示されていることに気づくでしょう。また、次のコマンドを実行することで Zsh が現在のシェルになっていることを確認できます:

$ echo $SHELL
Tip: bash を置き換える場合、~/.bashrc から ~/.zshrc に (例: プロンプトとエイリアス) また ~/.bash_profile から ~/.zprofile に (例: X Window System を起動するコード) にコードを移動するとよいでしょう。

設定ファイル

ログイン時、Zsh は以下のファイルをこの順番で読み込みます:

~/.zshenv
このファイルにはコマンドの検索パスを設定するコマンドや、重要な環境変数を含めます; 出力をするコマンドや tty に基づいているコマンドを含めてはいけません。
/etc/profile
このファイルはログイン時に Bourne 互換シェルによって読み込まれます: ログイン時やアプリケーション固有の設定 /etc/profile.d/*.sh) を設定します。
~/.zprofile
このファイルは一般的にユーザーのスクリプトを自動で実行するために使われます。
~/.zshrc
これは Zsh のメインの設定ファイルです。
~/.zlogin
このファイルは一般的にユーザーのスクリプトを自動で実行するために使われます。

ログアウト時には ~/.zlogout が読み込まれます。このファイルはユーザーのスクリプトを自動で実行するために使われます。

Note:
  • Arch の zsh パッケージで使われているパスは man ページで使われているデフォルトのパスとは異なっています。
  • $ZDOTDIR のデフォルトは $HOME です
  • /etc/profile は Zsh のスタートアップファイルの標準リストに含まれていませんが、zsh パッケージに入っている /etc/zsh/zprofile から読み込まれます。{ic
$PATH 変数を設定すると ~/.zshenv に設定した $PATH 変数を全て上書きしてしまうので注意してください。これを防ぐには、/etc/zsh/zprofile をあなたの作ったファイルに置き換えるか、~/.zshrc から $PATH 変数を設定してください。

}}

~/.zshrc の設定

Zsh は何も設定しなくても使うことができますが、あなたが使いたい機能はほとんど設定されていないでしょう。ただし Zsh で利用できるカスタム化の道は険しく、Zsh の設定は困難をきわめ多くの時間を浪費するかもしれません。

下にはサンプルの設定ファイルが含まれており、Zsh のカスタマイズの方法の例だけでなくデフォルトオプションのセットも提供しています。この設定を使うには .zshrc という名前でファイルを保存してください。ログインしなおさなくても次を実行することで変更を適用できます:

$ source ~/.zshrc

シンプルな .zshrc

以下はシンプルな .zshrc です、基点としてはピッタリでしょう:

~/.zshrc
autoload -U compinit promptinit
compinit
promptinit

# This will set the default prompt to the walters theme
prompt walters

$PATH の設定

zsh でユーザーごとにシステムパスを設定する方法についての情報はここにあります: http://zsh.sourceforge.net/Guide/zshguide02.html#l24

以下を ~/.zshenv に追加してください:

~/.zshenv
typeset -U path
path=(~/bin /other/things/in/path $path)

コマンド補完

Zsh の一番魅力的な機能はおそらく先進的な自動補完機能でしょう。少なくとも、.zshrc で自動補完を有効にしたいと思うはずです。自動補完を有効にするには、以下を追加してください:

~/.zshrc
autoload -U compinit
compinit

The above configuration includes ssh/scp/sftp hostnames completion but in order for this feature to work you will need to prevent ssh from hashing hosts names in ~/.ssh/known_hosts.

Warning: This makes your computer vulnerable to "Island-hopping" attacks. In that intention, comment the following line or set the value to no:
/etc/ssh/ssh_config
#HashKnownHosts yes

And move your ~/.ssh/known_hosts somewhere else so that ssh creates a new one with un-hashed hostnames (previously known hosts will thus be lost).

矢印キーのインターフェイスを使って自動補完するには、以下を追加して下さい:

~/.zshrc
zstyle ':completion:*' menu select
メニューを有効にするには、タブを二度押して下さい。

エイリアスでコマンドラインの自動補完を切り替えるには、以下を追加して下さい:

~/.zshrc
setopt completealiases

"command not found" フック

pkgfile パッケージには、不明なコマンドを入力したときに自動で公式リポジトリを検索する "command not found" フックが含まれています。例えば以下のように表示されます:

$ abiword
abiword may be found in the following packages:
  extra/abiword 2.8.6-7	usr/bin/abiword

以下を使って pkgfile をロードしてください:

~/.zshrc
source /usr/share/doc/pkgfile/command-not-found.zsh

他にも AUR のパッケージ command-not-found によって提供されている "command not found" フックもあり、以下のように出力を生成します:

$ abiword
The command 'abiword' is been provided by the following packages:
abiword (2.8.6-7) from extra
	[ abiword ]
abiword (2.8.6-7) from staging
	[ abiword ]
abiword (2.8.6-7) from testing
	[ abiword ]

これを使うには、以下を zshrc に追加して下さい:

[ -r /etc/profile.d/cnf.sh ] && . /etc/profile.d/cnf.sh

履歴に同じ行が重複するのを避ける

履歴の重複する行を無視するととても便利です。これをするには、以下を追加して下さい:

~/.zshrc
setopt HIST_IGNORE_DUPS

キーバインド

Zsh は readline を使っていません、代わりに自身のパワフルな zle を使っています。zle は /etc/inputrc~/.inputrc を読みません。 zle には emacs モードと vi モードがあります。デフォルトでは、$EDITOR 環境変数から emacs と vi どちらのキーをあなたが使いたいのか考えます。この変数が空の場合、デフォルトは emacs モードです。 bindkey -vbindkey -e でモードを変更することが可能です。

特殊なキーを動作させるには:

~/.zshrc
# create a zkbd compatible hash;
# to add other keys to this hash, see: man 5 terminfo
typeset -A key

key[Home]=${terminfo[khome]}

key[End]=${terminfo[kend]}
key[Insert]=${terminfo[kich1]}
key[Delete]=${terminfo[kdch1]}
key[Up]=${terminfo[kcuu1]}
key[Down]=${terminfo[kcud1]}
key[Left]=${terminfo[kcub1]}
key[Right]=${terminfo[kcuf1]}
key[PageUp]=${terminfo[kpp]}
key[PageDown]=${terminfo[knp]}

# setup key accordingly
[[ -n "${key[Home]}"     ]]  && bindkey  "${key[Home]}"     beginning-of-line
[[ -n "${key[End]}"      ]]  && bindkey  "${key[End]}"      end-of-line
[[ -n "${key[Insert]}"   ]]  && bindkey  "${key[Insert]}"   overwrite-mode
[[ -n "${key[Delete]}"   ]]  && bindkey  "${key[Delete]}"   delete-char
[[ -n "${key[Up]}"       ]]  && bindkey  "${key[Up]}"       up-line-or-history
[[ -n "${key[Down]}"     ]]  && bindkey  "${key[Down]}"     down-line-or-history
[[ -n "${key[Left]}"     ]]  && bindkey  "${key[Left]}"     backward-char
[[ -n "${key[Right]}"    ]]  && bindkey  "${key[Right]}"    forward-char
[[ -n "${key[PageUp]}"   ]]  && bindkey  "${key[PageUp]}"   beginning-of-buffer-or-history
[[ -n "${key[PageDown]}" ]]  && bindkey  "${key[PageDown]}" end-of-buffer-or-history

# Finally, make sure the terminal is in application mode, when zle is
# active. Only then are the values from $terminfo valid.
if (( ${+terminfo[smkx]} )) && (( ${+terminfo[rmkx]} )); then
    function zle-line-init () {
        printf '%s' "${terminfo[smkx]}"
    }
    function zle-line-finish () {
        printf '%s' "${terminfo[rmkx]}"
    }
    zle -N zle-line-init
    zle -N zle-line-finish
fi
Note: To get the proper sequences for certain key combinations, start cat or read without any parameters and press them; they should then be printed in the terminal. Both can be closed again via Ctrl+c.

terminfo を使わない方法

autoload zkbd を実行してから zkbd を実行して下さい。キーを押せない場合は (例: F11 はウィンドウを最大化します)、スペースを押してスキップして下さい。zkbd が完了した後、以下を ~/.zshrc に追加して下さい:

~/.zshrc
autoload zkbd
source ~/.zkbd/$TERM-:0.0 # may be different - check where zkbd saved yours

[[ -n ${key[Backspace]} ]] && bindkey "${key[Backspace]}" backward-delete-char
[[ -n ${key[Insert]} ]] && bindkey "${key[Insert]}" overwrite-mode
[[ -n ${key[Home]} ]] && bindkey "${key[Home]}" beginning-of-line
[[ -n ${key[PageUp]} ]] && bindkey "${key[PageUp]}" up-line-or-history
[[ -n ${key[Delete]} ]] && bindkey "${key[Delete]}" delete-char
[[ -n ${key[End]} ]] && bindkey "${key[End]}" end-of-line
[[ -n ${key[PageDown]} ]] && bindkey "${key[PageDown]}" down-line-or-history
[[ -n ${key[Up]} ]] && bindkey "${key[Up]}" up-line-or-search
[[ -n ${key[Left]} ]] && bindkey "${key[Left]}" backward-char
[[ -n ${key[Down]} ]] && bindkey "${key[Down]}" down-line-or-search
[[ -n ${key[Right]} ]] && bindkey "${key[Right]}" forward-char

ncurses アプリケーションのキーバインド

ncurses アプリケーションをキーストロークにバインドすることが可能ですが、対話はできません。BUFFER 変数を使って動作させて下さい。以下の例は Alt+\ で ncmpcpp を開きます:

~/.zshrc
ncmpcppShow() { BUFFER="ncmpcpp"; zle accept-line; }
zle -N ncmpcppShow
bindkey '^[\' ncmpcppShow

履歴検索

You can add these lines to your .zshrc

~/.zshrc
[[ -n "${key[PageUp]}"   ]]  && bindkey  "${key[PageUp]}"    history-beginning-search-backward
[[ -n "${key[PageDown]}" ]]  && bindkey  "${key[PageDown]}"  history-beginning-search-forward

Doing this, only past commands beginning with the current input would have been shown.

プロンプト

There is a quick and easy way to set up a colored prompt in Zsh. Make sure that prompt is set to autoload in your .zshrc. This can be done by adding these lines to:

~/.zshrc
autoload -U promptinit
promptinit

You can now see available prompts by running the command:

$ prompt -l

To try one of the commands that is listed, use the command prompt followed by the name of the prompt you like. For example, to use the walters prompt, you would enter:

$ prompt walters

To preview all available themes you could use this command:

$ prompt -p

プロンプトのカスタマイズ

In case you are dissatisfied with the prompts mentioned above(or want to expand their usefulness), Zsh offers the possibility to build your own custom prompt. Zsh supports a left- and right-sided prompt additional to the single, left-sided prompt that is common to all shells. You can customize it by using PROMPT= with the following variables:

プロンプト変数

一般
 %n 
ユーザー名
 %m 
コンピュータのホスト名 (ドットの前の部分まで)
 %M 
コンピュータのホスト名
 %l 
現在の tty
 %? 
最後に実行したアプリケーションのリターンコード
 %# 
ユーザー特権によるプロンプト (root なら # その他なら %)
時間
 %T 
システム時刻 (HH:MM)
 %* 
システム時刻 (HH:MM:SS)
 %D 
システム時間 (YY-MM-DD)
ディレクトリ
 %~ 
カレントディレクトリ。$HOME の場合、~ に置き換えられます。
 %d 
カレントディレクトリ。

For the options mentioned above: You can prefix an integer to show only certain parts of your working path. If you entered %1d and found yourself in /usr/bin it would show bin. This can also be done with negative integers: %-1d using the same directory as above would show /.

フォーマット
 %U [...] %u 
Begin and end underlined print
 %B [...] %b 
Begin and end bold print
 %{ [...] %} 
Begin and enter area that will not be printed. Useful for setting colors.
In fact, this tag forces Zsh to ignore anything inside them when making indents for the prompt as well.
As such, not to use it can have some weird effects on the margins and indentation of the prompt.
カラー

Zsh has a different approach to setting colors on the terminal than the one depicted here. First you write before PROMPT= in your .zshrc:

autoload -U colors && colors

Following commands would now produce the color escape sequence needed to set the requested color when the prompt is printed:

$fg[color] 
will set the text color (red, green, blue, etc. - defaults to bold)
$fg_no_bold[color]
will set the non-bold text color
$fg_bold[color]
will set the bold text color
$reset_color 
will reset the text color to the default color

It is useful to put these color commands inside %{ [...] %} , so the shell knows there is no output from these sequences and the cursor hasn't moved.

Possible color values
black red
green yellow
blue magenta
cyan white

Note that bold text doesn't necessarily use the same colors as normal text. For example, $fg['yellow'] looks brown or a very dark yellow, while $fg_no_bold['yellow'] looks like bright or regular yellow.

サンプル

To have a two-sided prompt you could write:

PROMPT="%{$fg[red]%}%n%{$reset_color%}@%{$fg[blue]%}%m %{$fg_no_bold[yellow]%}%1~ %{$reset_color%}%#"
RPROMPT="[%{$fg_no_bold[yellow]%}%?%{$reset_color%}]"

It would equal(without colors):

username@host ~ %                                                         [0]

Dirstack

Zsh can be configured to remember the DIRSTACKSIZE last visited folders. This can then be used to cd them very quickly. You need to add some lines to you configuration file:

.zshrc
DIRSTACKFILE="$HOME/.cache/zsh/dirs"
if [[ -f $DIRSTACKFILE ]] && [[ $#dirstack -eq 0 ]]; then
  dirstack=( ${(f)"$(< $DIRSTACKFILE)"} )
  [[ -d $dirstack[1] ]] && cd $dirstack[1]
fi
chpwd() {
  print -l $PWD ${(u)dirstack} >$DIRSTACKFILE
}

DIRSTACKSIZE=20

setopt autopushd pushdsilent pushdtohome

## Remove duplicate entries
setopt pushdignoredups

## This reverts the +/- operators.
setopt pushdminus

Now you can use

dirs -v

to print the dirstack. Use cd -<NUM> to go back to a visited folder. You can use autocompletion after the dash. This proves very handy if you are using the autocompletion menu.

サンプル .zshrc ファイル

Here is a list of .zshrc files. Feel free to add your own:

全体設定

Occasionally you might want to have some settings applied globally to all Zsh users. The Zsh wiki tells us that there are some global configuration files, for example /etc/zshrc. This however is slightly different on ArchLinux, since it has been compiled with flags specifically to target /etc/zsh/ instead.

So, for global configuration use /etc/zsh/zshrc, not /etc/zshrc. The same goes for /etc/zsh/zshenv, /etc/zsh/zlogin and /etc/zsh/zlogout. Note that these files are not installed by default, so you need to create them yourself if you want to use them.

The only exception is zprofile, use /etc/profile instead.

アプリケーションの自動起動

Zsh always executes /etc/zsh/zshenv and $ZDOTDIR/.zshenv so do not bloat these files.

If the shell is a login shell, commands are read from /etc/profile and then $ZDOTDIR/.zprofile. Then, if the shell is interactive, commands are read from /etc/zsh/zshrc and then $ZDOTDIR/.zshrc. Finally, if the shell is a login shell, /etc/zsh/zlogin and $ZDOTDIR/.zlogin are read.

See also the STARTUP/SHUTDOWN FILES section of man zsh.

アンインストール

Zsh があなたに合わないと感じて Bash に戻りたいときは、Zsh パッケージを削除する前に必ず、まずデフォルトシェルを変更して下さい。

Warning: Failure to follow the below procedures will result in all kinds of problems.

ターミナルで次のコマンドを root で実行して下さい:

# chsh -s /bin/bash user

Zsh を使っている全てのユーザーで実行して下さい。

これで安全に Zsh パッケージを削除することができます。

以上を行わなかった場合、root で /etc/passwd を編集することで Bash にデフォルトシェルを戻すことができます。

Warning: It is strongly recommended to use vipw when editing user information as it prevents badly formatted entries.

例:

編集前:

username:x:1000:1000:Full Name,,,:/home/username:/bin/zsh

編集後:

username:x:1000:1000:Full Name,,,:/home/username:/bin/bash

参照

  • IRC チャンネル: #zsh at irc.freenode.org